まこと幼稚園ブログ

窓をあければ

2019.07.25

7がつのもも組さん その②

【片栗粉粘土、登場!】

片栗粉で作った、赤・緑・青と色とりどりの粘土。「わ~!きれい!!触るとプルンプルンで気持ちいいね~」とお友達。「ちょっと嫌だな・・・」と手を引っ込めるお友達・・・。でも、透明コップに入れるとすごくキレイで、透き通るように輝いたゼリーみたい。「おいしそう~」とみんなニコニコ笑顔になりました。

水の中でプルンと逃げる粘土、すくったり、ちぎったり、持ったり・・・。プルプルの感触を楽しみました。

夏のこの季節だからこそ!!の遊びに思いっきり親しんだもも組さんでした。

プルプル~!!気持ちい~!

つめた~い!

ちょうだ~い!

ジュースはいかが??

お皿に入れて、どうぞ(^^)

【お水遊び大好き♡】

プールバックをとてもうれしそうに持って登園してきたもも組さん。

水着に着替え体操をしたら、いざプールへ出発!!

サンサン体操~!

プールを見つけると「わぁ~!!」と嬉しそうにかけより、お水の中へ!ジョウロでシャワーをしたり座ってバシャバシャしたり・・・。

少々、お顔にかかってもへっちゃら!!

ペットボトルでシャワー!

ぞうさん、ジョウロかわいいな♪

見てみて!バスの水鉄砲だよ

ペットボトルに水入れよう~と!

バシャバシャ~!!

上手に座れるよ♪

何を話しているのかな??

いっぱい遊んだ1学期でした☆

夏休み、体調には十分に気を付けて、楽しい毎日をお過ごしください(*^-^*)

2019.07.25

7月のもも組さん その①

 暑さに負けず7月も元気いっぱい遊んだもも組さん♪

7月の様子です(^-^)

【新聞紙で遊んだよ♪】

みんな大好き新聞紙♪先生に新聞のお布団かけちゃえ~!!とみんなでお布団をかけてくれました。

 

「お布団どうぞ」

「パクパクさんして~」とみんなからのリクエスト。新聞紙をパクパクして、みんなの元へ行くと「キャーキャー!」と逃げるもも組さん。パクパクさんが持つ新聞紙がビリッと破れると・・・。みんなも新聞をビリビリ~、コツが分かり上手に破れるようになりました。お部屋いっぱいの新聞。最後は一人一枚ずつ袋をもらって新聞を詰めました。新聞が袋にいっぱい入るとギュッとしばって袋に口と目を書いて、かわいいウサギさんのポンポンに変身!思いっきり新聞遊びを楽しみました。

パクパクさん行くよ~~!!

きゃー!逃げろ~(^◇^)

パクッ!!

ビリビリできるかな?

ビリッ!あ、出来た!

ウサギさん、おなかいっぱいにしてあげようね♡

ウサギさんのために・・・♡

よいしょ、よいしょ

ウサギさん、完成!

【おいしいね♡手作りゼリー】

この日のおやつは・・。先生、手作りの特製オレンジゼリー!!

おイスに座ってうれしいな~(*^▽^*)

プルンプルン、スプーンで上手に食べました。冷たくてとっても美味しかったね♡大満足のお友達でした。

スプーンで食べられるかな??

おいしい~~♡

【小麦粉粘土って??】

机を出すと「なんだろ?何かな?」と興味津々で集まるもも組さん。ボールに小麦粉とお水を入れてコネコネこねます。みんなは夢中でボールを見つめます。

きれいな、モチモチのかたまりを一つずつもらって触ってみる、みんな。

「なんだこれ~!」とムニュムニュ不思議な感触に最初は戸惑っていたけれど、触って遊ぶうちに楽しくなってきました。

ツンツン・・・

丸いかたまりに、ツンツン!穴があくと、「わぁ~お友達が見えるよ」と眼鏡に・・。

丸くすると、ボールに変身!

机の上でコネコネのばしたら、「イルカさんにみえるよ」

「あ!おちた粘土、ふんじゃった~!あれ?気持ちいい」と足で踏みふみ・・・。手だけではなく足でも感触遊びを目いっぱい楽しみました☆

指にくっついた~~!!

2019.06.05

マナハウスに遊びに行ったよ! 5/17

 ヨモギの葉っぱ、うしろは白いよ〜と

教えてもらい

みんなで探したくさんつんで

ヨモギだんごを作ってもらいました。

だんごができるまで、マナハウスのお庭で

たくさん遊び

お昼ごはんもみんなで食べ

そして、デザートにヨモギだんごを食べて

帰ってきました!

またいきたい!おいしかったー!と

満面の笑みを浮かべ、話してくれました。

2019.06.05

移動動物園 園庭に動物がいっぱい来たよ!(後編)

まだかな1

朝からずっとそわそわ、ワクワクしていた年長さん。 

お待たせしました!年長組さんと交代です。

動物園のおじさん、お約束のお話の後、動物のところに年長組のみんなを連れて、もう少し詳しく動物の説明をしてくれました。

ヤマアラシ

この動物、なーんだ?
「ヤマアラシ!」「ハリネズミ!」
答えはヤマアラシ。
ネズミの仲間です。
ハリネズミはネズミと名前が付いているのに、実はモグラの仲間です。
ヤマアラシの針はとっても鋭いので触ってはダメ。針のおかげでライオンやゾウより強いよ!前足でエサを持って食べるよ!

bマーラ

「マーラ」
カンガルーの赤ちゃん?シカ?
こう見えて、ネズミの仲間です。6ヶ月の子供マーラ。

bデグー

「デグー」

リスみたい?ネズミの仲間でミッキーマウスのモデルになったと言われているよ!

bカピバラ1

「カピバラ」
ネズミの仲間です。暑いから水遊びしてるよ!

鶏1

「ニワトリ」

とっても大きなニワトリさん。

一緒にいるのは世界一小さいアヒル・コールダックだよ。

鳥抱っこ1

やさしく両手で抱っこしてあげて。

上手に抱っこ出来たね!

羊

キャベツ、どうぞ。

ポニー1

にんじん、食べて。

モルモット抱っこ

年長組さんに動物さんの帰り支度を手伝ってもらいました。
動物さんをカゴに入れてあげよう。
じょうずにお腹とお腹を合わせて抱っこできるかな?

鳥抱っこ

ニワトリさんもカゴに入れてあげてね。

お疲れ様

本部のお母さん、お手伝いありがとうございました。

bまたね

またね!

2018.08.04

水遊び 〜チューリップさん

カラフル ♡片栗粉粘土の入ったプール!



なに?なに?

興味津々、不思議そうに、水の中に手を入れて…

わあ♡

片栗粉粘土の感触を知る子供たち。

みんな、嬉しそうに

キャッキャッ

「おいしそうでしょ!」

「これは、いちごジュースね。どうぞ」

「せんせい、メロン!はい」

ゼリー屋さんや、ジュース屋さんを楽しんだ子どもたちと先生。



可愛いらしい会話を聞かせてくれました(^ ^)

投稿:紗和

 

紗和さん、これ感触遊びです。

こどもたちの手先が手先を上手に使えるための誘い。

ここから、粘土へと行けるのです。

作品展での素敵な子どもたちの造形はここからです。

心から楽しみながら子どもは成長してゆくのです。

遊ぶことは、必ず成長と繋がります。

幼稚園の遊びとは教育の狙いを持ってる。

2020年の教育改革は、単なる幼稚園教育の原理原則に帰ろうという呼びかけです。

あなたのこどもは確実に次へのステップを踏んでいますよ。

園長

2018.08.04

ホースシャワー

天気が良すぎる暑い日

「みんな〜、こっちにおいで〜!」

お外の真ん中で、ホースを持った先生が

シャワー 放射 ‼︎

キャァァ〜‼︎

「あめだぁぁぁ」

大喜びしながら、逃げる子供たち。

気持ち良さそう (^ ^)

 

シャワーのトンネルをくぐるよ〜



太陽をいっぱい浴びながら、ホースのシャワーの中で、

子供たちは元気に大はしゃぎ。

暑さを吹き飛ばすような歓声が園庭に響いていました。

 

投稿:紗和

2018.08.04

シャボン玉を飛ばそ

あ、シャボン玉!

おお (^ ^)

たくさん、飛ばせたね〜

吹く以外の方法で、お道具を使ってシャボン玉を作っていましたよ。



いろいろなものに形を変える。

液体が、固体になる。

それも、飛ぶ。

子どもたちはそこ関わることで、

環境に働きかける興味を持つのです。

子どもたち、世界を広げよう。

君たちが関わってくれるのを楽しみに世界は待っているよ。

園長

2018.08.04

夏のホワイトサンド

梅雨が明け、夏本番!

園庭のアサガオも元気に咲いています。



セミの声が聞こえ始めましたね。

子ども達の元気な声がどこからか…

いました (^ ^)

大きい組さん特権の白い砂場に!

裸足で砂を感じると、ひんやり、いい気持ち ♡

穴掘りに夢中のお友達

3つの穴が全部、開通させるぞ!



女の子達は、ケーキ作りかな?

おだんご、で〜きた!

みて、みて

 

投稿:紗和

 

紗和さん、ここは普通の砂場と違い、造形遊びがさらに深められるのです。

普通の砂場と違って、地下道が創れるのです。

何本も掘って繋げます。

また固まりやすいことを経験した男の子は、たたいて、

さらに砂を固くして、地下道の下に、さらに地下道を。

造形の面白さを学びと同時に、物を使うことの意味を知るのです。

ものを使って自分の中にあるものを形にしてゆく、自己表現ができるのです。

生きる力、幸せに生きる力を身に着けているのです。

心ワクワクしながら。

白い砂場はきれいなだけでなく、子どもを育てる環境なのです。

楽しんで、そして、ますます君らしくなって、

いつも、遊んでいる子どもをみると思います。

園長

2018.08.04

ホールで、

年中さんの今日はお泊り

ホールで、お友だちに披露するダンスの練習です。



好きな曲を決め、振りを話し合い

皆で、今日は最終チェックです。

お友だちに「素敵と」認められたいのです。

先生に全体を見てもらい、アドバイスをも経っています。

全員で一つになるために、自分は何を今どこでするか。

そんなことを身体と頭と心を使って、子どもたちは喜びの中で学んでいます。

これが本当の学び、

生きる力をそして集中力を、全体で頭を使うことの意味を学んでいるのです。

 

ゆり組さんがホールでの練習を終えるとクラスに帰ると

バラ組さんがホールに。

だって、お泊りの時にびっくりしてもらんですもんね。



このトンネル、すごかったです。

みなさんも、運動会で観れるかもしれません。

その時は、びっくりしますよ。

年長さんは、こんなこともできるのです。

最終チェックでは、先生も入ってくれて難しいところの確認です。

本番は、子どもたちだけ、すごかったですね。

できるかなと思っていました。

見事でした。

ゆり組さんも、ばら組さんも、さすが大きい組さんです。

コミュニケーションも、体力も、リズム感も、皆を見る力も、

見事についています。

あなたのお子さんは確実に育っています。

さらに、秋が楽しみです。

園長

2018.07.12

こどもまつり 〜サポスタ

サポートスタッフの集まりって

どんなだろうと知ってもらうこともかねて、

久一さんからの投稿です。(園長)

 

ある日のサポスタです。

暑い日にも関わらず、たくさんのお母さんがお手伝いに来てくださいました。

お部屋の中はエアコンが効いて快適!

卒園児のお母さん達もお手伝いに来てくださって、

「久しぶりの幼稚園は、癒される〜」ですって。

(幼い子どもって、見ているだけで、慰められますね。

 いのちそのものだからです。そんないのちを育んでいる

 お母さん自身のいのちの不思議に出会っているので、

 子どもたちのそばにいることで。園長)




なんだか細かい作業。

これは、何になるのかなぁ?

お喋りに花が咲いて手が止まることも、しばしばですが…

(楽しんで、やってください。こどもまつりの時の子どもの

笑顔を思い浮かべながら、してくださっているのが、分かります。

見えないところでの、お働きが、子どもたちの心や魂という見えないものを

育んでいるのです。あなたの手仕事が子育てです。みんなでしかできない

子育てです。愛は、時間をかけることといったのは『星の王子さま』の

狐ですが、知恵ある言葉です。園長)



ふと見ると扉の向こうには、プール上がりの園児たち。

可愛い姿でテクテク歩く様子にホッコリしたり。



次のサポートスタッフデーは、17日です。

ぜひ、覗いてみてくださいね!

投稿:まつりリーダー、久一

2018.07.11

絵描き歌♬

ゆり組さんのお部屋から歌声が聞こえてきたので、

覗いて見ました 👀

かをり先生が「絵描き歌をしてます」とニッコリ。



子ども達は好きな色のクレヨンを手に

白い画用紙向かっています。

 

にーちゃんが〜 🎵



前で歌う先生と一緒に子ども達も歌いながら、

三円もらって、豆買って〜 ♬



くちばし とんがらがして  あひるの子 ♬

 

3回まで先生と一緒に歌いながら描いたら、

「一人で歌いながら、覚えられるまで描いてみよう〜」

音楽と絵を描くことが一つの遊びに集約されていて絵描き歌!

子ども一人一人の個性がひかるアヒルさん達 (^ ^)



おうちで一緒で楽しんでみてくださいね。

 

投稿:紗和

2018.07.11

七夕トンネル

雨の強い朝、

事務所の前に大きな笹が飾られていました。

こやぎさんのお友達と、河村先生が飾り付けをしていましたよ。

「急がず、ゆっくり 結んだらいいからね」



「できた!先生〜見て〜」



まんなか組さんはまだ、お弁当包みの練習をしてないから、

(できるかな〜)と思いきや、すごいね〜

次々と、七夕飾りがついていきます。

「わたし、神社でやったことあるもん」

なるほど (^ ^)

できるお友達は、できないお友達に教えてあげていましたよ。



「先生〜  これ、くさ?」

笹を指差して言ったお友達。

「一文字ちがいやけど、笑、ささって言うのよ」と河村先生。

 

七夕トンネルやなぁ〜

笹飾りを見上げながら言うお友達。

こやぎさんと先生が笑いながら、お教室に戻りました。

 

投稿:紗和

2018.07.11

泳いでいる自分を描こう

泳いでいる自分を描こう!と真っ白な画用紙に

好きな色のクレヨンを持って

先生に注目する子ども達。

「みーちゃんの水着、みんなに見せてあげよ!



ハートの水着だよ、可愛いね。みんなは、どんな水着?

裸じゃ恥ずかしいわよ〜」



顔、体、足、手、描けたかな。

子ども達はプールで泳ぐ自分をイメージしながら、

自分なりの表現で描いているのでしょうね。

元気よく泳ぐ僕

水が冷たくて気持ちいいな〜と思ってる私

お水はちょっと苦手だなあと思う僕

プール大好き、いっぱい泳いでいる私

 

いろんな気持ちが絵現れて面白い!

描けたお友達から順番に先生にみてもらうと、



「ええの描けたやん〜、海で泳ごう!泳ごう!」

「可愛いの描けたなぁ、おめめがパッチリ」

「しっかり手と足、描けたなー、いっぱい泳げるわ」

 

ざぶ〜ん〰  ざぶ〜ん



「なに泳ぎする?」

ラッコ泳ぎ!

平泳ぎ!

クロール!

「それは、どんなふうに泳ぐの?」

 

この前子ども達が、青や緑や黄色の絵の具で作った

みんなの海に

たくさんのお友達が泳いでいましたよ (^ ^)

 

投稿:紗和

 

(子どもたちは、身体全体で、描き、感じ、遊びのです。

現代社会は、テレビやゲームなどで、視覚だけや手先だけの参加でしょう。

こどもたちは、身体ごと参加しています。みんなで遊んでいます。これが子どもたちを育みのです。ひとり一人の心や身体の動きがみんなと一緒になってる。

これが社会の絆を作り、あなたのお子さんを孤立させないのです。こどもは、遊びながら、未来を創造しているのです。

園長)

2018.07.11

雨の合間 〜七夕飾り持ち帰り

年少さんの七夕参観の日、

朝から土砂降りに降っていた雨がやみそうになく、

七夕飾りを笹と一緒に持ち帰る日だなぁ…

と、お天気を心配していました。

そろそろお帰りの時間、

「あら、やんでる ♡」

小沢先生が、空を見上げて言いました。

 



わあ  〜

子ども達は

出来上がった大きな水たまりで遊んでいます。

「帰るよ〜 」

 

ありがとう、神様



トコトコ、、、

一生懸命に作った七夕飾りを右手に持って、

お母さんと手を繋いで帰って行きました。

 

投稿:紗和

2018.07.11

9日のサポスタ

 

こどもまつりの久一さんから投稿です。


この日のサポートスタッフデーも、とっても暑い日でした。


前回の続きで細かい工作をするチームの横で、

なにやらダンボールを組み立てているお母さんたち。



みて!上手に通れたでしょう?

僕もまつりのお手伝いしてるんだよ!

(実際に、ごどもがどんな反応するか、これで

分かりますものね。園長)


まつりスタッフやサポスタさんの中には、小さいお子さんを連れて来てくださる方が大勢おられます。

「小さい子連れですみません。」なんておっしゃる方もおられますが、すみませんなんて、とんでもない!

(こんな風に大助かりですものね。小さなお子さんも楽しいそうですね。

 いろんな条件の中で、共に子育てする喜びを味わってください。

 子育って、手間と時間がかかります。しかし、その分、大きな喜びも。この不思議を経験できているかどうか

 は人間として、大きな差がでます。楽しんで、将来も楽しみに。園長)


お子さん連れ大歓迎です。お手伝いしていただきたいことがあるんです。


2018.07.05

七夕飾り2 〜黄チューリップ

今年もあっいう間に半年が過ぎて、もう七月ですね。

黄色チューリップさんのお部屋には、お店屋さん。

そうです (^-^)     七夕飾り!

「おりひめ様は、女の人だよ。何色がいい?」

たくさんの色の折り紙を先生が見せると嬉しそう。

「ピンク!」

折り紙を手に先生の説明を一生懸命に聞くお友達。

「白い方を上にして〜」



「三角になったかな」

角と角をきっちり合わせるように折るのは難しいですが、

できたね ♡

「パッカパッカ開かないように、ここにノリをつけるよ」

 

「クルンと繋げて」



たくさんの工程を見て、聞いて、その通りに真似る。

簡単なようで3才頃の子供にとっては少し苦戦したり、

ウラと表の違いがまだ分からないお友達もいたり、

ウラとウラを貼り合わせてしまうお友達もいたり、、。

 

(この過程の中で、聴く力、理解力、手先、集中力の訓練が入っています。それも、楽しみながら、できるのです。        園長)

 

「先生、できひん」

苦戦して、先生に助けを求めるお友達もいました。

「できるよ」と言いながら、少しお手伝い。

 

(助けを求めることができることも年少さんには大事な学び、そして、他者への信頼感培っているのです。          園長)

 

子どもの目の前で “頑張ればできるよ”

とそっと見守り、出来上がると「いいの、できたね 」って。

(出来た時の自信は、その子を作ってゆきます。自己肯定感はできることで培われるのです。        園長)

 

今日はひこぼし様と、おりひめ様を折り紙で作っていました。

 

(ひとつひとつ、作ってゆくことで、一つの七夕飾りができるということを経験することで、見通しを持てる子への道を歩んでいるのです。教育とは、幼稚園では遊びです。

園長)

投稿:紗和

2018.07.05

七夕飾り 1 〜赤チューリップ

梅雨の切れ間の蒸し暑い午前中、

赤チューリップさんの前で



ゴムで繋がってる大きなビニール袋が、

ビヨーン‼︎ビヨーン‼︎

暑さ知らずの元気な威勢 (^ ^)

奥を覗くと…  お店屋さんが出ていました。

あっ、可愛いタコさん ♡



いろんなお顔のタコさんの足に

丸い小さなシールを、

剥がして→貼り、剥がして→貼り

小さな手先を器用に使っています。

 

「できた〜  せんせい!」



「次は、のりをここにつけて、ペッタンするよ」

のりを手に取る分量を、最初に教えてあげながら、

ペッタン

「タコさんの顔の裏側にペッタンだよ」と言われて

やり直し、やり直し。

 

短冊の隣で揺れる可愛いタコが、笹をにぎやかにしてくれそうです♡

 

投稿:紗和

2018.07.05

何になりたい? 〜こやぎさん

日本では、七夕の風習として短冊に願い事を綴りますね。

ぼく、ヒーロー

恐竜になりたい

線路を作る人

ピアノの先生になりたい

私はアイスクリーム屋さん

阪急電車の運転手さんになる!

こりす組のお教室から、聞こえてくる声。

「大きくなったら、何になりたい?」って先生が尋ねると、

ユニークで微笑ましい  (^ ^)

純粋で面白い (^.^)

可愛いくて、すっとんきょう  (^。^)

大人が理解できるような願い事を言うこともあるけれど、中にはすごく変わっていて面白い願い事もあるんですよね 。

 

(七夕の夢は神様への願いです。

こどもたちは、自分の願いを自分に尋ねて、短冊に書いてみる。そこから学ぶことは、夢って、見させてもらうということでしょうね。七夕という古来からの伝統を学びながら、古代人の知恵を身体で学んでいるのです。子どもって、身体ごと、その世界に入ることで成長してゆきます。楽しみですね。

園長)

 

「みんなの夢を先生が書いていくし、また教えてな 」

短冊を作り始める子ども達。

(いい夢を神様から見せてもらおう。

怪獣になれたらいいね。       園長)



投稿:紗和

2018.07.05

七夕飾り 〜数の概念

まこと幼稚園では、数を改めて学びません。

それは生活の中にあるからです。

七夕飾りを創る中で、必要なことです。

年中では、家族のために作ったメモ帳がそうでした。

今日は、幼稚園で七夕飾りづくりです。

その様子を紗和さんが取材してくれました。

園長

 

「5よりたくさん、10まで」って言ったら?

折り紙を持った先生が、子ども達に問いかけていました。



「よりだから、、5は入ってる?  6から数えたらいいかな〜」

「5から!」

「6やろ」

子ども達が口々に言うと、

「よりは、5から数えるよ〜  5、6、7、8、9、、10は?」

「そう、10は入ってますね〜」

みんなで一緒に声を合わせて、折り紙を数えます。

好奇心が旺盛なこの時期、子ども達は楽しそうに数に触れていました。

普段、お母さん達も我が子に

「コップとお箸を人数分出してちょうだい」や、

「アメとチョコを、みんな同じになるように分けてね」など

日常の中の会話で、何気なく言っていますよね。

 

5よりたくさん10までの数だったら、

好きな枚数をもらっていいんだって!

1、2、3、4…

子ども達が折り紙を数えながら、

好きな色を、決められた数の中で好きな数だけ持って、机に戻ります。

今日は…七夕の 貝飾りつなぎを作るんですね。



いくつ、繋いだかな?



投稿: 紗和

 

年少さんから年長さんまでで、体幹ができて、手先の器用さが身に付けます。

その手先の器用さを完成するのが、年長さんです。遊びは、一つのことだけを学びません。数も、手先の訓練も、集中力も身に付けます。

こどもって、「欲張り」なのです。

それを教科のように教えて、数字のことだけ教えては、子どもの能力を侮っていることになります。

だから、まこと幼稚園は塾や学校のように教えないのです。

園長

2018.06.29

お父さんへの呼びかけです

父母の会が中心になって、「こどもまつり」を毎年11月3日にしています。

数十年も続いているイベントです。

引っ越した卒園生も、九州や東京から来てくれるほど、子どもたちの心に残るのです。

いつもの幼稚園が、お母さんやお父さんの手で、別世界になるからです。

今年は、「絵本の世界」がテーマだそうです、その中で、お父さんのコーナーを担ってくださるのがパパボラです。そのパパボラからの呼びかけが届きました。

夏期に載せます。

園長

サブリーダーの木村さんの文章です。

パパボラです!

まこと幼稚園の大イベントの1つ、『こどもまつり』の活動が主になりますが、毎年子供たちが喜んでくれるテーマを決め、パパたちでしか出来ないコーナーを作っています!!

ワイワイと楽しみながらコーナーを作り上げる過程は昔を思い出しますよ!

来られる日にできることを!

空いてる時間にできることを!

当日のお手伝いのみでも

大歓迎!!

お母さん、お父さんへのお声掛けよろしくお願いします。

負担に感じず、気軽に一緒に活動してくれるパパたち募集中です!興味のある方は担任の先生までよろしくお願いします。

2018.06.29

父の日プレゼント 〜年長組

輪つなぎ競争の輪飾りが飾ってありました。



大きい組さんは、父の日プレゼントに製作中でした。

粘土を伸ばして伸ばして、細長いヘビさんにしたら



しっかりギューギューギューと網の四方全部に粘土をつけます。

焼肉の網を変身させるぞ〜、笑

 

ここから、楽しくなってきました!

前に自分達で作ったカラフルな色粘土を使って模様を付けていきます。

お父さんを思いながら…



お父さんの好きなものを作ります。

お父さん、ドーナツ好きやから!

好きな食べ物を作っているお友達

みかん、オムライス、ハンバーグ、いちご大福…

家族みんなの顔を作っているお友達もいました。他にも、、

ハート、星、お花、リボン、サッカーボール、浮き輪…



いつも頑張っているお父さんへ、ありがとうを伝えたい。

子ども達が気持ちを込めて作ったプレゼントです。

お手元に届きましたか。

 

投稿:紗和

2018.06.29

花の日礼拝

6月8日は、花の日礼拝でした。

こんなに美しい花をみんなが持ってきてくれました。



この礼拝はキリスト教の行事で、100数年前に生まれた最近んお行事です。

教会の子どもの日です。

世話によって、美しく成長する花に、子どもたちを仮託した礼拝です。子どもたち自身が花を持ってきて、見守ってくださる近所の方に持参するのです。

その前に、神様の前で自分のいのちが大いなるものに守られていることを感謝し、多くの人たちに大事にされている自分自身を、牧師でもあるわたしが話します。

花のように花開く自分自身も自覚してもらいたいのです。

わたしの話の後は、先生方がみんなにお花の紹介です。



このお話の後、子どもたちはお友だちや自分が持ってきた花を近くで見て、その香りを嗅ぎます。

自分の未来の姿を知るのです。

美しく、香り立つ自分自身の姿を予感するのです。



その花を、病院や警察、消防署に持参してプレゼントです。



皆さん、喜んでくださいます。

社会全体で支えてこそ、子どもは花として育ちます。



もちろん、この背後には保護者である皆さんの働きがあるのです。

本部のお母さんはあなたの代表です。子どもの為に、心を使い、時間を使い、身体を使っているあなた自身です。

子どもは確実に、そして確かに育っています。ご苦労様です。しかし、花開く子どもたちをあなたは見ることができますよ。

投稿 : 園長        写真:紗和

2018.06.29

きいろチューリップさん

おっとっと。。



平均台あそびをしていました。



両手を広げて、バランスを取りながら

前を見て、落ちないように。

みんな上手 (^ ^)

そして、きちんと順番を待つ子ども達。

終わった子ども達は、、、



ちゃんと座って、お友達を見ています。

順番待ちやルールは遊びの場面や日々の生活で、たくさん遭遇しますよね。

順番やルールを、しっかり理解している子ども達が一回り大きく見えました。

 

投稿:紗和

 

遊びの中には、いろいろな命の約束があります。

それがお友だちと共にいることです。

子どもはお友だちを作り、集団形成する面白さを味わいます。その第一歩です。

自由に遊ぶのも大事ですが、一斉も大事です。

子どもの中から引き出せるものは、皆引き出すのが幼稚園。

園長

2018.06.29

きいろチューリップさん

わにのおとうさん わにのおとうさん♬

おくちをあけて ぱかっ!

手を前に出して、パッカパッカ

リズムに乗って子ども達はノリノリです。

先生の言葉を  聞いて、見て、真似て…楽しく手遊び。



ワニの家族が楽しそうに泳いでいる姿が浮かぶよう!

おもしろい!  ふふふふ

"おしり"や"おっぱい"というキーワードが大好きな子ども達は、

大盛り上がり &  爆笑でした  (*^^*)

 

大好きな絵本の読み聞かせの時間では、

絵本「どんどこももちゃん」

絵本を食い入るように見ています。

あっという間に最後のシーンまでいくと

「血でた?」

「なんで泣いてはんの?」

「お母さんに会えたなー」

ストーリーに引き込まれた子ども達が口々に先生に話しかけます。

「もうすぐみんなも、お母さんところに帰る時間だね」

と言いながら、お帰りの準備が始まりました。



私も娘を思い出し、抱きしめてあげたくなりました。

仕事や家事に疲れたお母さんが優しい笑顔をとりもどせる絵本だなぁと思います。

投稿:紗和

2018.06.29

まことバレー部の皆さん、おめでとう

京私幼PTA連合会バレーボール大会 乙訓地区予選が西山体育館でありました。

今日まで練習に励んできたお母さんが、キラキラの笑顔で試合に望みました‼︎



まことバレー部の皆さん、ファイト!



ジャンプして、アタックを打って、滑り込んでレシーブ!

パワーあふれるプレーに感動しながら



応援していました‼️

一際目立つ横断幕

この横断幕は、去年の文庫劇場で使った大道具をお母さん達が改良したものです。

想いの込もった手作りの横断幕が試合を見守ります。

手に汗握る試合でした!



練習の中で培われたチームワークの良さを生かした試合運びで、

見事 3位

立派な成績を収めらました。

 

投稿:紗和

 

当日応援に駆けつけて頂いた皆さま、応援ありがとうございました。初めての決勝リーグで結果3位、賞状をいただき本当に幸せです。チームみんなで頑張りました ♡

これからも楽しく活動していきたいと思います。

いつでも体験や見学にいらしてくださいね。

バレー部キャプテン  中久保

2018.06.29

青虫から蝶へ

梅雨のある天気の良い日

毎日大きくなるのを楽しみにして

「もうすぐサナギになるなぁ」と思っていた矢先、

さなぎが見事に、ちょうちょに変身!

こぐまさんの子ども達が、お外に出てきました。

子ども達は、ちょうちょを離す瞬間を

ドキドキ、、ドキドキ



ちょうちょが飛び立つと、

みんな手をあげて「さよなら」

ちょうちょさん、元気でね…

 

子ども達が大好きな「ちょうちょ」

卵から産まれた幼虫が大きくなってサナギになり、

綺麗な羽のチョウになる様子は子ども達にとって、

とても感動的なもの。。



それからね

原田先生は砂場の奥にある夏みかんの木の葉っぱを少し取ってお教室に戻りました。

「お友達がまた青虫さんを持ってきてくれたので」

 

投稿:紗和

 

いい経験ですね。

教育はこの時間経過です。待つことを学ぶのです。

そして、ただ待つのではなくて、世話して待つことです。

この教育こそがこどもの中にある生きる力を自然に培うのです。わたしたちが子どもの中で養いたいものは、自然と対話しながら、自らが関わることのできる力です。

園長

2018.06.29

父の日プレゼント 〜きいろチューリップ

何のお店屋さんがでてるのかな?



真剣な表情



お団子の小さな穴に紐を通していました。

無言です。

賑やかなお部屋の中で集中して、作業する子ども達。

ビーズ、お団子、ビーズ…

3つのお団子と4つビーズを交互に通していく工程は、

なかなか大変。

一つ通ったごとに、嬉しそうに先生に

「できた!先生!見て!」

「次は、お団子?ビーズ?」と確認していました。



もうすぐ、父の日です。

お団子を丸めて、紐の色、ビーズの色や形をそれぞれが選んで、お父さんを想いながら一生懸命作っていましたよ。

 

投稿:紗和

2018.06.29

ドミノ遊び 2〜感動

「キンコンカン、終点でーす」

電車好きの子ども達が廊下いっぱいに線路を繋げています。



そして競うように、こちらではドミノで遊ぶ子ども達。

 

そろそろドミノが完成しようとしていた時、

違う遊びをしていたお友達がドミノをスタート

パタパタ…  ドミノが倒れていくと、

あれれれ?⁈

ドミノをしていた子ども達は、あんぐり。無言…

その様子を見ていた先生は、

「あとから来て、何も手伝わずに、スタートのいいとこだけやるって、ずるいんちゃう」

と叱りました。

遊びながらルールを守り、秩序を知り、学んでいくのですね。

叱られたお友達も加わって、

みんなで立て直し始めました。

 

すると、

「あ、ごめん、ごめん」

今度は先生が失敗、、ドミノを倒してしまいました。

「ありがとう、みんな優しいなぁ」

先生と一緒に、子ども達はもう一度立て直し。

文句一つこぼさずに立て直しています。

作業を夢中にしている姿は、とても頼もしく見えます。

 

「ここ、間が あきすぎ!」

ドミノとドミノの間にもう一つ並べています。

どう置いたら倒れるかを考えながら、試行錯誤を繰り返しています。

完成間近になると、

途中でドミノを倒さないように、倒さないように、、

集中して並べていました。

最後まで頑張りぬく力を持っています。

 

楽しい遊びの中にある、しんどい事を一緒に頑張って、

その先にある喜びを仲間と味わい、

歓声をあげています!



頑張って完成させたドミノを倒しきった時の

充実感でいっぱいの素敵な笑顔!

その素敵な笑顔に感動しました。

 

投稿:紗和

2018.06.29

ドミノ遊び 1

梅雨の最中、



こやぎさんの前を通ると、

可愛いらしいでんでん虫 がお出迎え

こぐまさんへ通じる廊下を見ると、



あら⁉︎

階段を上手に使って、ドミノを並べていましたよ。

「階段、上手に降りられたやん」

河村先生が廊下に出て言うと、ニッコリ自慢げ。

「ドミノを階段からどうしてもスタートさせたい!という子ども達に、こないだ来てくれた中学生のお兄ちゃんが知恵を授けてくれたんですよ」

と夢中になる子ども達の傍でお話を聞かせてもらいました。

そうか⁈こうしたらいいんだ!という発見と喜びは、子ども達の遊びの幅を広げ、夢中にさせていますね。

 

すごい〜すごい〜

どこまでいくかな〜、ワクワクドキドキ

その様子を見守るお友達や先生達が集まってきます。

 

キャーーーー

ドミノが倒れて、廊下に子ども達の声が響きます。

(あーあ。。)の顔も一瞬、

すぐにやり直しをする子ども達。

また、やり直す。へこたれない!

その姿を見て、先生達は激励します。

めげずに、諦めずに、根気がいる作業を子ども達は続けます。

 

「スタート、誰がする?」

こぐまさんの前まで続く長〜いドミノ。

全部、うまく倒れてくれるかな?

ドキドキしながら、

ドミノを始めからしているお友達がスタート!



わぁああああぁあああぁぁぁ

もう少しでゴール‼︎



歓声の中、

こぐまさんへ行く手前のカーブで、ドミノがストップ。

「次は、ここのカーブの置き方、考えなあかんなぁ」

と先生が言うと、

やり直そう!やり直そう!もういっかい!

汗びっしょりの子ども達は、立て直し始めていました。

 

投稿:紗和

2018.06.29

カブトムシ

子ども達が集まっていました。

何なーに?。。。

あ、カブトムシ!

ケースから出て、カブトムシが放し飼いになっていました。

 

子ども同士、頭をくっつけて必死に観察する姿は大事です。



いつも、テレビやゲームなど上下がある画面を見ている子どもたちが上から眺めるのです。そして、そこに参加する。

この経験がこどもを育てるのですね。

今、子ども達に失われているものは、

見て、触れて、手で感じることです。



「怖くないよ、ほら」

と、見せてくれるお友達  (^ ^)

 

投稿 :  紗和

 

子ども達の中にいろんなものが動き出します。

決して、カブトムシは子ども達の遊び道具ではありません。

子ども達は餌を挙げたり、掃除をしたり、

カブトムシのお世話をしています。

仲間なのです。

いのちに触れているのです。

友だちと命に触れる経験、これが社会の基盤です。

子ども達をいい環境で育てていきましょうね。

園長

2018.06.29

こどもまつり

こどもまつりのリーダーの久一さんに

投稿していただきました。お子さんの心の成長を願い、それに関わろうとしてくださるお母さん達の思いが伝えある文章です。

読んでみてください。


今年のこどもまつりのテーマについて

     こどもまつりリーダー 久一


まこと幼稚園の子ども達が毎年楽しみにしてくれている「こどもまつり」の準備が今年も始まりました。


今年のまつりは一つのテーマを決めました。

それは『絵本の世界』です。



まことの子どもたちは絵本が大好き。

先生や文庫のお母さん達に読み聞かせしてもらったり、思い思いの絵本を文庫で借りて帰ったり。


絵本を読んでもらっている時は、どの子も想像の中でその絵本の世界を味わっているのですが、その世界の中でほんとに遊べたらきっと楽しいよね!・・・

そんな発想からこの企画は始まりました。


まつりスタッフが担当する5つのコーナーのお部屋を、それぞれ1冊の絵本の世界に変身させ、子ども達にその中で遊んでもらおうというものです。


子ども達のためのまつりなのですが、

子ども達に負けないくらい絵本大好きなまことのお母さん達は、実は自分たちがこの絵本の世界で遊びたくてたまらないのです。

「絵本のこのシーン、私もやってみたいなあ!」

「これ、食べてみたいよね~」

そんなお母さん達のワクワクが少しずつ形になってきています。


また文庫のお母さん達がしてくださる文庫劇場とも協力して、今年らしい企画が進んでいます。

まことばんどさん、OGさん、パパボラさんも、今年のテーマに共感してくださいました。


 喜んでくれるかな

楽しんでくれるかな



まつりスタッフだけでなく、

サポートスタッフデーに来てくださるお母さん、

材料集めに協力してくださるお母さん、

パパボラで遅くまで作業してくださるお父さん、

幼稚園が終わった後に準備してくださる先生方、

我が子が卒園してもまつりのために時間をさいてくださるOGのお母さん、

みんなの思いはひとつです。


11月3日当日のみんなの笑顔と帰宅後のお話を楽しみにまだまだ頑張ってまいります。

2018.06.15

大型バス♬2 〜こぐまさん

大きな大きな模造紙が、教室に敷かれましたよ。



みんなのバス!走らせたいね〜、何を描いたらいーい?

「道路!」と大きな声が響きます。

好きなところに自分のバスをのりでペッタン



はしっこの四隅にしっかりとのりをつける作業は初め難しかったけれど、だんだん早く上手に塗れるようになっています。

さあ!道路を繋げていこう〜‼️

あら大変⁉︎繋がってないね

つながったよ (^ ^)

先生!ここまで繋がったーー‼︎

縦に、横に、斜めに、どんどん繋がっていく道路



上から見てみると、、

道路とバスだけじゃ、寂しいね。どうする?

「信号がいるよ」と言ったお友達から順番に、次々と出てくる言葉。

踏切、おうち、トンネル、電車、映画館…

ラーメン屋さん、ドーナツ屋さん、お弁当屋さん…笑、なんだか食べ物屋さんばっかり。

「いいね、いいね!

美味しい食べ物屋さんいっぱい描こう!」

先生と子ども達の夢は、広がります。

 

投稿:紗和

2018.06.14

大型バス♬ 1 〜こぐま組

大型バスに乗ってます♬



歌声が聞こえてきたのは、こぐまさんのお部屋でした。

「バスに乗ってどこに行こうか〜🎵」笑顔で話す先生に

「ヤッター‼︎」と盛り上がる子ども達。

配られた白い長方形の厚紙に、

青くて丸いタイヤを先生が出すと、タイヤはどこにつけるかな〜?

「うえ!」と大きな声で答えると

早速、のりでペッタン

ブーーン  🚗

タイヤがついたら、早速!バスを走らせていましたよ。

ブーーン  🚗

すごい速そうなバスだね、でもこのバス何か足りないね…

「ドア!」

そう、お客様さんが乗ってくるドアを描かなくっちゃね。

クレヨンを出してきた子ども達は、好きな色を手にバスに大きなドアを描きました。

さあ、他に何があったかな?

「窓!」

あ、丸い窓可愛いね。

夜になったらつけなあかんよな〜、なんやったかな?

「ライト!電気!」

そう、ライトはどこにつけたらいいかな。

「前!後ろ! 」

次々に子ども達の口から飛び出す言葉と共に、

子ども達がイメージしたバスが完成していきます!

ブーーン  🚗

楽しみながら先生が、子ども達に問いかけながら描いていく。

言葉を自分で受け止めて、

形に、このイメージを養う遊びが子ども達の心を養うのですね。

見えないところを育てるのは、

形にすること、

造形の素敵なところです。。

 

投稿:紗和

2018.06.14

こやぎ町を作ろう!

なーに?この茶色の細長い画用紙は⁈

まっすぐだったり、曲がっていたり、いろんな形がある画用紙に

丁寧にのりを塗る子ども達



「はしっこだけ塗るのよ〜、ベタベタに塗ったらダメよ」と先生。

好きなところに  ペッタン



茶色の画用紙は道路だったのね (^ ^)

ぼく、わたしのお家があって、

それぞれのおうちに遊びに行けるように道を繋げて行くんだね。

「どこ貼ろう?」と探すお友達



ひとりぼっちのおうちはないかな〜

 

じゃあ次はどうしよう?と先生が言うと、

車、信号、船、線路、お花畑、レーシングカー…

クレヨンを手に持った子ども達が、どんどん描いていきます!

みんなで描くって楽しいね〜

みんなが意見を出し合い、力を合わせて描く、一人では作れないような作品もみんなでなら作れるんですね。



こやぎ町…どんな街並みが出来上がるのでしょうか、楽しみです!

投稿:紗和

 

年中さんだから、できる共同作業です。

お友達と作る、お友達と描く、内から湧いてくる喜びと共に。

わたしの心を知り、お友だちを知り、皆で書く喜びを学んでいるのです。

子ども達は遊んでいるのです。

しかし、そこに保育者の環境設定があれば、

「遊び」という学びが生まれているのです。

楽しく学べることが小中学校でできればと願います。

園長

2018.06.14

中学生が幼稚園に(砂場で)

今回で、3クラス目です。

家庭科の授業の一環で、幼稚園に中学生が遊びに来てくれました。今日は晴天だったので、園庭や砂場で遊んでもらいました。



最初はどのように遊んだら良いのか分からなかった中学生も、子どもたちと上手に遊んでくれました。しばらくしたら、中学生の中にある「こども」が動き始めるのです。

これは、参観の時の保護者と同じです。

私たちの内にある「こども」幼稚園の創設者フレーベルのいう内なる子どもです。

いのちそのものです。

遊んでいるのですが、バカなことをやっているのではありません。自分の中のいのちの感触を思い出し、学んでいるのです。

遊びは、生きるための学びであり、人と人を繋げる生きる力です。

だから、少しの間でお姉ちゃんやお兄ちゃんとも、大事なお友だちになりました。

ハイ・タッチでお別れです。



子ども達にとっても、日頃は会えない。

大きなお兄ちゃんとお姉ちゃん、良い体験です。

こんな学びこそが、潤いある社会をつくり、愛される自分自身への肯定感を獲得していくのです。教育の場はそんな場でありたいですね。いい日でした。

園長

2018.06.08

勝山中学生、まこと幼稚園訪問記2

勝中の男の子、大きな体を折り畳み、子ども達と同じ視線で遊んでくれています。



まこと幼稚園を卒園されたというお兄さん達に少しお話を聞かせてもらえました。

「小さい子と遊べて楽しいです!」

「先生、全然変わってなくてビックリです!」

「僕らも、こんな感じだったのかなぁーって思います」

などなど。

子どもと同じ事をしながら、幼稚園時代の自分自身にかえります。

自分を愛おしむように、子どもを愛おしんでくれるのですね。それが園児にはよく分かる。

 

最後に、中学生の皆さんから子どもたちへサプライズ!



フェルトで作った手づくりの“おすし”をプレゼントされた子ども達は大喜び。

その場で、おすしを食べていましたよ。

私から見てもお寿司しか見えません。凄い!

 

投稿:紗和

2018.06.08

梅詰み 〜年長組

マナハウスに梅を取りに行きました!

下に落ちている梅や



木になっている梅などを



みんなで探して、こんなに取れました!



中には柿を拾っているお友達もいましたが。。。

それは秋のお楽しみ!!

 

そして次の日。。

梅ジャムを作りました。

銭坪先生が火にかけてあくぬきをしてくださり、梅の種を取る為にマッシャーで潰しました。



そして、味見してみました



すっぱ〜い!



種を全て先生にとってもらい更にグツグツ煮詰めると、梅ジャムの出来上がり!!

もちろんお砂糖も入れましたよ!

(子ども達が味見をして良い加減の砂糖をいれました)

 

一緒に、この前取ったあんずでジャム作りました。

いい  にお〜い!と匂いを嗅ぎ



梅、氷砂糖、梅、氷砂糖… と順番にみんなで入れていきました!



リンゴ酢を入れて、後は置いて待つだけ!



次の日には、もうできた?

と出来上がりを心待ちにしている子ども達でした。



投稿:大迫

 

遊んでばかりでごめんなさいと親に反省文を書かされた5歳の子がいったという新聞報道を読みました。

遊びは、子どもたちの学びです。

子どもたちは生き生きと梅を拾い、それが何になるかを身体で体験します。

神様が下さった自然の恵みを学んでいるのです。

大人の準備がいりますが、環境の整えがいりますが、これは紛れもない遊びです。学問とは、プラトンの昔から遊びなのです。今を楽しみ、未来に期待する子が作り出す社会は、子どもを虐待しない社会になります。

園長

2018.06.08

子どもフェスタ2018



今年も、こどもフェスタを開催します。

昨年と同じJR長岡京駅に隣接している

バンビオ3Fメインホールで行います。

未就園児対象です。親子で楽しめます。

7つの幼稚園の先生がいろいろな遊びを

教えてくれますよ。

毎年600の親子が来られています。

休みですから、お父様もどうぞ。

 

投稿:原田

2018.06.07

勝山中学生、まこと幼稚園訪問記1



ざくろの花が咲いているマナハウスの西側に勝山中学校があります。

ここの中学3年生のお兄さんとお姉さんが、家庭科の時間に幼稚園に遊びに来てくれました。

日頃、幼稚園では出会わない大きなお兄ちゃん、お姉ちゃん。

園児達は、どきどき、わくわく



最初は、どう接したらいいのかなあと思っていた男の子たちも、遊んでいるうちに、自分の中の子供が動き出します。

みんな、とても素敵な笑顔 になります。

中学生と園児が触れ合う様子は、自然体。

膝の上で絵本を読んでもらう姿、

一緒に列車の線路を繋げて遊ぶ姿、

ご馳走作って差し出すと、モグモグ美味しいと食べてもらう姿、

お着替えを手伝ってもらう姿、

窓の外に目をやると、砂場で一緒に遊んでいる姿。

みんな、とても素敵な笑顔になります。

 

投稿:紗和

2018.06.07

こりす組さん マナハウスへ ‼︎

雨上がりの一日、こりす組のお友達みんなでマナハウスへ行きました。

子ども達はまず、雨の後で落ちていた青い小っちゃな柿の実を見つけ…

「これなんやろ?」とたくさん拾い始めます。

上を見上げると、あー!  見つけました。

「いっぱいあるわ」と柿の木を発見‼️

さあ、今日の目的の一つ、

柿の葉茶の為の柿の葉摘みが始まります。



摘んだ柿の葉は、綺麗に水で洗います。



そして…葉っぱは天日干ししておきます。

 

みんなは、マナハウスの先生が前もって天日干ししておいてくれた柿の葉をビニール袋に入れて、揉みながら細かくします。



そして…

それを柿の葉茶にして、みんなでいただきまーす。



初めて味わう柿の葉茶、味はどうだったかな?

 

今日、みんなが大発見したのは、ざくろの花‼️

ざくろの花の硬いところは…

まるで、タコさんウインナー‼️



みんなで集め、並べたり、バケツいっぱいにしたり、ごっこ遊びに使ったり……

これは、こりす組のお部屋にたくさん持って帰りました。

月曜日からも、まだまだ続く遊びです。

 

この日は、柿の実やヘビイチゴ等、子ども達は目を輝かせて、たくさんの出会いをしました。

そうそう、マナハウスの小っちゃなライオンさんも、お友達からいっぱいタコさんウインナーをもらっていたそうですよ (^。^)

 

この日は日差しが強かったのでマナハウスのテラスで、

みんなでお弁当をいただきました。



とっても、楽しいマナハウスでのひと時でした。

秋にはタコさんウインナーの?美味しいざくろ、

食べようね♬

 

投稿:河村     撮影 : 矢冨

2018.06.07

マナハウス 〜年長組

3月頃 砂場の奥の木に、綺麗なお花が咲いていました。

「なんのお花?」「桜?」

とお話ししながら子ども達は眺めていました。

春休みに花が散り、小さな実が出来ました。

ゆっくり ゆっくり大きくなって綺麗な黄色のあんずがでてきました!!

高いところになっていたので、先生が脚立に登って取りました!



取れたあんずを見ては、

「みかん?」「いいにお〜い!」

と口々に楽しそうに話し興味津々の皆んなでした。



 

色んな実がなる季節。。

マナハウスの梅や、園で取れたあんずをジャムやジュースにして皆んなで頂く予定です ♪

自然の恵みに感謝して、子ども達とこの季節を目一杯楽しもうと思います!



投稿:大迫

 

五感で知識を獲得することが子どもにとって、大事です。これこそ、いのちの営み。

もうしばらく経ったら、味覚も使えます。

その上、期待を持ちつつ、待つ喜びも

子どもたちはこの体験から生まれるのです。

自然と関わると、いろんなことを子どもたちに伝えてくれますね。庭って、子どもにとって大事な環境。

園長

2018.06.01

理事さんの皆さんへの贈り物

庭師さんではありません。

理事の徳本さんです。

玄関の花を時期になると、植え替えて下さるのです。



今日もそのために、自主的に来てくださるのです。

子どもに、美しい花をと思ってくださいます。

花代はポケットマナーです。すべてヴォランティア。



この花々もそうです。

まこと幼稚園のメンバーは、理事も保護も、子どもたちの見えないところで子どもを育てるために、黙々と何かをなしてくださる方々の集まりです。

そんな人々に支えられて、子どもたちは育つのです。そんな人たちの思いに支えられて教諭はあなたのこどもを愛するのです。神がいるとはそういうことです。

園長

2018.06.01

総会で、今年のこどもまつりを語る

父母の会総会では、子どもまつりのスタッフ

全員が前にズラ〜と  (^ ^)



「子供達を楽しませる大人達も楽しいまつりになればいいな」と話すリーダーさん。

今年のまつりのテーマは「絵本の世界」ですって!

文庫さんとのコラボレーションが実現しそう、、

なんて話も。どんなまつりになるのか、どんな世界で子ども達が遊べるのか、

今からワクワク ‼︎

 

6月から始まるサポートスタッフディには是非ご参加くださいね。お母さん同士がお喋りしながら工作をするひと時は、とても有意義で楽しい時間ですよ。

投稿:紗和

2018.06.01

まつりさん 〜材料回収

おはようごさいます!

礼拝堂前でお母さんの元気な声が聞こえていました。



まつりのお母さんは、コーナーで色々なものを創ります。その為の材料が必要。

皆に協力してもらい、その材料を持ってきて貰う日です。11月3日への準備です。



続々と子どもたちが持ってきてくれます。

子どもたちも楽しみなのです。その為のご協力。自ずから期待も膨らみます。これが何になるんだろう…

子どもたちの心も、祭りの準備です。

明日から集まった材料を裁断するなどの準備がスタートするんですって

子どもまつりの皆さん、感謝です。

投稿:紗和

 

11月3日に向かって、楽しそうな子ども達の笑顔を想像しながら、皆さんで一緒にみんなのまつりを作り上げていきましょう!

まつりリーダー    久一

2018.06.01

テントウムシさん、バイバイ 〜こやぎ

庭の片隅で、なにやら集まっています。

近づいてみると…  こやぎさんです。



耳を澄ますと…

「こっちゃんが持ってきてくれたテントウムシ、

はなしてあげよっか。どこがいいと思う?」

と河村先生の声。



「このへんにする!」

バイバ〜イ   手を振ってお別れしていました。

子ども達の眼差しには、テントウムシを大切に想う気持ちがみて取れました。

 

投稿:紗和

2018.06.01

父母の会総会

本日は、2018年度の父母の会総会でした。

本文の運営の上手さ、各部の説明の見事さ、

クラブの充実、どれ一つとっても、見事でした。



議案もスムーズに承認されました。

今年は80周年を記念して、東屋をまこと幼稚園に寄贈しようと決まりました。

子どもたちの環境への配慮です。

いつもまこと幼稚園と同行二人で、子どもたちにして下さろうとする現れだと、感謝です。



このこいのぼりは、年長さんの力作です。

父母の会は、いつも子どもたちと一緒です。

子どもたちの見えないところで働くことも多いですが、その温かい雰囲気は子どもたちに自然と伝わっています。

幼稚園は、教諭と父母の会と子どもたちの三位一体で、初めてそこに存在できるのです。感謝。

園長

2018.05.30

泥団子作り 〜年中組

青い空の下で、まんなか組のお友達が、泥団子作り!



それぞれが自分の選んだ場所で、

土を水で濡らしてギュッ ギュッと握り、土台になる玉を作っていました。

固まるかな…

乾いた土をふりかけて、握りしめて、

ひたすら、丸〜く   丸〜く



 

矢冨先生のお団子、ツルツル〜  !

気持ちいい〜

 見せ合いっこ♡

先生やお友達と褒めあったり、喜びあったり、

お団子を完成させよう!

と頑張る子ども達

技術を高め合うように、お友達と気付いた事や工夫した事を話し、

自分が納得するお団子を作ろうとする姿が眩しく写りました。

 

先生が作った紙皿に、できたお団子が並んでいます。



「先生、できたよ〜 」

うーん、もう少し ツルツルッにしてきて〜  (^ ^)    と原田先生



まだ出来てないお友達は、こちらにどーぞ!

 

投稿:紗和

年中のお友だちは、今泥団子に夢中です。

土の感触を知ること、泥の感触、

球体を自分が創れる驚きと自信、

お友だちから教えられるコツ、教える喜び

その中で、手先の器用さを身に着け、ものへの

扱いを知り、友だちと同じものを作り、

競う会う嬉しさを、自分のものにしています。

これこそ、アクティブラーニング。幼稚園の子どもたちは、

教育改革を先取りです。この子たちは、

AIを使う子になります。園長

 

2018.05.24

秘伝ラーメン体操 〜年長組

今日は 新しい体操をしよう!

ヤェーイ❗️      ヤッター❗️

なになに?     と子ども達

ほそなが〜いたべもの!   ツルツルしてる…

と上田先生がヒントを言うと、、、

そう(^ ^)    それ !   いくよ〜

音楽スタート!

ラーメン 大好き〜  ラーメン 食べたい〜  ラーメン朝から晩まで   ずるっずるっずるっ♬



バラ組さんとゆり組さん  みーんなで一緒に  dance

はじめてなのに、先生を見て真似っ子上手!

先生のポーズを真似して動く、その観察力はたいしたものです。

弾む! ねじる!  回る!スキップ!

お友達みんなでリズムに乗って踊るって楽しいですよね。

みんなの心が動いて、一つになって、一体感が生まれる。

運動会のダンスが楽しみですね。

どんな姿が見れるのでしょう。

イキイキした姿から、パワーがみなぎっています ‼︎

 

投稿:紗和

2018.05.24

コーナーで思い思いの遊びを〜年少組

あ、楽しそうだね〜

赤チューリップのお部屋です。



お友だちが大きな積み木で電車を作りました。

電車を見て「乗せて~」やってくるお友達。

皆を乗せて「出発進行!」



電子レンジやキッチンを使って、ごはんやオヤツを作ってくれます。

「できました~」「どうぞ」

先生やお友達にご馳走してくれます。



お部屋の中で先生と一緒に絵本を楽しむお友達、

絵本を読み合いするお友達。

お店屋さんごっこしたり、汽車を走らせたり、いろんな遊びをやっています。



粘土コーナーでは、

手のひらでコロコロと転がして細長いものを作って

「へび」とお友達に見せています。

お皿にのせてケーキを作っているお友達。

思い思いのイメージで。

投稿者:木下



「やりたいお友達は、おいで〜」

グル グルグル〜  と声に出して、円を描く先生

それを子ども達も   真似っこします。

好きな色のクレヨンを握ると      グルグルグル〜

面白そうに、何度も  何度も  (^ ^)

投稿:紗和

 

子ども達は、自分の思いでいっぱいです。

お友達と一緒にしているようで、自分の遊びをめいめいがしています。それでいいのです。

緩やかな一体感が、お友達へとつながります。

年中への準備です。

年少さんでは、自分の好きなことに熱中できることが大事です。子ども達の内でわたしの好きな事が生まれれば、わたしが形作られる。生活の整えと共に、わたしの思いを育むことが、幼子たちの成長。まずは、わたしの好きなこと。ばらばらに遊んでいるように見えて、赤ちゅうりっぷさんとして、一つです。

真ん中に大好きな先生がいるから。

園長

2018.05.24

コーナーで思い思いの遊びを〜年少組

あ、楽しそうだね〜

赤チューリップのお部屋です。



お友だちが大きな積み木で電車を作りました。

電車を見て「乗せて~」やってくるお友達。

皆を乗せて「出発進行!」



電子レンジやキッチンを使って、ごはんやオヤツを作ってくれます。

「できました~」「どうぞ」

先生やお友達にご馳走してくれます。



お部屋の中で先生と一緒に絵本を楽しむお友達、

絵本を読み合いするお友達。

お店屋さんごっこしたり、汽車を走らせたり、いろんな遊びをやっています。



粘土コーナーでは、

手のひらでコロコロと転がして細長いものを作って

「へび」とお友達に見せています。

お皿にのせてケーキを作っているお友達。

思い思いのイメージで。

投稿者:木下



「やりたいお友達は、おいで〜」

グル グルグル〜  と声に出して、円を描く先生

それを子ども達も   真似っこします。

好きな色のクレヨンを握ると      グルグルグル〜

面白そうに、何度も  何度も  (^ ^)

投稿:紗和

 

子ども達は、自分の思いでいっぱいです。

お友達と一緒にしているようで、自分の遊びをめいめいがしています。それでいいのです。

緩やかな一体感が、お友達へとつながります。

年中への準備です。

年少さんでは、自分の好きなことに熱中できることが大事です。子ども達の内でわたしの好きな事が生まれれば、わたしが形作られる。生活の整えと共に、わたしの思いを育むことが、幼子たちの成長。まずは、わたしの好きなこと。ばらばらに遊んでいるように見えて、赤ちゅうりっぷさんとして、一つです。

真ん中に大好きな先生がいるから。

園長

2018.05.24

お着替え 〜赤チューリップ

朝、お部屋で先生やお友だちに  にっこり♡ご挨拶

おはよう !

さあ、お着替えが始まりました。



先生〜   と走り寄ってくるお友達が、  バンザーイのポーズ

先生は、脱がしてあげないで、

「自分で腕をここに通してみて、ほらね、脱げた 」と言うと

できた ♡  と笑顔のお友達。

 

「自分で!」と一人でお着替えを頑張るお友達は、



ボタンがなかなか…     真剣です。

がんばれ〜

その様子を見た先生が少しだけお手伝い。

 

「できた!みて、先生〜」

と嬉しそうに駆け寄るお友達だけど、前後ろが逆 (^ ^)

「凄いやん、頑張ったね 」

という先生の言葉が何より嬉しい子ども達。

「きちんと着る」というよりも「自分で着れた」の達成感



お着替えは、

袖を通す・下ろす、頭を入れる・抜く、

ボタンをつける・外す

といった子ども達には難しい作業がたくさん

やる気をサポートする先生と一緒に子ども達は少しずつ上手にお着替えができるようになります。

投稿:紗和

 

「自分でできた」という経験を積み上げることがお友だちの自信になるのです。年少さんには、自信はとても大事です。

自立できる事と自分でできる事は同じことです。

先生方は、一生懸命着替えているお友だちを優しい目で見守っていますからね。

園長

2018.05.24

一緒に食べる喜びは力になる

いただきます!



なんでも食べられる子ども達

好き嫌いのある子ども達

お友達みんなで食べると、、、あら!

苦手な食べ物を口に少し!



いろんなことを話し合いながら、子ども達は楽しく食べています。

幼い頃からいろんなものを食べると好き嫌いが減ります。



苦手なものでも、

友だちが食べていると食べてみようか…と思うようです。

そして「これ食べれる!」と大発見  (^ ^)

お友達と一緒に食べるから、楽しく食べれるんですね。



お友だちの力って凄い!

ブロッコリーも、パクリ。

子どもにとっては、形が代わっているので戸惑いがありますが、食べてから残すかどうか決める幼稚園のルールで、

えんやらこ〜と食べて

ブロッコリーと新しい出会い♡



我が子の偏食で悩む多くのお母さん達!

心配しないで、食べられます。

家でも、すこし頑張りましょう!否、友だちの力に期待するだけにしましょうか。

投稿:紗和

 

時々、お友だちの食事中に行くと、食べ終えたお子さんは皆食べたよ!と僕に報告。思わず褒めると、遠くからも僕に子ども達から声がかかります。

僕も、食べたよ!と。

もちろん、すごいねって。

まだ食べていない子も、その声につられて、こんなに食べた!と報告してくれて、さらに威勢を増します。

一緒に食べるって、食べる力を養いますね。

お友だちは食べることを楽しんでいます。

一緒に食べる事をお母さんも楽しんでくださいね。

園長

2018.05.24

文庫のお母さん 〜初読み聞かせ

今日は、月曜日…

文庫のお部屋に続々と子ども達が!



おはよう  (^ ^) !



わぁ ♡ たくさん   集まってます

「 こないだ幼稚園に沢山の動物さんが遊びにきたの覚えてる?

今日のお話にも動物さんが出てくるよ〜」



子ども達とお母さん達の元気なかけ声が 響きます。

「よいしょ!」

タコや!

にんじん🥕おおき〜い

うさぎ!

と、子ども達

  手遊び

グー  チョキ  パー  で、何ができるかな??

チョキ  と  チョキ  で、、、 、カニ?  ん?

ねこ!でした〜 というお母さんに…

子ども達は、

えぇぇぇ  ねこ⁈

ねこは、おひげ 3本ずつじゃな〜い、笑

思わず、子ども達の反応に  にっこり  ♡

大型絵本「にゃーご 」  が始まりました。

 

読み聞かせには、温もりがあります。

文庫のお母さん達と子ども達の優しい時間が流れます。

 

外では、文庫のお母さんがカード差し替えの返却作業をしてくれていました。



文庫のお母さん、ありがとうございます。

今年も、よろしくお願いします。

投稿:紗和

 

お母さんがしてくださる作業を、年長さんはします。絵本を読みお楽しみの前に、やるべきことがあると知るのです。

いろいろなことには、準備がいるや片づけがいるということも学ばなければならない大事なことです。そして、それが自分の喜びにつながらるという事を、絵本を読んでもらって知るのです。

お母さんの働きは、子どもたちの未来を創ります。必ず先生たちがそこへつなげます。

それが成長です。                      園長

2018.05.24

ボールと仲良し 〜バラ組

ホールに行くと、輪になっている子ども達

お隣さんへ、ボールを  ポン!



お友達がボールをキャッチできたり、できなかったり。

「もっと  優しく投げてあげないと  お友達がキャッチできないよー」と先生

どうしたら、お友達がボールをキャッチしてくれるか……

相手の事を考えて投げるボール

そう  そう   うまい !

 

次は、ワンバウンド一回で  パス!

 上手にキャッチ!

次は、2列になったら

   ヨーイドン!

ボールを  頭上で  後ろのお友達へ  ………🏐

  負けないぞ!

どっちのグループが勝つかな?

勝ったり、負けたりの 喜んだ顏と  悔しい顏。

本気で勝負、そして皆で勝つこと。

年長さんは、身体ごとで味わっています。

素敵です。            投稿:紗和

 

みんなの中のわたしをしっかりと味わう事。

そして自分の役割を果たして、自分の場所をしっかり作り、わたしたちを形成しているのです。

大事な成長です。これを学びに幼稚園に入ったのです。

自分が誰と知ること、お友だちをつくること、みんなの中の私を知ること、わたしたちになる事、これらが生きる力につながります。

遊びですが、遊びで大事な事を子どもは学んでいるのです。

いいですね。これこそ、主体的な学びです。

園長

2018.05.24

歯磨き教室 〜年長組

今日は、大きい組さんの歯磨き教室です。



虫バイキンが好きな子って、どんな子かな〜?

歯科衛生士さんのお話を、真剣に聞く子ども達

虫バイキンがいるかどうか、ピンクの魔法の水で確かめてみようね!

   あーん

お口  グチュグチュは、一回だけね



すごい ピンクや!

わらける



どう?  虫バイキンは  いた?  と聞く先生

ピンクが残ってるところに、虫バイキンがいるんだって〜



歯ブラシの上手な使い方を学んで、シュシュシュッ

 

歯磨きしない子!

ご飯を食べない子!

おさらいする衛生士さんにちゃんと答えられましたよ。

毎日の歯磨き、丁寧にしましょうね。

投稿:紗和

2018.05.24

春のお庭で…

嬉しいお話を聞きました。

先月のマナ・ハウスの「草つみあそび」で

 



よもぎ団子の作り方を学んだおかあさんが、

自宅で作ろうと、野原でよもぎを探していると…

「よもぎ見つけた!」

と一緒にいた年中組の息子さんがよもぎの葉を見分けてどんどん摘む姿を見て、「どうして分かるの?」と、とても驚かれたそうです。

実は、年中組さんも、クラスでマナ・ハウスで、よもぎ摘みと草団子作りを経験しています。



その時に、「葉っぱの裏が白いのがよもぎだよ」と教えてもらい、「この匂いがよもぎ」ということを体で覚えたのです。

その時においしい葉っぱは、先の柔らかいところというのも知り、手で触れてよもぎの中の柔らかい部分を選んで摘んでいました。

子どもたちが、自然の中で生き生きと過ごす姿をみていると、体中の力(五感)を使って

実際に経験は大事だなあと感じました。

お母さんと作った沢山のお団子!

「おいしい、おいしい」

と、あっと言う間に食べられたそうです。

親子で摘んで、共に作った草団子とても美味しかったでしょうね。

とってもあたたかな、優しい味でしょうね!



投稿:銭坪  麻理子

 

幼稚園の教育は遊ぶことです。

身体全体で、学ぶことです。その事で、五感が研ぎ澄まされていくのです。そして満足することを通して、生きる力を獲得します。学ぶことが喜びとなる事を知り、学校での学習の基礎を獲得するのです。

大事ですよ。

私を取り囲む自然へのかかわりを学ぶことは、生きる力を養うことです。良かったですね、お母さん。

園長

2018.05.17

インタビュー 〜こぐまさん

今日のインタビューは、好きなオヤツを聞きたいと思います!

マイクを持ち出した原田先生は、ニッコリ♡

お気に入りのオヤツは  なーに?

おさかなコース

電車コース

とんぼコース

ひよこコース&お迎えコース

おほしコース

チョコ、アイスクリーム、クッキー、おせんべい、グミ、もも、ネルネルネール…

「何味が好きなの?」  「一緒に何を飲むの?」

先生は子ども達と同じ目線で、展開を楽しむようにしていました。

へぇ〜、いちご味だって!

わあ〜おいしいよね〜♪

せんせいも 好きだわ〜

先生の質問に伝えたい事を言葉で表現する力と、

相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を身につけています。

堂々と話す子や、恥ずかしそうに話す子、

迷いながら話す子、ドキドキしている子、

みんな  ちゃんと言えましたよ!                        投稿:紗和

 

大好きなお友だちができる年中さんは、

言葉で表現することを学び時期です。

自分の中から生まれる言葉。

そして、お友だちが聞いています。

大事ですよ。

これが2020年の新しい教育要領が臨んでいる主体的で、

対話的な、深い学びです。

幼稚園が従来してきたことです。                     園長

2018.05.17

絵本読み聞かせ 〜バラ組

お昼前の、バラ組さん

「かわいい実をつけたいちご。

そのいちごばたけの土の下に、小さなおばあさんは住んでいます」

絵本「いちごばたけのちいさなおばあさん」

ファンタジーの世界

先生の声に耳を傾けて、絵を見て、どんな事を想像しているのでしょうか  (^ ^)

科学のことを知る前の、夢のあるこの時期

子ども達の顏は  神妙です。

 

おばあちゃんのお仕事、素敵だなー

おばあちゃん、大丈夫?

おばあちゃん、頑張れ〜      良かったぁ

おばあちゃん、大変だな〜

おばあちゃん、なんで小さいのかな

 

小さな心で、感情移入

素敵な世界に吸い込まれてしまったようでしたよ!

 

私は今でも  いちごの季節になると、

ちいさなおばあさんを思い出してしまいます。

投稿:紗和

 

イメージを育むことは、大事です。誰が語っても、

同じ言葉で語る科学の言葉より、その人らしい言葉を

生み出す土台は、このイメージの世界にあります。

AIを使ってゆく人間になるための大事な一歩です。       園長

2018.05.17

絵本の返却 〜ゆり組

大きい組さんになると、絵本の返却を子ども達でします。



カードの差し替えが終わったお友達から順番に、

赤色は〜   緑は〜  黄色は〜   と返却場所を探す子ども達



大きい組さんになって    まだ二か月です。

わかったよ、ここや!

赤だから〜  あった  あった       と絵本を返す子ども達や、

これは  どこ?

見つからな〜い

とお部屋をグルグル回っている子ども達は、ちゃんと先生に聞きます。

絵本  返却完了‼️

 

うさぎの耳は  なんで長いんやと思う?…    先生が読み聞かせを始めます。

              投稿:紗和

 

読み聞かせてもらう前に返却です。

こんなことも、3年間でできるようになるのです。

何かをやるために、片付ける。生活の基本ですよね。

それから、楽しいことを。子どもの中で見通しができるのです。

担任の先生が、絵本を絵本を通して、世界が広がる。

それも大好きな先生から大好きなお母さんから、

聞く物語は、子どもたちの心の翼を養います。

この後、移動動物園でウサギにも出会います。

さらに豊かな出会いになるでしょう。

子どもたちの集中している真剣な顔をお見せできないのが残念。       園長

 

2018.05.17

マリアのお母さんたち

水曜日、礼拝堂から  美しい歌声が聞こえてきました!

覗いてみたら……



歌っていたのは、マリアコーラスのお母さん達

とっても、綺麗なハーモニー ♡   声が響き合っていました。

 

子ども達の前で歌う事もあるマリアのお母さん。

子ども達は、もちろん大喜び ! 実は、お母さん達も凄く楽しんでいます。

お仕事されているお母さん、

幼稚園、学校の役をしているお母さん、

小さいお子さんがいるお母さん、

忙しいお母さんですが、「自分の時間を ♡」ここで味わっておられました。

 

幼稚園の中で、お母さんの歌声が聞こえるって素敵ですよね〜

投稿:紗和



毎週水曜日に礼拝堂で練習しています!

いつでも見学に来てくださいね♡       とメンバーの皆さん

 

マリアのお母さんたちには、学期ごとに、

子ども達に美しい声を届けてもらっています。

子どもたちは、どんなに喜んでいるか。

大人たちも、クリスマスの時は、その恩恵に。

皆さんも歌いに来ませんか。        園長

2018.05.16

移動動物園 〜年長組

この日、いつもの幼稚園が動物園に様変わり‼︎

子ども達は、朝からワクワク ♡

 

うさぎさんの耳は、なんで長いんでしょう?     と飼育員さん。



うさぎさんはピョンピョン飛び跳ねるから  耳が長いと思う人は⁈

はーい!

ん…⁈   あれ

違いまーす。遠くの音や、小さい音をよく聞く為です!

動物さんと仲良くなる方法をいろいろ学んだ子ども達

まずは、豚さんへ

好奇心いっぱい !

ポニーさん、撫で撫で〜   よろしくネ



「かわいい」

教えてもらった仲良しになる魔法の言葉

 

可愛い顏のハリネズミさんの食べ物は…?

コオロギ !

子ども達は、恐る恐る  触ってみようとします

チクチクッ、痛

ヘビさんの感触は、、?

つめた〜い

「ヘビさん、首に 巻いてみる?」

(^ ^)⁈

わぁ!怖がってない

そして、 ヘビさんを首に巻いてもらおう!という子ども達の列が ズラッと

 

カピバラさん、ハイ  どうぞ ♡

パンの耳をムシャムシャ

暑い日差しの中で、

いろんな動物の体温や感触を感じることができ、子供にとって特別な時間が流れました。

投稿:紗和

 

年長さんは、これで3年目。

楽しみ方も堂に入っていますね。

蛇を首に巻いたことを報告してくれました。

怖かったのでしょうが、大人への信頼と

好奇心が怖さを乗り越えたのです。

こんな経験も大事です。いろいろな

命との交流こそが人が生きているということです。

ぶたが野菜を食べないで、パンばかり食べていた

と報告している友だちもいました。

いのちのいろいろに実際触れてみること

いい経験です。子どもたちには人工的でない

自然なものに触れる経験をさせていきたいです。

園長

2018.05.16

移動動物園 〜年少組、年中組

昨日の大雨も止み、朝から晴天です。

今日は、待ちに待った移動動物園の日 ♡

 

チューリップさんと、まんなか組さんが集まって

飼育員さんのお話を  よ〜く 聞いています。



動物さんに優しくしてあげてください!  大きい声を出してはダメですよ。

はーい   と大きなお返事をする子ども達

 

動物さんが嬉しいと思う事は、「かわいい!」と言ってもらう事です。

すぐに仲良しになれます!仲良くなってから餌をあげましょう。

うん うん   と頷く子ども達

 

動物さんのところへ!レッツゴー



ドキドキ、ワクワク

教えてもらった方法で、ニワトリさんを  抱っこ!

  わぁ♡

動物さんと仲良くなって、 上手に餌をあげる子ども達





いろんな動物さんと、たくさん触れ合えたね。

投稿:紗和

 

幼稚園が動物へに早変わり。毎年です。



こどもたちには、びっくりです。

が、心は、動きます。

うれしいそうに、またこわごわえさをやっていたり、

それぞれの思いで動物のかかわりを持とうとします。

ここでは、ポニーの触れ方を学んでいます。

好奇心の方が、怖さを乗り越えさせます。

上手なかかわりを学びます。人以外のいのちとの交流を学ぶのです。

感性が養われます。感性こそ、生きる力の大事な要素です。

楽しめ子どもたち。     園長

2018.05.16

バレーボール 〜まことママ

まこと幼稚園のバレーボール部🏐

現役9名、産休2名の11名在籍しています。

今日は、向日市民体育館で練習!



対戦相手は……、、どこかでお見かけしたような…

まこと幼稚園のOGママさん  だって。

 

プレーを見ていると、目が離せなくなります  (^ ^)!

気持ちがこもったボールを拾っては  繋ぐ

そして、得点を決めた時、決められてしまった時、

チームメートで、喜びと悔しさを分かち合う

そんな姿を見て、 いいいなぁと思いました♡



あ‼️

一つのボールを、最後まで諦めず、

チーム全員で追いかける姿は  カッコイイですね!

6月15日乙訓地区の府大会予選!ファイト

投稿:紗和

 

良かったら是非!いつでも見学にどうぞ  ♡

5月17日、21日、24日、28日 いずれも午前、

向日市民体育館で練習しています!

バレー部キャプテン  中久保

2018.05.11

年中さんのメモ帳づくり

5枚、数えられる?

1、2、3、4、5

子ども達の大きな声が響きます。

母の日のお母さんのプレゼントとは別に

5枚数えて綴った自分用のメモ帳。



簡単だった?

難しかった?

質問に手をあげる子ども達の表情は色々だけど、みんな  一生懸命頑張りました♡

 



小さい穴にリボンを通すのは、なかなか難しいですよ。

出来た時は、こどもたちは大喜び。

 



これは、ママとのお揃いです。

大切な人を喜ばせようとする子ども達の表情は、キラキラですよ!

 

投稿:紗和

 

コーナーで、メモ帳を創るのです。「お母さんのものも」

「秘密、秘密」と楽しそうに作っていました。

愛する者の気持ちを思うという年中さんになるとできてくる思いです。

内から湧いてくる自分の思いを形にしてゆく経験は、

あなたのお子さんに喜びを与え、

あなたがさらに喜ぶ事で自信につながります。

大事な人に、自分の思いを伝えられたのですから。

これが人生の基盤になります。

あなたも、貰った喜びをわが子に伝えてください。

控えめな方はオーバーなぐらいに表現してください。

自分のおそろいのメモ帳も、苦労して作ったのです。

リボンを通すのは、年中さんにはなかなか難しいのです。

この経験が指先の発達を促し、自信につながるのです。

心も体も、成長させてゆくのが幼稚園の役目です。     園長

2018.05.11

母の日のプレゼント…仕上げ 年中組

先日、10色の色から選んで和紙に染めて作った紙の中から、お母さんの好きそうなとびっきりの色を2枚選び、いよいよプレゼントの仕上げです‼️

 

お友達が選んだ和紙を…

先生が厚紙に貼り二穴パンチで、穴を開けて準備完了‼️

 

さあ、自分の選んだ和紙の模様や色にぴったりのマスキングテープを選び、フォルダー用ファスナーに、マスキングテープで飾って仕上げます。





二穴パンチで開けた穴に、ファスナーを自分で入れてプレゼントの出来上がりです‼️



自分の試してみたい気持ちと、お母さんに素敵なものが贈りたい気持ち、

そして…最後は、手先を一生懸命使って作った母の日のプレゼント‼️

いかがでしたか〜?

投稿:河村

 

創っている間にも、お友だちや先生と、子どもたちはお話しています。

「お母さん、こんな色好きなの?」とか

「喜んでくれるかな」と。

そこにいない、お母さんへ思いを馳せながら作っています。

贈る人を思って、作るプレゼントは子どもの心を豊かにしてくれているでしょうね。

お母さんも、貰った時の喜びを言葉で思いっきり伝えてくださいね。      園長

2018.05.11

ジャンボこいのぼり3

大きい組さんのジャンボこいのぼり、今日は仕上げ!

 

切り紙のウロコの周りを絵の具で飾っていきました。



「楽しそう!やりた〜い!」と、次々にスモックを着てお友達がやって来てくれました。



迷路のように筆を走らせるお友達、

じっくり塗り込むお友達、

外に上がっているこいのぼりを見ながら描くお友達、、、



一人一人が伸び伸びと描いていました。            投稿:上田

 

主体的に、こどもたちがコーナーになってきて、

集中するのです。自分自身の思いを解放するのです。

しかし、好き勝手ではありません。わたしたちの

こいのぼりを創っているのです。だから、

描きながら、全体を自然とみています。対話的ですね。

そして、皆のこいのぼりを完成しました。

誰も、つぶるれることなく、全体が出来上がるのです。

これが生きる力です。       園長

2018.05.09

おかあさん♡ 〜大きい組さん

白い紙粘土に絵の具を混ぜて  みんなで色付けをしました!

そして一人一人がお母さんの事を思い浮かべながら作り始めました!

 

「おかあさん  メガネかけてる!」

「おかあさん  髪の毛ながいしなぁ〜」

と、お母さんを思い出し、みんな一生懸命作った作品です!



年長のお友だちは、「まだ  おかあさんには内緒にしておく!」

と言っていました。

ですから、ここで見た事は内緒です♪

 

母の日まで  あと少しですね。

お楽しみに〜 !                      投稿:大迫

 

白い粘土に色を練りこんで、子どもたちが

創ったのです。それを使って、作っているのです。

ここにも、いろいろな技術が詰まっています。

これもすごいですが、それよりも大事なのは、

プレゼントする人の事を思えるようになっていることです

驚かせて、喜ぼうと思っているのです。

相手の心を考えて、自分の行動を考えているのです。

あなたのお子さんは確実に成長しています。            園長

2018.05.09

マナハウスの庭で、 かくれんぼ

先日、マナハウスでかくれんぼ。

なかなか、お友だちは、かくれ上手です。

「さぁ!みなさん、

どこにお友だちはかくれているでしょう!2人いますよ!」



あ! 頭が!



「ばぁ!みーつけた!!」と言う先生!

子ども達は、 「あー見つかった!!」とまた隠れに!

思い思いに隠れ場所を見つけ、身を潜めて楽しんでいました!

見つかるまでの間のワクワク……

お友達と一緒に味わいながら遊んでいました。





4月からもう1ヶ月…。

新しいクラス、新しい世界、新しいお友達にドキドキしていた年中組さん!

少しずつ年中組の生活に慣れ、お友達と出会っているところだなぁ〜

と感じる事ができました。

かくれんぼは嵐山遠足で楽しもうと思っているので

お楽しみに♡                                               投稿:原田

2018.05.05

よもぎ探し出発 〜こりすさん

こりすさんが  マナハウスに!



よもぎを摘んで  お団子を食べるんだって〜     いーね♡

 

よもぎの葉っぱ  知ってる?



よもぎの葉っぱはね、こんな形で   裏は  白っぽいよ

 

手で揉むと  こんな香りがするよ



わ、する  する

 

さあ!!よもぎ探し  出発!



これかな?

これ?         そうそう

あった!

こっちにも  いっぱい あるで〜



夢中で 探してる  (^ ^)

 

あ!ちょうちょ     せんせーい   ちょうちょ  みて  みて

白タンポポさんが 咲いてるよ

ダンゴムシ  みっけ

梅の実  落ちてるー   ほら

テントウムシがいるやん



いろんな春を見つけた 子ども達

 

ほーら  たくさん  集まったね



よもぎだんご  楽しみ  ♡

汗かいたね、、一息つこうね



お空の下で  いただきます!                  投稿:紗和

2018.05.05

ジャンボこいのぼり 1

先日、おうちに持って帰った自分だけのオリジナルのこいのぼり、いかがでしたか??

年長組は、自分だけのこいのぼりでおしまいではなく

『ジャンボこいのぼり』というものをみんなで作っています!

 

こいのぼりのウロコを作るために染め紙をして

その染め紙でジャンボこいのぼりにもウロコをつけました!

切り紙をして色々な形のウロコが出来上がりました!



なかには、切り紙がお気に入りになり何度も何度もコーナーに来る姿もありました!

 

その切り紙を大きなこいのぼりに貼り、切っては貼り切っては貼り……を繰り返し

おとうさんこいのぼりと、おかあさんこいのぼりの両面貼り終わりました!



これで完成ではなく、まだまだ大きい組さんのジャンボこいのぼりは続きます!

どんな風になるかは出来上がってからのお楽しみ!

総会の時までにホールに飾るので、是非楽しみにしてくださいね  ♪

投稿:大迫

 



皆で創る。とても大事なです。それも

自分の気に入った切り紙を張り付けて、

自分だけのものでない、自分たちのこいのぼりを

創るのです。私の思いを大事にしながら、皆で完成するのです。

ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために。

道徳でなくて、楽しさの中で、これをしたことは

社会性が身に付きます。就学してゆく年長さんが

身に着けることの大事なもののひとつです。

園長

2018.05.02

こりすさん、マナハウスへ(3)

5月1日は、暑い日でした。

が、こどもたちはおもいっきり動いて、

だんごをいっぱい食べました。

写真ではみえませんが、日焼けした顔に、

きなこで化粧しているお友だちもいます。



おかわりもなくなるほどです。きなこもおかわりしました。

夢中に食べているうちに、お帰りの時間が迫ってきました。

慌てて、園へ帰りました。



迎えてくれたこぐまさん、こやぎさんは、

日焼けした顔についている黄な粉に、うらやましそう。

しかし、きみたちは、もうたべたんだよ。

暑かったけれど、元気、いっぱいのお友だちでした。

まこと幼稚園の庭でもあるマナハウスは、

子どもたちが自分の中にあるものと出会う場所です。

その環境を作ってあげるのが大人たちです。先生、ご苦労様。

かたつむりも、ありがとう。

なによりも三日間、次から次へと、生えてきてくれたよもぎに感謝です。

自然って、人間を育ててやみません。

いのちの約束を思い出してくれる存在です。   園長

2018.05.02

こりすさん、マナハウスへ(2)

こりすさんのもうひとつの目的は、こぐまさんとこやぎさんが美味しく食べたよもぎだんごです。

こりすさんも、たべるぞう。

まずは、よもぎ摘みです。

こんなお友だちと集めました。



米粉に、銭坪先生が湯がいて混ぜこんでくださっているよ。

「みんなで頑張って摘んだヨモギを混ぜると

白い粉がみどりになるんだよ」

「すごい、こねこねしたい」



こりすさんのお友だちも興味津々。

よもぎが団子になってゆく

変化を体験しています。

お餅つきと同じですが、自分たちで摘んだものがこんなにかわってゆくのはさらに興味津々。

子どもたちの心が動きます。

 

今度はお友だちの番です。  こねこね。

みんなでこねこねします。

「耳たぶぐらいの柔らかさにしようね」と銭坪先生。



もみもみしながら、

おともだちは「きもちいい」と。

そして、こんなのできました。

一生懸命にもみもみしたから、こんな素敵な色の団子になりました。



「これを焼くの?」とお友だち。

いいえ、ゆでるのです。

銭坪先生と川端先生がこの団子をゆでて、

みんなで、パクパク。

摘んで、こねて、皆で食べる団子はとっても美味しい。おともだちはおもわず笑顔がこぼれます。

みんな一斉に「おかわり」

なくなると「きなこだけおかわり」。

カテゴリー

今日は暑かったので、ウッドデッキで、机に座って涼しいところで食べました。

気候に合わせて、どうするかも大事な経験です。

こどもたちは、的確な環境の中で、自分の心を動かします。それが、こどもたちの内にあるものを育てるのです。

命を頂き、いのちは育まれるのです。

楽しめ子どもたち。    園長

2018.05.02

こりすさん、マナハウスへ(1)

こりすさんも、こやぎさんやこぐまさんに

続いて、5月1日にマナハウスへ行きました。

強い日差しの中、暑い日でしたが、お友だちは

生き生きしていました。

同じ場所なのに、こやぎさんやこぐまさんの

お友だちとは別のものを発見。



そう「かたつむり」です。カンカン照りの日です。

さっそく、こりすのお友だちは、「かたつむり」くんに

お水のプレゼントです。

「雨ふってないのに、かたつむりだ」

「お水あげるとお顔だすかなあ」

「おみずあげてみよう」



かたつむりが雨を好むの知っているのです。

自分たちが感じている暑さをカタツムリも感じていると

相手の立場に立っているのです。

4年しかまだ生きていない子どもたちが、他の生き物の思いに自然と寄り添い、自分のできることをします。

それも、お友だちと大事なものが育っています。

心が育っています。そして知識も知恵も、そして道具の使い方も知っているのです。

自然との豊かな接触ですね。

いのちがいのちとつながる瞬間でした。

園長

2018.05.02

まつりのお母さん

毎年、11月3日はこどもまつり。

保護者たちが子どもたちのために、幼稚園を別の世界に変えてくださいます。

園児たちのお楽しみの一つですが、卒園児も大勢、まこと幼稚園に集まってきます。

600人から800人の子どもたちで溢れかえります。

その世界を作り出す責任者が「こどもまつり」というヴォランティア活動に参加してくださる保護者たちです。

本年度の最初の例会です。

それを紗和さんが取材してくれました。

 

まつりのお母さんが集まっています!



お母さんさん達が一人一人、まつりのアイデアを出し合っていました。

はらぺこあおむしができたり、

みんな  とっても アイデアマン!

聞いていると

イメージが膨らんで   わたしもそんな世界で遊びたい…

子どもたちがワクワクしながら、子ども祭りを楽しんでいるのが目に浮かびます。

(子ども達の声)



そう思ったら、窓の外から元気な声が聞こえてきました。

 

まつり10年分のアイデアストックが貯まった感じ!

と、まつりリーダーさん

今年度まつりのテーマが決まりました。

これは、内緒です。

どんな まつりになるのか楽しみにしていてください。

乞うご期待 です♡                           投稿:紗和

2018.04.28

母の日のプレゼント作り〜年中組

幼稚園では、時々コーナーを作ります。

今回は、母の日のプレゼント作りを

年中さん全員で創るためです。

廊下に並ばれた色水に子どもたちが関わって、

作品になっていたかをレポートでお伝えします。

(園長)

朝…二階の廊下に並んだ“10色”のえのぐたち!!

登園する子ども達は来るなり

「何これ?!」「いっぱい並んでる!」「虹色やーーー‼︎」と大喜び♡



このえのぐを使って今取り組んでいるのが…‼︎

母の日におくるプレゼント‼︎子ども達は  はりきって身支度を済ませると次々に

「やる!」「やりたい♡」と年中の子ども達がこぐまのお部屋へ集まります。





えのぐへ  ドボン‼︎‼︎

ここでは「どの色にしようかなぁ」「ママ  この色  すきやね〜ん♡」…

2枚目を楽しむお友達は  「次どれにしようかな!」…

お友達が染めたのを見て  「うわあ♡きれい♡」「ぼくも あの色にしてみようかな…」

といろいろ思いがあふれています‼︎





染めることができたら、その紙を  その〜と 広げると…‼︎

素敵な模様が ♡

「みて〜〜♡」 「キレ〜〜イ♡」「お花がここにある‼︎」

「リボンみたい!」「これ ママ 喜ぶわ♡」

と一人一人ができあがる素敵な和紙をみて喜び 心を動かしていました!!





子ども達が作る染め紙が並ぶと これまたキレイ♡

「もっとやる!!」と楽しみながら作っています‼︎‼︎



「やってみたい♡」と自ら主体的に参加し、指先をたくさん使って、折ったり、広げたり…

「おもしろい!」「たのしい!」「みてみて♡」と喜び、

会話がたくさんあふれ…と色々な場面で心を動かし取り組むことができました。

この活動で 子ども達の“知的好奇心”や“美的感性”を感じることができ、

ワクワクした楽しい ひととき となりました!

 

素敵なプレゼントになるのを お楽しみに♡

投稿:原田

2018.04.27

こぐまさん、マナハウスへ(3)

「こんなに集まりました。これを銭坪先生にお願いして、

湯がいてもらいます。そして、米粉に後でみんなで混ぜましょう」

と原田先生が言いました。



楽しみ。楽しみ。

よもぎだんごを銭坪先生、川端恵美先生が創ってくださる間

お弁当です。こどもたちは、先生が敷いてくださるシートに

めいめいの場所を見つけて、お弁当の用意です。

お家でもしていますか。大事ですよ、自分の言を自分ですることは、

これが生きる力です。必要な準備ということです。

まずは、リュックを持っていき、ランチョンマットとお弁当です。

そして、リュックをお片付けして、頂きますのお祈りです。

ただただ、食べるのでなく、お約束をして、食べるのです。

いのちを貰うためのお約束です。





 

2018.04.27

こぐまさん、マナハウスへ(2)

よもぎ摘みの合間も

こどもたちは、いろいろなものを発見しました。

まずは、わたげのたんぽぽです。

おともだちが、わたげが飛んでゆくのを助けます。





人も自然の一部です。人に助けられて、たんぽぽは次の世代へとつながります。

ここに池がある。池を発見です。みずすましを知っているお友だちに、

みずすましを教えてもらうお友だち、知っているお友だちは得意そうです。

教えられたお友だちも、新しい知識に嬉しくなっています。



昨日と違うくろテントウムシです。おともだちも

驚いています。いろいろな虫がいんですね。



こんなもの見つけたよと、お友だちが持ってきて、

見せてくれました。



いろんなことを発見できるので、おともだちがわくわくどきどきです。

自然ておもしろい。僕が下手だったので、写真は撮れませんでしたが、

アゲハ蝶を手で捕まえたお友だちがいました。みんなお騒ぎです。蝶も

お騒ぎで、とても楽しい瞬間でした。蝶のお騒ぎが功を奏し、蝶は

脱出できました。

小さな庭で、こんなに子どもは楽しみを発見します。磨けば、磨くほど、

子どもたちのアンテナは多くのものを察知してゆくでしょう。

刺激的な環境を与えながら、子どもたちの内にあるものを伸ばしてゆけたらと

思っています。園長

 

2018.04.27

こぐまさん、マナハウスへ(1)

さあ、昨日のこやぎさんに続いて、

こぐまさんがマナハウスへ行きました。

出発進行、幼稚園児専用通路から中へ



付きました。お迎えを受けて、お庭へ



よもぎをみんなで見つけますが、よもぎだんごは今日マナハウスに来た目的の一つです。

みんなで一生懸命探します。こやぎさんがとった後ですがあるかな。



「原田先生、これじゃない」「銭坪先生、これでしょう」ありました。ありました。

よもぎはいい匂い、先生、この匂い嗅いでみて



 

あった、あった、こんなにあった。

お友だちがこんどはざるを持ってくれました。



子どもたちは、先生が摘んでくれたよもぎを見て、

後ろのうぶげのような白い毛をあることを聞き、

見て、触れて、探し出します。そして、匂いを嗅いで

確認します。最後は、食べるのです。五感を使って、

自然に触れる。これが生きている実感です。

こうして、子どもたちは成長してゆくのです。

自然の恵みを受けながら、これが八瀬での体験を

さらに深めてゆけますよ。年長さんへの架け橋に

マナハウスのお庭はなっています。

五感を使って、自然に触れる時、内なるいのちが

自然に応答するのです。それで大事なものが育ちます。

園長

 

2018.04.27

みんなで一緒

ゆり組さんのお部屋の前を通ると

大きな円陣

お友達と手を繋いだまま  立つよ〜



1  2  の 3   ハイ!



できたね

次は  片足で  5秒  せーの!

投稿:沙和

 

全体がこころを一つにして、手をつないだまま

みんなで立つことができます。これなかなかむつかしい。

先生は優しく声をかけるだけ、できます。

こどもひとりひとりが相手の動きを

測れるからです。ゆり組さんは一つになっています。

おそらく、バラ組さんも。

主体性に目覚めているお友だちは、他のお友だちの

思いがよく分かるから、こんなことができるのです。

みんなの中のわたしを生き生き生きるコツをお子さんは

身に着けている証拠です。園長

 

 

 

 

 

2018.04.27

雨あがり

思いっきり  雨上がりの濡れた土の上を裸足で走る子ども達



あらら、先生も裸足で   (^ ^)

 

向こうの方で  何してるのかな?



わ!泥団子作り

雨上がりは  絶好の機会ですね。

先生も一緒に  思い思いの団子を 一生懸命作る女の子達

 

こちらは、白砂の横にある泥団子を作るために

ブレンドした土を入れてある庭です。

雨が降れば、そこに集まり子どもたちは泥団子づくりです。



みてみて  綺麗にできた   触ってみて

かたい!

ツルツルにしよ

お友達同士で 作ったお団子を見比べています

時に 気づいた事を伝え

時に  確かめあい

時に 競い合い

そんな年長さんの遊び込む姿が 眩しく写りました

 

投稿:紗和

遊びこむ力が集中力です。

これが学び力につながります。

幼児教育で獲得したいものは、

生きる力の基礎です。雨が止むと、泥団子が創れると

いそいで、相応しい場所へ迎えることも知恵です。

幼稚園は、子どもたちにとって、刺激に満ちた場所です。

その中で主体的に動ける子を育てること、これがわたしたちの

教育の狙いの一つです。楽しめ、お友だち。園長

 

2018.04.26

こやぎさん、マナハウスにゆく(3)

さてさて、マナハウスに来た

目的の一つは、いい天気の中で

カレーライスを食べることです。

紹介は前後していますが、カレーの後で

よもぎ団子を頂いたのです。

カレーは、芝生の上で、おいしくいただきました。

河村先生にカレーをかけてもらって、

自分の場所へ。みんなで楽しくむしゃむしょ



食の細い子も、今日は青空の下で、いっぱい食べました。

そして、皆で並んで、よもぎ団子です。



思いっきり遊んだ後で、甘いものはおいしいですね。

みんな感触、お替りまでありました。

銭坪先生、ありがとう。また来るねと、クラスにお帰りです。



八瀬への遠足の予行演習にもなりました。

自然からいろいろ教えてもらい、

しっかり食べて、自分自身も自然の仲間と

身体で知ることです。そして、その自然が

与えてくれた恵みを知ることです。愛されている

私をこどもはこんなことを通じて知るのです。

園長

2018.04.26

こやぎさん、マナハウスにゆく(2)

こやぎさんたちは、よもぎを摘みながらも

いろんなものと出会います。

「園長先生、てんとうむし」と

呼びさすとそこには、小さなかわいいてんとうむし。

みつけた、あれなあにと呼びさせば、鳥の取り分で

残された八朔。



梅を両手いっぱいに持ってくるお友だち。

ライオンが梅を取ったと

らいおんの置物のところに、僕を連れてきたお友だちもいました。

それがこの写真、分かりますか。口に梅の実です。



梅の実を取りかえしてというので、手を口に

突っ込んで、「痛い、痛い」というと

「そうじゃない、カラスの羽でこそばすとくしゃみして

こぼれる」教えてくれたので、口になかで手でこちょこちょ。

拍子に、ぽろりと落ちて、おともだちとほっとしました。

遊びの中で、お友だちは好奇心をフル回転。

ここから、自分が子どもたち自身には見えてくるのです。

心が動き始めて、わたしができるのです。

主体性の形成は、環境との接触から生まれる私の心です。

こやぎ組のおともだちは、いい経験をしました。

園長

 

2018.04.26

こやぎさん、マナハウスにゆく(1)

今日は、こやぎさんは

マナハウスで、昼食です。

そのまえに、河村先生とよもぎ摘みです。



河村先生によもぎを教えてもらって、

みんなで摘みました。

こんなに集まりました。



しろたんぽぽも摘んで、これは「しろたんぽぽさん」に

お土産です。このよもぎを米粉に混ぜて、

よもぎ団子へ。みんなでマナハウスの銭坪先生の

お手伝い。



白い米粉がよもぎで緑に染まってゆきます。

興味津々。そのお団子を耳たぶぐらいの柔らかさにするのです。

みんなで耳たぶ触って、いざ、こねるぞ。二人一組で、よいコラショ。

こんな優しい色になりました。



銭坪先生と川端先生がゆでて、黄な粉をまぶしてくださいました。

さあ、みんなで、緑だったね。草がこんなになったんだと楽しくおしゃべりして

食べました。



食べ物はスーパーにしかないんだよ、ではない世界は、

こどもたちを自由にします。自分で作った団子を食べる喜びもあるでしょう。

いい経験をしましたね。明日は、こぐまさんがマナハウスです。

 

 

2018.04.26

うんてい 〜バラさん

おさるさんみたいだねー  (^ ^)

カンタン  カンタン

 

頑張れ   頑張れ!



前へ  一つ   一つ    ゆっくり  ゆっくり

先生にお手伝いしてもらいながら

お友達に   勇気づけられながら

できた!って自信は  笑顔になるね

 

つぎは  ひとりで  できるよ!

がんばる!

ちょっと  こわいけどね

 

初夏を思わせるような春の午後でした

 

投稿:紗和

 

 

 

 

2018.04.26

綺麗な模様〜 年長さんの こいのぼり

五月の済んだ空の色のよう.....

とても綺麗で爽やかに染まった和紙

チョキチョキチョキ



どんな形にしようかな?



みんな  それぞれ  思い思いの形を 自由に  切って貼って

同じものはない  模様

こいのぼりが   美しく変身していきます

 

その模様  かわいい

あら  この形  なーに?



いいやん  素敵やん



もうすぐ  もうすぐ

みんなのこいのぼりは   風に泳ぐのを  待っています

 

投稿:紗和

今日は、持ち帰りの日でした。



あるお友だちは、綺麗なこいのぼりだねと

褒めると、だってずっと作ってたものと

大変だったと感想でした。それぞれ頑張ったんですよ。

頑張りと作り上げる喜び、そして、できた自信。

これらが子どもたちの財産になります。

天に宝をと聖書はいいますが、こどもたちは、

心と魂に宝を積んでいます。帰ったら、褒めてあげてくださいね。

園長

 

2018.04.26

まつりのお母さん

春の雨に濡れて、ツツジが美しく生き生きと見える朝

まつりのお母さんの初顔合わせがありました。

今年は何名のお母さんが集まるかな、ドキドキ



17名のお母さん!  お休みの方もいれたら20名になるかな

拍手  (^ ^)

 

リーダーも既に決まって、まつりの内容をお話

どんなものにしたいかな〜

やってみたい!ってアイデアを出し合って、

みんなで作るまつり

妄想が大好きで 膨らんじゃいます  笑  と話すリーダーさん

 

まつりのお母さん達、ありがとうございます

 

河村先生のお話〜

おかいものコーナー は、近年にお母さんのアイデアからできたコーナーで、

子ども達に思いっきり楽しんでお買い物してほしいという気持ちから

生まれたものでした。

ハンバーガーショップ“マコトナルド”、かき氷屋さん、焼きそば屋さん

ブッフェ風のお店、、、、などなど

子ども達自身が選んで楽しむスタイルは、人気のはずせないコーナーになりました。

 

歴代のお母さん達がつないでくれるバトンを握り、

今年も20名のお母さん達が  走ります!

 

投稿:紗和

2018.04.26

チューリップさん

ホールに可愛い姿が  ありました

今日は 雨だから  ホールで思いっきり遊ぼう!



 

お昼前 、お部屋をのぞいてみると行列

おてて  ピカピカにしてね〜

1、2、3       パッ  パッ  タオルでふいて



 

おてて  ぎゅー  できる?

〜お祈り      T 先生

だいすきな天の神様  こんにちは

今日は お外は雨がふっていて  木や草はとっても 喜んでいます

今日は ホールで元気いっぱい遊びました

とっても 楽しかったです

これから おうちの人が作ってくれた美味しいお弁当をいただきます

ごはんを食べて  またみんなのパワーがつきますように

みんなのことを  側で見ていてくださいね



小さな  優しいお祈りを捧げてから

お弁当をいただきます

 

投稿:紗和

2018.04.26

お昼ご飯を食べる

こぐまさんのお部屋では、

昼食前に、

♫  朝ごはんに  パン 食べてきた人 どこにいます?〜

🎶ここです、ここです  ここにいます〜

ごはん、ヨーグルト、みかん、おもち、牛乳、いちご、ぶどう、チーズ…

食べてきたよって 手を上にヒラヒラあげる 子ども達   (^ ^)

投稿:紗和

「これは、食べることへの誘いです。食べる楽しみを経験することは

人生にとって、大切なことです。これも祈りのお約束。」(園長)



 

〜祈り



食事前のお祈りです。

いのちを頂く、お弁当。

神様に感謝を捧げます。

食事は楽しく、うきうきと過ごします。

その前に静かな時間を持つことは

とても大事です。いのちは、目に見えないから

目に見えないものに支えられてあるのです。

わたしたちを愛してくださる神様に感謝です。

宗教教育ではなくて、いのちを頂く時の

お約束です。園長

 

2018.04.26

年中さんで

おや?おや、おやおや?    線路

見ると…     男の子達が、



こやぎさんの前の長い廊下 いっぱい!

自分の好きなルートにつなげたい

自分の作ったルートに電車を走らせてみたい

トンネルを作って電車をくぐらせたい

 

投稿:紗和

 

年中さんをどう過ごすかは、

幼稚園では大事です。

ここで、友だちとしっかりつながれることが

できるようにすればいいのです。

そのためには、共同作業は不可欠です。

こんな複雑な線路を共に広げながら、

同じ場を共有するのは、大事な成長の過程を

踏んでいるということです。    園長

2018.04.23

自然を味わう

 

春の野草摘みの取材に行って、

生えていたヤブカンゾウの芽を

講師の玉井さんから頂いたので、

わたしも、酢味噌和えを作ってみました。



クセがなく美味しかったです

季節を味わう、、ちょっと素敵で贅沢でした。

投稿:紗和

 

良かったですね。季節のものを頂くことは

身体には大事です。聞いて、見て、匂って

触れてみるだけでなく、食べて、五感で

季節を味わうことは大事です。身体全体で

学ぶのが幼稚園での教育の原則ですが

それは、あたしたち大人にも大事なのです。

五感が満足すると、段階に行けますからね。

季節を味わうのは、過行く季節と共に、

次に進むためです。いつまでも、子どもは

子どものままで輪ありませんからね。

これも、楽しみに。                  園長

2018.04.23

春の野草摘みでよもぎだんご

マナハウスで生えているよもぎを

みんなで摘んでました。



それをペーストにしたし、上新粉と混ぜて丸めて



お湯の中に入れて  出来上がり!

よもぎ団子の出来上がり。

あんこ、黒蜜、きな粉、何をつけて食べようかな〜

マナハウスで春の野草摘みをしていた親子が春を味わいました   (^ ^)



投稿:紗和

 

草花を見て、匂い、触れ、摘んでみる。

そして、最後は自然を味わう。

私の中に自然を入れる。

わたしのいのちは、おおくのものに養われている。

これに気づくのも、子育てを楽にし、楽しみコツ。

おかあさん、子どもも、多くのものに養われていますからね。

園長

2018.04.23

文庫のおかあさん

わあ、たくさんのおかあさん!

1、2、3、、、、数えると24名!

赤ちゃんを抱っこするお母さんや、小さいお子さん連れのお母さんも

少なくありません。

文庫がボランティア活動になって、4年目になります。

おかあさん達の心意気に感謝です!



〜園長先生のお話

言葉を獲得していく大切な幼児期に、言葉の触れかた

つまり、大好きなお母さんの声で  物語の世界を 与える

その環境の中で子ども達が  言葉に興味をもち、話すようになる

のです。

語り言葉である絵本の世界は、子ども達が自分の世界を作る第一歩です

 

約40年も前から代々続く「まこと電車文庫」

今年も  発車オーライ!                        投稿:紗和

2018.04.23

きいろチューリップさん

チューリップさんのお部屋に入ると



子ども達は それぞれ自分の好きな遊びをしています

その一角で



コロコロ〜   コロコロ〜

箱の中のビー玉を 目で追って 楽しむ子ども達

 

投稿:紗和

 

自分で、遊びを見つけれるために

自分の好きなことと出会うために

関わろうとすることは子どもの成長にとって

不可欠なことです。私の中から湧いてくる興味に

目覚めてこそ、私が立つ位置が見えてくる。

年少さんは思いっきり自分を出し切ることが大切です。

何かができるのでなく、まず自分がなにものかを

園児は発見するのです。

そこからでしか、友だちはできません。

おもいっきり、遊べ、愛おしいこどもたち。         園長

2018.04.23

春を摘みましょう〜マナハウス

春風の心地よい日、



春を探して  草摘み

からすのえんどう   西洋たんぽぽ  ははこぐさ   ふき   みつば   よもぎ  よめな



ライラックのお花は、水に浮かべると優しい甘い香りがします。

心を和らげ、リラックスさせてくれる一時



玉井さんの野草のお話を聞きながら、春の楽しみ方を教えてもらいましたよ

 

からすのえんどうとタンポポは、天ぷらがいいかな

フキは  あげと炊こうかな

みつばは  お吸い物に浮かべよ

よもぎは  パン、クッキー、なんでもいいね

ペーストにして離乳食にいれてみよう!

 

春の野草は、デトックス効果抜群なんですって    (^ ^)

天気の良い日、子どもとお散歩してみてはいかがでしょう

 

投稿:紗和

 

本当に、一挙に春の庭らしくなりましたね。

園児たちにとってもこの春の庭はすてきな遊び場になります

からすのえんどうは、ままごとの食材に、

「かえる」さんやかめさんを作る材料になります。

自然はこどもたちを創造の世界へ誘ってくれます。

春はいのちの成長するとき、

子どもたちのいのちも成長させてくれます。

爽やかな風の中で。           園長

2018.04.23

きいろたんぽぽさんのお昼

きいろたんぽぽさんのお部屋に入ると、

お給食!の時間



今日がはじめてのお給食なんだって〜

お利口さんですね

みんな、上手にお座りして

モグモグ  モグモグ

 

せんせーい  みて



ピカピカのお皿をもってきましたよ

先生は 最高の笑顔で  抱きしめました

お友達や先生と ともに応援しあい、喜び合うことで

食べる意欲は自然と生まれてくるのでしょうね。

 

投稿:紗和

 

そうです。

共に食べることで、食べることが楽しくなる。

お友だちの食欲が自分の食欲を刺激する。

お話しながら食べることは人間の喜びの一つです。

そしてこの落ち着きは、食事前におしっこへ行って、

ランチマットを自分で引いてカバンから弁当を出したり、

給食のようにをしながら先生と子どもたちが創ったものです。

命の約束の一つです。                    園長

2018.04.19

バラ組さん

もうすぐ「こどもの日」ですね。

西の館に入ると



こいのぼりが、お出迎え!  (^ ^)

 

コレ  なんていうか知ってる?



どんな形に見えるかな?

どこについてるか  よくみてね



自分で考えて、形に切って、のりで貼る

先生が教えてくれた通りにできたけど、

おもしろいね

一つ一つ  ぜんぶ  違う

子ども達の自由で豊かな表現

こいのぼりが できあがってくるのが楽しみです

(紗和)

本当に、楽しみです。

心が動かされてから、作ると、主体性が養われます。

年少さんや年中で創ったことも大きな、こどもたちの

財産。みんなと一緒に自分のこいのぼりを作ります。

個性的な表現とは、友だちがいてこそ、生まれるものです。

楽しみ、楽しみ。(園長)

2018.04.19

あさ

幼稚園のはじまり

おはよう〜  ◯◯ちゃん



子どもと同じ目線で  挨拶をする園長先生



おかあさんと手を繋いで歩く

その時間は、あっという間に過ぎ去ります。

子どもと話しながら歩く今を大切にしてくださいね

(紗和)

2018.04.19

こおりおに

遊びはじめた子ども達

 

あれれ?じゃんけんした?

ルール、知ってる?



ちゃんとルール守らないと、遊べないよ

じゃんけんして、負けたら白帽ね

逃げるお友達と、追いかけるお友達を決めてから!だね

 

んん?今度は



足の間をくぐりぬけたら、また逃げられるっていうルール

守れてる?



みんなが楽しく遊ぶ為のルールは大事だね

お友達のズルから学ぶ事もたくさんあったでしょうね

(紗和)

2018.04.19

ゆり組さん

さわってみて

紙がザラザラが上ね



今日は、こいのぼりを作るよ

 

みてください



みんな、先生のお話をよ〜く聞いています

子ども達は、耳だけで聞いてませんね。

話してる先生の方に目を向けています。

あと、心も。

先生が何を言おうとしているのかって考えながら聞いています。

 

聞く事の裏側には、集中力、一生懸命、意欲があって

それを引き出してくれる先生がいます。



目がついたから、ヒレをつけましょう!

投稿:紗和

2018.04.19

役員決め

おかあさん達の役員を決める日



まこと幼稚園のおかあさん達は、役やボランティアを一緒にする事で

とても仲良くなります。

一年間を共に集い、有意義な時間を過ごしたおかあさん同士の繋がりは財産です。

お友達ができてよかった (^ ^)

その繋がりは、卒園してもずっと続いているようですよ。

 

本部さん、文庫さん、まつりさん、

それぞれの活動が、子ども達が過ごす幼稚園をよりよく豊かにしてくれます。

 

「やります!」という声をいただきましたよ。

素晴らしいですね。

子ども達の為に園と一緒になって尽力を注いでくれる皆さん、ありがとうございます!

 

そして、前年度本部役員だった皆さん、お疲れ様でした!感謝です。(紗和)

子どもたちの環境は、子どもを愛している大人たちが、子どもたちの知らないところで

作られています。僕らの社会もそうです。そして、子どもたちも、僕たちも、無意識で

そのことを感じています。だから、安心して生きている。お母さんがしてくださることは

子どもの心を知らず知らずのうちに育てているのです。よろしくお願いします。園長

2018.04.19

砂場

砂場にお山がありました

長い筒を てっぺんに突き刺して

ここから  お水 流そ!

いくで〜 (紗和)



 

年中さんの時に、お兄ちゃんやお姉ちゃんの

やっていたことにあこがれて、自分たちの

してみる。共にやらなければ、こんな

大がかりなことはできません。

だから、対話しながらやるのです。そこから

みんなの意見がでて、工夫がなされる。

これこそが、2020年度からなされる

教育改革で言われている

「主体的で、対話的で、深い学び」

です。子どもたちのいのちを育む環境をつくるのが

幼稚園の使命です。 (園長)

 

 

 

 

 

 

2018.04.19

降園練習したよ

まんなか組さんをのぞくと



いまから、お帰りの練習をします!

一つお兄さん、お姉さんになった子ども達は、小さいお友達を気遣う気持ちを

先生からお話してもらいます。

年上が年下をみてあげることは、責任感が養われ成長に繋がっていきますね。

 

チューリップさんの子ども達は、ドキドキ

くつ、はいてね〜



お兄さん、お姉さんの手をつないでね〜



前のお友達にしっかりついてきてね〜

ピーッピ

しっかり歩いて帰りましょ、みなさん  おねがいします!



チューリップさん降園デビューは、16日月曜日!

歩いて手をつないで帰ってくる子ども達の立派な姿は感動を覚えます。

2018.04.19

こやぎさん

ポンポンポンポン

ドーナツの周りをポンポンしてね

ポンポンポンポン



こいのぼりのウロコスタンプ

やりたい!

順番を待ちながら輪になるお友達

 

めがいっぱい!



ちがうねん (^ ^)  これはね、ウロコ



 

先生が一つ一つ指差して教えてくれます

ウロコ、せびれ、おめめ、おくち、おっぽ

 



青い空の下で、元気いっぱい!

どんなこいのぼりが できるか 楽しみだね

 



こやぎさん、またお邪魔しま〜す

投稿:紗和

2018.04.12

マナ・ハウスの池

こんな素敵な池ができました。



3月に保護者が手伝ってくださり、共に作った

池です。水が澄み、草が根付けば、メダカを

放流します。水がある庭は、良いですね。心なごみます。

お母さんやお父さんの思いが詰まった池になりました。

嬉しいです。

 

2018.04.12

入園式

花冷えの曇り空の下、入園式がありました。



おとうさん、おかあさんの手を繋ぎながら幼稚園の門をくぐる子ども達の姿がありました。

回想

ママの膝の上に座っていた重み。

不安そうな横顔。

ドキドキした様子。

楽しい気持ちも不安な気持ちも

いろんな気持ちが交差したね

おかあさんにくっついて離れなかった姿を

この季節が来る度に思い出しますね。

 

あしたから、子ども達の育ちを心に刻みましょうね。

ご入園、おめでとうございます。

 

 

2018.04.12

プチキッズ 初日

マナハウス2年目の春、

プチキッズの11人の親子が集まりました。



はじまるよ  はじまるよったら  はじまるよ♪

おかあさんのお膝の上で 手遊び

 

あなたのおなまえは  あなたのおなまえは〜❓



おかあさんが子どものお名前と自分のお名前を自己紹介!

◯◯くん

あら  素敵な  おなまえね〜♪

◯◯ちゃん!って、おかあさん達が呼びかけてもらったら嬉しいね

 

ここがいーね、笑



お庭の気に入った場所で写真撮影をしたよ!

お庭には、ピンクのライラックや、木蓮、どうだんの花がさきほこっています。

 

ほーら  くっつくよ〜

春を探してた先生が、



小さな体にヤエムグラ草をピタッと!

 

マナハウスのお庭に、可愛い親子の声が響いていました。

おかあさんの繋がりの輪の中で、子どもと過ごす時間が楽しくなるような暖かい場所です。

 

2018.04.12

きいろチューリップさん

一学期が始まってすぐのチューリップさんは、



「おかあさんと離れたくない」と泣きながらしがみつきます。

おかあさんは、先生にバトンタッチ



今までずっと一緒にいたんだから、不安なのは当たり前。

それにおかあさんだって、辛いですよね。

でも大丈夫

先生がちゃんと抱きしめてくれます。

そして

お部屋に入って数分、、、あら、笑ってる



新しい玩具に夢中、みんな楽しく遊んでいました。

 

せんせい!おしっこ

せんせい!みて

せんせい、これ

子ども達は、先生にちゃんと伝えていましたよ。

この時期子ども達にとって、先生が側にいてくれるから大丈夫!

という信頼関係ができる事がとても大切です。

 

 

2018.04.12

始園式

4月6日

今日はまんなか組さんと大きい組さんの始園式。

桜が舞い、ハナミズキが満開の今春、

久しぶりに幼稚園に登園した子ども達は、ソワソワ、ドキドキ。



一つ大きくなった子ども達がホールに集まりました。

一年前、お母さんのお膝に座っていた小さい組の子ども達も、しっかり一人で座っています。

新しい先生、新しいお部屋、新しいお友達に、

ドキドキ緊張している子も

嬉しくてにっこりしている子も

これから育って

子どもが持っている力を共に信じて見守っていきたいですね。

子ども達の成長が楽しみです。



おとうさん、おかあさん、今年度もよろしくお願いします。

2018.03.14

年少組さんとマナ・ハウス(ピンクちゅうりっぷ)

マナ・ハウスのお庭につくと、早速「春」を探していました。



担任の先生と小さな博士たちは一生懸命です。

「これは、何のお花やろ?」

「スミレだね」

「ほら、梅の花がキレイだね」と花を見つけます。そして、木の上の方にある実を見つけます。

「あれは、何?」「八朔だよ」というと、お友達は八朔にまつわるエピソードも聞かせてくれました。

落ちている枯れ木を見つけて

「これ、ヘビやで」

「水道〜」と見立てて遊ぶ姿、そして、自分で見つけた「春」を先生に「あげるね!」とプレゼントしてくれるお友達も。



最後にみんなで「かくれんぼ」をしました。

そしてデッキに座って先生から「ラムネ」をもらいました。

またマナ・ハウスに遊びに来てくださいね!

 

これからどんどん草花の芽がでて、花が咲き、マナ・ハウスのお庭が春色に、染まっていきます。

楽しみですね(o^^o)



2018.03.14

年少組さんとマナ・ハウス(赤ちゅうりっぷ)

初めてのマナ・ハウスで、ちょっぴり緊張していたみんな。「何しようかなぁ〜」という声も…。

「こんなんあるよ〜」と声を掛けるといつもの元気いっぱいのみんなの姿に!!

空高く、ボールを投げて遊んだり、トンネルで遊んだり…。遊んでいると、「私の名前は〇〇」「僕の名前は…」と自己紹介がはじまりました。

「お名前教えてくれてありがとう。先生の名前は分かる?」お友達は顔を見合わせ「…?」そうです。

マナ・ハウスの先生とは「はじめまして!」です。なので、お互い自己紹介を…。それから、たくさんお話してくれました。



最後に青空の下、柔らかな芝生の上で体操をして、マナ・ハウスの春の庭を楽しみました。そして先生から「ラムネ」をもらい食べました。

またマナ・ハウスに遊びに来てくださいね!

2018.03.14

年少組さんとマナ・ハウス (黄色ちゅうりっぷ)かし

2月、3月に年少組さんがマナ・ハウスに遊びに来てくれました。

まずは黄色ちゅうりっぷさん。

とっても良い天気でポカポカとした日。マナ・ハウスに到着したら早速、それぞれ遊びを見つけます。

元気に走ったりボールで遊んだり…。

『手作り凧揚げ』を出すと興味津々!!

「何、それ!?」「貸して、貸して〜」と(^-^)手を伸ばして一生懸命走ります。



デッキを見てみると、

「今日は暖かくて気持ちが良いなぁ」「お弁当持ってきたら良かったなぁ」と担任の先生と日向ぼっこをするお友達の姿も。また、芝生の上に寝っころがり洋服が芝だらけになりながらも元気いっぱい遊ぶ子どもたち。マナ・ハウスの自然を満喫!!していました。



しばらくすると、小さいお友達、もも組さんも登場!年少組さんのお兄さん、お姉さんはとっても優しくしてくれました。最後に、先生から「ラムネ」をもらってデッキで座って食べました。

また遊びに来てくださいね♪

2018.02.28

文庫を終えて

2017年度の文庫のリーダーである澤さんに、「さよなら文庫」という

今年最後の活動を終えての文章を投稿していただきました。

さよなら文庫をキラキラした目で見ていた子どもたちの顔が今年も

そこにありました。お母さん、ありがとうございました。園長



さよなら文庫

「今日で最後になるね」
文庫のお母さんは、それぞれ色んな気持ちを胸に文庫劇場の「くれよんのくろくん」を
もう一度子供達の前で披露しました。

「どんないろがすき♪~」という
お母さんの歌声でクレヨンの帽子を被ったお母さんが登場します。
未就園児連れのお母さんと仕事で忙しいお母さんで構成される前説と手遊びは、
小さい子供を抱っこしているお母さんや、子供と手を繋いで登場するお母さんと様々です。
「子供達との掛け合いって楽しいですね」
文庫のお母さんだからこそ知る子供達と過ごす楽しい時間は格別です。

10色のくれよんに扮したお母さんと、シャープペンシルのお兄さんに扮したお母さんが
繰り広げた「くれよんのくろくん」は、子供達にとても楽しんでもらえました。
「ええ!恥ずかしい!」
お母さん達も最初は、くれよん帽子にビックリでした(笑)
お母さんのアイデアが詰まった帽子は、牛乳パックで形作る段階で試行錯誤でした。
そんな一学期の楽しい思い出が蘇ります。
「帽子被るの、慣れたよね~」
今日で最後になった帽子は、文庫劇場、クリスマス文庫、さよなら文庫と活躍し、
お母さんの楽しい思い出となりました。
「黒子にならない文庫って経験ないけど、子供達の顔を見ながらできるのが良かったね」「子供もお母さんの顔が見られて良かったって言ってましたよ」などなど。
文庫のお母さんが子供達の表情を見て楽しみながら演じられるのが今年の文庫でした。

宮西達也さんの絵本「ちゅーちゅー」をプロジェクターで上映しました。
「文庫のお母さんは、みんなの事がちゅーちゅーだよ!」
お母さんの最後の声が、子供達の心に届けたもの、それはお母さんの愛情です。
ほんわかした気持ちで終わったさよなら文庫を、卒園まじかなお母さんは涙ぐみました。

まこと文庫2017年はこうして幕を閉じました。
これからも子供達の為に、お母さんが自ら楽しんで、時間を作って、文庫活動を存続していってくれることでしょう。
小さい子供がいるお母さんも、仕事をしているお母さんも、役を兼任しているお母さんも
是非、文庫ボランディアにご参加くださいね。

澤 良子

2018.02.26

年中組さんと金柑ホットケーキ♪

2月22日(木)に、幼稚園の年中組さんがマナ・ハウスに遊びに来てくれました。



秋に獲った金柑をハチミツ漬けにし、ホットケーキのタネに混ぜて、ウッドデッキでグループごとに焼きました。



 



 

「いい匂いがする〜!」と、焼き上がるのをジッと待つ子どもたち、「おいしくな〜れ、おいしくな〜れ!」の魔法をかける子どもたちが、とっても、かわいかったです♡

焼き上がったホットケーキを食べたみんなは、

「おいしいなぁ❤︎」

「大人の味がする〜!」

「甘くて〜苦くて〜」など…(^-^)

みんなで、金柑入りのホットケーキを堪能しました♪







食べたあとは、マナ・ハウスのお庭で元気いっぱい遊びました(o^^o)



2018.01.22

粘土が引き出す子どもの成長

1月20日、作品展がありました。(z)


「すごいね!」「頑張ったね!」と、おうちの方に、自分の作品をみてもらい、とても嬉しそうな子供たちの笑顔でいっぱいでした。

今年のテーマは、『粘土でつくろう』でした。粘土を通して、年齢ごとの、子どもの発達が、よくわかる、素敵な作品が、並びました。

 





たんぽぽぐみさん(二歳児)は、粘土で遊ぶことが大好き!粘土を握ったり、ちぎったり、指でついたり、さしたり…。遊びの中から、かわいい作品ができました。

 



小さな手のひらで、コロコロ丸めることが楽しい、ちゅうりっぷ組さん(三歳児)。同じものを沢山丸めて作ったり、色を混ぜるために、指先を使って、伸ばしてこねたりが、出来るようになりました。

 



粘土を使って、大好きな猫を作った年中組さん(四歳児)。しっかりと指先を使ってボトルに粘土を付けていき、それぞれ自分の思う猫を作りました。



色々な表情のかわいいねこたは、大きな船に乗り、大海原へと出発!『11ぴきのねこ』の世界が広がっていきました。

 



年長さん(五歳児)は、テーマに合わせ、自分のイメージを形にし、みんなで一つの作品を作り上げました。人形の、細かい動きを表現したり、必要な道具を作ったり。みんなで話し合い作りました。人形達から、元気に遊ぶ声が聞こえてくるようでした。

それぞれ、子ども達が、一生懸命作った素晴らしい作品ばかり!来られた方も、皆さん笑顔で、作品に心動かされ、楽しんでおられました。

2018.01.22

作品展と自己肯定感

作品展の見方を知っていただくために、18日(木)には、教諭たちの指導をお願いしている大阪成蹊短期大学の塩見知利教授に講演をお願いしています。塩見先生は、展示されている絵を示しながら、その年齢の特徴を語り、内から出てくるものを表出したり、表現したりしている子どもたちの想いへとわたしたちを促してくださるのです。大事なことは、見えるものから見えない内なる成長を感じる目を示してくれます。そのこどもの心の成長を受け止め、さらなる段階に導くために、褒める言葉は、「上手だね」では、なくて、「あなたの書いたこれ大好き」です。他者からの評価でなって、心が震えたということを伝えることです。。



僕の言葉に直すと、第三者的な評価でなくて、共感の言葉です。この好きという言葉で、こどもたちは自分の中にあるものが人の心とつなげるのだと自信を持つのです。これが自己肯定感へと育ていきます。自己肯定感はおだてではできないのです。子どもの中にあるものが、他者の心を動かすときに、できるのです。運動会ですごかったねと、褒められた時の笑顔がそれです。そして、この自己肯定感は、その子の財産になります。これからの生きる力の基礎になります。まこと幼稚園は子どもの自己肯定感をあなたと共に育てたいのです。作品展もその一つの手段です。園長 宮地健一

2017.12.10

もう一人の子どもを考える会

もう一人の子どもたちを考える会のメンバーです。



「難民の子どもたちに捧げる」バザーのために

集まってくださったメンバーです。

皆さんの善意に呼びかけ、寄贈品を集めて下さり、

バザーで販売して、4万円を超える献金を

集めてくださいました。バザーも、大盛況でした。



多くの人々と共に、やってこれるのも、このような

優しいお母さんがまこと幼稚園には多いからでしょう。

神は、子どもを想う心から他者を愛する心を産んでくださるのでしょう。

感謝です。園長

2017.12.10

クリスマス文庫を終えて



12.4 クリスマス文庫🎄礼拝堂にて

今日はクリスマス文庫の日。
一足早い文庫のお母さんからのクリスマスのプレゼント!
クレヨンに扮したお母さんはキラキラの首飾りをつけて

クリスマス仕様に変身。サンタさん、トナカイさんに

扮したお母さんと一緒に盛り上がりました。

出産や臨月で文庫活動を休止したお母さん

二人も子供達と一緒にクリスマス文庫を楽しみました。

今年もあとひと月となりましたね。
今日で、文庫の読み聞かせは今年最後となりました。
お母さんから子供達へのクリスマスプレゼント!って書きましたが、

少し違うかもしれませんね。読み聞かせを通じて、

文庫のお母さん達は子供達と同じ世界を共有できるんです。
子供達と一緒に楽しむ絵本の世界、もし良かったらのぞいて見ませんか。
また来年も文庫のお部屋で楽しい読み聞かせをします。(文庫リーダー)

2017.12.10

今年も捧げる優しいお心

小学生6年生になった栗川響くんが

献金箱を持ってきてくれました。



手作りの綺麗な献金箱です。



これは、幼稚園の3年間の習慣です。

それを覚えてくれたのです。



まこと幼稚園では、献金箱を各自で創ります。

クリスマス時に、園児たち全員が献金箱を神様に捧げます。

こどもたちが、困っている見えないお友だちのために

自分の小遣いをそこに入れて、持ってくるのです。

それも、お手伝いして、貰った小遣いです。

これを幼稚園は、その時に困って人々に捧げています。

放射能汚染で苦しみ福島であったり、地震の被害にあった人々

などです。今年は、難民や飢餓に苦しんでいる世界の子どもたちに

捧げます。子どもたちのうちに、見えないお友だちに対する

優しいお心を育てるのが教育の狙いです。



そのことを覚えて、栗川響くんは卒園しても、6年間捧げてくれています。

彼だけでなく、20歳になった、もう一人の青年も、燭火礼拝に献金箱を

捧げてくれます。優しいお心が育っているのです。

こんな心のつながりが、世界を良くしていくのです。

それは、子どもたちがこれから住んでいくだろう未来の社会を

より良くしてゆくでしょう。園長

2017.12.04

クリスマス文庫です。

12月4日です。今年も、クリスマス文庫の日を迎えました。

文庫おかあさんの劇あり、朗読あり、歌あり

の楽しい時でした。子どもたちも、大喜び。



クレヨンが登場したり



サンタが来たり、

いろんな物語が子どもたちの心をとらえました。

お母さんたちが何度も練習を重ねて、

伝えてくるクリスマスは子どもたちの心に残るでしょう。

感謝です。園長

 

2017.12.04

もう一人の子どもたちを考える会

12月4日、もう一人の子どもたちを考える会の

お母さんたちと共に、お話会を開きました。

バザーを手伝ってくださったお母さんたちと

この一年を振り返る会を持ったのです。



バザーはお陰で、こんなに盛況でした。

(全体で、21万6、795円でした。このうち、

もう一人の子どもたちを考える会が売ってくださった

寄贈品は、4万2620円でした。難民のために

使われます。



今日の会では、各自に2017年を振り返って頂きました。

会や園の行事に参加されて、忙しかったけれど、充実した

一年であったこと。また、

子どもたちを通して、自分の子どもだけでなく、

いのちを愛おしく思った経験や仲間との交流の

中で、新たね自分自身に出会う経験を語ってくださいました。

子どもと共に、自分自身が育ってゆく面白さを

感じられた一年であったという意見が多くありました。

愛するものを通して、成長してゆかれるのを頼もしく思いました。

あなたも、「もう一人の子どもたちを考える会」に入りませんか。

見えないものが見える経験ができますよ。園長

2017.12.03

クリスマスのイルミネーション

毎年、まこと幼稚園を支える向日町教会の教会員が

まこと幼稚園にイルミネーションを

飾ってくださいました。



寒い冬に、光が灯されるのは、うれしくなります。

今日は、アドベントの最初の主日です。

神の子の誕生を待つ時期です。

世界の希望の光が生まれることを待ちましょう。

お子さんの健やかな成長を楽しみに待ちましょう。

待つことを思い出す日です。

イルミネーションの光は、本当の光を指し示すしるし。

夜、見に来てください。 園長

2017.11.27

バザー、収穫感謝祭その2

バザーの起源は収穫感謝祭です。

収穫感謝祭は、七面鳥を食べます。

いのちを頂いて、いのちが生きるのです。

まこと幼稚園は、このいのちのことをいつも思っています。



一緒にバザーをしてくださった方々へのお伝えしたことの

ひとつは、このことです。このバザーは難民支援のために

行いますが、わたしたちのために十字架を背負ってくださっている

方々を忘れないためです。世界のどこかで、誰からが涙を

流している。その涙とわたしたちの幸せは関連している。

そのことを想い、今の自分を生きることの大事さがバザーの

メッセージです。  園長

2017.11.27

まこと幼稚園で11月23日、教会バザー

11月23日は、収穫感謝祭。

まこと幼稚園の園庭・保育室と向日町教会の礼拝堂で

教会主催のバザーが行われました。

この収益は、難民の子どもたちにために捧げます。晴天に恵まれたいい日でした。



まずは、音楽会も、バザーでは、伏見で活躍しているウィンドウサンブル響(ひび)輝(き)が

来てくれました。



20名を超えるグループで迫力がありました。こどもたちも大喜び。



休み暇なく、焼きそばづくりです。

おお忙しい。



寄贈品コーナーもこの賑わい。

売り上げも、18万円以上ありました。

 

2017.10.27

マナ・ハウス 11月の予定プログラム

マナ・ハウス 11月のイベントのお知らせです。
【お母さんのこころとからだの準備講座 妊婦さん、産後のお母さんあつまれ~ 】

ベビーマッサージと、助産師さん、看護師さん、を交えての交流会 要予約

◾️日時:11月16日(木)

◾️対象:生後2か月~たっちまでの赤ちゃんとその保護者12組

妊婦さん5名 (定員になり次第締切、 10月30日(月)より受付)

◾️内容:10時~ベビーマッサージ(産後のお母さんと赤ちゃん。妊婦さんも参加できます♡)

10時半~ 妊婦さんと、産後のお母さんと、
助産師さん、看護師さんとの交流会

11時30分頃終了予定

◾️持ち物: ベビーマッサージに参加の方は、バスタオル1枚

*受付を9:55までに済ませてください。

【みんなであそぼう!!】

予約不要

◾️日時:11月20日(月) 11:15~11:30

みんなで、手あそびや、ふれあいあそびをして遊んだり、絵本を見たりして、楽しく過ごしましょう!

【クリスマスのお話会】

クリスマスってなあに? 要予約

◾️日時: 第1回 クリスマスのお話を聞こう。11月28日(火)10:00~11:00

第2回 クリスマス会12月14日(木)10:00~11:00

◾️対象: 妊婦さん、未就園児と保護者(親子参加)

*第1回、第2回ともに参加できる方。

◾️材料費:各回100円

【わらべ歌産後ダンスをしよう!】

要予約

◾️内容:赤ちゃんを抱っこしながら、ダンスでリフレッシュしましょう。

◾️日時: 11月30日(木)10時~11時

◾️受付: マナ・ハウスのももの部屋

10時までに受付を済ませてください。

◾️場所: まこと幼稚園 保育室

◾️対象: 5か月以上の赤ちゃんとその保護者15組(定員になり次第締め切り)

◾️持ち物:抱っこ紐、汗拭きタオル、水分補給用飲み物

◾️服装: 動きやすいもの
【仮題「砂場から子どもたち自身が培う心と学び」】
まこと幼稚園で講演会があります。

要予約 申し込み受付は、11月1日(水)より

砂場や遊びを通して「まことのこどもたち」が

身に着けている力が、幼児教育においてどのような意味があるのか、

同志社女子大学の教授で、砂場のあそびを通して幼児教育を研究されている

笠間浩幸教授に、お話をお聞きします。

マナ・ハウスの皆さんも参加できます。

◾️日時:11月18日(土)

第一部 講演 9時半~11時(定員なし)

第二部 大人たちの砂遊び(砂場体験)11時~11時45分

(第二部の希望者は、先着35名、見学は自由です。)

◾️講師:同志社女子大学 笠間浩幸教授

◾️場所:まこと幼稚園 礼拝堂、砂場

*お子様連れでの講演会の参加はできませんが、母子室にて、スピーカーで聞いていただくことができます。

この日は、預かり保育はありません。

講演会に参加されない保護者の方は、マナ・ハウスが利用できますので、

講演会の間、お子さんと遊んで待っていただくことができます。

お問い合わせ・イベント申し込み
子育て支援センター まこと幼稚園 マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)

☎075-921-2202(9:30~14:30)
☆詳しくはお尋ねください。

 

2017.10.15

運動会

まことの皆んなが、待ちに待った運動会♪



夏休みが明けてから、

年少さんはダンスや普段の遊びの楽しい様子を

お家の人に見てもらう日を心待ちにする日々、



年中さんは、お友達と一緒に体を動かすことの喜びを存分に楽しみながら

年長さんの練習に憧れ、魅入り、

そしてお家の人が来てくれるのがとっても待ち遠しい日々、



年長さんは「運動会、する?しない?」

の問いかけからはじまり、

自分たちで構成を考え、

衣装や小道具を作り、

組み立てやリレーも、かっこいい姿を見てもらおうと

少しずつ少しずつ想いを膨らませる日々を過ごして来ました。



この日、子どもたちの成長の

花ひらき、実る姿を見ることが出来ました。

喜びと不安の中で迎えた春から、

確かに子どもたちは成長したのです。

子どもたちの内から出てくる

「こうしたい!こうなりたい!」という

キラキラした真っ直ぐな思いを、

先生たちがしっかり受け止めて伸ばしてくれて、

連日頑張る子どもたちをお家の方があたたかく支えてくれて、

そしてこの運動会は素晴らしい日になりました。



年長さんのリレーでは、

全力で走る皆んなの姿に、

園庭を取り囲む保護者の皆さんのあたたかく

パワフルな声援に、

感動で胸がいっぱいになりました。

お家の方と先生、

皆んなで皆んなの子どもを見守る。

素敵な園ですね。



運動会の最後、メダルやトロフィーをもらった子どもたちのお顔が晴れやかで、

これからも真っ直ぐに成長していく未来が見えたようで

幸せな気持ちになりました。

可愛い姿、一生懸命な姿を見せてくれた子どもたち、

お家の皆さん、先生方、

良い運動会をありがとうこざいました!

投稿:N

2017.10.10

マナ・ハウス 秋の夕暮れガーデンカフェ

6日に、マナ・ハウスで秋の夕暮れガーデンカフェがありました。



マナ・ハウスのお庭造りをしてくださった

実政さんと玉井さんが

この時間の為に、竹の灯りやススキ、栗、柿などで

素敵に飾り付けもしてくださり、

いつものマナ・ハウスとはまた少し違った

素敵な空間となりました。



雨が降り、思っていた庭の虫探しは出来ませんでしたが、

玉井さんの用意してくださったプロジェクターによる

実りの庭の写真のスライドショーを見たり、

虫の声の音声を聞いたり、

秋らしさを感じながら、

山下豆腐さんのドーナツや飲み物をいただいて

近隣の方々との交流が出来ました。



いつも「庭の草つみ遊び」をしてくださっている玉井さんによる

「虫のききなし遊び」

もありました。

虫の声の音を聞いて、なんて鳴いているかな?

みんなで音を言葉に変換して遊びましたよ。



お庭のザクロはちいさな子たちに大人気。



雨の中ではありましたが、

たくさんの地域の皆さんと

風情のある秋の夜を愉しむことが出来ました。

ご協力くださった実政園芸さん、

玉井さん、山下豆腐さん、

ありがとうこざいました。

投稿:N

2017.10.06

「こどもの運動会」

運動会の本番を来週に控え、

まこと幼稚園の運動会総練習とも言える

「こどもの運動会」

がありました。



2歳児たんぽぽ組さんから

年少、年中、年長、

み〜んな外へ出てきて、

ほぼ全部の種目を一緒に見て楽しみました。



大きいお兄さんお姉さんの種目は

どれも素敵で、かっこよくて、

小さい子たちは圧倒されていました。

もも組さんやマナ・ハウスからのお友達も

やって来て、よーいどん!をしましたよ。

自分よりも小さな子の姿に

みんなから優しい笑顔がこぼれます。



まこと幼稚園の運動会は、

「こどもの運動会」と運動会本番に、

毎年、父母の会本部のお母さん方が

お手伝いをしてくださいます。



お手伝いをすると、頑張るこどもたちの姿を

間近でじっくり見ることが出来ます(^^)

毎年、本部さんは、どの子にも熱い声援を送ってくださっています。

その、「こどもたちみんなを、我が子のように応援する」という、

まことならではの応援の形を

近隣の小学校、中学校の運動会でも、

まことを卒園したお母さんたちから感じます。

 

本部さん、皆さんがお手伝いをしてくださるお陰で

こどもたちは、先生とともにしっかり運動会に気持ちが向けられます。

皆さん、ありがとうございます。

運動会当日もお世話になります。

 



楽しかった「こどもの運動会」は終わりましたが、

おうちの方が見に来てくれる

特別な特別な運動会本番に向けて、

こどもたちは更に胸を膨らませていきます。

年長さんは組み立て、ダンス、リレーの総仕上げに入ります。

投稿:N

2017.09.30

マナ・ハウス 秋の夕暮れガーデンカフェ

旧吉田邸後にできた、子育て支援施設「マナ・ハウス」で夕暮れ時に園庭開放です!

山下とうふ店さんのドーナツ(3個300円)とコーヒーの販売や、ちょっとささやかな秋の鳴く虫の聞きなし会も予定しています。
秋の夜、みんなで園庭でおしゃべりを楽しみましょう!
ご近所ご家族お誘い合わせいただき、ご来場いただけること、楽しみにしています!

「秋の夕暮れガーデンカフェ」
とき:2017年10月6日(金)18時〜20時
ところ:マナハウス園庭「みのりの庭」

2017.09.28

マナ・ハウス 10月の予定プログラム


  • 10月の予定プログラムのお知らせです。


 

【秋の夕暮れgarden cafe】

◼︎日時:10月6日(金)

詳しくは明日お知らせします。

 

【みんなであそぼう!!】
◼︎日時:10月16日(月)
◼︎11:15〜11:30予約不要
みんなで、手あそびや、ふれあいあそびをして遊んだり、絵本を見たりして、楽しく過ごしましょう!

 

【庭の草つみあそび】
◼︎日時:10月17日(水)雨天決行
◼︎10:30~11:00要予約
マナ・ハウスの庭で草花のことを教えてもらいながら、庭の草つみあそびを楽しみましょう。
今月はモイストポプリ作りです。容器代¥150です。参加希望の方は申し込みをしてください。

 

【お母さんのこころとからだの準備講座 妊婦さん、産後のお母さんあつまれ~
ベビーマッサージと、わらべうた胎教マッサージと、助産師さん、看護師さん、を交えての交流会】
◼︎日時:10月19日(木)要予約
◼︎対象:生後2か月~たっちまでの赤ちゃんとその保護者12組
妊婦さん5名(定員になり次第締切)
◼︎10:00~ベビーマッサージ(産後のお母さんと赤ちゃん。妊婦さんも参加できます♡)
10:30~ 妊婦さんと、産後のお母さんと、
助産師さん、看護師さんとの交流会
11:45頃終了予定
◼︎持ち物: ベビーマッサージに参加の方は、バスタオル1枚

 

【わらべ歌産後ダンスをしよう!】
◼︎日時:2017年10月26日(木)
◼︎10:00〜11:00
◼︎受付: マナ・ハウスのももの部屋
10時までに受付を済ませてください。
◼︎場所: まこと幼稚園 保育室
◼︎対象: 5か月以上の赤ちゃんとその保護者8組(定員になり次第締め切り)
◼︎持ち物:抱っこ紐、汗拭きタオル、水分補給用飲み物
◼︎服装: 動きやすいもの
赤ちゃんを抱っこしながら、ダンスでリフレッシュしましょう。

お問い合わせ・イベント申し込み
子育て支援センター まこと幼稚園 マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)
☎075-921-2202(9:30~14:30)
☆詳しくはお尋ねください。

投稿:N

2017.09.21

お帰りコース

まこと幼稚園の降園は

「お帰りコース」と言って、

お家のある地区のコース別に帰ります。



大きい組の子が小さい組の子の手を繋いで歩きます。

車が多い通りや、横断歩道では、

先生がしっかり歩き方を教えてくれます。

大人にしたら、短い距離だったりしますが、

この毎日の徒歩の積み重ねが

小学校へ上がった時に

大きな自信になります。

「自分の力で歩ける」

当たり前のようですが、

この基本を教えてくれたまこと幼稚園に

卒園してから感謝するお母さんがとても多いです。

子どもは、いつまでも手を繋いで一緒に歩いてあげられません。

常に何事も起こらないように付いてなんて歩けません。

子どもが、自ら歩いて行けるように

今、この時期に毎日積み重ねる

徒歩通園、お帰りコースは

大切な意味があり、

それと同時に、子どもとの繋がりやお母さん同士の繋がりをも豊かにしてくれる

素晴らしいものです。

投稿:N

2017.09.21

運動会リレーの練習

10月にある運動会本番に向けて、

年長さんは毎日リレーをしています。



夏休み明けのリレーでは

にこにこ笑いながら

「リレー楽しい♪」

と言っていたみんなが、

回を重ねる毎に表情が真剣に変わっていきます。

まだ小さな体で

真剣に取り組む姿に、心が揺さぶられ

「頑張れー!」

見ているこちらも熱くなります。

毎年、「運動会やる?やらない?」

という先生の問いかけからはじまるまこと幼稚園の運動会。

「やりたい!」

一人一人が意思を持ち、全員一致で決める運動会です。

これから運動会までの数日に、

年長さんたちはぐっと成長します。

運動会当日が楽しみですね!

投稿:N

 

2017.09.15

風を愉しむ

お昼。

大階段の上から、賑やかな声が聞こえました。

「おーい」



こりす組さんが廊下へ出て来て

お弁当を食べていました。

上まで上がると、

窓からすぅっと涼しい風が。

「ここ、気持ちいいんですよ」と先生。

季節ごとに、「あ!ここ、ここ!」という

心地のいい場所ってありますね。

風を愉しむ。

気持ちいいねってみんなで感じながらのお弁当。

いいですね。

なんだか秋らしさを感じました。

身体が感じる五感の喜び。

ささやかだけど、

当たり前であることが

本当は幸せなんですよね。

マリアコーラスさんが

綺麗なピアノと綺麗な声で練習している

「見上げてごらん夜の星を」を聞きながら

しみじみ思いました。

投稿:N

2017.09.13

manna house 「9月の庭の草つみあそび」

manna houseの実りの庭で

お庭の専門家の玉井さんによる、

9月の「庭の草つみあそび」がありました。

紹介してもらったのは、「キンミズヒキ(金水引)」と「エノコログサ」。

エノコログサは別名ネコジャラシ。

道端のあちこちでよく見かけるエノコログサで

うさぎさんの作り方を聞きました。

お子さんと歩く道で、楽しい道草が出来そうですね。



キンミズヒキの別名はひっつきグサです。

可憐で愛らしい小さな黄色い花の下には、ポツポツと、トゲトゲの実。

生薬としての薬効も教えてもらいました。

煎じたお茶は、喉の風邪や下痢止めに。

乾燥させたものをお風呂に入れるとあせもにもよいそうで、

「不思議なことに、

夏に育つ草は、夏に使える作用があるんですね」

と玉井さんが仰しゃっていました。

前回の露草も、夏に育つ草で、

虫刺されに効くことを教えていただきました。

ちょうどいい具合に蚊に刺されたので、

露草を揉んで塗ったら

痒くなくなりました。

もちろん、人によっては合う合わないはあるでしょうし、

お薬が必要なこともあると思いますが、

薬品を使わなくても、

こうして自然のもので効果があることを知れるのはありがたいことです。



次回の玉井さんによる庭の草つみあそびは

10月17日(火)10時30分〜11時です。

お楽しみに。

 

マナ・ハウスの最新情報は

まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページでも更新しています。

ご覧ください。

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

 

2017.09.09

こどもと歩く園までの道



うちの息子が

まこと幼稚園に通っていた頃、

よくこの道を通って園に行っていました。

入園したばかりで幼かった息子は、

この木を見て

「ブロッコ」

と言いました。

ブロッコリーに見えたんですね。

歩くたびにブロッコリーだなぁと思い出します。

この木の横には白い壁が続きます。

「お母ちゃん、今日は幼稚園には行かないよ」

と言う息子に、

どうしたものか…と思案しながら、

「先生に、今日は幼稚園行かないよって言いに行こうか」

と答え、

白い壁で休んでいる虫を数え、数え、

てんとう虫の幼虫を先生へのお土産に、

手を繋いで歩きました。

園に着いて、お部屋の前まで行って、

先生とお友達が見えると

「母ちゃん、ばいばい」

振り返らずに中へ。

息子が「幼稚園の僕」に変身する瞬間でした。

 

息子はもう小学生になって、手は繋いでくれなくなりました。

この道を一人歩く時、いつも園までの

彼と歩いた一歩一歩が

鮮やかに蘇ります。

ブロッコに虫さがし、

靴下履かないって困った日、

スキップした日に、

水溜りにわざと入って渡り歩いた日。

穏やかな日も、そうでない日も、

柔らかく小さな手を繋ぎ、

一緒に歩いた毎日は、

今でも私を豊かにしてくれます。

「共に歩く」

という時間、いいものです。

 

 

来年度の入園案内及び願書、2歳児たんぽぽ組入室案内及び願書を、9月1日(金)より発行しています。
必要な方は、事務所までお越しください。
入園説明会は9月9日(土)10時から11時30分、9月21日(木)2時から3時30分です。
2回とも内容は同じです。
自転車で来られる方は、勝山中学校前駐輪場に止めて下さい。
駐車場は、駐車できる台数が限られているため、
停められないこともありますのでご了承ください。
たんぽぽ組入室説明会は、9月16(土)MAKOTO KIDS終了後11時30分ごろから予定しています。

投稿:N

2017.09.08

2018年度入園案内及び願書

来年度の入園案内及び願書、2歳児たんぽぽ組入室案内及び願書を、9月1日(金)より発行しています。

必要な方は、事務所までお越しください。

入園説明会は9月9日(土)10時から11時30分、9月21日(木)2時から3時30分です。
2回とも内容は同じです。

自転車で来られる方は、勝山中学校前駐輪場に止めて下さい。

駐車場は、駐車できる台数が限られているため、
停められないこともありますのでご了承ください。
たんぽぽ組入室説明会は、9月16(土)MAKOTO KIDS終了後11時30分ごろから予定しています。

 

2017.08.29

年長 造形保育がありました

毎年、夏季保育中に年長さんの造形保育があります。

今年も、まこと幼稚園の絵画造形をみていただいている

大阪成蹊大学の塩見先生と一緒に

楽しい造形の時間を過ごしました。



つち粘土をたこ糸で薄く切って



粘土の道を作りました。



みんなで踏み固めた道に

思い思いの造形をして行きます。



トンネルを作って、

蛇や雪だるまやロボットなど、

色んなものを粘土の道の上に歩かせました。

 

電車が大好きなお友達が、指で線路を描きます。

すると、同じく電車が大好きなお友達が次々とやって来て

「電車作るわ」

「ぼくは電車が通れるトンネルにする」

「駅作るけど、何処がいいかな」

「このへんちゃう?」



自分の中から出てきた閃き、

興味を持ったお友達とのやりとり、

そしてまた新しいものが生まれ、

どんどん遊びが広がります。

 

楽しく遊んで、まだまだ遊んでいたいけれど、

終わりの時間が来ました。



「え〜、もう終わり〜?」

と、残念そうにしていたみんなでしたが、

片付けはじめると、今度は粘土をまとめるのが楽しくなりました(^^)

楽しい、楽しい造形の時間、

塩見先生、ありがとうございました!

投稿:N

2017.08.27

マナ・ハウス 9月の予定プログラム

9月の予定プログラムのお知らせです。

 

【みんなであそぼう!!】

◼︎日時:9月11日(月)

◼︎11:15〜11:30予約不要

みんなで、手あそびや、ふれあいあそびをして遊んだり、絵本を見たりして、楽しく過ごしましょう!

 

【庭の草つみあそび】

◼︎日時:9月13日(水)雨天決行

◼︎10:30~11:00予約不要

マナ・ハウスの庭で草花のことを教えてもらいながら、庭の草つみあそびを楽しみましょう。

 

【お母さんのこころとからだの準備講座 妊婦さん、産後のお母さんあつまれ~

ベビーマッサージと、わらべうた胎教マッサージと、助産師さん、看護師さん、を交えての交流会】

◼︎日時:9月14日(木)要予約

◼︎対象:生後2か月~ハイハイしだすまでの赤ちゃんとその保護者12組

妊婦さん5名(定員になり次第締切)

◼︎10:00~ベビーマッサージ(産後のお母さんと赤ちゃん。妊婦さんも参加できます♡)

10:30~ 妊婦さんと、産後のお母さんと、
助産師さん、看護師さんとの交流会

11:45頃~ 交流会の後、妊婦さんは、わらべうた胎教マッサージ

◼︎持ち物: ベビーマッサージに参加の方は、バスタオル1枚

 

【お母さんのこころとからだの準備講座 産後のお母さんあつまれ~

ベビーマッサージと、助産師さん、看護師さん、を交えての交流会】

◼︎日時:9月21日(木)

◼︎10:00~11:45分頃まで 要予約

◼︎対象:ハイハイの頃~たっちまでの赤ちゃんとその保護者12組(定員になり次第締切)

◼︎持ち物:バスタオル1枚(ベビーマッサージで使います

 

【マナ・ハウススペシャル企画 2歳児さんあつまれ~まこと祭りを楽しもう】

◼︎日時: 9月27日(水)

◼︎14:00〜15:30頃まで 要予約

◼︎場所:まこと幼稚園 回廊(まこと幼稚園にて受付)

◼︎対象: 2歳児さん(2014年4月2日〜2015年4月1日生まれ)とその保護者

◼︎持ち物:水分補給用にお茶など、各自ご用意ください。

まこと幼稚園のお庭で、おまつりを開催!

色々な屋台(コーナーあそび)も出ています♡

わくわくのひと時を、みんなで楽しみましょう!

 

【わらべ歌産後ダンスをしよう!】

◼︎日時:2017年9月28日(木)

◼︎10:00〜11:00

◼︎受付: マナ・ハウスのももの部屋

10時までに受付を済ませてください。

◼︎場所: まこと幼稚園 保育室

◼︎対象: 5か月以上の赤ちゃんとその保護者15組(定員になり次第締め切り)

◼︎持ち物:抱っこ紐、汗拭きタオル、水分補給用飲み物

◼︎服装: 動きやすいもの

赤ちゃんを抱っこしながら、ダンスでリフレッシュしましょう。

 

お問い合わせ・イベント申し込み
子育て支援センター まこと幼稚園 マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)
☎075-921-2202(9:30~14:30)
☆詳しくはお尋ねください。


 

投稿:N

2017.08.25

夏季保育が始まりました

夏季保育が始まりました。



「おはよう!」

「元気だったかい」

「大きくなったね」

門で園長先生に声をかけてもらってにっこり。

夏季保育が始まりました。



久しぶりの幼稚園。

お友達や先生に会えるワクワクした気持ちと、

長い夏休みの間、お母さんとずっと一緒だったから、

お母さんと離れてちょっと寂しいような気持ち。

少し緊張した面持ちでお部屋にはいります。



そこには大好きなお友達と

大好きな先生が。

大好きなお母さんに手を振って、

「わたし」の世界に行って来ます。

投稿:N

2017.08.21

マナ・ハウス 「みんなであそぼう!」

今日はマナ・ハウスの

「みんなであそぼう」でした。



みんなで絵本の読み聞かせを聞いたり、

機関車ガタンゴトンのペープサートを見たり、

お魚さんにお花紙のごはんをあげて遊びました。



お魚さんにどうぞ♡



お魚さんが意外と大きくて、活きがいいので、

ちょっとびっくりしたお友達もいましたが、

お魚さんと遊んで、

最後には折り紙の小さなお魚さんをもらいました。

お家でスイスイ泳がせて遊んでね。

次の「みんなであそぼう」は

*9月11日(月)11時15分〜11時30分

です。

みんなで手遊びやふれあいあそびをしたり、

絵本を見たりして、楽しく過ごしましょう!

 

投稿:N

2017.08.03

manna house イオンモール京都桂川で。

今日の、イオンモール京都桂川での

「小さなおともだち あつまれ!いっぱいあそぼう!」

には、たくさんのお友達が集まってくれました。



お家のひとと一緒に、色のついた粘土をコネコネ。

遊びながら、スタッフとちょっとした子育てのお話も。



 

こちらでは、ペットボトルに自分で選んだマカロニや、綺麗な色のフィルムを入れて

音の鳴るマラカスを作ります。



子どものおもちゃは、お金をかけた立派なものじゃなくても、

お家にある簡単なものでも結構楽しめるものです。

カラカラ♪カラカラ♪

いい音がして、身体を揺らしてフリフリ(^^)



上手にマラカスを鳴らしている、何度かマナ・ハウスに来てくれているお友達と出会いました。

はじめは、いつもよりたくさんの人に圧倒されて、じっとしていたそうですが、

慣れてくるとしっかり遊びを楽しんでいました。

幼稚園や保育園に通うようになるまでは、

なかなかたくさんのお友達が集まる場所に行く機会がないかと思います。

たくさんのお友達と出会って、今日は刺激がいっぱいだったことでしょうね(^^)

マナ・ハウスは、

妊婦さんと、0歳〜3歳までのお子さんと

その保護者の方がいつでも集まれる場所です。

今日、初めてマナ・ハウスを知った皆さん、

遊びに来て、お子さんにお友達との出会いの場を作ってあげてください。

また、保護者の方が、子育てをしていて、わからないことがあったり、

ちょっと不安になることがあったりした時に

気軽に相談出来る場所でもあります。

相談がなくても、ふらりと立ち寄ってくださってもいいのです。



お母さんの為の講座や、同じ年齢のお子さんが集まって遊べるイベントもしています。

是非遊びにいらしてください。



芝生やお庭の自然が心地良いですよ。

京都府内産の杉と檜をふんだんに使っている

建物からは、木のいい香りがただよい、

足から伝わる木のぬくもりは癒しをくれます。

自然の中にある自分に気づいた時、

ギュッとかたくなっていた心が

ほどけるような気がします。

マナ・ハウスは、子どもと、

子どもを中心に成長しようとする皆さんの為の場所です。

ここに集って、みんなで子育てをして行きましょう。

 

マナ・ハウス 075-921-2202

月曜〜金曜 9:30〜14:30 オープン

※8月10日〜16日はお休みです。

(祝日、まこと幼稚園の休園日はお休み)

まこと幼稚園マナハウスFacebookページもチェックしてみてくださいね。

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.08.03

本日、イオンモール京都桂川に出張中です♪

本日は、マナ・ハウスが

イオンモール京都桂川に出張していますよ♪



15時までです。

皆さん遊びにいらしてくださいね(^^)

 

*「小さなおともだち あつまれ!いっぱいあそぼう!」*

日時:8月3日(木)10時〜15時

場所:イオンモール京都桂川 1階竹の広場

対象:0歳〜満3歳までのお子さんとその保護者の方

子供さんだけでの参加はできません。必ず、保護者の方と一緒にご参加ください。

予約は不要です。

※この日、マナ・ハウスはお休みです。

投稿:N

2017.07.26

manna house 8月の予定プログラム

manna house 8月の予定プログラムのお知らせです。

 

*「小さなおともだち あつまれ!いっぱいあそぼう!」

日時:8月3日(木)10時〜15時

場所:イオンモール京都桂川 1階竹の広場

対象:0歳〜満3歳までのお子さんとその保護者の方

子供さんだけでの参加はできません。必ず、保護者の方と一緒にご参加ください。

予約は不要です。

※この日、マナ・ハウスはお休みです。

 

*手作りアロマ虫よけミスト講座

日時:8月9日(水)10時〜11時、11時〜12時

材料費:500円

対象:妊婦さん〜満3歳までのお子さんを持つお母さん 各回6名 ※定員となりました。

 

*みんなであそぼう!

日時:8月21日(月)11時15分〜11時35分

みんなで、手遊びや、ふれあい遊びをしたり、絵本を見て、楽しく過ごしましょう!

予約は不要です。

 

イベントの日(8月9日、21日)も、遊びのスペースは解放していますので、イベントに参加されない方も遊びに来てくださいね!

お問い合わせ、お申し込みは
子育て支援センター まこと稚園園マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)
☎︎075-921-2202 (9:30〜14:30)
投稿:N

 

2017.07.26

manna house 7月 2歳児さん集まれ

今日はマナ・ハウス スペシャル企画!

2歳児さん集まれ 2回目

まこと幼稚園の「プールで遊ぼう!」でした。



まこと幼稚園のプールは屋上にあります。

太陽燦々、見晴らしのいい屋上で、

冷たいお水の感触を楽しみながら

元気いっぱい遊びました♪



プールで遊んだら、今度は涼しいたんぽぽ組のお部屋に移動です。

今日は、ほっこりタイムに

みんなで冷たいオレンジゼリーを食べました。



暑い夏ならではの「集まれ」でした(^^)

次のマナ・ハウススペシャル企画 2歳児さんあつまれ〜は

「まことまつりを楽しもう!」です。

まこと幼稚園のお庭で、おまつりを開催!

いろんな屋台(コーナーあそび)もでています。

わくわくのひと時を、みんなで楽しみましょう!

9月27日(水)14時〜15時30分頃まで。

水分補給にお茶など、各自ご用意ください。

★参加希望の方は、事前に申し込んでください。

お問い合わせ、お申し込みは

子育て支援センター  まこと稚園園マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)

☎︎075-921-2202 (9:30〜14:30)

投稿:N

2017.07.21

manna house7月 1歳児さん集まれ

マナ・ハウススペシャル企画!の

1歳児さん集まれ 2回目

「手作りおもちゃであそぼう!」

がありました。



たくさんの1歳児さんと保護者の方が集まってくださり、

短い時間ではありましたが、

楽しい時間となりました。



マナ・ハウスでは、イモムシさんのお散歩のおもちゃが人気です。

そのおもちゃとよく似た、虫さんのお散歩が出来る紙のおもちゃを作りました。



広いホールに、手づくりのおもちゃがたくさん♪

この日の為にスタッフが用意しました。

プチプチの上を歩くのも楽しいですよ(^^)



段ボールや、ゴム、布など

生活の中にある身近な物を使った簡単なおもちゃなので、

お子さんが気に入ったものは

お家で作ってみてもいいですね♪

作り方は、マナ・ハウスに来た時に、スタッフに聞いてみてくださいね。

たくさん遊んだら、手づくりパンケーキとお茶でほっこりタイムです。



身体を動かしてから、みんなで食べるおやつ、

美味しいね(^^)

「集まれ」に集って、

はじめましての出会いがあったり、

こどもを遊ばせながら、お母さんたちでたわいもないお喋りを楽しんだり、

スタッフに育児で困っていることを話したり。

皆さん、これからも集まって、

一緒に子育てを楽しんでいきましょうね(^^)

 

7月26日には2歳児さんの「集まれ」もあります。

2歳児さん、保護者の皆さん、お楽しみに♪

また、8月3日にはイオンモール京都桂川にて

0歳〜満3歳までのお子さんとその保護者の方を対象にしたイベントをします。(この日はマナ・ハウスはお休みです)

遊びに来てくださいね。

マナ・ハウスは、8月も、お盆とその前後10日〜16日を除く夏休み中も開いています。

妊婦さん、0〜満3歳までのお子さんとその保護者の方は、いつでもいらしてくださいね。

マナ・ハウス 075-921-2202

月曜〜金曜 9:30〜14:30 オープン

(祝日、まこと幼稚園の休園日はお休み)

まこと幼稚園マナハウスFacebookページもチェックしてみてください。

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.07.19

manna house 7月の庭の草つみあそび

今月も、玉井さんによる「庭の草つみあそび」がありました。



今月は露草のお話を聞きました。



みんなで露草を探して摘みます。



虫や汚れを落として干します。



露草を浮かべたお風呂に入れば、汗疹に良いそうです。

摘んだ露草は持ち帰っていただきました。

いつもとはちょっと違う、葉っぱ入りのお風呂、

きっとお子さんは楽しいでしょうね(^^)

前回のよもぎといい、今回の露草も、

身近なところに、身体にいいものがあるのですね。

玉井さん、ありがとうございました。

投稿:N

2017.07.12

manna house アロマ虫除けミスト講座

アロマアドバイザーの木原先生にお越しいただいて、

妊婦さん〜3歳までのお子さんをもつお母さんを対象とした

アロマ虫除けミストの講座がありました。



今回は、お母さん方のリフレッシュの為の講座ということで、

お子さんはマナ・ハウススタッフの預かりがありました。



アロマオイルの優しい いい香りがハウス全体に広がる中、

アロマオイルって何?どんな種類があるの?

どうやって使うといいの?子どもと楽しむには?

など、木原さんから教えていただきました。



そして、自分の好みの香りをいざ調合♪

「これが好きかも」

「このオイルの効能は欲しいから入れよう」

「わぁ、全種類入れようかな!」

と、お喋りしながら

とても楽しそうにしていらっしゃいました(^^)

同じ一つのことをすることで、お母さん同士の交流が自然と生まれます。

完成したミストは、天然の材料のものなので、

小さなお子さんにも安心して使えます。(直接お肌にかけるときは希釈する必要がありますが、お洋服にはそのまま使えるそうです)

虫除けができて、同時に癒やし効果のあるアロマの香りをまとえるのは嬉しいですね。



一時間ほどのミスト作りを終え、

別室でスタッフと遊んで待っていたお子さんを迎えに。

ふだん、ずっとずっと一緒にいるお母さんとお子さん、

時々、それぞれに自分の時間を持ち、リフレッシュ。

皆さん、とても明るい表情で帰って行かれました(^^)

わかりやすく、楽しい講座をしてくださった木原先生、ありがとうございました。

投稿:N

 

2017.07.06

manna house 7月の予定プログラム



お庭でたくさん採れる よもぎはお茶にもなります。

古来から飲まれてきたよもぎ茶には、

女性に嬉しい成分が入っているそうですよ。

カフェインが含まれていないので、妊婦さんや授乳中のお母さんも飲めて、

冷え性や、美肌にも良いのだそうです。

 

さて、7月のマナ・ハウスの予定プログラムをお知らせします。
*7/6(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ
*7/10(月) 手作りアロマ虫除けミストを作ろう

10時〜11時

対象:妊婦さん〜満3歳までのお子さんをもつお母さん10名(お子さんの保育有り)

材料費:500円
*7/12(水) 庭の草つみあそび

10時30〜11時

対象:妊婦さん〜満3歳までのお子さんとその保護者

 

*7/13(木) わらべうた産後ダンスをしよう

10時〜11時

対象:生後5ヶ月以上の子とその保護者6組

持ち物:動きやすい服装、抱っこ紐、汗拭きタオル、水分補給用飲み物


*7/19(水) 1歳児さん集まれ


10時〜11時30分

対象:1歳児さん(2015年4月2日〜2016年4月1日生まれ)


*7/26(水) 2歳児さん集まれ


14時〜15時

対象:2歳児さん(2014年4月2日〜2015年4月1日生まれ)

 

また、8月3日(木)には

マナ・ハウススタッフがイオンモール京都桂川に行きますよ。

読み聞かせやものづくりコーナー等を用意する予定です。

0〜満3歳までのお子さんとお母さん、是非そちらにも遊びに来てくださいね。
マナ・ハウス 075-921-2202
月曜〜金曜 9:30〜14:30 オープン
(祝日、まこと幼稚園の休園日はお休み)

夏休み中も同じ時間に開所しています。

 

まこと幼稚園マナハウスFacebookページもチェックしてみてくださいね。
https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.07.06

manna house 庭の草つみ遊び

先日、manna houseのお庭を監修してくださっている玉井さんにお越しいただいて

「庭の草つみ遊び」

をしました。



玉井さんのお庭のお話を

皆さん真剣に聞いていらっしゃいました。



今回は、お庭にたくさん生えているヨモギを摘みました。

摘んだヨモギを束ねて、汚れをきれいに落とします。



きれいになったら

こんな風に吊るして乾燥させます。



乾燥させたよもぎは、よもぎ風呂に。

よもぎと言えばよもぎ餅ですが、

マナ・ハウスではよもぎ茶にして飲んでいただいたりもしています。

よもぎは、食べたり飲んだりしても体に良く、

お風呂で使っても効能がある、

昔から愛されてきた万能な植物なのですね。

参加された皆さん、

お家のお風呂でお子さんと楽しまれましたか?(^^)

初めての「庭の草つみあそび」、

玉井さんにお庭の草の素敵な親しみ方をおしえていただけました。

玉井さん、ありがとうございました。

次回の「庭の草つみあそび」は

7月12日(水)10時30分〜11時、

対象は妊婦さん〜満3歳までのお子さんとその保護者です。

是非ご参加くださいね。

投稿:N

2017.06.29

manna house 産後のお母さんあつまれ

今日はハイハイの頃からたっちまでの赤ちゃんと

その保護者の集まりがありました。

今日も講師として助産師の窪さんと

看護師の富士原さんが来てくださいました。



お母さんも赤ちゃんと一緒にハイハイ。

赤ちゃんがハイハイする時に

足の指でしっかり踏ん張れているかを見て、

ちょっぴり補助してあげると

上手に歩く力がつく、いいハイハイが出来ることなど教えてもらいました。

また、お母さんは肩甲骨を意識しながらハイハイをすると、

代謝が上がってシェイプアップにも良いそうですよ〜(^^)

おなじみになってきました、うたあそび、ベビーマッサージもしました。



ベビーマッサージをすることによって、

お母さんもお子さんも、オキシトシンというホルモンが出るそうです。

人はオキシトシンが出ることで、

幸せを感じ、優しい気持ちになります。

日常で忙しくしていると、

ついついイライラしてしまったり、

スキンシップも忘れてしまいますが、

こうして時々講座に参加して、

だんだんベビーマッサージが当たり前のことになって、

母子ともにおおらかな気持ちでいられるといいですね(^^)

7月の「産後のお母さんあつまれ」でも

皆さん、是非ベビーマッサージに参加してくださいね。

 

7月の「産後のお母さんあつまれ」

*7/6(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ

10時〜 ベビーマッサージ

10時半〜妊婦さん、産後のお母さん、助産師さん、看護師さんの交流会

対象:生後2カ月からハイハイしだすまでの赤ちゃんとその保護者
*7/13(木) わらべうた産後ダンスをしよう

10時〜11時45分頃まで

対象:ハイハイからたっちまでの赤ちゃんとその保護者

 

申し込み・お問い合わせは、マナ・ハウスで直接か、お電話でもお受けしていましさ。

まこと幼稚園マナ・ハウス

075-921-2202

月曜から金曜の午前9時30分〜午後2時30分まで。

定員になり次第締め切りとなります。

 

お申し込み、お待ちしています♪

投稿:N

2017.06.29

manna house こりす組さんお弁当を食べに

こりす組さんが、

マナ・ハウスの芝生にお弁当を食べにきてくれました。



すぐお隣りではありますが、

シートを敷いてお外でいただくお弁当はまた美味しいことでしょう(^^)



お弁当を食べていると、

何度も蝶がやって来ました。

園にも蝶々は居ますが、

園で見る蝶々は、移動中の蝶々のようで、

直ぐに別の場所へ飛んで行くのだそうです。

「マナ・ハウスにいる蝶々は

お弁当中にみんなのところに何度もやって来て、

葉っぱの上でじっとしたり、

お友達の頭にとまってじっとしたり、

ゆっくりと休んでいるかのようです。

マナ・ハウスならではですね、きっと。」

こりす組の先生がおしえてくれました。

先生方は園庭に出て、こどもたちと同じように毎日蝶々と出会っているから、

こんな違いにも気がつくのでしょうね。

投稿:N

 

2017.06.28

manna houseに小さなお砂場が出来ました。

manna houseのお庭の隅に

小さなお砂場が出来ましたよ。



さっそく遊んでもらいました。



以前、まこと幼稚園の砂場で

お母さん方の砂場体験をしたことがありましたが、

土いじりって、してみると

大人でもハマるんです。

土に触れていると、

「なんだか癒される〜」と

その時のお母さん方が口々に仰っていました(^^)

マナ・ハウスのお友達は、まだ年齢的に一人遊びの時期です。

まだまだ「自分はこうしたい!」という気持ちを膨らませ

「自分」をしっかり確立する時期なので、

砂場で「お友達と一緒に遊ぶ」

ということはほとんどないかと思いますが、

隣のお友達がしている事を見て

お互いに刺激を受け、

また、お友達がそこにいて一緒に何かをした時に

「楽しいな」

と感じる断片が集まって、

次の、幼児期のお友達との関わりに発展していくように思います。

この砂場を是非経験させてあげてください。

保護者の皆さんも、お子さんと一緒に砂に触れて

一緒に楽しんでくださいね(^^)

 

もも組さんのも、このお砂場で遊びました。

もも組さんの遊んでいる様子の写真は

まこと幼稚園ホームページ内の左下にある

「1、2歳児クラス」のところからか、

下記リンクからご覧ください。

http://www.makotokids.jp/1-2-year-olds/archives/1196

投稿:N

2017.06.22

マナ・ハウス 妊婦さん、産後のお母さんあつまれ

今日は「妊婦さん、産後のお母さんあつまれ」

がありました。

まずは赤ちゃんのベビーマッサージ。



お母さんが優しく触れると、

赤ちゃんたちはニコニコ笑ったり、

気持ちよさそうにしたり。



いつもと違う緊張もあってか、泣いている赤ちゃんもいましたが、

赤ちゃんは泣くのも仕事のひとつです。

ご機嫌な時ばかりではありません。

そんな時も受け入れながら行くのが

子育てですね。

この「妊婦さん、産後のお母さんあつまれ」では、

これから赤ちゃんを出産する妊婦さんに、

笑っている赤ちゃん、泣いている赤ちゃんを実際に見て感じてもらうことが出来ます。

「もうすぐ迎える出産が、怖いだけのものではなくなったり、

赤ちゃんが泣き止まない時に

「あの時の赤ちゃんもそうだったな。

うちだけじゃないんだ」

と思い出して落ち着けたらいいな」と

マナ・ハウスのセンター長が話していました。



ベビーマッサージの後は、妊婦さん、産後のお母さん、助産師さん、看護師さんで

交流会をしました。

女性が「お母さん」になる時、なろうとする時、

強くたくましい気持ちは高まりますが、

同時に、不安になる気持ちもみんな持ちます。

不安な時に支えになるのは

同じく子育てをしているお母さんたち。

「私もそうだったよ。」

「なんとかなるものよ。」

「あの時は大変だったけど、今はこんなだよ。」

語り合うことで、心は楽になります。

母親としての道のりは、赤ちゃんを産んで終わりではなく、

ずっと、ずっと続いていくもの。

皆さんどうぞ、マナ・ハウスに集い、交流してください。

お母さん同士の繋がりが、子育てを楽にし、楽しくしてくれることでしょう。

 

6月29日(木)10時〜は「産後のお母さんあつまれ(ハイハイの頃からたっちまでの赤ちゃんとその保護者)」があります。

定員まであと数組です。

ご興味のある方はマナ・ハウスまでお越しいただくか、お電話でお問い合わせくださいね。

マナ・ハウス  075-921-2202

月曜〜金曜 9:30〜14:30

 

投稿:N

 

2017.06.22

manna house スペシャル企画!1歳児さん集まれ

21日は「マナ・ハウス スペシャル企画!1歳児さん集まれ」がありました。

先週にあった「2歳児さん集まれ」と同じく、

こじんまりとしたmanna houseから飛び出して、

お隣りのまこと幼稚園の広〜いホールへ。



ボールプールや段ボールの迷路も楽しんで、

元気いっぱい身体を動かして遊びました。



たくさん遊んだ後のおやつタイムでは、

米粉の生地にさつま芋がゴロゴロ入った

手づくりのおにまんじゅうを食べましたよ。

大人もそうですが、

「一緒に同じものを食べる」ということで

仲が深まることがありますね(^^)



 

次のマナ・ハウス スペシャル企画!第二弾は、

2歳児さんあつまれ

まこと幼稚園の屋上で、大きなプールや小さなプールに入って楽しみましょう!

あそんだ後はみんなでおやつタイム!

日時:2017年7月26日(水)14時〜15時30分頃

対象:2歳児さん(2014年4月2日〜2015年4月1日生まれ)とその保護者の方

場所:まこと幼稚園

持ち物:水着、タオル、水分補給用飲み物、保護者の方も水に濡れてもよい服装でお越しください。(更衣室を用意しています)

☆雨天の場合は、プログラムを変更して行います。

屋根のある西門で、小さいプールに入ったり、泡あそびやキャップすくいあそびなどの色々な水遊びを楽しみましょう。

【1歳児さんあつまれ】

日時:2017年7月19日(水)10時〜11時半

対象:1歳児さん(2015年4月2日〜2016年41日生まれ)とその保護者の方。

場所:まこと幼稚園

 

お問い合わせ、お申し込みは

まこと幼稚園マナ・ハウス(月〜金曜日9:30〜14:30)

☎︎ 075-9212-2202

投稿:N

2017.06.15

6月15日はお休みです

本日6月15日は

まこと幼稚園創立記念日でお休みです。

manna houseもお休みをいただいています。

また明日からは月曜〜金曜までの

9:30〜14:30(祝日とまこと幼稚園休園日をのぞく)

に開所していますので、

遊びにいらしてくださいね。

-まこと幼稚園・manna house-

2017.06.15

manna house スペシャル企画!2歳児さん集まれ

「マナ・ハウス スペシャル企画!2歳児さん集まれ」がありました。



こじんまりとしたmanna houseのお部屋から出て、

広〜いまこと幼稚園のホールに

2歳児さんが集合です。

manna houseの中では、小さな赤ちゃんがハイハイしていることもあるので、

あまり大胆には遊べませんが、

ホールなら、思い切り走り回ったり、室内遊具でダイナミックに遊んだりができます。



楽しく体操もしましたよ。

みんな、身体をいっぱい動かして

元気いっぱい遊びました(^^)

遊んだ後には

ほっこり、おやつタイムです。



今日は、米粉を使った、バナナとイチゴのフルーツオムレット。

小学校や保育園、幼稚園に行くまでは、

お友達とたくさんで、いただきますをして食べる経験は、意外と無いものです。

みんなで一緒に「美味しいね」って食べるのは

嬉しいことですね(^^)

2歳児さん集まれは7月と9月にもありますので、

是非遊びにいらしてくださいね。

「マナ・ハウス スペシャル企画!2歳児さん集まれ」

*7月26日(水)14:00〜15:30頃

プールであそぼう!

*9月27日(水)14:00〜15:30頃

“まことまつり”を楽しもう!

 

来週は、「1歳児さん集まれ」もありますよ。

*6月21日(水)10:00〜11:30頃

からだをつかってあそぼう!

*7月19日(水)10:00〜11:30頃

手作りおもちゃであそぼう!

1歳児さん、お待たせしました(^^)ご参加お待ちしていますね。

 

manna houseの各プログラムのお問い合わせ

マナ・ハウス 075-921-2202

月曜〜金曜 9:30〜14:30

(祝日・まこと幼稚園休園日はお休み、6月15日は創立記念日でお休みです)

投稿:N

2017.06.12

manna house 赤ちゃんのスタイ作り

manna houseでスタイ作りの簡単な講座がありました。



ぴんく色か水色からお好きな色を選んでいただいて、

おしゃべりをしながらチクチクと縫いました。



お子さんは、一階の保育室で預かりがありました。

お母さん方からは

「またこんな風に集まりたいです」

「また作りたい!」

と言っていただきました。

 

可愛い、愛しい我が子です、

それでも、ほんの短い時間でも、

自分の時間を持つことは

お母さんのリフレッシュになります。

皆さん、とても手際よく作っていかれました。

講師の先生から型紙も配布されたので、

お家でも作れますね(^^)



お母さんが作ってくれたスタイを早速付けていただいて、写真撮影しました。

よく似合っています❤︎

ガーゼなのでふわふわ優しいです。

お集まりいただいたお母さん方、

講師の先生方、

今日はありがとうございました。

manna houseの今後の予定プログラムです。

*6/14(水) 2歳児さん集まれ
*6/21(水) 1歳児さん集まれ
*6/22(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ
*6/28(水) 庭の草つみあそび
*6/29(木)ベビーマッサージと交流会
*7/6(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ
*7/10(月) 手作りアロマ虫除けミストを作ろう
*7/12(水) 庭の草つみあそび
*7/13(木) わらべうた産後ダンスをしよう
*7/19(水) 1歳児さん集まれ
*7/26(水) 2歳児さん集まれ



まこと幼稚園マナハウスFacebookページもチェックしてみてくださいね。
https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/


マナ・ハウス 075-921-2202
月曜〜金曜 9:30〜14:30 オープン
(祝日、まこと幼稚園の休園日はお休み※6月15日はまこと幼稚園創立記念日の為お休みです)


投稿:N

 

2017.06.09

manna house から



7日に「みんなであそぼう」をしました。

雨のなか、沢山来ていただきました。

かえるのうたが〜〜♪

と手袋で遊んだ後

ママ達と輪唱をしました(^^)



お庭のザクロの木には

綺麗な朱色のお花がたくさん咲いていますよ。



木の下に落ちたお花を見てみてください。

逆さにするとタコさんウインナーみたいですよ♪



来週は、

12日が「赤ちゃんのスタイを作ろう」。

14日は「2歳児さんあつまれ〜」。

15日はまこと幼稚園の創立記念日の為、お休みです。

6月からの予定はこちら↓をご覧ください。

マナ・ハウス6、7月の予定プログラム

マナ・ハウスの様子は

Facebookページでもお伝えしています。

こちら↓もご覧くださいね。

まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ

投稿:N

2017.06.09

花の日礼拝

今日は毎年6月にする「花の日礼拝」でした。

園児が一人一本、

お家からお花を持って来ます。

たくさん集まったお花を、

本部のお母さん方が

綺麗な花束にまとめてくださいます。



お母さん方が大事に束ねてくれたお花をホールの真ん中に飾り、



その周りを子どもたちが囲んで

園長先生のお話を聞いて礼拝をします。



園長先生から、

「この綺麗なお花たちは

みんな一つの種から育って

こんな綺麗なお花になったんだよ。

みんなの心の中にも同じように種があって

お家の人や、周りの人がいつも守っていてくれるから

綺麗に咲くことが出来るんだよ。」

とおしえてもらいました。



みんながどんな花を咲かせるのか、

とても楽しみです(^^)

お花を持たせてくださったお家の皆さん、

お手伝いをして、この時を共にしてくださった本部の皆さん、

皆さんのおかげで、今年も子どもたちは

自分の中の美しい花の種の存在、

それぞれに違う美しさがあり、

その違うものたちが集まる美しさを

感じることが出来ました。

ありがとうございました。

集まったお花は

いつも子どもたちを見守ってくれている

警察署の皆さん、消防署の皆さん、

近隣の皆さんなどにお渡しします。

投稿:N

2017.06.06

manna house 芝生解放の初日

昨日から、マナ・ハウスの芝生が解放になりました!

まだかな?まだかな?と

スタッフも、お母さんと子どもたちも、

マナ・ハウスオープンからずっと待っていたこの日です。



裸足で踏みしめ、

座ったり、

寝転がったり。

皆さん、とても気持ち良さそうにしていらっしゃいました(^^)



遊んでいると、

ぴょーんっ

バッタを見つけました!

バッタのマネをしてぴょんっぴょんっ。

可愛いおともだちの姿にスタッフは幸せを感じます。



つぶしてしまわないように、そ〜っと捕まえます。



ぴょん!

おともだちの腕に飛びました(^^)

初めてバッタを触れたそうですよ。

お外は楽しいね!

バッタさんに会いに

マナ・ハウスの芝生に遊びに来てね。

投稿:N

2017.06.06

manna house 6、7月の予定プログラム一覧



先日、「リビング」に入っていたマナ・ハウスのお知らせは見ていただけましたか?(^^)

たくさんのプログラムが決まりました。

もう既に予約が埋まっているものもありますが、

お問い合わせがたくさんあるプログラムは、

今後、2回目、3回目の企画も検討中ですよ。

気になるプログラムがあれば、

スタッフに気軽に尋ねてみてくださいね。

 

*6/7 (水) みんなであそぼう

*6/12(月) スタイ作り※定員に達しました

*6/14(水) 2歳児さん集まれ

*6/21(水) 1歳児さん集まれ

*6/22(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ

*6/28(水) 庭の草つみあそび

*6/29(木)ベビーマッサージと交流会

*7/6(木) 妊婦さん・産後のお母さん集まれ

*7/10(月) 手作りアロマ虫除けミストを作ろう

*7/12(水) 庭の草つみあそび

*7/13(木) わらべうた産後ダンスをしよう

*7/19(水) 1歳児さん集まれ

*7/26(水) 2歳児さん集まれ



待ちに待った芝生が解放になりましたよ(^^)

まこと幼稚園マナハウスFacebookページもチェックしてみてくださいね。

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

 

マナ・ハウス  075-921-2202

月曜〜金曜  9:30〜14:30 オープン

(祝日、まこと幼稚園の休園日はお休み※6月15日はまこと幼稚園創立記念日の為お休みです)

2017.05.30

manna house 梅のシロップ

manna houseのスタッフが

梅の実の

おヘソを取っていたら、

「やりたい!」と年長さんが集まってきました。

自分がやる!と両手にたくさん梅の実を持った子もいましたが、

梅の実はそんなにたくさんは無いので、

少〜しづつみんなで分けました。

瓶に、梅の実、氷砂糖、梅の実、氷砂糖と

順番にサンドしていきます。

「冷たくない」

氷砂糖は「氷」だから冷たいのかと思ったようです(^^)

殺菌の為のりんご酢も瓶に入れて、

「3日経ったら上と下をひっくり返すんだよ」

とスタッフが言うと、

園に戻った年長さんが

「3日でできるんやって!」と園の先生に報告したそうです(笑)

3日ではまだ出来ません。

年長さんたちは

気長に待つことで美味しくなる不思議を

この梅が浸かる頃に知ることになりますね(^^)



投稿:N

 

http://www.makotokids.jp/blog/archives/4688

2017.05.30

まこと幼稚園 父母の会総会

今日はまこと幼稚園 父母の会総会でした。



まこと幼稚園の総会は、

毎年とても和やか。

役を引き受けてくださっている方だけでなく、

たくさんの保護者の皆さんが集まります。



役員紹介はこの一年の活動案や会計報告はもちろんですが、

幼稚園の中で色んな活動をされているお母さん方の

活動の発表があります。



絵本の読み聞かせ等の活動をする「文庫さん」、

園の一年に一度の園と父母の会共催の子どもの為のおまつりを準備する「こどもまつりさん」、

わが子以外の 世界のこどもや、日本のこどもの為の活動をする、「もう一人のこどもを考える会さん」、

こどもまつりを盛り上げる「まことバンドさん」、

コーラスサークルの「マリアコーラスさん」、

スモック作りの「まことGardenさん」、

バレーボールの「MKTさん」、

どの活動をしているお母さんも、

みんな輝いていました。

もちろん、お仕事をしながらや、子育てをしながら、

出来る時に出来る範囲の活動ではありますが、

皆さん、自分の楽しむ時間を持っていらっしゃるからこそ

とても楽しそうです。

まこと幼稚園はお母さん方の関係、

お母さん方と幼稚園の関係が密です。

お互いがお互いを支え合い、

思いやり、そして一緒に楽しむ関係が

しっかり構築されています。

今日も素晴らしい、素敵な総会でした。

投稿:N

 

2017.05.30

manna house-年長さんがやって来ました

manna houseに年長さんが遊びに来ました。



manna houseに遊びに来ている未就園児さんと一緒に

梅の実を集めて

見つめたり、触ってみたり。

「わ!べたべたする」

梅の実ってべたべたするんだ〜

そんな発見がありました。



梅の実を集めているうちに、

「あ!ダンゴムシ」



虫探しに夢中になる男の子たち。

マナ・ハウスにいる虫さんたちは

栄養たっぷりな土壌で

丸々としています。

自然に触れ、

自分よりも小さな子に触れ、

豊かな時間を持てた年長組さんでした。

投稿:N

 

manna houseの6月のイベント情報はこちらです。

http://www.makotokids.jp/blog/archives/4688

2017.05.29

manna house 6月のイベント一覧

マナ・ハウス6月のイベント情報をお知らせします。
【みんなであそぼう!!】
日時: 6月7日(水)11:15〜11:30予約不要
みんなで、手あそびや、ふれあいあそびをして遊んだり、絵本を見たりして、
楽しく過ごしましょう!

【赤ちゃんのスタイを一緒に作りましょう!】
日時: 6月12日(月)10:00〜11:00要予約 保育有
対象: 2歳までのこどもを持つ母親6組(定員になり次第締切)
内容: ガーゼの素材のかわいいスタイを作りましょう。
材料、道具はこちらで用意します。

【マナ・ハウススペシャル企画 2歳児さんあつまれ~】
からだを いっぱい 動かそう
日時: 6月14日(水) 14:00~15:3014:00〜15頃まで 要予約
場所: まこと幼稚園 ホール
対象: 2歳児さん(2014年4月2日~2015年4月1日生まれ)とその保護者
持ち物:お茶
内容: 幼稚園のホールに作ったアスレチックに挑戦したり
体操やダンスをして沢山からだを使って楽しもう!
あそんだ後は手作りのフルーツオムレットを食べよう!

【マナ・ハウススペシャル企画 1歳児さんあつまれ~】

からだを つかって あそぼう
日時: 6月21日(水)10:00〜11:30頃まで 要予約
場所: まこと幼稚園 ホール
対象: 1歳児さん(2015年4月2日〜2016年4月1日生まれ)とその保護者
持ち物:お茶
内容: 幼稚園のホールで、すべり台を滑ったり、マットのお山を登ったり、
ボールやフープを追いかけたり…からだを使って元気いっぱい
遊びましょう!
体操やふれあいあそびも楽しもう!
あそんだ後はみんなでおやつタイム♡

【お母さんのこころとからだの準備講座 妊婦さん、産後のお母さんあつまれ~】
ベビーマッサージと、わらべうた胎教マッサージと、助産師さん、看護師さん、を交えての交流会
日時: 6月22日(水)要予約
対象: 生後2か月~ハイハイしだすまでの赤ちゃんとその保護者12組
妊婦さん5名(定員になり次第締切)
10時~  ベビーマッサージ(産後のお母さんと赤ちゃん。
妊婦さんも参加できます♡)
10時半~ 妊婦さんと、産後のお母さんと、助産師さん、看護師さんとの交流会
11時45分頃~ 交流会の後、妊婦さんは、わらべうた胎教マッサージ
持ち物: ベビーマッサージに参加の方は、バスタオル1枚

【庭の草つみあそび】
日時: 6月28日(水)雨天中止
10時30分~11時 予約不要
内容: マナ・ハウスの庭で草花のことを教えてもらいながら、庭の草つみあそびを楽しみましょう

【お母さんのこころとからだの準備講座 産後のお母さんあつまれ~】
ベビーマッサージと、助産師さん、看護師さんを交えての交流会
日時: 6月29日(木)
10時~11時45分頃まで 要予約
対象: ハイハイの頃~たっちまでの赤ちゃんとその保護者12組(定員になり次第締切)
持ち物:バスタオル1枚(ベビーマッサージで使います)

★お問い合わせ・イベント申し込み★
子育て支援センター まこと幼稚園 マナ・ハウス(向日市鶏冠井町山畑25)
☎075-921-2202(9:30~14:30)
☆詳しくはお尋ねください。


投稿:N

2017.05.24

manna house 年中さんが遊びに来ました♪

manna houseに年中さんが遊びに来ました♪



みんなで自然に触れる機会は

遠足やお芋掘りもありますが、

この程よい広さの、自然があり、守られている空間で、

先生とお友達と過ごせる時間は

子どもたちにはとても新鮮で、発見のある時間だったようです。



先生に「草笛」もおしえてもらいましたよ。

 



梅の実が成っていました。

マナ・ハウスに遊びに来ていた小さなお友達にも

「梅の実があったよ」と見せてあげました。



小さなお友達はお兄さんお姉さんが大好きです。

「こっち、こっち、

こっちにこんなんあるよ」

年中さんにお庭に連れ出してもらっていました(^^)

異年齢と交流することで

お兄さんお姉さんにも、

小さなお友達にも、

内に、外に、育ってゆく力があることでしょう。

投稿:N

2017.05.22

マナ・ハウス スペシャル企画が始まります!

マナ・ハウスのオープンから


もうすぐ1か月になります。

毎日、0〜3歳児さんとそのお母さん、

お父さん、おじいちゃん、おばあちゃんも、

たくさんの方が来所してくださり、

明るく和やかな交流の場となっています(^^)



6月から、たくさんのプログラムの企画が

決定しています。

これから順次紹介していきますね。

たくさんのプログラムの中でも「マナ・ハウススペシャル企画!」と題しまして、

母子で思いきり遊べる企画をご用意しました。



manna houseに来所してくださる皆さんに

manna houseだけでなく、

ホールや園庭、屋上、保育室など、まこと幼稚園の施設も

フル活用していただける企画になっています。

1歳児さんと2歳児さんとで

開催日と内容が分かれています。

それぞれの年齢ならではの遊びと交流が期待出来ますね(^^)

遊んだ後はみんなでほっこり「おやつタイム」もありますよ。



 

【マナ・ハウススペシャル企画 日程】

★1歳児さん集まれ

・6/21(水)10:00〜11:30頃

ホールで滑り台で遊んだり、マットのお山を作ったり、ボールやフープを追いかけたりと盛りだくさん。体操やふれあい遊びも楽しみましょう!

からだをつかってあそぼう!

・7/19(水)10:00〜11:30頃

手作りおもちゃであそぼう!

身近にあるものを使って何か作ってみよう!

そして作ったもので遊びましょう。

作ることの楽しさ、自由な遊び方を体験しよう!

 

★2歳児さん集まれ

・6/14(水)14:00〜15:30頃

からだをいっぱい動かそう!

ホールに作ったアスレチックに挑戦したり、体操やダンスをして、体を使って思いっきり楽しもう!おやつは手作りのフルーツオムレット。

・7/26(水)14:00〜15:30頃

プールであそぼう!

まこと幼稚園の屋上で、大きなプールや小さなプールに入って楽しみましょう!

遊びの後のおやつもお楽しみに。

・9/27(水)14:00〜15:30頃

"まことまつり"を楽しもう!

まこと幼稚園のお庭で、お祭りを開催!

いろんな屋台も出ています。

わくわくのひとときを楽しみましょう。

 

それぞれの詳しい案内は、この「窓をあければ」のページと、まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページにて随時発表していきます。

まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

こちらはFacebookに登録していなくても見ることが出来ますよ。

 

manna houseにも案内の用紙を用意していますので、遊びにいらした時にもらってくださいね。

お楽しみに♪

投稿:N

2017.05.18

5月ベビー講座後の茶話会

ベビーマッサージの後は、

そのまま窪助産師さんと富士原看護師さんに残っていただいて、

お母さんたちみんなで茶話会をしました。



簡単な自己紹介と

ゴールデンウィークはどう過ごしたかを一言。

皆さん、まだ赤ちゃんが小さいので、

赤ちゃんに配慮したお出かけだったようです。

お母さんになると、行動範囲が大きく変わりますよね。

今までは行けたところに

一時的にですが、気軽には行けなくなったりもしますが、

皆さん、今、赤ちゃんと一緒に出来ることを楽しんでいらっしゃるようでした。

「赤ちゃんの真夏の服はどんな?」

「骨盤矯正はどうしてる?」

「ここのお店は赤ちゃんグッズが安いよ」

「今、離乳食がはじまって、頑張っているところです」

そんな、産後ママならではの会話が弾みました。

妊婦さんも、もうすぐ生まれてくる赤ちゃんがどんな感じなのかに触れられたかと思います。

ご自身が出産してからも

この講座でまた皆さんに会えるので

決して一人ではありません。

子どもを育てる者同士の繋がりを持ち、

悩みや喜びを分かち合いながら、

みんなでお互いの子を育てて行きましょうね。



ベビー講座では

今、不安に思っていることを助産師さん看護師さんに尋ねる事も出来ます。

次回の開催もお楽しみに♪

赤ちゃんみんなで記念撮影をしました(^^)

大きくなってから振り返るのが楽しみですね(^^)

投稿:N

2017.05.18

manna house 5月ベビー講座を開催しました。

昨年からプレ開催していた


助産師さん、看護師さんによるベビーマッサージ講座、

今日はmanna houseで開催する第一回目でした。



たくさんの可愛い可愛い赤ちゃんとそのお母さん、

妊娠期のお母さんにもお集まりいただきました。

始まりは、赤ちゃん同士であんよタッチ♡

お母さん同士で「何ヶ月ですか?」「一緒ですね」という会話もして、

簡単にご挨拶。



まだ0歳の赤ちゃんですから、

大人の思い通りにならなくて当たり前、

「途中で泣いても、眠っても、授乳してもいいんですよ」

と助産師の窪さんが優しくお話してくださり、

ベビーマッサージが始まります。



日本に昔からある わらべ歌を歌いながら

赤ちゃんのマッサージをします。

赤ちゃんはドレミの「ラ」の音が心地いいのだそうですよ。

少し高めの音で歌いながら

胸を開いたり、リンパを流したり、腸の「の」の字マッサージ、

免疫を高めるマッサージ。



看護師の富士原さんの説明を聞きながら

お母さんたちが赤ちゃんをマッサージをすると、

うっとり気持ち良さそうな赤ちゃん(^^)

中にはそのままねんねの赤ちゃんも。

もちろん、泣いている赤ちゃんもいますが、それが赤ちゃん、気にしなくていいのです。

窪さんと富士原さんが歌詞カードを配ってくださったので、

またお家でも出来ますね。

自分だけの、またそれぞれのご家庭だけでのアレンジをしても楽しいですね(^^)

ベビーマッサージは6月もあります。

☆妊婦さん、産後のお母さんあつまれ(妊婦さんと、生後2か月〜ハイハイし出すまでの赤ちゃんとその保護者)

☆産後のお母さんあつまれ(ハイハイの頃〜たっちまでの赤ちゃんたその保護者)

2日に分けてします。

詳しい告知はまた別でしますね。

投稿:N

2017.05.13

大好きなお母さんに♡

たんぽぽ組さんのお迎え時間の少し前、


先生がそれぞれの子に持ち帰る物を渡しています。



今日は少し前に作った

母の日のプレゼントも持ち帰りました。



大好きな大好きなお母さんへのプレゼント。



先生がプレゼントを大事にかばんに入れてくれたら、

お母さんのお顔が思い浮かんだかな?

みんな誇らし気にかばんを受け取っていましたよ(^^)

3歳から5歳のお友達も、

それぞれにお母さんへの思いを込めたプレゼントを

持ち帰りました。

お母さんが喜んでくれると嬉しいね。

 

2歳児たんぽぽ組さんの様子や、6月にはじまる1歳児もも組さんの様子は、

まこと幼稚園ホームページの下の方、

「1、2歳児クラス」で更新して行きます。

ご覧ください。

投稿:N

2017.05.13

5月 『MAKOTO KIDS』

今日は、未就園児さんの子育て支援プログラム

『MAKOTO KIDS』でした。



ホールで身体を動かしてたくさん遊んだり、

少しだけおやつタイムをしたり。



文庫のお部屋で絵本や手遊びも楽しみました。



MAKOTO KIDSの様子やお知らせは、

まこと幼稚園ホームページの下の方、

MAKOTO KIDS」をクリックすると

見ることが出来ますよ。

投稿:N

2017.05.12

manna house てんとう虫の幼虫みつけた

今日もmanna houseには

母子の穏やかで優しい空気が流れています。



みんな、室内でおもちゃで遊ぶのも大好きですが、

ウッドデッキを行ったり来たりするのも大好き。

お母さんがウッドデッキで、小さな虫さんを発見しました。



なんだかわかりますか?

小さい時はちょっとグロテスク、

大きくなると真っ赤に黒ポチ模様が愛おしい、

そう、てんとう虫さんです(^^)



男の子三人のお母さん、

手のひらにてんとう虫の幼虫を乗せて

ぼくに渡しました。

さすが、男の子のお母さん!

逞しいです(^^)

 

manna houseのお庭の土はとても肥よくなようで

アリさんもミミズさんもビックサイズ。

てんとう虫の幼虫もたくさんいます。

虫好きさんはお庭に出て探して見てね。

 

manna houseのFacebookページがあります。

そちらも見てみてくださいね。⬇︎

まこと幼稚園 manna house Facebookページ

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.05.10

年少さん ホール遊び

ゴールデンウィークが明けて、

まこと幼稚園からは色んな音が聞こえています。

子どもたちが嬉しそうに遊ぶ声や、

お母さんたちのコーラスグループ、マリアコーラスの美しく楽しげな歌声も。

2階のホールのほうから、

元気な「鯉のぼり」の歌が聞こえてきました。



「今日は元気に泳いではるな〜」

ホールの前で、

自分たちより先にホール遊びの順番だった赤ちゅうりっぷさんたちが出るのを、

黄色ちゅうりっぷさんたちは鯉のぼりを見ながら

のんびり待っていました。



赤ちゅうりっぷさんと黄色ちゅうりっぷさん交代。

横では文庫さんのお母さんたちが作業をしていて、

みんなで「ばいば〜い」と見送りました。

「可愛いなぁ〜❤︎」

と小さい組さんたちを見つめる

大きい組のお母さんたちです。

 



雨の日も、

ホールでなら、身体をいっぱい動かして

思い切り遊べます(^^)



みんな元気いっぱい、

たくさん遊びました。

投稿:N

2017.05.01

できたね♪-manna house

「出来たね〜(^^)」

「すごいなぁ〜」

manna houseの扉を開くと

中からお母さんやスタッフの嬉しそうな声が聞こえてきました。

聞くと、今、生まれて初めて自分からお手洗いに行けたのだそうです(^^)

嬉しい瞬間に立ち会えました。

「お家ではなかなかしなかった事を

幼稚園、保育園なら出来た」

そんなことがあります。

manna houseでも同じようです。

環境を変えて、

周りに一緒に喜んでくれる人がいて、

自分とはちょっと違うことをするお友達に出会って、

「自分」を意識するのかもしれません。

もちろん、一回出来てもまた次はしなかったり、

思い通りにはいかないこともある、

行きつ戻りつ、

それが子育てです(^^)



育児のことを話すお母さんとスタッフ。

育児をしていると、

「うちの子はまだこれが出来ないなぁ」

なんて、周りと比べて不安になってしまう時があります。

そんな時は気軽にスタッフに声をかけてくださいね。

一緒に子どもの育ちを見守りましょう(^^)



マナ・ハウスの看板が完成したので

スタッフで記念撮影をしました(^^)

0〜3歳のお子さんを持つお母さん、

妊娠期のお母さん、

スタッフ一同お待ちしています。

投稿:N

2017.04.27

猫さん猫さん♪

「猫さん、猫さん、何がすき?」

園庭では年長さんたちが大きな声で歌っていました。



壁に立った「猫さん」の子が

「ねずみ」と答えるまで、

「ねずみさんたち」は歌う度に「猫さん」に近づいていきます。



「ねずみ!」



一斉に走って逃げるねずみさんたち(^^)

園庭の奥では、虫探しが大好きな子たちが

ダンゴムシを真剣に捜索中です。

 

まことの子たちは、

制作などの簡単な課題や、大きなイベント以外の自由時間には、

その時々にやりたい遊びに集まって、

クラスの垣根なくそれぞれ自由に遊びます。

「猫さん猫さん」の他にも、虫探し、お砂場、お部屋での遊び、

それぞれに仲間と寄り合って遊んでいます。

「自由」とは簡単なようで簡単ではありません。

「これがしたい!」と

自分をしっかり持ち、お友達とバランスを取り、

自分たちでルールを持って遊ぶのです。

先生方はその様子をよ〜く見ていらっしゃいます。

先生の間での情報共有も密にしていらっしゃいます。

何にでも口を出すのではなく、

ここぞ!という時を見極めて、

子どもたちの真の成長を思って声をかけています。

自由であるという事は

とても深いです。

投稿:N

2017.04.27

manna house(マナ・ハウス)5月のイベント情報

manna houseの5月のイベント情報をお知らせします。



【みんなであそぼう!!】

日時:5月10日(水)11時15分〜11時30分

みんなで、手あそびや、ふれあいあそびをしてあそんだり、絵本をみたりして、楽しくすごしましょう!

予約は不要です。



 

【お母さんのこころとからだの準備講座

〜妊婦さん、産後のお母さんあつまれ〜

★ベビーマッサージと交流会】

対象:妊婦さんと生後2ヶ月〜たっちの頃までのお子さんとお母さん12組

日時:5月18日(木)

・10時〜 産後のお母さんと赤ちゃん(ベビーマッサージ)

・10時30分〜 妊婦さんと産後のお母さんと、助産師さんとの交流会(妊婦さんも10時〜のベビーマッサージをご覧いただいても構いません。)

日頃、おなかの赤ちゃんや、生まれた赤ちゃんのことで、知りたいこと、教えてほしいことなどを、助産師さんや看護師さんに訊いてみませんか?集まって交流しましょう!!

集まって交流しましょう!!

赤ちゃんには、ベビーマッサージがあります。

持ち物:バスタオル1枚(ベビーマッサージをされる方)


申し込み受付はマナ・ハウスへ

075-921-2202

受付時間 9:30〜14:30

 

2017.04.26

「1歳児さんあつまれ」がありました

「1歳児さん集まれ」は

今回からmanna houseで開催です。



予約してくださった10組の1歳児さんとそのお母さんが集まりました。

一階で遊んでから、

二階へ移動して

スタッフと一緒に手あそび。

今日は新聞紙を使って

ビリビリ〜っという音や、

細かくなったものを紙吹雪みたいにして

ヒラヒラ舞うのを楽しみました(^^)



ビリビリ〜、ヒラヒラ〜

それだけでも十分に楽しそうでした。

また、みんなですると、

自分だけでは思いつかなかった

「ちょっと違う遊び」を別のお母さんがはじめて、

それが周りにも広まって、

みんなで笑い合いました(^^)



たくさん遊んだ後は、

ふかしたさつまいものおやつを食べました。

わが子に、市販のお菓子ばかりではなく、手作りおやつをあげたいなと思っても、

手が込み過ぎては、後から疲れてしまいます。

ふかしただけのお芋でも、

お母さんの笑顔と一緒なら

子どもはきっと嬉しさのでしょうね(^^)

みんな、またmanna houseに遊びに来てくださいね。

 

次の1歳児さん集まれは、日程が決まりましたら

このブログと「まこと幼稚園マナハウスFacebookページ」でお知らせしますね。

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

 

投稿:N

2017.04.24

こどもの見つめる先に

ホールで遊んでいる2歳児のたんぽぽ組さん。


なにやらお外を見つめています。



なに?なに?


見に行ってみました。


指差しして、教えてくれます。



青い、広い空に、


春の風に吹かれて


気持ちよさそうに元気に泳ぐ鯉のぼり。



忙しくしていたり、


自分の見たいところしか見ていないと


知ることのない景色があることを


こどもたちは、ふと教えてくれます。


今日もありがとう、可愛い天使さんたち。


投稿:N

2017.04.24

manna house オープンしました!

本日、manna house オープン致しました♪

9時半の開所から、たくさんのお母さんとお子さんで賑わっています。


わが子は何にも代え難く、

誰より愛おしい存在です。

けれど、子育ては楽しいばかりではありません。

一人だけの子育ては、時々しんどさも感じてしまうものですが、

そんな時はmanna houseへお越しください。

自分とこどもだけの世界から、

一歩外へ出て、子育てをする仲間と出会う時、

きっとしんどさは軽くなることでしょう。

共感し合ったり、支え合ったり、

それが人というものです。

お子さんにも、そうやって人と人が共に生きる社会の良さを伝えてゆきたいですね。



manna houseは 月曜から金曜、

9時半から14時半に開所しています。(祝日とまこと幼稚園の休園日はお休みです。)

お車は駐車場がありません。最寄りの交通機関をご利用ください。

自転車でお越しの方は、manna house横のまこと幼稚園駐輪場をご利用くださいね。

0歳〜3歳を迎えるまでのお子さんとその保護者の方はいつでもおいでください。

投稿:N

2017.04.22

マナ・ハウス 一般向け内覧会は今日12時までです

20日からのマナ・ハウス内覧会には

たくさんの方が見に来てくださっています。



「小さなお子さんがいる人に、

いいところだよと伝えますね」

皆さんにそう言っていただけて感謝しています。

24日からは

小さなお子さんとお母さんが集まる場所になります。

毎日、たくさんのお母さんやお子さんで賑やかになることでしょう。



一般向けの内覧会は今日の12時までです。

是非この機会においでください。

2階の美しいステンドグラスも

今日までなら見ることが出来ますよ。

24日9時30分から、

マナ・ハウスは毎週月曜から金曜(まこと幼稚園の休園日と祝日を除く)14時30分まで開所しています。

0歳から2歳(3歳を迎える年まで)のお子さんとその保護者の方、妊娠期の方はいつでも遊びにいらしてくださいね。

また、今後平常の来所対応が落ち着いて来ましたら、

地域の方に向けた講座等も考えていく予定でいます。

楽しみにお待ちください。

投稿:N

2017.04.19

マナ・ハウス 卒園児保護者向け内覧会


今日は24日からスタートするマナ・ハウスの


卒園児保護者向け内覧会。


明日20日から22日の3日間は一般向け内覧会となります。


朝からたくさんの卒園されたお子さんのお母さん方が来られています。



お母さんとお庭をお散歩♪


お庭はこれから初夏に向けて茂ってくるでしょう。



「わぁ〜、素敵〜」

「ずっと居たくなるなぁ」

とお母さんたち。

「自分が子育て中、こんな講座があったら嬉しかったなぁ」

なんてアイデアもいただきました(^^)


小さなお友達も、ウッドデッキから足へ伝わる感触に


ちょっと違うものを感じるようで、


ウッドデッキで足踏みしたり、


お部屋とウッドデッキを往復したりしていましたよ。


今日は3時まで内覧会をしています。


明日から3日間の一般向け内覧会は9時30分〜15時です。


オープンからは主に0〜3歳のお子さんとその保護者の方が利用対象になります。


お住まいの場所は関係なくご利用いただける施設です。


まこと幼稚園の保護者の皆さんも、


園関係者ではない方も、


この機会に是非見学においでくださいね。


投稿:N

2017.04.17

マナ・ハウス オープン一週間前

マナ・ハウスのスタッフは

オープンに向けて日々準備を続けています。

あっと言う間にオープン一週間前ですね。



本棚やおもちゃが届きました。

触れると温もりが伝わって来る

木の棚やおもちゃです。



到着して、使う前に、全体にオイルを塗るのだそうです。

心地よい、優しい春の風が吹き抜けるウッドデッキで作業中です。

ウッドデッキの向こうには

もうすぐ芝生が入るそうですよ。



芝生は、しっかり生え揃うまでは

もう少しの間は

入れないのだそうですが、

芝生が茂ってゆく様子も

一緒に楽しみましょうね。

 

【マナ・ハウス オープン】
4月24日(月)〜
開所時間 月曜〜金曜 9時30分から14時30分
祝日、まこと幼稚園休園日はお休みです
【オープン前内覧会】
・まこと幼稚園卒園児保護者対象
4月19日 (水)9時30分から14時30分
・一般の方対象
4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分


投稿:N

2017.04.12

小さい子と手を繋いで

今日は、年少さんのお帰りコースに並ぶ練習の日でした。



園庭のいつも決まったコースの場所に

先に並んだ大きい組さんと真ん中組さん。

後から小さい組さんたちがやって来ます。

これから一緒に歩くことになるお兄さんお姉さんと

手を繋いで並ぶ練習です。

「小さい組さんはまだお帰りのことがわからへんし、

しっかり手を繋いでおいてあげような」

そう先生が言うと

「うん!」とジャンプして元気に答えていた年長のお姉さん、

小さい組さんが隣に来て

手を繋ぐと

身体を動かすのをやめ、

小さい子をじっと見つめていました。

年長になり、嬉しい気持ちがいっぱいだったお姉さん、

この瞬間に、大きくなるということを身を以て感じているようでした。

年長さんたち、これから一年、小さい子と手を繋いで帰るお帰りコース、

よろしくお願いしますね(^^)

投稿:N

2017.04.11

年少さん 少しずつ

年少さんは、

たんぽぽ組から上がった子もいれば、

お兄ちゃんお姉ちゃんの登園にいつもついて来ていた子、

まこと幼稚園は全く初めてという子もいます。

みんな「ちゅうりっぷ組」ははじめて。

今は慣らし保育中、少しずつ保育の時間を伸ばして行っているところです。

朝、お母さんと離れるのがさびしくて涙が出たり、

保育中のふとした瞬間に

お家を思い出して泣いてしまったりもします。

そんなわが子の様子、

お母さん方は今とても気にかけていらっしゃることと思います。

幼稚園でどうしてるかな?

泣いていないかな?

先生のお話、聞けているかな?

お友達と仲良く出来るかな?

自分が子どもを預けていた時もそうだったので、

よくわかります。

私はこれまで、園の様子を見て来て

日々変わってゆくお子さんの姿を目の当たりにして来ました。

大丈夫ですよ。

年少さんたちは

はじめは緊張していたり、泣いたりもするけれど、

1日、1日と、担任の先生に慣れ、

お部屋に慣れ、

園に慣れ、

自分の居場所にしていきます。

お友達との関わりを心から楽しむようになります。

母と子、離れないでいればその時は子の心配はしなくていいかもしれません、

でも、子どもがこれからお友達を求めて行く、

言わば社会への一歩を踏み出して行くこの時期に、

あえて離れる時間を持ち、

成長して行けるわが子を信じましょう。



お迎えを待つ年少さんたち。

しっかり椅子に座って、

先生が一人一人にお便りを配るのを待っていましたよ。

もうすぐ大好きなお家の人に会える

お迎えの時間です(^^)

投稿:N

2017.04.10

マナ・ハウス 開所まで二週間

マナ・ハウスの開所日の24日まで

あと二週間になりました。



フローリングや扉、窓ガラスも入り、中はすっかり完成していますよ!

とても素敵な空間になっています。

外では庭師さんや外構工事の方々が頑張ってくださっています。

今日はもも組さんの荷物の移動もしました。



マナ・ハウスのスタッフは

たくさんの来所してくれる皆さんを思いながら

研修をしたり、来所者用バッヂを作ったりしています。



開所に向けて、一歩一歩、準備を整えています。

 

【マナ・ハウス オープン】
4月24日(月)〜
開所時間 月曜〜金曜 9時30分から14時30分
祝日、まこと幼稚園休園日はお休みです
【オープン前内覧会】
・まこと幼稚園卒園児保護者対象
4月19日 (水)9時30分から14時30分
・一般の方対象
4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分

投稿:N

2017.04.10

今日から集団降園

まこと幼稚園の特色の一つが

徒歩通園です。

朝はお家の方が園まで、または電車の駅まで

送ってくださいます。

帰りは、大きい組さん、真ん中組さんがが小さい組さんの手を繋いで

同じ降園コースのお友達みんなで

先生と一緒に帰ります。



園庭にコース毎に集まって並んだら

「しっかり歩いて帰りましょ。

皆さん、よろしくお願いします。」

そうみんなで言って、心をしっかりお帰りに向けてから帰ります。



毎日、毎日、歩くことで体力がつき、身体が丈夫になるのはもちろん、

交通ルールも身に付きます。

小学生になって、お母さんとの世界から離れ、お友達と外で活発に活動するようになった時に

今積み重ねていることが生かされます。

また、年上が年下をみてあげることで生まれる労わりの気持ちや責任感、自己有用感が養われ、

年下は年上に憧れ、自分もそうなりたいという思いが成長に繋がります。

歩く道の道端に、植木に、道行く人に季節を感じ、

お家の方や先生と心を通わせ、

それぞれの中に本当の豊かさを蓄積して行きます。



園から見えている大極殿公園は、今、桜の見頃。

お帰りコースのあちこちでも

それぞれに春を感じながら歩いていることでしょう。

投稿:N

2017.04.09

桜が咲きました



始園式、入園式がありました。

ご入園、ご進級おめでとうございます。



園長先生から

桜のお話がありました。

4月、一斉に美しく咲く桜、

この桜が咲くのは、

春までの一年にしっかりと幹に栄養を蓄えたから。

今、準備が整って、みんなは一つ大きくなって新しい花を咲かせました。

また次の年に咲くまでに、

たくさん遊んで

自分の中にいっぱい栄養を蓄えましょうね。

まこと幼稚園の先生たちは

これからの一年、みんなの成長を見られることがとても嬉しいです。

投稿:N

2017.04.05

2017年度 マナ・ハウスもも組(1歳児クラス)

今年度の1歳児クラスもも組のご案内です。

※お申し込み開始日は2017年5月1日(月)からになります。



*募集人員 6名程度(2015年4月2日〜2016年4月1日生まれ)歩き始めたお子さんを対象にします。

*保育開始 6月2日(金)

*保育時間

1学期 9時〜11時30分(ならし保育期間あり)

2学期 9時〜12時30分(お弁当持参)

3学期 9時〜13時(お弁当持参)

幼稚園が休みの時は保育はありません。(夏休み、冬休み、春休み、代休の日)

*保育内容  歩き始めた子どもたちは、楽しく、安全な環境の中で、のびのびと遊びます。木のおもちゃで遊び、感触遊びなども経験します。絵本や庭、これらの環境が子どもたちの身体と心を育てます。マナ・ハウスで生きる力を獲得する第一歩を踏み出します。まこと幼稚園の砂場やホールを利用するときもあるかもしれません。

*申し込み 2017年5月1日(月)からです。マナ・ハウス、まこと幼稚園事務所に申込用紙があります。

投稿:N

2017.04.04

2017年度 たんぽぽ組、もも組

京都リビングの折り込み広告の

まこと幼稚園のチラシは見ていただけましたか?(^^)

今年度の未就園児のための子育て支援プログラム

「MAKOTO KIDS」(2歳児)と

「MAKOTOぷちきっず」(1歳児)の

参加者募集とともに 、

2歳児クラス「たんぽぽ組」の保育開始と

1歳児クラス「もも組」がマナ・ハウスに移ることのお知らせをしています。



たんぽぽ組は4月10日から保育開始。

たんぽぽ組は3つのコースとお預かりをご用意しています。

ご希望の方は随時入室していただけますので、

まこと幼稚園ホームページ内の左下の「1、2歳児クラス」を開けて、赤い字の「もっとくわしく」をご覧くださいね。

お問い合わせはまこと幼稚園までどうぞ。

075-921-2229

 

また、昨年度開始しました1歳児のクラス、もも組さんは

今年度からマナ・ハウスへ移り、6月からので開始になります。

詳細は決まり次第このブログでお伝えしますので、もう少しお待ちください。



MAKOTO KIDSのチラシの裏側は

manna house“マナ・ハウス”のオープンの告知になっています。

子育てをするたくさんの方に遊びに来ていただければ嬉しいです。

【マナ・ハウス オープン】
4月24日(月)〜
開所時間 月曜〜金曜 9時30分から14時30分
祝日、まこと幼稚園休園日はお休みです
【オープン前内覧会】
・まこと幼稚園卒園児保護者対象
4月19日 (水)9時30分から14時30分
・一般の方対象
4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分


投稿:N

2017.04.03

マナ・ハウス 80年前の青年の夢を引き継いで

ついにマナ・ハウスの玄関の扉が入りました。


十字架が入っているのは


真善美三一学園まこと幼稚園の母体が向日町教会であるからです。



80年前に、同志社大学の学生さんたちが

ここ向日町で子どもたちを集めて教会学校をしていました。

子どもたちはこの学生たちを慕い、彼らが来るのを鈴なりになって待っていたといいます。

その学生さんたちが卒業するにあたり、

このような子どもたちを守るためにと作ったのが

向日町教会とまこと幼稚園です。

向日町教会・まこと幼稚園は、80年前の青年たちの夢を

今も引き継ぐものとしてありたいのです。

マナ・ハウスを通して、まこと幼稚園に通う子どもだけではなく、

0歳から2歳までの母子や、地域にも

共にいのちを育む輪を広げていきたいと考えています。

 

【マナ・ハウス オープン】
4月24日(月)〜
開所時間 月曜〜金曜 9時30分から14時30分
まこと幼稚園休園日はお休みです


【オープン前内覧会】
・まこと幼稚園卒園児保護者対象
4月19日 (水)9時30分から14時30分
・一般の方対象
4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分


投稿:N

2017.04.03

新年度のはじまりに向けて

新年度のはじまりに向けて、

お子さんをお持ちのご家庭では

色々と準備に忙しくされていることと思います。

まこと幼稚園の先生方も、

もうすぐはじまる新しい年度に

気持ち良くお友達を迎えるために

お部屋を整えたり、用品を用意したり、

色々準備をしていますよ(^^)



先生みんなで力を合わせて園の中を綺麗にお掃除。

新しいはじまりの日、お友達と会える日を

ワクワク楽しみに待っています(^^)



投稿:N

 

2017.04.01

マナ・ハウス お庭整備中

マナ・ハウスの隣は勝山中学校、

春休み中ですが、部活をしている運動部の中学生の爽やかで元気な声が響いています。

完成へ向けて工事も大詰めを迎える中、

マナ・ハウスの大きな特徴の一つである

広いお庭の整備も始まっています。



少し前までは歩くのも大変だった庭が、

こんなに綺麗に整えられていました。



表面的にはわかりませんが、

これから植物が豊かに成長してゆけるよう

この地面の下の 土の部分から手を加えてくださっています。

「子どもが豊かなに生きる為には

まずは環境を整える」

それが真善美三一学園まこと幼稚園の大きな教育の柱です。

自然も人も、土台に栄養をしっかり蓄えられる場があってこそ、

健やかに育つことが出来ます。



マナ・ハウスのお庭「実りの庭」を手がけてくださっている

実政園芸の皆さんです。

完成に向けて日々着々と仕事を進めてくださっています。

ありがとうございます。

マナ・ハウスオープンの日のお庭と、

またその日から日一日と変化してゆく実りの庭のこれからが楽しみです。

 

【マナ・ハウス オープン】

4月24日(月)〜

開所時間 月曜〜金曜 9時30分から14時30分

まこと幼稚園休園日はお休みです

 

【オープン前内覧会】

・まこと幼稚園卒園児保護者対象

4月19日 (水)9時30分から14時30分

・一般の方対象

4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分

投稿:N

 

2017.03.29

マナ・ハウスの木材

4月24日のマナ・ハウス オープンに向けて

たくさんの職人さんや業者の方が

作業を進めてくださっています。



先日、足場が取れ、優しい薄緑色の外観が

よく見えるようになりました。

マナ・ハウスの建築には、

京都産の木を使って木であふれるまちづくりをしていこうという

「公募型京都府木のまちづくり推進事業」

という制度を利用しています。



昨日は、京都府の職員の方が府内産の木材の使用状況を見に来られ、

地産地消で、運搬によるCO2が大幅に削減されると喜んでおられました。



京都府内産の杉と檜の天然の美しさ、強さと、

職人さんの確かな技が、

このマナ・ハウスに集う人々を迎え入れ、

その活動を支えてくれます。

 

*マナ・ハウス オープン

4月24日(月)〜

開所時間  月曜〜金曜 9時30分から14時30分

まこと幼稚園休園日はお休みです

*オープン前内覧会

4月19日 (水)9時30分から14時30分

まこと幼稚園卒園児保護者対象

4月20日(木)〜22日(金)9時30分から14時30分

一般の方対象

 

投稿:N

2017.03.28

マナ・ハウス オープンの日程が決まりました

待ちに待った、マナ・ハウスのオープンの日程が決まりました。

4月24日(月)オープンです!

オープンに先駆けて

4月19日にはまこと幼稚園卒園児保護者に向けての内覧会をします。

まこと幼稚園卒園児の保護者の皆様は、是非、この機会にお誘い合わせの上、完成したマナ・ハウスを見にいらしてください。

また、4月20日〜22日には一般の方に向けての内覧会をします。

この3日間には、まこと幼稚園保護者の皆様も、まこと幼稚園関係者以外の方も、どなたでも中の様子を見ていただけます。

0歳から2歳の小さなお子さんを育てているお父さん、お母さん、

地域の子どもの成長を共に支えてゆきたいと思う皆さん、

共に子育てを考えてゆく素晴らしい環境が整いましたので、見にいらしてください。

マナ・ハウスの開所時間は

月曜から金曜の9時30分〜14時30分。

土日祝日とまこと幼稚園休園日はお休みとなります(内覧会のみ22日土曜日も開けています)。

お待ちしております。



投稿:N

 

 

2017.03.21

三学期終業式

今日は三学期の終業式でした。




一年の締めくくりである終業式には、保護者の皆さんも出席してくださいます。

一年を振り返り、子どもたちの一年の成長を改めて思い、

次のステップへと踏み出す喜びを

みんなで分かち合いました。

学期ごとの終業式では、

マリヤコーラスの皆さんが歌を歌ってくださいます。



お母さんたちの綺麗な歌声にみんなで聴き入り、

知っている歌では一緒に振り付けも楽しんでいました。

まことのみんなは歌が大好きです(^^)

三学期の終業式のマリヤコーラスは、

卒園でマリヤコーラスも卒業するお母さん方にとっては最後の発表の場、

特別な時間でした。

本部さんからは、

お世話になった先生方ひとりひとりに

感謝のメッセージと花束のプレゼント。

各クラスでのそのクラス最後の集まりでは

先生からお母さんたちへの感謝の言葉、

お母さんたちから先生への感謝の言葉が溢れていました。



それぞれが、それぞれのことを大切にし、

感謝を伝え合い、成長を喜び合う

とても優しく、あたたかな

まことの終業式です。

投稿:N

 

2017.03.21

「まことのお母さんありがとう」

小学校の役を一緒にしたお母さんが

「くじ引いてしまって、

一年、大変やと思うことがいっぱいあってん。

けど、しんどい時に

優しい言葉をかけてくれたんは

みんなみんな、まことのお母さんやってん。

大丈夫よとか、いつもありがとうとか。

まことのお母さんたちに

ほんまにありがとう!って言いたい。」

そう言ってくれました。

まこと卒園児の保護者の皆さん、

まこと在園の小学生の保護者の皆さん、

皆さんが、お子さんが小学生になってからも

見えないところで

小さな愛をもって

地域を支え、子どもたちを支えているのを

日々感じています。

この場をおかりして、感謝を伝えたいと思います。

皆さん、ありがとうございます。

皆さんは本当に素敵です。

投稿:N

2017.03.17

昨日は卒園式でした。

2017年3月16日(木)、天気は晴れ。

前日の「狐の嫁入り」とは違い、

本当にいい青空の中で、卒園式を

迎えられ、感謝でした。



園児たちは、名前を呼ぶと大きな声で返事して

しっかりとした足取りで、卒園証書を受け取りに来ます。

緊張した様子ですが、一人ひとりお辞儀して、

一歩前に進んで、私から証書を受け取ります。

「おめでとう」

「ありがとう」と大きな声で言って、受け取ります。

本当に成長しました。入園式では、お母さんから離れならなかった

子どもたちが、今は一人で座り、自分の受け取る順番を待ち、

友だちが受け取るのを見守っています。心も成長しているのです。

いろいろな力を秘めた子に、卒園生は育ちました。

しっかりと、友達と遊んだからです。もちろん、絵もかきました、作品を作りました、折り紙も、お手紙すら書きました、かるたも、踊りも覚え、歌もしっかりと歌えます。すべてが心の底からわいてきた思いでしたことです。これが遊びなのです。自分の本当にしたいことをやるから、まこと幼稚園の子は、1回の練習だけで、卒園式ができるのです。心構えが内からできています。

こんな子に成長したのは、お母さんやお父さんが、一緒に歩いてきてくれらからです。幼稚園とともに、子どもを育てられたからです。

あなたのいのちそのものがこんなに育ったのです。

卒園式での園長の喜びは、子どもたちを共に見守ってくださる

同志を保護者になかで見出せるからです。

子どもの環境を整えてくださる皆さんとともに、歩んで3年間を思い起こせる喜びの中で、昨日は過ごしました。

卒園おめでとう。

2017.03.15

さよならダンス

春を感じさせる

キラキラな太陽のもと

園庭に輝くみんなの笑顔。

かっこいいダンスを見せてくれる年長さんを

年中、年少の子たちが

一緒に踊りながら見つめています。



もうすぐまこと幼稚園を卒園していく年長さんたちと、

お別れの前に

一緒にダンスを楽しみました。



歩いて帰るお帰りコース、

お母さんの待っているところまで

危なくないように手を繋いで歩いてくれた

年長さん。

わからなくて困っていたら

助けてくれた

年長さん。

運動会で一生懸命なカッコイイ姿を見せてくれた

年長さん。

中さんも、小さんも、年長のお兄ちゃんお姉ちゃんが大好きです。



「さよなら」の前に

一緒にいっぱい踊って

みんなの胸には楽しい思い出が溢れていることでしょう。

投稿:N

 

 

2017.03.04

こっちゃんの登園

おおきい組のこっちゃんは

毎朝、川を渡って幼稚園に行きます。



道端のお花や実、虫さん、

毎日に発見があります。

季節の移り変わりを肌で感じながら、

お母さんとお話ししながら。

寄り道、回り道、秘密の道。



影も「一本橋」に見立てておっとっと。



3年の徒歩通園で

体力も、忍耐力も、感性も、発想力も、

色んなことが こっちゃんの中にたっぷり溜まりました。

歩く姿は小さい組だった頃から

すっかり変わり、

しっかりした足取りで、

自分で決めた道を選んでずんずん歩きます。



3年間、

晴れの日も雨の日も

お母さんと一緒に歩きました。

この3年が

お母さんの中にもしっかり刻まれています。

卒園して終わりではありません。

たっぷり溜めた、何にも代えがたい経験という肥やしで、

こっちゃんも、お母さんも

これからぐんぐん伸びてゆけるのです。

投稿:N

2017.02.27

庭詩

「雨や風の音、

虫の声、

土や草花の香り、

暮らしのリズムを

大切に伝えていくことが

庭詩の仕事です。」

そうおっしゃるのは庭詩の実政秀行さん。

「庭師」ではなく、

「庭詩」と名乗っていらっしゃいます。

向日市でお生れになったこと、

また、師匠はまこと幼稚園の建物を寄贈した川島甚兵衛の

御宅のお庭に関わっておられたこと、

先日お伝えしたステンドグラスの黒田さんもそうでしたが、

ご縁を感じずにはいられませんね。

きっと素敵なお庭に作ってくださることでしょう。

マナ・ハウス完成が少しずつ少しずつ

近づいて来ました。



投稿:N

2017.02.27

みのりの庭

先日、マナ・ハウスの庭を整えてくださる

実政園芸の実政秀行さんが

打ち合わせに来て下さいました。



図面のグレーのところがマナ・ハウスの建物です。

マナ・ハウスの縁側から庭に出ると

芝生が広がります。

庭の下には豊かな水を運ぶ暗渠パイプを配置し、

土から、内側から、生き生きとした庭となります。

柿、梅、ゆず、サンシュユなど

この敷地に元からある、

実のなる木々の間を縫うように

描かれた小道。

木になった実りを皆さんといただきたいと

思っています。

この小道は、道として整備するのではなく、

訪れた人が歩くことによって

作られてゆくものになるのだそうです。

「庭」

と言っても、人が手を入れすぎるのではなく、

自然に任せながら、

植物がのびのびと成長出来るように

しっかり見極めながら手をいれてゆく、

そんな庭になります。

その様子は、

きっと、「すくすくと、真っ直ぐに育ちますように」

という我が子の成長を願う親の姿と重なり、

訪れた人は何かを感じることでしょう。

自然に生きること、自然とともに生きることを

思い出させてくれるはずです。

投稿:N

2017.02.25

寒い日にはあたたかいものを

寒いこの時だからこそ

あたたかいものが最高に嬉しいのです。

炭火で焼いた

おみかん入りのお餅。



はふはふ。



みかんのにおいがするよ。

冬ならではの幸せ❤︎

投稿:N

2017.02.23

マナ・ハウスのステンドグラス

マナ・ハウスの、2階の窓ガラスに入る予定の

黒田智子さん作のステンドグラスの現物が届きました。

天使、

一年の仕事-10月(収穫)、

聖人ベネディクト

の3点です。

この3つのステンドグラスは

注文して作っていただいたものではないのだそう。

「いつか、教会に設置してもらいたい」

黒田さんはそう考えながら制作し、

なかなかその機会はなく、

ずっと長い間工房に眠っていたものだそうです。

それが、ご縁がつながり、

まこと幼稚園向日町教会のマナ・ハウスに

設置していただけることとなりました。

「物は、-とりわけ心を込めて作った一点物は、

本当に必要としている人が来るのを

待っていることがある」

私は個人的にものづくりに携わっていてそう感じることがありますが、

このステンドグラスがまさにそれなように思います。

こちらの作品は幼稚園側の2階の窓に入る「一年の仕事-10月の仕事」。



「キリスト教での10月とは、

来るべき実りの11月の前、

準備の月。

この実りを待つ10月は

子育てと似ています。

まだ目に見えない実りを

環境を整えて、

きっと実ると信じて待つからです。

その意味で、このステンドグラスが

マナ・ハウスの正面に付くということは

ぴったりなのです。」

園長先生が仰っていました。

これから、みなさんがマナ・ハウスを訪れる時、

このステンドグラスを見上げ、

子育てにおいても、人生においても、

「来るべき実りの時」を思い、

今日出来る実りの為の準備を、

一度に完璧にしようと気負うのではなく

軽やかに淡々と 成してゆけばよいと

思っていただけたらと思います。

投稿:N

 

2017.02.19

とびだせこどもたち③年長さんが得る経験

とびだせこどもたちで


年長さんが向き合うものがあります。



「自分は何をしたいのか」


「同じクラスの仲間と


一つのものを作り上げるにはどうするか」


「人に伝える為に超えていかなければならない緊張と恥ずかしさの壁」


これらと真に向き合うのは、大人でも難しい時があります。



春からそれぞれのクラスで一緒に過ごして来て、


運動会のダンスや組み立て、リレーを経て、


「仲間」を意識し成長してきたみんな。


もうすぐ卒園し、一年生となる


今だからこそ、


この向き合うべき壁にしっかり向き合う力を持っているのです。


お友達を認め、自分を認め、一つの集団の中の自分を知る。


年長さんたちは


とびだせこどもたちを終え、


また大きく成長しました。


人が生きていく上で大切な力、


意欲、協調性、粘り強さ、忍耐力、計画性、


そういった目には見えにくい能力を


自分の肥やしとして、しっかりと増やし、


もうすぐ来る春に備えています。



とびだせこどもたちを終えたみんなは


自信に満ち、晴れ晴れとした清々しい顔をしていました。


投稿:N

2017.02.19

とびだせこどもたち②日々の生活から劇へ

年中さんの劇の中で、

折り紙で作ったお花を売る役がありました。

お花屋さんと、お花屋さんに来たお友達で、

お花を手に持ち、鼻を近づけ、

くんくん

「い〜いにおい❤︎」



6月の園行事、みんなの持ち寄ったお花が

優しく香る

花の日礼拝を思い出します。

 

「困っている人を助ける警察の人の役をしたい!」

警察の人の役は年中さんも年長さんもありました。


本部のお母さん方が開いてくれる交通安全教室で、


警察の方が来てくださったり、


年長さんは花の日礼拝で警察署訪問をしたりして、


警察の方のかっこいい姿に憧れたのでしょうね。


また、「困っている人の支えになりたい」という思いは、


世界のこどもたちの為に活動するお母さんの姿、


福島からのお友達と過ごした日々、


クリスマス礼拝でしたお心の献金、


そんな中で育ってきた思いのようです。


毎日のお友達との楽しい遊びも劇に登場します。



「しっぽとり」遊びが大好きなみんなは、


それぞれ好きな動物になりきって、


劇の中でもしっぽが登場します。



1月の作品展で作ったのは


絵本「てぶくろ」に出てくる


動物たちがぎゅうぎゅうに入る手袋。


「この手袋に入りたいなぁ」


実際には小さくてみんなでは入れませんが、


ブロックで周りを囲んで


ごっこ遊びを楽しみました。


作品展で膨らんだ思いを、


遊びで更に膨らませ、


とびだせこどもたちでもてぶくろが出て来ました。


とびだせこどもたちの全てを見て、


園行事、遊び、絵本、


それぞれからこどもたちは本当に多くを得て、


それがみんなの中に深く、深く


刻まれていることを


改めて感じました。


投稿:N

2017.02.19

とびだせこどもたち①

「とびだせこどもたち」は

毎年3学期にある、各クラス毎の生活発表会のようなものです。



年少さんは、いつも保育室で先生と一緒に遊んでいる大好きな遊びそのままを見てもらいます。

 



年中さんは、

ふだんの遊びを先生と一緒にお話にして膨らませ、

簡単なセリフを言って

一つの劇をします。



年長さんにもなると、クラスのお友達と力を合わせて、劇の全てをゼロから作るんですよ。

自分がやりたい役は何なのかな?

お友達がしたい役はどんなかな?

違う役同士が同じ劇で繋がるには、どんなお話にしたらいい?

衣装は?大道具、小道具は?

セリフは何て言えばいいかな?

全部考えます。



こどもたちの内側から溢れ出る想いを

担任の先生はくみ取りながら、

お家の人に見てもらうその日まで

じっくり寄り添って応援してくれます。

投稿:N

2017.02.10

2017年度 「もも組さん」

2016年5月に始まった

1歳児「もも組さん」、

2017年度は、園の隣りに只今建設中のマナ・ハウスで

新しいスタイルの「もも組さん」として

5月開始予定です。

詳しい内容は決まり次第お知らせしていきます。

ご期待ください。



投稿:N

2017.02.10

3学期の年長さん

3学期、年長さんは大忙しです。

先生は次々とお題をくれます。



縄跳び



マフラー編み



折り紙。



どんなことにも

「やってみたい!」と自分から取り組んでいます。

中には苦手なこともあります。

それでも頑張っている姿は

もうすぐ一年生になる力、もうすぐ花開く力を

どんどん蓄えているようです。

投稿:N

2017.02.08

冬の室内遊び

3学期になると、各お部屋には

1学期、2学期には無かった遊び道具が登場します。

先生はこうして、時々遊び道具を変えてくれています。



コマ、羽子板、カルタに

カードゲーム、パズル



カードゲームには必ずルールがあります。

ルールを守って勝負がつくから面白い。



でも、

「◯◯ちゃん、ここ!ここ!」

「◯◯くん、取っていいで!」

なんて、教えあって、優しい真ん中組さん(^^)



小さい組さんも立派に絵合わせで遊んでいます。

この1年に培って来たお友達同士の関係や

それぞれの子の成長があるからこそ

楽しめる遊びかもしれませんね。

投稿:N

2017.02.08

氷みつけた

キーンと冷えた日、

園庭に小さな氷を見つけました。

みんなの足跡さえもカチコチ。



氷をスコップですくって

カップに入れて、

ザクザクザク。



この日は、ほとんどのお友達がお部屋の中で

マフラー編みやコマ遊びをしていたから、

この氷を見つけたのは

ばら組の2人のお友達だけでした。



お部屋に持って行って、

みんなに見せてあげました。

「わぁ、冷たい」

先生が氷の絵本を読んでくれました。



その日、その日の子どもの発見を、

先生はしっかり見つけて

大きく膨らませてくれます。

「なんで氷ができたんやろ?」

「寒すぎてちゃう?」

「寒すぎて口からけむりが出た!」

「そのけむりな、湯気っていうんやで」

「湯気!」

ただただ単語を覚えるのではなく、

経験を通して、

お友達との会話を通して、

先生が教えてくれた言葉を

子どもたちは自分に刻んでいるようです。

投稿:N

2017.02.02

1月1歳児さん集まれ!②

文庫のお部屋を少し探索してから

先生とお母さんと手遊びを楽しんだり、

パネルシアターのお話を聞いたりしました。

IMG_6407

「ゾウさんがマスクした♪」

「コンコンクシャン」のお話、

「じゃがいも♪玉ねぎ♪」

「カレーライスの歌」のお話、

次々パネルに出てくるものを

「なんだなんだ?」と見ていました(^^)

パネルシアターが終わると、

せいろで出来立ての蒸しパンで おやつタイムです。

出来立てでとっても熱いので、

お母さんにふうふうしてもらって食べました。

IMG_6399

材料は国産うるち米の米粉の生地に

さつまいもと林檎が入っています。

この日は、たまたま園児さんたちの一年に一度の「蒸しパンクッキング」の日だったのですよ。

園児さんたちの蒸しパンは小麦でしたが、

こちらは米粉。

お母さん方も一口食べて「美味しいね」と話していらっしゃいました。

IMG_6409

美味しいものがあると会話も弾みます。

お家で、特にこの寒い季節、

お母さん一人で一日中お子さんと向き合っていると

ちょっと煮詰まった気持ちになりがちですが、

こうして、同じく子を持つお母さん同士が集まれば

楽しいひと時になりますね。

マナ・ハウスが完成したら、

今度はマナ・ハウスでこんな風に気軽に集いましょう。

可愛い小さな命が、

あなたと誰かを繋いでくれます。

「まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ」はこちらです

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

 

2017.02.02

1月の1歳児さん集まれ!①

今年最初の


マナ・ハウス開設前記念講座


「1歳児さん集まれ!みんなで茶話会」が開催されました。


寒い1月でも、たくさんの1歳児さんとお母さんが集まってくださいました。


IMG_6398

初めましての方もいるけれど、

わが子が興味を持ってハイハイして行く先で、

同じことに興味を持った子も居て、

そこでお母さん同士の会話も生まれます。

まるで、子どもがお母さん同士を引き合わせてくれているかのようでした(^^)

IMG_6400

この日は、まこと幼稚園の子たちが

ふだん使っている「文庫(ぶんこ)」のお部屋に

みんなで行ってみました。

初めての場所に、ちょっと困惑気味な子、

あちこち探索する子、

次々、絵本をお母さんに運ぶ子と

さまざまです(^^)

IMG_6401

少し読んだら、はい、次!

「え〜、もう読まないの?」

とお母さん(笑)

一緒に絵本を読もうと思ったのに〜ですね。

子育てには

なかなか思い通りにはいかないことも

「あるある」です(^^)

IMG_6402

みんなでお外を眺めて、

まだ1歳児さんなので、はっきり言葉はないけれど、

何だか通じ合っているみたい。

可愛い背中ですね(^^)

 

「まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ」はこちらです

→ https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

 

2017.02.02

蒸しパンクッキング

寒い寒い真冬に

毎年、蒸しパンクッキングをしています。

IMG_6408

園舎からも園庭からもよく見える

礼拝堂横の回廊の隅で、

先生が用意してくれたせいろから

ほわほわ湯気と

あま〜い香り。

IMG_6404

出来立てあつあつを

先生が運んでくれます。

せいろのすぐ横の

お日様が一番あたる場所で

みんな一例に椅子に腰かけて

はふはふ

ほおばる蒸しパン。

IMG_6403

中には

冬の代表、林檎と

春の代表、苺。

美味しいね(^^)

投稿:N

2017.01.30

マナ・ハウス 工事の様子

まこと幼稚園のすぐお隣に

今春に完成予定の、

子育てをする人が集う場所

manna houseマナ・ハウス。

内装工事の様子を見せていただきました。

IMG_6133

ここはキッチンになる場所。

窓が入りましたね。

ここで、時には食育の講座を、

時には季節の食べ物を簡単にお料理してみたり、

来所してくださる皆さんと楽しめたらと

考えています(^^)

 

IMG_6132

建物のまこと幼稚園側、

玄関になる部分です。

こちらも窓が入りました。

 

IMG_6131

室内の太陽光発電の配管の工事中。

内装工事、順調に進んでいます。

「まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ」はこちらです

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.01.28

お餅つき②

まこと幼稚園のお隣には

さくらキッズ保育園があります。

近頃ではなかなか間近で見ることの出来なくなった

お餅つきを

是非一緒に見てもらおうと

毎年さくらキッズ保育園のお友達に来てもらっています。

IMG_6086

さくらキッズのお友達も、

珍しいようで

じーっと見つめていました(^^)

お餅は保育園に持ち帰って食べてもらいました。

大人が力を合わせて作る様子、

お米からお餅に変わる様子を

自分の目で見たお餅は

きっと今まで食べたお餅と一味違ったことと思います。

 

IMG_6088

昨年までは、まことの子たちは

つきたてを直ぐにお部屋で味わっていましたが、

今年は近畿各地で流行しているノロウィルスの感染に留意して、

おうちに持ち帰って熱を入れて食べてもらうことにしました。

美味しい美味しいつきたてのやわらか〜いお餅が食べられないのはとても残念ですが、

袋にいれたお餅を

「おうちでみんなで食べる!」と

みんな嬉しそうに持ち帰ったそうです(^^)

それぞれのお家で

お家の人とお餅つきの話をしながら味わえるという

またいつもとは違う喜びを発見したようです。

何かマイナスに思えるようなことがあっても、

出来ることを出来るようにやり、

発想を変えることで

プラスになる。

これこそ知恵ですね。

投稿:N

2017.01.28

お餅つき①

お餅つきがありました。

朝、回廊にフリーの先生が用意してくれたせいろからは

ふわふわ湯気が。

IMG_6078

蒸し上がったあつあつの餅米を、

毎年お手伝いしてくれている父母の会本部のお母さん方が

よいしょよいしょと

臼の中に運んでくれると

子どもたちの心は一気に高鳴ります。

IMG_6085

湯気と一緒にたちのぼる餅米の香りにうっとり。

DSCF9336

お手伝いに来てくれたお父さんが

力強く杵を振り下ろすと

「よいしょ!」

「がんばれ!」

とかけ声をかけるみんな。

お米がつぶれ

だんだんと粘りが出て

お餅に変わっていく不思議に

見入っていました。

IMG_6087

年長さんは一人10回づつ

自分でつくことが出来ます。

杵の重さ、

つくとつるんと滑ったり、ぐにゃりとしたりする感覚、

用意して見守ってくれる

お母さんや先生の細やかな心くばりや温かさ、

お父さんの力強さや安心感、

お友達の大きな歓声。

また一つ、

子どもたちの中に

大切な思い出が出来たことでしょう。

投稿:N

2017.01.25

1歳児さん集まれとベビーマッサージ

ご好評いただいています、

「1歳児さん集まれ!」が1月31日(火)にあります。

この日は既に申し込みが定員に達しました。

気になるなぁという方は

是非2月の「1歳児さん集まれ!」の発表をお待ちくださいね。

IMG_1219

そして、2月3日(金)には、こちらもご好評いただいている

「助産師によるベビーマッサージ」があります。

こちらはまだお申し込み受付中です。

赤ちゃんの体をさすりながら、

歌いながらのベビーマッサージを

ぜひ覚えて帰ってください。

育児についての質問の時間もありますよ。

講師は助産師の窪さん。

窪さんに直接お話を聞くことができます。

IMG_0066

参加費は無料です。

お気軽にご参加ください。

向日市以外の方でもご参加いただけます。

時間は10時〜11時。

場所はまこと幼稚園内のもも組さんのお部屋です。

参加されたい方は

まこと幼稚園事務所まで直接お越しいただくか、

お電話をください。

まこと幼稚園 075-921-2229

 

「まこと幼稚園マナ・ハウスFacebookページ」はこちらです

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

 

2017.01.23

1月21日の作品展を終えて

子どもたちが作った「さくひんてん」の看板で、

保護者を迎えながら、作品展は始まりました。

IMG_5845

Nさんが作品の詳細をブログにアップしてるから、作品は

そこで見てください。どれも、子どもの内から湧いてくるものが

作品や絵になっています。その子らしい「いのち」の形ですね。

まこと幼稚園は、コンクールで賞をもらうことを目標に

作品を作りません。また、作品展も上手なものを展示するのでは

ありません。その子のうちから湧いてくるものを、その子が意図した形で表現できたものを、作品展に展示するのです。もちろん、その製作の過程は

ほったらかしではなく、上から指示させて、やらすのでもありません。

その子の意図をしっかり把握して、その過程でその子が大人の手を借りたいと願うことを手伝うのが先生の役目です。子どもたちの成長を形に表し、成長がさらに進むようという狙いをもって「いのち」の表現を、園児たちがしてゆくのに教諭たちは寄り添うのです。

IMG_5872

だから、褒める言葉は、「あなたの絵、あなたの作品、ママ大好きです」。

その作品が上手なことをほめるのでなく、あなたが好きなのです。

あなたのここにいることが好きなのです。上手なものを作ったり、描いたり

するあなたが良いのではなく、あなたの心で思ったことを一生懸命作った

あなたが好きなのです。

そこから自己肯定感が育ちます。子どもたちは私自身に自信が持てます。

IMG_5866

2020年大学入試改革があります。

その時に問われるのは、やる気、根気、そして、何よりも、

コミュニケーション能力です。その3つを支えるのが、この自信です。

内から湧いてくるものに自信を持つとき、やる気や根気、人とつながろう

とする力はでてきます。幼稚園しか培うことのできないことはないですが、

初めての社会と出会っている園児の時にするのがいいのです。

あなたのお子さんは豊かに育っています。安心してください。

園長 宮地健一

2017.01.22

作品展がありました*造形

作品展では、絵画の他にも

こどもたちの作ったたくさんの造形作品が並びます。

その中の

「冬」をテーマにしたお部屋を紹介します。

IMG_5862

年少組さんが作った氷柱と氷のブロックが

キラキラと作り出す氷の世界。

IMG_5856

壁には、年長さん作の、竹ひごと毛糸で作った

ふわふわ美しい色のタペストリーが並びます。

IMG_5860

お部屋の中央には

年中さんたちがみんなで一緒に作った、

絵本「てぶくろ」に出てくる

たくさんの動物たちが暖をとる、あの手袋。

IMG_5859

そして「てぶくろ」のお話しに出てくる色んな動物の中から

自分の好きな動物を作りました。

同じ「ふゆ」をテーマに

それぞれに作ったものを持ち寄ったら

こんなに素敵なお部屋が出来ました♪

どの年齢でも、

先生が用意してくれたたくさんの材料の中から、自分で

「ぼく、わたしは、これ!」と

自分で選んだ材料で作っています。

同じものは一つもありません。

自分で決めて

自分の中から出て来たものを表現する。

人と違う自分を認めてもらい、

また、自分のように、お友達も一人ひとりが違うこと、

違っていいんだということを知っていく。

絵を描いたり、物を作ったりする中で

それがみんなにとって当たり前になっているのが

素晴らしいなと思います。

それぞれの子がそれぞれの自分らしさを

素直に出せるよう

手助けし、見守る先生の素晴らしさにも気づく

まこと幼稚園の作品展です。

投稿:N

 

2017.01.22

作品展がありました*絵画

おうちの人に

自分の作品を見てもらえる

嬉しい嬉しい作品展。

ホールでは、絵画の展示。

みんなが描いた、可愛い可愛い絵がずらりと並びます。

年齢ごとに見てみましょう♪

2歳児さんは、自分が感じたものを自由に描いています。

「うさぎがぴょんぴょんしながらとんでるの」

「お母さんがしゃぼん玉いっぱいしてるの」

「まるがいっぱい まん中はけんたろうくん」

等など、題名を見ると、「なるほど〜」と思います。

IMG_5846

 

3歳児さんの絵は、2歳児さんより形がはっきり。

目鼻口に手足。

絵の具の色も使い分けています。

IMG_5852

 

4歳児さんになると、ぐっとまた成長が見えますね。

細かい描写にも挑んでいます。

IMG_5853

 

そして5歳児さん。

表現力がとても豊かになっていて驚きます。

IMG_5855

どの年齢の絵も、

画面いっぱい使って思い切り、

それぞれの年齢らしく、

無理がなくて、のびのび楽しく描いているのが伝わって来ますね。

投稿:N

 

2017.01.22

塩見先生 絵画講演会

作品展の前日、20日に

長年まこと幼稚園の絵画、造形を見てくださっている

塩見先生の講演会がありました。

DSCF9192

幼児期のお子さんの成長に“寄り添う”形の絵画の大切さを話してくださいました。

2歳には2歳らしい絵、

3歳には3歳らしい絵、

4歳には4歳、

5歳には5歳と、

それぞれの年齢の成長に合った、

楽しんで取り組める絵画、造形。

まこと幼稚園では、塩見先生のご指導のもと、

そのことをとても大事にしています。

IMG_0323

また、塩見先生からは、「非認知能力」のお話がありました。

非認知能力とはテストでは測れない、

コミュニケーション能力、やる気、集中力、協力、忍耐力、自己表現力のような能力のこと。

「上手な絵」を描くことが大事なのではなく、

絵画造形を通して、それぞれに自分の中にあるものを表現することが大事。

そして、そうやって自分の内にあるものを表現したら、

先生やお友達、おうちの人にほめてもらえたことでまた次に向かえます。

この褒める時は

「上手やな」という評価をするのではなく、

「大好き」、「きれいやね」という

「共感」をしてあげましょうと教えていただきました。

皆さん、どうぞ

「この絵、大好きやわ」と

たくさんほめてあげてくださいね。

かく言う、「上手ね」と言ってしまった私も、

きっと遅くはありません、これから

「◯◯ちゃんの描いた絵、お母さんは大好き」

と言います!(^^)

投稿:N

2017.01.20

「マナ・ハウス」 名前の由来

新しいまこと幼稚園の建物の名前です。

ハウスは、家で、居場所ですが、

マナとは、日本では、聞きなれない単語ですね。

でも、欧米では、多くの人々が知っている単語です。

紀元前千数百年前に、エジプトで奴隷にされていたイスラエル人が、

自由になるために、荒れ野に逃れたのです。

もちろん、荒れ野には食べ物もなりません。

飢えて、彷徨っている民に、

天から与えられた「いのち」の糧がマナなのです。

IMG_5697

マナは「いのちのパン」と呼ばれます。

この意味を踏まえて、この建物をマナ・ハウスと、

まこと幼稚園は名付けたのです。

マナ・ハウスはいのちを育むところという意味です。
いのちを育む人が集う場所がマナ・ハウスです。

特に、神から与えられたいのちを大事に育てようとしているお母さんやお父さんは大歓迎です。

だから、子育て支援センターでもあります。

マナ・ハウスは育児で悩んでいる親御さんに寄り添い、

ともにいのちの成長を見守っていく場所にもなります。

親として、自分自身もさらに成長したいと願っている人には

学んだり、話し合ったりする場所にもなります。

IMG_5703

もちろん、神から贈られた自分のいのちを健やかに育てようとする人も、集ってください。

自分が本来の自分へと成長してゆくことを願い、学んでゆけます。

そのための講座や集まりがあります。

また、現代人の憩いの場でもあります。

現代人は、日々ストレスにさらされています。

ストレスから解放される場にも、マナ・ハウスはなりたいのです。

IMG_5700

だから、いのちを育もうとしている人なら、どなたでも来てください。

年齢不問。

いろいろな世代が交流する場になるでしょう。

そのために、各種の催しが考えられています。

愛する者のいのちや自分自身のいのちを育もうとする人が集う場こそがマナ・ハウスです。

荒れ野で、神がイスラエルの民を育んでくださったように、

この場で、本当の「いのち」と向き合いましょう。

園長

2017.01.20

ステンドグラス

マナ・ハウスの窓に入る

ステンドグラスが出来たのだそうで、

写真を見せていただきました。

IMG_5666

それぞれ、

天使、ベネディクト、10月の仕事

の絵です。

ベネディクトとは、キリスト教の修道院の基礎を築いた聖人です。


10月の仕事は、収穫の前を描いたもの。


この三つにうちの一つは

マナ・ハウスの入り口側の2階部分、

今、ブルーシートがかかっているところに入る予定です。

IMG_5667

あとの2つは2階の室内の窓に入ります。

ステンドグラスの作家さん、黒田智子さんが作ってくださいました。

来週辺りには実物が到着する予定だそうですよ。

ステンドグラスはその時々の光によって

見え方が変わりますよね。

色んな光を見せてくれるであろうステンドグラスの表情、

楽しみですね!

投稿:N

2017.01.11

それぞれの遊び

3学期がはじまりました。

「大きくなったね」

「冬休みはこんなだった」

「◯◯が出来るようになった」

そんな会話が嬉しいです。

子どもたちは

寒くても元気いっぱいです。

IMG_5388

にぎやかな園庭を

上から見てみると、

大縄跳び、羽子板、しっぽ取り、ドッジボール、逆上がり、うんてい、登り棒、砂場遊び、こま、

色んな遊びをしています。

同じ遊びが好きなお友だち同士が集まって、

それぞれに遊んでいます。

この、一見バラバラなようで、

実はすごく秩序を保って遊んでいるみんなの姿を見るたびに、

まことらしいなぁ、すごいなぁと感心します。

小さな園庭で、

別の遊びをしているお友だちと揉めることなく、

別の遊びも尊重しながら遊んでいます。

3学期の園庭は、一年の遊びで養われた

みんななバランス感覚の集大成のようにさえも思えます。

日々の遊びの最中の小さな揉め事の度に

思いを伝えたり、

話し合ったり、

きっと色々あっての今です。

 

IMG_5373

「ゆうびんやさん、お入んなさい♪」

歌いながら大縄跳び。

「わぁ、もうすぐや、ドキドキする」

と言いながら待つお友だち。

そのすぐ横では羽子板としっぽ取り。

 

IMG_5381

陽だまりでコマ回し。

上手に回せたコマが

台から落ちないように、紐でつんつん。

同じにぎやかな園庭なのに、

まったりコマ回しを楽しめるのも

邪魔が入らないから。

 

自分で「これをして遊ぶ」と決めた遊びを、

同じ遊びをするお友だちと一緒に

ルールを守りながら、

別の遊びをしているお友だちも気にかけながら、

全力で楽しんでいるみんなの姿は

生きる力溢れています。

投稿:N

2017.01.06

「まこと幼稚園 マナハウス 」Facebookページ

始業式は10日ですが、

今日は預かり保育とMAKOTO KIDSがありました。

IMG_5118

園には久しぶりに可愛い声が。

寒い中ですが、たくさんのお友達が集まってくれて、

元気いっぱい遊びました。

 

MAKOTO KIDSのお友達をホールに迎えながら、

先生方が、ホール前からよく見えるマナ・ハウスの屋根を見つめながら

「マナ・ハウスの中、見たいなぁ〜」

とおっしゃっていました(^^)

マナ・ハウスの建築中の様子は、

この「窓を開ければ」にも時々書いていますが、

マナ・ハウス専用のFacebookページがあり、

そちらも少しずつ更新中です。

Facebookを利用されている方は、ページ自体に「いいね」をしてくだされば

更新される度に、自分のページからマナ・ハウスのページを見ることが出来ます。

もちろん、ページにいいねしなくても、毎回検索していただいても見られます。

ページの名前は「まこと幼稚園 マナハウス(manma house)」です。

アドレスは

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

です。

まこと幼稚園ホームページの右上の

「f  manma house」のアイコンからもご覧になれます。

どうぞご覧ください。

投稿:N

2017.01.06

締めくくりの三学期が始まる

2017年がやって来ました。

昨年も、神様に守られて歩めたことを嬉しく思っています。

IMG_5110

締めくくりの3学期です。

一年の成長が、お子さんの中に見えるときです。

「作品展」、「飛び出せ子どもたち」

などの行事の中で、

子どもたちの成長がはっきり現れます。

IMG_5111

作品展では絵画や制作で表現される筆遣いや色彩感覚も、もちろんですが、

思いっきり自分の思いを表現できる力、

集中力もはっきり分かります。

作品を熱心に見てくださり、話題にしてくだされば、また、子どもの成長へとつながります。

IMG_5113

「飛び出せ」もそうです。

日頃は見えないものが、「見える化」されるのが幼稚園の行事です。

お子さんの中に、成長してきた魂の姿を味わう3学期にしてくだされば嬉しいです。

年長さんの保護者にとっては、

お子さんの3年間を振り返り、

その成長を味わう学期になります。

あの膝に抱かれて、入園した子が、

自分で劇の筋を考え、歌を選び、踊り、衣装を作る「飛び出せ」が

できるようになるのです。

いのちの成長を見ていると、うれしくなってきます。

親御さんの温かい見守りが、

生み出した成長の姿です。

しっかりと味わってください。

園長

2016.12.22

屋根

園の2階からは、

manna houseの屋根の工事がよ〜く見えます。

IMG_4836

ホールの前の踊り場から。

 

IMG_4837

真ん中組さんのお部屋前の廊下の手洗い場から。

 

先生と子どもたちは

「あ、今日はこんなしてはる」

「断熱材やな、丁寧にしてはるなぁ」

「わぁー、この職人さん、1人でここまでしはった!」

「寒くても頑張ってはるな」

「すごいなぁ〜」

と、通りかかるたびに見て感心しているそうです。

屋根の工事をこんな近くから、

しかも毎日工程を見られる、

子どもたちは

レアな体験をさせていただいていますよ(^^)

投稿:N

2016.12.22

柚子のジャム

園庭に

ほんわり柚子の

い~いにおい。

お隣りのmanna houseのお庭のめぐみをいただきました。

柚子写真

コトコトコト。

先生が園庭の隅で柚子ジャムを作っています。

DSCF9164

いい香りに誘われて、

遊んでいた子たちが

なんだなんだ?と集まってきます。

苦みが出ないように、

先生はしっかりわたを取り、

ゆでこぼしをしてくれました。

先生が、いい匂いをさせながら丁寧につくってくれた柚子ジャム。

小さなホットケーキにのせて

ひとりひとつ 食べました。

DSCF9169

「美味し~い❤」

「あま~い❤」

「おかわりした~い❤」

とみんな(^^)

自然のものを、

自分を思ってくれる人に調理してもらって、

冷たい風は吹くけれど、そこにのぼる湯気を見て、

優しく漂う香りをかいで、

ひなたの温かさの中で食べた

美味しい美味しい柚子ジャムホットケーキ。

隣りには大好きなおともだち。

最高に幸せな冬の思い出になることでしょう。

おおきくなって、柚子の香りをかいだら

思い出してね。

投稿:N

 

2016.12.21

2学期 終業式

運動会に、遠足、お芋掘り、

こどもまつり、クリスマス。

たくさんの楽しい行事がいっぱいだった2学期も

今日で終了。

幼稚園では終業式と先生たちによるお楽しみ会がありました。

IMG_4810

楽器の演奏、歌にダンス、サンタさんの劇、

盛りだくさんな、先生たちの愛溢れる出し物に、

みんなのお顔がキラキラ輝いていました。

 

1学期、

はじめての幼稚園、はじめての保育室、はじめてのお友達や先生、

たくさんのはじめてに慣れ、

みんな自分の好きな遊びを探していましたね。

夏休みにぐんと成長し、

2学期は、

「自分の居場所」となったまことで、

お友達や先生と一緒になって

思いきり毎日を楽しむみんなの姿を

たくさん見られました。

クリスマス礼拝では、自分のことだけではなく、

知らないところにいるお友達のことにも

思いを寄せました。

この2学期で、まことのみんなは

体も心も、

またいっぱい成長しました。

3学期にまた会える日まで、

クリスマスにお正月と

家族で迎える楽しい日がありますね。

みんなのクリスマスとお正月がよいものでありますように。

3学期、みんなが元気に登園してくるのを

楽しみに待っています!

クリスマスおめでとう!よいお年をお迎えください。

IMG_4809

投稿:N

 

 

 

2016.12.14

クリスマス礼拝

昨日と今日は、星組さんと雪組さんに分かれて

クリスマス礼拝でした。

子どもたちは今日までに

先生からクリスマスのお話を聞いて

クリスマスを楽しみにし、

クリスマス礼拝で披露する、

歌によるキリスト降誕劇の練習をしてきました。

年中さんはマリア、ヨセフ、羊飼い、

年長さんは天使、星、博士、宿屋、

と、まこと幼稚園では

それぞれ子どもたちが自分で決めた

自分がなりたい役になるんですよ。

そして、年少さんはみーんな可愛い羊さんです(^^)

IMG_4532

クリスマス礼拝は

真っ暗な礼拝堂の中央の通路に

ただ ろうそくの灯りだけを灯し、

そこへ向かい合って子どもたちが座ります。

そして更にその周りを囲んで、お父さんお母さんが座ります。

まるでお腹の中にいた頃のような

まっ暗な礼拝堂で

ろうそくの灯りを見つめ

お父さんお母さんの歌声に包まれる幸せ、

子どもたちは

言葉にならない喜びを感じていたことでしょう。

 

「クリスマスとは、

たった一人の小さな小さな赤ちゃんである

キリストが生まれたことをお祝いする日。

キリストと同じように、

この世に生まれたこどもみんなが

神さまの子であることを思い出す日。」

みんなが神さまの子で幸せなはずなのに、

そうでないお友達がいる。

苦しんでいる人、

困っている人、

さびしい思いをしている人、

家族がバラバラになってしまっている人。

そんなお友達に

子どもたちは、自分のお心を献金箱に入れて

捧げてくれました。

IMG_4531

誰かに優しくできた時、

何か出来るようになった時、

楽しい気持ちや嬉しい気持ちと一緒に

献金を貯めてきました。

この献金は、

ヨーロッパへ難民として行かなければならなくなった人たちのため、

福島の子どもたちの母子留学のため、

熊本地震で被災した子どもたちのために

使っていただきます。

子どもと共にこの献金にご協力くださったお家の皆さん、ありがとうございました。

 

IMG_4420

子どもたちの温かく優しいお心が

暗い闇の中に灯りを灯し、

その灯りが世界を変えてゆけますように。

皆さん、クリスマスおめでとうございます。

投稿:N

 

2016.12.12

卒園児の献金箱

まこと幼稚園のクリスマス礼拝は、12月13日14日です。

それに間に合うように、卒園児がこんな献金箱を持ってきてくれました。

DSCF9161 DSCF9160

幼稚園の時に、思い思いの献金箱を作り、家のお手伝いをして貰ったお小遣いを

そこに入れて、世界の恵まれない子にサンタさんに持っていてもらうために、礼拝で神さまに

捧げるのです。温かいお心が詰まった献金箱と幼稚園では子どもたちに伝えます。

小5になった卒園児が自ら作って持ってきてくれたのです。嬉しい限りです。

今年は、難民の子たち、放射能に不安を覚える福島のお母さんと子ども、そして

熊本地震で被災した子どもたちのために使います。みんなの温かい心をサンタさんが届けてくれると

礼拝では伝えているのです。それを覚えてくれていたのです。こんな心が育っていけば、社会は

よくなります。自分のものを割いて、他者に与える精神は世界を豊かにしてゆきます。

今年、就職した卒園児も、毎年、教会の燭火礼拝に献金箱を持ってきてくれます。

優しい卒園児に触れるたびに、まこと幼稚園の園長でよかったと思うのです。

みんなで、子供たちの心が育つのをしっかりと見守ってゆきましょう。

園長 宮地健一

2016.12.08

実りを見る幸せ

年長の先生が

「子どもたちに柚子を描いてもらおうと思って(^^)」と、

manna houseのお庭に柚子をもらいに行きました。

IMG_4298

只今、工事の真っ最中、

お庭はまだ整備されていませんが、

秋の実りがたくさんでした。

柚子、はっさく、きんかん。

IMG_4300

たくさんの実りに

先生と「わぁ〜、夢みたい〜」と喜び合いました。

写真ではうまく伝わりませんが、

本当に、夢のようにたくさんの実が、

青く高い空と美しい緑の葉の中に点々と実っている姿は

ただそれだけで心が清々しくなります。

園長先生も

「幸せな気分ですね。

来年manna houseが完成してからが またもっと楽しみです。

来てくれた人たちと共に楽しみましょうね」

と微笑まれていました。

IMG_4301

この素晴らしい実りを見せてくれる木も

もとは一つの種から育った苗木だったなんて、

考えて見ると不思議です。

大地の栄養とお日様、手入れしてくれる人がいて、

必ず実りはある。

子育ても同じですと、園長先生はいつもおっしゃいます。

環境を整え用意し、子どもという芽をみんなで育てていきましょう。

いつか実りを見せてくれる日を思い、

また、時々、これまでの成長を振り返り 喜び合いながら。

投稿:N

2016.12.05

manna house 屋根が出来ました

建設中のmanna houseに屋根が出来ました。

屋根が出来ると

ぐんと完成に近づいて来たような気がして

嬉しいですね。

DSCF9130DSCF9122

京都府内産の木材を使用しています。(内部に入るとひのきのいい香りです。)

雨風をしのぎ、

このmanna houseに集う人々を

しっかりと守ってくれることでしょう。

投稿:N

 

2016.12.05

manna house の香り

建設中のmanna house

IMG_4139

建物の横を通ると、

ふんわりと

木のいい香りが漂います。

「公募型京都府木のまちづくり推進事業」という制度を利用し、

京都府内産の杉や檜を使用しています。

道行く人が足を止めて

建物を見上げて行きます。

皆さん、ここはmanna house(マナ・ハウス)です。

木の香りが包む中、

子育てをする母子を支える場所、

地域の人が集う場所、

優しさと笑顔の溢れる場所になりますよ。

楽しみにしていてくださいね。

投稿:N

2016.12.03

卒園児さんたち また来てね❤︎

「砂場、入っていいの⁉︎」

卒園児さんが幼稚園に入るなり、先生に聞きに来てくれました。

「もちろん、いいよ」

IMG_4135

みんな夢中で遊んでいます。

IMG_4131

まこと幼稚園の砂場は

本当に魅力がいっぱい。

掘っても掘っても砂、

シャベルも とゆも 水もある。

小学校になると

習い事があったり、

遊べる日でも、公園には色んな制約があったりで、

思う存分遊べることは少なくなるのかもしれません。

こんなに自由に、安全に遊べるって

嬉しいでしょうね。

IMG_4136

幼稚園の頃は苦手だったドッジボール、

だいぶ上手になっています。

先生も感心していました。

 

楽しかった卒園児クリスマス、

もっともっと遊びたいけれど、今日はもうおしまい。

卒園児さんたち、

また遊びに来てね。

また先生たちにいっぱいお話聞かせてね。

IMG_4137

投稿:N

2016.12.03

卒園児クリスマス3年生

3年生は全員ホールへ。

3年生も1人1人自分の名前と好きな教科を発表しました。

IMG_4038

ちがう小学校に行って離れていたお友達のことも思い出した後、

みんなでチーム対抗のゲームをしました。

IMG_4068

新聞をちぎって、どこのチームが一番長く出来るかのゲームです。

向陽小男子チーム、向陽小女子チーム、

3向チーム、5向チーム、

ミックス1チーム、ミックス2チームで競います。

はじめは女の子がてきぱき動き、

男の子は遠巻きに見ている子もいましたが、

だんだんと要領を得て、

IMG_4089

「俺ちぎるわ!」

「貼って来る!」

と、それぞれ自分の出来ることをして

力を合わせはじめたら、

それはもう真剣です。

こんなにひとつの遊びに真剣になれる

まことの子たち。

真っ直ぐで素敵です。

IMG_4146

どのチームも長〜く繋げることが出来、

ホールの外まで行くほどです。

それでも、途中でちぎれてしまったらそこまで。

結果は向陽小男子が1位。

ちぎれてしまったチームの悔しそうなこと、悔しそうなこと。

真剣にやったから悔しいんですよね。

1位になれなかったお友達、またお家でもやってみてね(^^)

最後に、先生たちが

「3年生は、元気な学年だったから、

もしかしたら、お話聞きや!とか、怒らなあかんこともあるのかなぁ〜なんて

話していたの(笑)

けど、今日はみんな、人のお話をしっかり聞いて、

ゲームもいいチームワークで協力して出来て、

先生、とっても良いクリスマスでした!

みんな、小学校でも立派な3年生をしているんだなってわかったよ(^^)」

と感想を話してくれました。

元気いっぱいだけど、やる時はやる3年生、

立派に成長しているみんなの姿が見られて

本当に嬉しい先生たちです。

投稿:N

2016.12.03

卒園児クリスマス1年生

礼拝が終わったら、

1年生は年長さんだった時のお部屋へ。

久しぶりに集まる懐かしいお部屋。

1人づつ、小学校でのことを話していきます。

IMG_4145

「カレーが好き!」

「中間休みが好き!」

「担任の先生は優しいけど、怒ると怖いで!」

お友達の話を聞いたり、

小学校ではこんなやで!と先生とお話したり、

とっても楽しそうです。

IMG_4144

すみれ組さんでは、

「前に出て話そうか」

先生がそう言うと、

前に出てきてストン。

先生の膝に座るみんな。

IMG_4142

「座りって言ったわけじゃないんですよ(*^^*)」

と嬉しそうに笑う先生。

幼稚園に居た頃、月のお誕生会の特別な時には

みんな、1人ひとり先生のお膝に乗って

お母さんからのお手紙を

読んでもらいました。

その時と同じく、

今日は

「大きくなった自分」を発表する日

だったのでしょうね。

先生、とっても幸せなお顔でした(^^)

そしてみんなはとっても誇らしそうなお顔でした。

子どもの成長を見れる幸せ、

成長を喜んでもらえる幸せ、

今日は素敵な卒園児クリスマス。

投稿:N

2016.12.03

卒園児クリスマス

今日はまこと幼稚園を卒園して行った

今年1年生と3年生のお友達が集まる

卒園児クリスマスでした。

「大きくなったね」

「また会えて嬉しいよ」

先生に声をかけてもらって

みんなくすぐったそうに笑っていました(^^)

礼拝堂ではクリスマスの礼拝。

IMG_4143

「クリスマスはキリストが生まれた日やなぁ」

園長先生の語りかけに

「うん!」

大きく返事をしてうなずくみんな。

「神様はみんなを守ってくれているよ。

正しいことは正しいと言おう。

まちがっていることはまちがっていると言おう。

人に優しくしよう。

みんながそのことをして行けば、世界は良くなるよ。

それがクリスマスです。」

園長先生が話してくださいました。

IMG_4141

先生たちからのクリスマス劇のプレゼントも見せてもらいました。

マリアさん、ヨセフさん、羊飼いさん、お星さん、宿屋さん、博士さん、

幼稚園の時のクリスマス礼拝で

自分がやっていた役の部分が来ると

みんなすらすらと歌を歌います。

卒園してもクリスマス礼拝のこと、覚えているんですね(^^)

投稿:N

2016.11.20

芸術の秋

運動会にお芋掘りに、たくさんの行事がある秋、

楽しかった思い出を

絵に描いています

IMG_3740

行事の後に

こども達の中に残ったものを

先生が引き出してくれます。

芋掘りの絵本を

みんなで見て

お芋掘りの日をおもい出したり

IMG_3742

お芋掘りの時にもらって来た

さつま芋のツルで

長さ比べをして遊んでみたり

IMG_3743

実際にお芋を見て、

どんな色?

どんな形?

あ、おヒゲがあるねと

観察もしました。

芋掘りのこと、さつま芋のこと、

思いが膨らんできて、

それをこども達は夢中で紙に描いていきます。

さてさて、

どんな絵が出来上がっているでしょうね!

3学期の作品展で見られるのが

今から楽しみですね!

投稿:N

2016.11.12

秋の遠足

秋、こども達は遠足やお芋掘りをたのしんでいます。


IMG_3734

丹波自然公園の遠足、

「12月初旬の気温、寒いです。と天気予報で言われ続けていましたが…
行ってみたら、晴れ間も多く、更に貸し切り状態で、大きい滑り台の遊具に、年少さんも遊びに行けました。

どんぐりもいっぱいあり、ほんとに楽しい遠足でした。」

とK先生がおしえてくださいました。

IMG_3736

まことの子たちは

春には春を、夏には夏を、秋には秋を

その時々の季節を

思う存分楽しんでいます。

投稿:N

 

2016.11.11

たわわに実った柘榴(ざくろ)

上棟式を終えて、

庭を見てみると

DSCF9027

ザクロの実がなっていました。

早速、子どもたちにと収穫です。

見てくれは悪いですが、割れば鮮やかな赤です。

DSCF9028

預かりの子どもたちと一粒でしたが、食べてみると

甘酸っぱさが口に広がりました。

マナハウスができたら、みんなで収穫できれば

うれしいですね。

神様が人のために作られた木々の実を秋に

楽しむ贅沢を味わいたいですね。

園長

2016.11.10

manna house 上棟式

マナ・ハウス(manna house )に

待ちに待っていたヒノキの柱が立ちました。

牧師である園長先生と共に

神様に 工事の無事を祈り、

ここに集う人々が愛ある交流ができることを祈り、

無事に上棟式を行うことが出来ました。

IMG_3497

棟の中には

木のいい香りが漂います。

京都府産の杉と檜を使っています。

IMG_3493

木であふれるまちづくりを京都産の木を使ってやっていこうという「公募型京都府木のまちづくり推進事業」という制度を利用しました。

西山の自然と親子が触れる場所というマナハウスのひとつのコンセプトにも、ふさわしいので、この趣旨に共感して、応募したのです。ヒノキの香り豊かな場所での上棟式になって嬉しかったです。

IMG_3494

まこと幼稚園と、勝山中学校の間に姿を表したこの建物を

道行く人が見上げて立ちどまります。

小学生も中学生も興味津々です(^^)

この場所が、地域の皆さんに親しまれる

素晴らしい場所となりますように。

来春の完成がとても待ち遠しいですね!

投稿:N

2016.11.09

絵本のこぐま社 吉井さん講演会

マナ・ハウス開設前記念講演会

「絵本の力・言葉の力 子どもの心を育むもの」

の講演会を開催しました。

IMG_3471

マナ・ハウス開設前記念講演会

「絵本の力・言葉の力  子どもの心を育むもの」

の講演会を開催しました。

たくさんの素晴らしい絵本を発行していらっしゃる

「こぐま社」の吉井さんに来ていただきました。

絵本が大好きなお母さんや

子どもにはどんな絵本を読んであげだらいいのかな?

というお母さんが集まってくださいました。

IMG_3502

活字離れが進んでいる昨今、

テレビやネットから得られる知識は実にたくさんあります。

しかし、絵本には、そう言ったものからは生まれないものがたくさん詰まっていると

吉井さんは教えてくださいました。

スキンシップやアイコンタクト、

心が動き、人の気持ちや痛みがわかるということ、

コミュニケーション能力や想像力が豊かになるということ、

目には見えにくいけれど

子どもの発達に必要なものが

絵本の読み聞かせに

たくさんたくさん詰まっているのですね。

IMG_3501

講演会終了後も、絵本について、読み聞かせについて、

皆さん熱心に吉井さんからお話を聞いていらっしゃいました。

集まってくださった皆さん、吉井さんのお話、とてもいいお話でしたね(^^)

私も絵本の読み聞かせの力を

改めて知る、いい機会になりました。

吉井さん、ありがとうございました!

マナ・ハウスでは、

お母さん方の子育てが楽しくなる講座を

これからも企画して行きます。

どうぞお楽しみに!

投稿:N

2016.11.04

11月11日は「0歳児遊ぼう!」

manna・house 開設前記念連続講座 第7回。

好評な1歳児さん集まれ、

その0歳児さん向けのお集まりが11日にありますよ。
0歳児さんたち、広いお部屋をハイハイしましょう!

楽しく手遊び、絵本の読み聞かせ。

お母さんもお子さんも、交流の場にしてくださいね。
子育ての専門家もいますよ。

参加費無料です。

0歳児の保護者の方、どなた様もお気軽にお申込みください(^^)

また、0歳児のお友達がいる方は

0歳児さんの保護者の方にこの情報をおしえてあげてくださいね
お申込みは、まこと幼稚園へ 075-921-2229

IMG_2459

11月11日・25日チラシ

投稿:N

2016.11.03

こどもまつり とは

「幼稚園のブログ、見てます」と

来春入園予定のお母さんにお声かけいただきました。

在園児さん以外の方にとって、

「こどもまつり」は謎のイベント。

私も、息子が入園するまでは、11月3日に盛り上がっているまこと幼稚園を

西門から見ては

「なんだか楽しそうだけど、

なんだ?」

と思っていました。

今日も西門前を通る中学生がなんだ?なんだ?と見ていました(^^)

ちょっと紹介します。

IMG_3337

まこと幼稚園のこどもまつりは

まことのお父さん、お母さん、先生が

在園時さんの為に作る

一日限りのおまつりです。

各保育室が、色んなコーナーに大変身します。

遊びコーナーに、制作コーナー、釣りごっこコーナー、お買い物ごっこコーナー。

こども達は特別な一日を楽しみます。

IMG_3209

礼拝堂では、絵本大好きなみんなの為に、

「文庫」の皆さんが劇を。

 

IMG_3327

園庭では、「バンド」さんが、園児が大好きな歌やダンスを。

 

IMG_3258

「パパボラ」コーナーには巨大な迷路やロッククライミング、的当ても。

園の大階段は、前夜から まるまる滑り台に大変身!!

 

IMG_3281

先生が用意してくれる「木工」コーナー、

普段はなかなかお家で出来ない釘打ち体験です。

木工が大好きで、一日、ここに居るお子さんも。

他も見てよと、親は思ってしまいますが、

「どんなことでも、こどもがコレ!と決めて楽しめれば、こどもまつりはそれでOKなんですよ(^^)」と主任の先生は言います。

そうですね、真に楽しめることがその子に与える影響の大きさは計り知れません。

 

この、お父さん、お母さん、先生の集大成は

この日のうちに跡形もなく無くなります。

「すごくよく出来てるから、しばらくそのままにしては?」

とおっしゃってくださる保護者の方もいらっしゃいますが、

この、突如として現れ、跡形もなく消える、

その事にも意味があるのだと園長先生はおっしゃっいます。

「人生の一瞬一瞬を、その時を

しっかり味わうこと、

昨日とは違う自分になれること、

変わっていく、変わっていける自分がいるということ、

それが人間の幸せかもしれませんね」

このおまつりに携わった人は

その幸せを味わうことでしょう。

投稿:N

2016.11.03

11月3日 こどもまつり

IMG_3365

今日は11月3日。

11月3日と言えば、まこと幼稚園は「こどもまつり」

在園児はもちろん、卒園児も、この日を楽しみにしています。

IMG_3322

今日もたくさんの卒園児さん達が遊びに来てくれました。

IMG_3321

「こどもまつりって卒園してからも行っていいんですよね?」

「11月3日の10時からであってる?」

卒園児のお母さんが言っていました。

はい、こどもまつりは日曜日に当たる年以外は必ず11月3日です。

時間は10時から。

卒園児さんはいくつになっても入ってOKです。

まこと幼稚園はもうすぐ80歳。

時々、大人になった卒園児さんや、中学生になった卒園児さんも、懐かしいなぁ〜とやって来るそうですよ(^^)

卒園児のお母さんがこどもを連れて来て、お母さん同士、手を取り合って再開を喜んでいる姿も見かけます。

在園時さん、在園時さんのお母さん、ずっと覚えていてくださいね、まことのこどもまつりは毎年11月3日です。

先生たちもみんなに会えるのを楽しみに待っています。

IMG_3247

投稿:N

2016.11.02

明日は「こどもまつり」

まこと幼稚園は毎年11月3日は

「こどもまつり」。

まことのお父さんお母さん、先生方が、

ただただ「まことのこども達の喜び」のために

みんなで作る一日。

IMG_1902(撮影 2015年)

この日の為に、今年も春に

お母さんお父さんの有志がたくさん集まりました。

まつりの運営やコーナーの準備をする「こどもまつり」、

こども達が大好きな、絵本を題材に劇をする「文庫」、

運動会や普段の園活動で馴染みのある歌やダンスを演奏する「まことバンド」、

パパが集まって一つの遊びのお部屋を作る「パパボラ」、

それぞれ準備を進めてくださいました。

当日、各コーナーにお手伝いとして入ってくださる保護者の皆さんもたくさんです。

ありがとうございます!

IMG_1969(撮影 2015年)

このまつりでは、お父さん、お母さん、先生の「作品」が見られます。

小物を作ったり、絵を描いたり、演劇に歌やダンス、大掛かりなセットや大滑り台!

まるで「文化祭」です(^^)

「学生に返って文化祭をしたみたい!楽しかった!」

こどもまつりを作る側を経験したお母さんが言っていました。

IMG_1975(撮影 2015年)

こどもが楽しむことはもちろん、

お父さんお母さんもきっと自分を出し切って楽しんでくれています。

そんなお父さん、お母さん、先生の姿を

こども達はよ〜く見ていますよ。

誰かの為に一生懸命になると言うこと、

今を楽しむと言うこと、

ことばは無くても

感じていることでしょう。

皆さんが心を込めて作り上げた明日のこどもまつり本番、楽しみです!(^^)

投稿:N

 

2016.10.29

11月の講演会は「絵本の力」です

子育て支援センター「マナ・ハウス manna house」開設前記念連続講座の11月の講演会は

「絵本の力・ことばの力  子どもの心を育むもの」

と題しまして、

こぐま社専務取締役の吉井 康文さんに講演をしていただきます。

絵本を通して、子どもの興味や心がどんな風に動くのか、

その上で、子どもの成長を支えるとは何かを教えていただきましょう。

絵本好きの方にもたまらないお話の数々!

お誘い合わせの上、是非お越しください。

1歳6ヵ月以上のお子さんの無料託児もあります。

保育人数に限りがありますので、保育をご希望の方はまこと幼稚園までお問い合わせください。

保育ご希望ではない方はお申し込みの必要はございません。当日、直接おいでください。

まこと幼稚園 075-921-2229

IMG_3064

11月講座・絵本の力

〈吉井康文さん プロフィール〉

1958年大阪に生まれる。中学時代より絵本に興味を持ち、関西学院大学卒業後、書籍取次店を経て現在こぐま社専務取締役。その傍、講演会や絵本研究会の講師も務める。また、幼稚園でも、子どもたちに絵本の読み聞かせを行なっている。東京在住。

 

2016.10.29

10月 1歳児集まれ!「みんなで茶話会2」

まこと幼稚園・向日町教会 の創立80周年記念事業である、

子育て支援センター「マナ・ハウス manna house」解説前記念連続講座の

1歳児集まれ!「みんなで茶話会No.2」。

28日、たくさんの1歳児さんとお母さんが集まりました。

IMG_3058

お休みで空いているもも組さんのお部屋や

幼稚園のホールで

室内遊具を使って元気いっぱい遊んだり、

IMG_3057

みんなで一緒に

先生が手作りしてくれたお菓子を食べて

ゆったりと過ごしました。

IMG_3056

こどもを遊ばせながら、

お母さん同士でこどもの話をしたり、

先生と育児の話をしたり。

お家でたった一人でお子さんと向き合う時間とは

また違った時間を過ごせたのではないでしょうか。

マナ・ハウスmanna house が出来上がったら、

こんな風に、子育て中のお母さんとお子さんが

気軽に集い、気持ちを共有できる場となること、

ほっこりしたり、

気持ちが軽くなったり、

元気をあげたりもらったりできる場となることを、

園長先生並びにmanna houseのスタッフは願っています。

こどもは宝物。

こどもの命を健全に育もうと思う全ての人の願いもまた宝物です。

次回の「1歳児集まれ!」は11月25日です。

11月11日には「0歳児遊ぼう!」もあります。

予約制ですので、参加ご希望の方は

まこと幼稚園の事務所 075-921-2229

までご連絡ください。

お待ちしています。

IMG_2454

11月11日・25日チラシ

 

投稿:N

 

2016.10.18

今月の「ベビーマッサージ」と「1歳児さん集まれ」のお知らせ

先月、ご好評いただきました

マナ・ハウス(manna house )開設前記念連続講座の

「ベビーマッサージ」と「1歳児さん集まれ!」

10月の講座がもうすぐあります。

どちらも予約制です。

参加ご希望の方は、まこと幼稚園事務所までご連絡ください。

まこと幼稚園 075-921-2229

お問い合わせいただいた時点で、既に定員に達している場合はご了承ください。

IMG_2456

ベビーマッサージ10月チラシ

 

IMG_2453

10月28日 1才児さん集まれ

 

また、11月の0歳児さん遊ぼうと1歳児さん集まれも下記の通り日程が決ま決まっていますので、

合わせてご予約をお待ちしております。

IMG_2459

IMG_2458

11月11日・25日チラシ

それぞれの写真の下の青い文字を選択すると拡大したチラシの画像が見られます。

投稿:N

 

2016.10.14

この小さな宝箱

主任の先生が

「まことの運動会でいつも思うのは、

来てくれたお家の皆さん、

先生方、

お友達、

みんながぐるりと園庭を囲んで

今、晴れ舞台に立つ子どもたちを

あたたかく包んでいるということです。

なんとも言えない優しいあたたかい雰囲気が大好きです。」

とおっしゃいました。

IMG_2079

二階から見ると

それはさながら宝石箱です。

子どもたちのパワーが

愛と優しさに包まれて

キラキラ輝いています。

IMG_2178

運動会の当日にも、主任の先生が何度もお話されていたように、

まこと幼稚園の園庭は

そんなに広くありません。

どちらかというと狭いかもしれません。

入場も退場も、観客席のすぐ横から。

リレーをすると、撮影しているお父さんお母さんが足を引っ込めてくれるくらいに

すぐ間近を子どもたちが駆け抜けます。

しかし、幼稚園を卒園してわかることがあるんです、

この、まこと幼稚園での運動会が、かけがえのない心の宝箱だと。

小学校、中学校と、運動会はまだまだありますが、

子どものパワーを間近にこんなにも感じることができ、

また、我が子はもちろん、我が子以外のお友達にも声援を送る、園全体を囲んだ保護者の皆さんのあたたかさを

こんなにも感じることは

きっとまこと幼稚園の運動会だけなのです。

この小さな宝箱が、

いつまでも皆さんの胸の中で輝きますように。

投稿:N

2016.10.12

今日は運動会

爽やかに晴れた今日は運動会。


IMG_2067

みんなこの日をドキドキワクワク待っていました。

真ん中組さんでは

本番でしっかり出来るように!と

直前も体力づくりです(^^)

IMG_2102

お家の方に、かっこいい自分を見てもらえるのが嬉しくて嬉しくてしょうがないです。

IMG_2144

みんな、ドキドキするけど、

「見てもらいたい!」

ドキドキに勝って頑張りました。

たくさん褒めてあげてくださいね(^^)

投稿:N

2016.10.11

長岡京と共に 3

マナハウスの西壁の発掘の際に、その土台の処に

埋められた甕(かめ)を発見したという話を以前に書きました。

DSCN0270

が、今回の中塚良さん(向日市埋蔵文化財サンター)が持って帰って

調べた結果、甕ではなく、鍋でした。

それも、長岡京時代に大量に作られた厚手で、壊れやすい鍋でなく、古代の卑弥呼時代に使われた方法で作られた薄手の強度のものだったようです。

卑弥呼の時代の方が古いのに良いものがあるということ自身、興味深いですが、それよりも面白かったのは、探していたものでなく、偶然発見されたことです。

そして、それも中塚さんに発見されたことです。

DSCF8639

中塚さんは、薄手で熱に強い古代土師器が

どのように方法で作られたかを実験して、

扇形たたき技法という方法を提案した方なのです。

その人にその土器が自ら姿を現したということが

僕には興味深かったです。偶然のように、見えますが本当は必然なのかもしれません。

意味ある偶然ということです。

土器も、中塚さんに発見されたかったのかもしれません。

人生とは、呼び寄せあうということがあるものです。

求め合えば、出会える。

子育てを一生懸命している友達がほしいとお母さんが求め合えば、

マナハウスもそんな場所になれるかもしれません。その意味では、

マナハウスの場所で、こんな発見があったことはとてもうれしいことです。

神様の励ましなのかもしれません。中塚さんとの出会いも感謝でした。

園長

 

2016.10.07

長岡京と共に 2

わたしの知っている知識によると長岡京は、8世紀に

藤原種継が計画し、結局彼の暗殺とともに終わった幻の都

というものでしたが、中塚良さんの話によると、実は平安京と対に考えらた

、その当時の道教や陰陽道の知識に支えられた都だったといいます。

交野山、愛宕山、寺戸川、大地の隆起など、多くの自然との対話の中で

祈りをもって支えられた都のようです。完成したら面白かったでしょうね。

日本のランドスケープも変わっていたか知れません。

さて、マナハウスに、あった朝堂院の西の壁。幅は、4メートルあったそうです。

DSCF8632

朝堂院の西側の壁があったそうです。幅4メートルの壁。

これは、ただ土を積んだものでなく、前も書きましたが、

木組みで枠を作り、そこへ土を入れて、上から叩いて

固めるのです。それも、湿気を調整するために、水分の含み方の

違う土で層ができるように石ながらするのです。機械はありません。

ただ、ただ、人力でやるのです。幅4メートルです。この壁が朝堂院を

囲むのです。その当時の最高の技術です。

その西壁の構造が今回の検査で分かったのです。今回の検査は、この

壁の構造を発掘するためですが、その際に見つかったものを前回書きました。この話を次に書きましょう。       園長

2016.10.07

たんぽぽ組入室説明会は

10月22日に たんぽぽ組さんの入室説明会があります。10時から開催します。

2歳児さんを持つお母さん、お待ちしています。

また、たんぽぽ組、もも組の日ごろの様子は

まこと幼稚園ホームページ内のホーム画面にある

「1、2歳児クラス」

のページにまとめています。

ご覧ください。

IMG_2003

投稿:N

2016.10.06

運動会の総仕上げ

今日は「こどもの運動会」の予定でしたが、

台風の影響もあり、前日に雨が降っていたので

明日に延期となりました。

「こどもの運動会」とは

お家の方に見てもらう本番の運動会の前に、

総練習も兼ねて、こどもたちが他の学年のお友達の種目を1日通しでじっくり見る日です。

 

今日はこどもの運動会は出来ませんでしたが、

本番さながらの練習でした。

IMG_1999

大きい組さんのリレーの練習も

気合いが入っています。

小さい組さんも、真ん中組さんも、

たんぽぽ組さんも

自分の学年のダンスはもちろん、他の学年のダンスも一緒に踊ったり、

一生懸命に応援したり、

今、幼稚園は運動会一色です。

IMG_2001

明日のこどもの運動会がとても待ち遠しいみんなです。

投稿:N

2016.10.05

ネパールの子どもたちを思って 2

ネパールの子どちに可愛がってもらおうと

園児たちがこんなにぬいぐるみを持ってくれました。

DSCF8624

213ものぬいぐるみです。MKK(もう一人の子供たちを考える会)のメールには、

その他にも

☆    まこと幼稚園のTシャツ(10)・トレーナー(25)・ポロシャツ(15)・セーター(11)

カラー帽子(39)・紺パンツ(2)☆    新品タオル (48) もありました。

2日でこんなに持ってきてくださったのです。お母さん方は本当に温かい。

お母さんたちは、子どもたちと、ぬいぐるみなど持つことのできない

ネパールの子ども達のことをお子さんに語ってくださるから、子どもたちが

持ってきてくれるに違いないとMKKのメンバーは語っていました。あなたの

思い出があるものだけれど、今は使っていないでしょう。ぬいぐるみさんも、可愛がってあげないと可哀そうよ。ネパールの子なら可愛がってくださるよと言ってくれたのです。ネパールでは、震災後、子どもたちは眠れないといいます。これで、ぬいぐるみを抱きかかえて、ぐっすり眠ることができるでしょう。本当に感謝です。遠くの日本の子どもがわたしを思ってくれる幸せを抱えながら。心の良きつながりが、見えないところでできました。こんな絆を作ってゆきましょう。持参してくださったお母さん、そして、この企画をしてくださったMKKのお母さん方、本当に感謝です。世界をこのように、優しくしてゆきましょう。そんな世界を創って、子どもに譲りましょう。一人ではできませんが、協力し合えばできます。子どものために、そして、いのちのために。  園長

 

 

2016.10.05

長岡京と共に(1)

平安京の前にあった都と言われている長岡京は、

向日市にありました。そして、天皇が祭儀をした

大極殿が西向日駅の近くにあったのです。その南側に

あったのが、その当時の高級官僚たちが会議した場所である

朝堂院です。この跡地の中に、まこと幼稚園が立っています。

8つあった議事堂の西側にあった、第一堂の上に立っているのが

まこと幼稚園です。国の事柄を決める会議を開いていた場所です。

8世紀のことですが、そう考えるとなんだから長岡京時代が近く感じます。

DSCF8637

今回、マナハウスを建てるにあたって、遺跡調査をしてくださったのが、

中塚良さんです。発掘はする、土器は作る、子どもに標本や模型の指導はする

などのマルチな方です。

本日は発掘の結果、報告をしてくださいました。

すこし、この話を続けましょう。

2016.10.04

三日月だよ

保育室の扉には

丸い窓が付いています。

「見て見て!満月!ほら三日月!」

IMG_1541

引き戸の両方にある丸を移動させて

月の満ち欠けに見立てていました。

こどもの毎日は発見に溢れ、

それは学びでもあり、

毎日が輝いています。

こどもと一緒にいる事で気付かせてもらうことが

たくさんあります。

投稿:N

2016.10.04

運動会 自分で決める②

9月後半の朝、

いつもなら園庭で元気に走り回る大きい組さんの姿が見えません。

みんなお部屋の中にいて、真剣な表情をしていました。

IMG_1531

自分たちで考えた、運動会の衣装を

自分たちの手で作っています。

IMG_1529

自分で「これがやりたい!」と決めて動き出したことだから、

みんな、動きが違います。

表情も違います。

堂々として、真剣で、

それでいて楽しそうです。

IMG_1532

自分で「やる!」と決めて、

自分で衣装を作って。

大きい組さんたちの中には

もう運動会でかっこよく踊る自分の姿が

出来上がっているようです。

その、思い描くかっこいい自分を目指して

練習を重ねていきます。

投稿:N

2016.10.04

運動会 自分で決める①

毎年、「運動会、したい?する?しない?」

から始まるまこと幼稚園の大きい組さんの運動会。

全員一致でやる事に決めました。

今年の大きい組さんのテーマは「オリンピック」。

どんなことをしたい?

IMG_1543

ほとんどの子が「これがしたい!」という種目がありました。

「アーチェリー!」

「アーチェリーってどんなだろう?」

「こんな!」

IMG_1542

かっこいいポーズを決めてくれました。

サッカー、卓球、水泳、

次々にやりたい種目が出て来て、みんな自分のやりたいものになりきります

女の子はシンクロナイズドスイミングや

新体操、

「綺麗、可愛い」を選ぶ子がたくさん。

IMG_1538

種目別に分かれたら、今度は

どんな衣装にするかを相談します。

IMG_1539

先生が持って来てくれた、オリンピックの雑誌や

新聞の記事を見たり、

みんなで話し合ったりして

これから始まる運動会の練習への想いを膨らませていた9月でした。

投稿:N

2016.10.03

しっぽとり

IMG_1547

しっぽをつけた子が

「猫さんだよ〜。◯◯ちゃんはネズミやねん」

どうやら、しっぽとり遊びの最中なようです。

IMG_1548

小さい組さんだった頃から、しっぽとりも動物になりきるのも大好きな真ん中組さんたち、

大好きな遊びは今も続いています。

しっぽを付けたら、追いかける猫さんが10数えてから

猛ダッシュ!

IMG_1537

遊びながら、日に日に体力が付いていることでしょうね。

 

まこと幼稚園の園庭では、違う色の帽子の皆んながいつも仲良く遊んでいます。

先生方も、自分の担任しているクラスの枠を超えて

子どもたちをしっかり見てくれていて、

先生方同士も仲良く情報交換されているのをよく見かけます。

「みんなで見る」子育ての大事なことの一つだなぁと思います。

投稿:N

 

2016.10.03

秋のお砂場 色々

お砂場にいると、

真ん中組の男の子が収穫してきた実を見せてくれました。

大事そうに大事そうに持っています。

IMG_1522

女の子が砂場の横の樹木を静かに見つめていました。

IMG_1523

いそがしそうに飛ぶ蝶々です。

IMG_1524

運動会前だから、「リレーがしやすいように」と

先生方が園庭から砂場へ

えっちらおっちら運んでくれた遊具。

IMG_1525

遊具の周りには ぐるりとお堀が出来ていました(^^)

投稿:N

2016.10.03

お孫さんの電車通園

まこと幼稚園は徒歩通園ですが、電車に乗って、

くる子どもたちがいます。年長さん、年中さん、

年少さんと異学年で登園です。先生に見守られて

駅までお母さんと一緒に来て、みんなで、賢く

電車に乗って、まこと幼稚園まで来るのです。

それを三年間続けたお孫さんの写真を撮ろうと

一緒に来られたおじいちゃん(ご祖父)がおられました。

思わず、ブログに載せましょうかとお声をかけました。

これがそれです。

DCIM0014

楽しく、しかし、並んで、賢くプラットファームに

向かいます。

DCIM0012

プラットフォームで待つ間は、おともだちとたのしい

おしゃべりです。おともだちに楽しそうに話しかけられています。

話しかけられているお孫さんはおじいちゃんのカメラが気になるようです。

公共交通機関を使うときの約束をこのように

身を着けるのです。電車の中でも、子どもたちはいきいきと

しかし、礼儀は守っています。お友だちと一緒というのは、

すごいですね。    園長

 

2016.10.03

ネパールの子どもたちを想って

ネパールはヒマラヤの山々で有名ですが、最貧国のひとつです。

特に、山村の子どもたちは一年中、同じ服で生活しています。

わたしが二週間暮らした山村で仲良くなった男の子は、その間中、

「中山」と書いてあった体操服を着ていました。

それは、日本のヴォランティアが持って来てくれた体操服だと

山村の先生が言っていました。

そんな山村はネパールの至る所にあるそうです。そこに、

服やぬいぐるみを自らの手で届けているNPO団体の代表を

知って、園のお母さんたちのグループMKK(もう一人の子どもを考える会)

は、園で集めて、この団体に持っていてもらおうと、本日から

集め始めました。本日の10月3日は初日。

DSCF86224DSCF8620

かわいいぬいぐるみが、こんなに集まりました。あるご家族は、家族会議を開いて、

ネパールのお友たちにプレゼントするぬいぐるみを選んだそうです。あるお子さんは

受付に差し出しながら、別れがたくしていたので、MKKのメンバーが「いいの?」

と訊くと、「お友達にあげるの」と言ってくれたそうです。年少さんです。

こんなお心が詰まった贈り物は、わたしたちの心を温かくします。

子どもたちが大人になるころには、こんなに相手を思いやる社会ができていれば

うれしいですね。こんな保護者たちとともに、子育てできているのはうれしい限りです。そして、人のやさしさを引き出すために、労してくださる方がいるのは、とても

うれしい。人は優しくありたいのです。そのような場所を作ってくだされば、そこに

参加してくださる方がいるのです。その方々と共に、優しい社会をつくってゆきましょう。そうすれば、あなたのお子様が社会に出たとき、生きやすいですよ。その意味では、MKKの存在は感謝です。そして、それに応えてくださる保護者がいるまこと幼稚園は、僕には誇りです。いい時でした。      園長

2016.09.30

ベビーマッサージ

9月30日(金)朝10時からベビーマッサージの講座が

ありました。一歳児のくらすもも組さんの部屋を使っての講座です。

あかちゃんをお母さんが優しくマッサージ。赤ちゃんは大喜びです。

赤ちゃんとお母さんの笑顔あふれるいい講座になりました。

指導の先生の話では、赤ちゃんに触れるとお母さんは、オキシトシンというホルモンが

出るのだそうです。このホルモンで赤ちゃんへの愛情が溢れてくるのです。

そして、優しい気持ちになるそうです。赤ちゃんも触れてもらえると、同時に

オキシトシンが出て、あかちゃんも攻撃性が抑えられ、優しい気持ちになる

そうです。触れるものと触れられるものが一体になる時間となりました。

愛はひとつになることと聖書では言いますが、まさに、愛の世界がここに生まれた

ということでしょうか。そんな赤ちゃんを見ている自分も幸せな気持ちになりました。

園長

2016.09.28

真ん中組さん リレーごっこ

朝、登園してきた真ん中組さん、

荷物を片付けて帽子をかぶって

次々と園庭へ出て行きます。

先生が行きなさいと言ったわけではなく、

みんな自分から出て行きます。

IMG_1053

お砂場へ直行する子もいれば、虫探しを始める子もいますが、

今は、見よう見まねで始めたリレーごっこが旬。

IMG_1065

自分たちでコーンを置いて、リレーのコースを作りました。

あれあれ?小さな瓢箪型(^^)

でも、みんなには立派なコースなのです。

IMG_1082

大きい組さんの本番のリレーは

3クラスで、バトンを繋いで行きます。

真似っこでやってみたリレー、

おやおや?真ん中組さんたちは全員でスタートするようです(^^)

先生方は始めから「リレーはこういうもの」なんてことは言いません。

要所要所で声をかけてくれます。

さぁ、この状態のリレーから、

今後どうなっていくでしょうね。

きっとこれから、本格的にリレーの練習をする大きい組さんを見て

自分たちで「リレーはこうするとかっこい いんだ!」って

気付いていくのでしょうね。

色んなことに気付きながら改良を重ね、

来年の本番には

「かっこいい年長さんのリレー」が完成します。

楽しみですね(^^)

投稿:N

 

2016.09.28

花火に成りきって

「しゅるしゅるしゅるしゅるー

どーん!」

「しゅるしゅるー

どーん!」

そう言いながら、小さい組さんたちが絵の具遊びをしました。

IMG_1402

夏休みの間に家族と見に行ったり

テレビで見た花火大会を思い出しながら、

黒い夜空に

下から上へ

綺麗な色の絵の具の花火を打ち上げました。

「小さい組さんの絵画で必要なことは

成りきって、思いっきり大胆に描くこと」

まこと幼稚園の造形を見てくださっている

塩見先生がよくお話してくださる事です。

花火に成り切ることで

こんなに大胆に筆が使えるんですね。

黒い紙と絵の具の色は小さい組の先生が用意します。

先生が選んだ材料と、子どもたちの自由な線が

唯一無二の美しいアート作品になりました(^^)

投稿:N

 

2016.09.25

1歳児さん、集まれ

本日は、1歳児さんとおかあさんが集まれと呼びかけで

来ていただきました。待っていただいた方もいるぐらい

応募してくださいました。

IMG_1219

昨今、遊ばせる場所がなく、昔のように、公園でということも

少なくなっています。こうして、多くの子どもがともに遊ぶのは

子どもにとっても、いいこうとです。お母さんという安全基地がいて

同じ年の子どもがいる環境は子どもにとって、成長を促す刺激に

満ちています。集うことによって、子どもは成長してゆくのです。

そこに、相談できる人がいるのは安心です。まこと幼稚園は、次年度

できるマナハウスをそんな場所にします。こんな雰囲気になりますよという

ご紹介です。おかあさんたち、ともに集え、あなたの子も大事にしたいと

いえる関係を作ってください。園長の願いです。

2016.09.24

年少さん参観②遊びながら練習

年少さんがホールを広く使って何かしています。

障害物をクリアして

スタートからゴールまで、

一人づつチャレンジしています。

IMG_1327

これは、遊びの様でいて、

実は運動会の練習なんですよ。

小さい組さんにとって、たくさんのお客さんが見ている前で

たった一人で歩くことは

なかなか勇気の要ることだったりします。

ドキドキしながら、自分の番。

やってみたら出来た!

これを繰り返して自信を付けて、

たくさんのお客さんが見ている運動会でも

一人で種目がこなせるようになります。

この日は少人数参観があったので、

最後は特別に、お父さんお母さんのスペシャルアーチ☆

IMG_1326

みんな、嬉しそうにアーチから出て来ました(^^)

投稿:N

2016.09.24

年少さん参観①

年少さんは、数人ずつの交代で参観があります。

この日も、お父さんお母さんが参観に来てくれていました。

IMG_1323

お父さんも

IMG_1324

未就園児の妹ちゃんも

IMG_1325

みんな大人気♪

「◯◯ちゃんのお母さん」

「◯◯ちゃんのお父さん」

「◯◯ちゃんの妹」

みんな、お友達が大好きで、

お友達の家族も大好きです(^^)

「妹ちゃん、お人形さんみたいに可愛いね〜」

と私が言うと、

「お人形さんとちがうで、

◯◯ちゃんの妹!」

すかさず女の子が教えてくれました(笑)

そうですね、大事なお友達の妹です(^^)

投稿:N

 

2016.09.24

マナ・ハウス連続講座「ベビーマッサージ講座」の先生

9月30日に開催する

マナ・ハウス開設前記念連続講座3回目は

助産師による「ベビーマッサージ講座」です。

教えてくださる窪京子さんです。

IMG_0066

看護師で、助産婦さんです。

多くのお母さんや赤ちゃんと接していく中で、

母子ともに緊張している状況が分かり、

すこしでも、リラックスできる状況ができないかと

いろいろなお母さんの相談に乗っておられます。
今度の講習は、赤ちゃんにもとってもとても心地よい時となりますが

お母さんにとっても、赤ちゃんの笑顔が見られるので、

喜びあふれるときとなると思います。

あまりむつかしく考えないで、楽しい時を過ごせるつもりで来てくださいということでした。

人数は数られていますが、赤ちゃんとともにいい時を持ちましょう。
窪京子

赤ちゃんにどう触れてあげれば喜んでくれるの?

私自身産後分からなくてベビー・マッサージを始めました。
お風呂上りや、寝る前にマッサージで赤ちゃんがにこにこしているとわたしも幸せな気持ちになれました。

子どもたちは今や10歳と6歳です。大きくなっても『マッサージして』とリクエストされます。

姉妹でも楽しみながらしています。

赤ちゃんや子どもたちはママに触れられるのが大好きなのですね。

今回はみなさんの知っているわたべうたやオリジナルの歌に合わせてマッサージをしてゆきます。

赤ちゃんの気持ちの良い姿勢を探しながら

抱っこや遊びも取り入れて…

でもむつかしいことは考えずに、子どもの○○どうしている?

わいわいとみなさんで話せる楽しい時になればと思っています。
富士原千絵
皆さんの中で、ベビーマッサージ

園長

2016.09.23

1歳児さん茶話会ーみんなでおやつ

みんなで一緒に手作りおやつをたべました。

これから旬のさつまいもを使った

芋ようかんとさつまいもクッキーです❤︎

IMG_1163

パクパクパク。

みんなどんどん食べます。

IMG_1215

「ふだんはあまりさつまいもは食べないんですよ。どうやって作ったんですか?」

とお母さん。

作ってくれた先生が、レシピを教えてくれました。

不思議ですね、

小さな子って

ちょっと作り方を変えたり、

みんなで食べたりすると

いつもは食べないものも食べれたりするんですよね(^^)

IMG_1216

一緒に食べる、

同じことを共有すると

あら不思議、

みんな会話が弾みます。

 

1歳児さん集まれ!「みんなで茶話会」は

これから毎月開催します。

次は10月28日(金)10時からです。

皆さん、また遊びにいらしてくださいね。

投稿:N

 

2016.09.23

1歳児さん茶話会ーホール遊び

もも組のお部屋で遊んだら、

次はみんなで幼稚園のホールに遊びに行ってみました。

こんな広くて安全な場所で、

思い切り遊べるって

なかなか無いですよね!

IMG_1218

たくさん遊んだら、ちょっとお片付けして

先生とお母さんとお友達、

みんなでダンスもしました。

IMG_1213

お母さんの膝の上で身を委ねての手遊び、

簡単な手遊びだけども

お母さんに優しく触れてもらったり、

ぎゅーっとしたり、

お子さんもお母さんも

みんなとってもいいお顔をしていました。

IMG_1214

お家でもしていることかもしれませんが、

こうして場所を変えて、気分を変えて

お子さんと触れ合うのも

いいものですね(^^)

投稿:N

2016.09.23

1歳児さん集まれ!「みんなで茶話会」がありました

地域の1歳児さんとお母さんが


園のもも組のお部屋に集まって

交流会をしました。

IMG_1208

幼稚園や小学校に行くようになると、

何かとこども同士、お母さん同士で交流があるものですが、

未就園児のお子さんとお母さんはなかなか交流の場がないものですよね。

IMG_1209

こうして同じお部屋に集えば

自然と交流が生まれます。

同じ遊具で遊ぶお子さんの傍らで、

子育てのことを話すお母さん。

こどもとお母さん、ずっとずっと二人きりでいると

不安になることもありますね。

わが子は可愛くて可愛くてしょうがないのに、

怒ってしまうこと、ありますね。

些細なことでも、

同じ年齢の子を持つ者同士で話すだけで

スッと気持ちが楽になったりするものです。

皆さん、楽しく会話されていました。

投稿:N

 

2016.09.23

運動会する?しない?

これは、運動会の練習を自由遊びの時間にやっているのです。

年中さんが年長さんのやっているリレーを真似して

走っているのです。この憧れが来年は、彼らのものになるのです。

DSCF8555

まこと幼稚園では、「運動会する、しない?」こんな話し合いから、

運動会の準備を始めます。子どもたちに、そんな話し合いをさせます。

邪魔臭いということも、一人ぐらいはいつもいるのです。それを

ほかの子が説得して、みんなで一丸となって、運動会をするのです。

リレーはもちろん、組体操、そして、踊り。踊りは、テーマも、音楽も

衣装も子どもたちが決めます。子どもたちがやりたいと思うことを先生の前でしゃべりながら、

先生とともに形作っていくのです。先生も、子どもにとっては大きな環境です。

この枠組みなしには、子どもたちは自由に、のびのびとじぶんらしさを

発揮できません。主体性とは、自分自身だけでは生まれないのです。

あこがれがそれを産み、おとなたちが配慮し、子どもの自主性を大切にしながら

人としての約束を子どもたちに伝えてゆくときに生まれるのです。

運動会という子どもたちの一生懸命を支える枠組みこそが、子どもたちの

思いを引きだすのです。運動会での成長を見てくださいね。園長

2016.09.17

2歳児たんぽぽさん、絵の具で

幼稚園の良さの一つは、ご自宅では

できないことを子どもにさせて上げられることです。

これも、その一つ、ご家庭ではできませんよね。後が大変です。

DSCF8539DSCF8545

しかし、大胆に色を塗ることで、身につき、心が育ち、たましいが描く喜びを知るのです。

もちろん、筆を使いこなす第一歩です。

DSCF8549

おぼつかない手が、しっかりした手に、4年間でなるのです。

道具を使いこなせることは、人間の成長には欠かせません。

もちろん、2歳児では、使いこなせないので、絵の具まみれです。

そして、自分の身体にも塗り付けます。それも自慢。園長先生に

こんなになったよと見せてくれます。

DSCF8546

腕に塗ってる子もいました。この手で手形をつけます。

これも感触遊び、感覚が目覚めます。身体全体で

学ぶのが幼児です。色彩感覚も身に着けていきます。

幼児の学びを大人の勝手な思い込みで、壊してはいけません。

数字を覚えたり、文字をかけたり、楽器が弾けたり、

そんなことは、この土台を作ってからです。今、あなたの子は

二歳で土台作りです。楽しみにしてください。園長

 

2016.09.17

敬老の日のお願い

年長さんが、おじいちゃんとおばあちゃんの

敬老の日のプレゼントに筆立てを作りました。おじいちゃんの顔を

描き、筆入れを作り、二十枚の紙を自分で数えて終えます。

(数の習得につながります。愛していることが学ぶ原動力です)

これらをワンセットにして贈り物。下の写真がそれです。

DSCF8531 DSCF8529

一斉で作ったのではありません。コーナーを作って、

子どもたちが自由にそこに来て作るのです。

主体性が大事、それこそがおじいちゃんやおばあちゃんへの愛です。

心が動き、体が動く、そして、それを受け取って、喜んでくれる祖父母の顔が

何よりも、子どもの魂を育てる。愛とは愛し愛されることで完成します。

金曜日に、自宅に持って帰りましたが、受け取るときには、おもっきりの笑顔を

おばあちゃん、おじいちゃんお願いします。 園長

 

2016.09.15

折り紙に励む

折り紙の本を見ながら、自分で折るものを決めます。

DSCF8524

正座して、選んでいます。年長さんは、本当に幼稚園園児の模範です。

選んだら、折り始めました。しっかりと角を合わせて、丁寧に、

DSCF8521 DSCF8522ry

みんな手先がしっかり使えます。三年の成長です。

自分が折ろうとするものを選び、それを手順通りやり、一つ一つの過程を

疎かにしない。これで身に着けるものは、自分の好みのありようを知っていること、

見通す力があること、そして、集中力を切らさないこと、そして、完成させることの

できる自分自身の力の発見。教育の狙いを持っている遊びは、子どもたちからそれぞれの

力を引き出します。今度の教育要領の改訂は非認知能力の獲得を掲げるそうですが、

幼稚園はずっと遊びを通して、その能力を養ってきたのです。この力こそが、子どもたちに

生きる力を与えるのです。たかが、遊びですが、この遊びこそが、人をはぐくみ、その子の将来を作るのです。

まこと幼稚園では、そんな遊びを子どもたちは楽しんでいます。 園長

 

2016.09.13

9月の子育て広場にて

今日は月に一度の子育て広場でした。

申し込みも強制も何もありません。

ただ、子育てのことを話したい、聞きたい、

そんなお母さんがふらりと集まって

園長先生と語り合います。

私がまこと幼稚園現役母だった頃は、

ほんの数人のお母さんが

主に園長先生のお話を聞いて

「いいこと聞いたな〜。しばらく子どもに優しくなれそうだわ〜(^^)」

なんて話していました。

今日の子育て広場には

たくさんのお母さんが集まりました。

少し前から、子育て広場は、園長先生が語る場というより、

子育て中のお母さんが自分のこと、子どものことを

話す場になっています。

今日、集まった皆さんのお話を聞き、

心が大きく動いているのを感じています。

私だけでなく、皆さんも同じなようです。

心は目に見えないです。

形が無いです。

けれども、どうしようもなく動いているのを感じるのは不思議なことですね。

見えないけれど、確かにあって、

その心が、

自分という形ある存在を

目に見える形で行動させる。

うまく言葉にはなりませんが、

今日、この心の動きを感じた皆さんは

これから何かが変わっていくのだろうなと思います。

どんな偉い人の本を読むよりも、

一人のお母さんのお話はには

とてつもなく価値がありますね。

特別である必要はなく、

ただただ、毎日を精一杯に生きている皆さん全てが素晴らしいですね。

とても深く、豊かな時間でした。

次の子育て広場も楽しみです。

興味のあるお母さん、気負わずふらりとお越しくださいね(^^)

image

投稿:N

 

2016.09.08

雨の日も

今朝は、登園の時間に大雨が降りましたね。

小さな子を連れての

大雨の中の登園、

皆さん大変だったことでしょう。

挫けそうになっちゃいますよね。

それでも、

雨は無しに出来ません。

子どもの頭上の雨雲を、一つ残らず取り去ってあげることは私たちには出来ません。

ただ、まことの子どもたちには

一緒に歩いてくれるお母さんがいます。

そして、同じ思いを共感出来るお母さん同士、

お互いを労わることが出来ます。

 

辛いこと、めんどうなことが無い人生などありません。

人生に雨が降った時、自分には一緒に歩いてくれる人がいること、

自分も誰かと一緒に歩けること、

きっと、みんなの中に刻まれていると思うのです。

子どもたちの中にも

お母さんたちの中にも。

image

どんな雨もいつか上がります。

雨が上がったら、

世界はいつもよりみずみずしく輝きます。

その輝きを、我が子とゆっくり歩みながら見られる幸せがあります。

投稿:N

 

【お知らせ】

●来年度の入園案内および願書、2歳児たんぽぽ組入室案内および願書を、9月1日(木)より発行しています。必要な方は事務所までお越しください。
●入園説明会は
9月16日(金)2時〜3時30分
3日にあった説明会と内容は同じです。自転車で来られる方は、勝山中学校前駐車場にとめてください。駐車場は、駐車出来る台数が限られているため、とめられないこともありますのでご了承ください。

●たんぽぽ組入室説明会は、9月24日(土)MAKOTO KIDS終了後9月14日(水)2時〜3時を予定しています。14日は礼拝堂で今年度のたんぽぽ組の写真を見ながらの説明会とお部屋見学会、24日はたんぽぽ組のお部屋での説明会と見学です。

 

2016.09.07

9月 講座のお知らせ

9月23日、30日講座

まこと幼稚園と向日町教会の

創立80周年記念事業である

子育て支援センター「マナ・ハウスmanna house」の

開設前記念 連続講座のお知らせです。

 

◎1歳児集まれ!「みんなで茶話会」

1歳児を持つ親子で楽しく交流しましょう!

・日時 9月23日(金) 10時〜11時半

・場所 まこと幼稚園もも組のお部屋

・定員 15名(事前申込み必要、締め切りは9月20日)

・参加無料

 

◎助産師による「ベビーマッサージ講座」

親子の触れ合いを楽しみましょう!

・講師   窪 京子 助産師

・日時 9月30日(金)

・場所  まこと幼稚園もも組のお部屋

・定員 15名(事前申込み必要、締め切りは9月20日)

・持ち物 バスタオル

・参加無料

どちらもお申し込み、お問い合わせは まこと幼稚園までどうぞ。まこと幼稚園に通われている方も、そうでない方も、向日市でも向日市外の方も、どなたでもご参加いただけます。

まこと幼稚園事務所  075-921-2229

お待ちしております(^^)

投稿:N

2016.09.07

歩く

まこと幼稚園と言えば


「徒歩通園」

ですね(^^)

朝はお家の方と手を繋いで登園し、

帰りは各コースに分かれて、先生と一緒に帰ります。

image

全員、園庭に並んだら、

先生が笛を吹くと、みんながこう宣言します。

「しっかり歩いて帰ります。

みなさん、お願いします。」

image

大きい組さんが、小さい組さんの手を繋いであげます。

雨の日と行事の時以外は毎日です。

image

毎日、毎日、

自分の足で歩きます。

大きい子は小さい子を気遣いながら、

小さい子は大きい子に憧れ、慕いながら、

先生と一緒にその時々の季節を感じながら。

この毎日の当たり前のことが

小学生になってからも、その先も、

必ずこのこども達の力になります。

投稿:N

2016.09.06

まこと幼稚園で一緒に歩む3年間

9月3日は第一回目の入園説明会でした。

多くの保護者が来て下さました。

image

神様から、自分たちに託された子どもたちを

愛しみながら、育んでいこうとしている方々と一緒に、この3年間を歩みたいとお伝えしました。

主任は、子どもの成長には、必要な三つのもの、
環境と言語、創造を語っていました。

image

幼児たちを育むのは、

彼らのうちにあるものを湧きあがらせ、

内にあるものを表現させてあげることです。

自分自身から人やものに働きかけてこそ、その子どもはいろいろなことを身に着けるのです。学ぶのです。

それは、「遊ぶ」からです。幼稚園の「遊び」は、いつも教育の狙いがあるのです。

習い事と違い、一つのものを身に着けることに主眼がありません。

image

大事なことは、子どもたちが心の底から面白いと思いながら、全体を動かしてゆくと

体と心、頭が育つように、

教育の狙いを先生は定めながら、準備し、

子どもたちを「遊び」に導きます。

年長さんになると、子どもたちは自分たちで話し合って、物語を作り、歌う歌を決め、衣装を作り、劇を保護者に見せられるようになるのです。

image

これがまこと幼稚園の教育です。

コミュニケーションの力が付きます。

みんなで作るからです。

論理的に語ることができるようになります。

自分の思いをみんなにわかってほしいからです。

自分の作りたいものがはっきりとわかっています。それを衣装にするからです。

そんなお子さんに成長してほしい人と、まこと幼稚園は、この3年間を歩みたいと思っているとお伝えしました。

いい保護者との出会いがあって、いい日でした。

園長

2016.09.06

非認知能力

最近、評判になっている

『幼児教育の経済学』という本、

作者は、ジェームズ・ヘックマンという人です。

ノーベル経済学賞を貰った人です。

この人が40年間、3つのグループを追跡して、得たデータをもとに書いたものがこれです。

幼稚園教育を受けた子どもたちは、「受けなかった子たちよりも学力調査の結果がよく、学歴が高く、収入が多く、持ち家率が高」いと彼はデーターからいうのです。

だから、アメリカ合衆国のある州では、スラムで暮らす子どもたちに、幼稚園教育を受けさせているそうです。やはり効果があったようです。

わたしが興味深かったのは、次の結果でした。

「遊び」を中心とした幼児教育を受けたグループと

教え込みを中心にした幼児教育を受けたグループでは、差異があったそうです。

「遊び」を中心にしたグループは、年収が高い職に就く割合が高かったといいます。それは、集中力、コミュニケーション力、見通す力という非認知能力が身についていたのだというのです。

「遊び」といっても、幼稚園での遊びはだらだらと遊んでいるのではありません。

先生方は、教育の狙いを持って、それをなしています。

image

例えば、スライムを作るという遊びも、細かい力の入れ方で、ものを扱えるようになること、

色彩の感覚が身につくように、ホウ酸の入れ具合や水や色の付き方など、

多彩なことが分かります。

その中で、量の概念が身につくのです。

保育者のかかわりで遊びは学びになるのです。

それも、子どもたちが心から喜びながら。

いいでしょう。

お母さん方も、笑顔で過ごすうちに、子どもたちが生きる力を身に着ければ。

まこと幼稚園はそんな教育をしていると思ってくださればうれしいです。

非認知教育の研究が東京大学の秋田教授の下で始められたといいますから、これから、幼児教育の大事さがはっきりしてゆくでしょう。うれしいことです。

image

投稿:園長

2016.09.02

入園願書配布開始と入園説明会のお知らせ

【お知らせ】


image

●来年度の入園案内および願書、2歳児たんぽぽ組入室案内および願書を、9月1日(木)より発行しています。必要な方は事務所までお越しください。

●入園説明会は
・9月3日(土)10時〜11時30分
・9月16日(金)2時〜3時30分

2回とも、内容は同じです。自転車で来られる方は、勝山中学校前駐車場にとめてください。駐車場は、駐車出来る台数が限られているため、とめられないこともありますのでご了承ください。

 
●たんぽぽ組入室説明会は、9月24日(土)MAKOTO KIDS終了後と9月14日(水)2時〜3時を予定しています。14日は礼拝堂で今年度のたんぽぽ組の写真を見ながらの説明会とお部屋見学会、24日はたんぽぽ組のお部屋での説明会と見学です。

 

2016.09.02

二学期が始まった。

9月1日、本日から二学期です。

こどもたちの楽しいそうな声がいたるところから

聞こえてきます。

花壇の前では、ひまわりのたねをみんなであつめています。

image

こんなにあつまったよと見せてくれました。

image

まだ、暑いですが、ひまわりは夏の終わりを教えて

くれています。

子どもたちは、いのちの移り変わりを

このように身体で感じてい行くのです。

二学期の中心の季節は秋です。

秋はいのちの季節です。

いのちそのものであるお子さんの いのちの輝きを

保護者の皆さんは見つめてあげてください。

さらに、子どもたちはいのちを輝かせます。

楽しみに。

宮地園長

2016.08.31

9月20日塩見先生の講演会

造形教室に来てくださった

塩見先生のお話が聞ける講演会を

9月20日に企画しました。

題して

「描いたり 作ったりで 子どもは育つ」

幼児教育の造形教育がご専門の塩見先生に、

絵を上手く描かせる為のお話ではなく、

造形あそびからの子どもの育ちについて

お話してくださいます。

image

塩見先生講演会の詳しい内容はこちらです。

image

画像を選択すると新しいページが開きますので、もう一度画像を選択してください。

拡大したものが見られます。

投稿:N

 

 




 

 

【お知らせ】
●来年度の入園案内および願書、2歳児たんぽぽ組入室案内および願書を、9月1日(木)より発行します。必要な方は、9月1日(木)以降に事務所までお越しください。
●入園説明会は
・9月3日(土)10時〜11時30分
・9月16日(金)2時〜3時30分
2回とも、内容は同じです。自転車で来られる方は、勝山中学校前駐車場にとめてください。駐車場は、駐車出来る台数が限られているため、とめられないこともありますのでご了承ください。
●たんぽぽ組入室説明会は、9月24日(土)MAKOTO KIDS終了後と9月14日(水)2時〜3時を予定しています。14日は礼拝堂で今年度のたんぽぽ組の写真を見ながらの説明会とお部屋見学会、24日はたんぽぽ組のお部屋での説明会と見学です。
●マナ・ハウスの事を主にお知らせしていく、「まこと幼稚園マナ・ハウス(manna house)」のFacebookページを開設しました。
↓どうぞご覧ください。
「まこと幼稚園マナ・ハウス(manna house)Facebookページ」

 

2016.08.31

年長 造形教室⑤

そうですよね、

こうなりますよね(笑)

image

「えへへ」と嬉しそうなみんな(^^)

image

「河童や!河童や!」

image

こ〜んなに美しく手が色づいたのなんて、

今まで見たこと無いですよね!

お母さん方の「きゃー」って声が聞こえてきそうです(笑)

パステルの粉でゴシゴシゴシ。

こんなに綺麗なクモさんたちが出来ました!

image

素敵!!

最後は塩見先生に

「楽しかったよ!ありがとう!」

を伝えて、楽しい楽しい造形教室は終わりました。

造形、絵画が楽しいものであることは

ずっとずっと、みんなの中に。

投稿:N
【お知らせ】

●来年度の入園案内および願書、2歳児たんぽぽ組入室案内および願書を、9月1日(木)より発行します。必要な方は、9月1日(木)以降に事務所までお越しください。

●入園説明会は
・9月3日(土)10時〜11時30分
・9月16日(金)2時〜3時30分

2回とも、内容は同じです。自転車で来られる方は、勝山中学校前駐車場にとめてください。駐車場は、駐車出来る台数が限られているため、とめられないこともありますのでご了承ください。

●たんぽぽ組入室説明会は、9月24日(土)MAKOTO KIDS終了後と9月14日(水)2時〜3時を予定しています。14日は礼拝堂で今年度のたんぽぽ組の写真を見ながらの説明会とお部屋見学会、24日はたんぽぽ組のお部屋での説明会と見学です。

●マナ・ハウスの事を主にお知らせしていく、「まこと幼稚園マナ・ハウス(manna house)」のFacebookページを開設しています。

↓どうぞご覧ください。

「まこと幼稚園マナ・ハウス(manna house)Facebookページ」

2016.08.31

年長 造形教室④

クモさんの絵が描けたら、

また、塩見先生が何か道具を出して来て

「クモさん描けたらこっちにおいでー」

image

網です。

網の上からパステルを擦って粉をかけます。

「手で擦ってみてや。好きな色でしたらええよ」

新しい道具の登場に、

それまでゆっくり描いていた子も

早くやってみたくでペースを上げます(^^)

image

ごしごしごし。

「うわー!見て!こんななった!」

みんな夢中でパステルの色を付けます。

image

手でのばしたパステルの色、

ほんわり優しい色。

先に描いたクモの巣の線の色が

パステルの色とまざって

不思議な世界が広がります。

手でのばしたら、さて手はどうなる?

投稿:N

2016.08.31

造形教室③

作っている時

みんなのお顔は真剣で

かっこいいです。

image

絵のクモを見ながら

足の具合をよ〜く見比べています。

なるほど、先が曲がっているんだね。

 

絵を描いている時のピリッとした空気、

伝わるでしょうか。

image

目の前にある画用紙としっかり向き合い

描いています。

みんなが描いている様子を見ていて感じたのが

「絵を描く」という事に

全く臆していないなという事です。

堂々と、「自分はこう!」と

表現できる事に感動しました。

年少から、塩見先生のご指導のもと、

先生方が導いてきた

子どもたちの中に育った力を

見させてもらいました。

素晴らしいです。

投稿:N

 

2016.08.31

年長 造形教室②

見てください。

とってもリアルなクモさんです!

image

彼はみんなが一目置く「虫博士」。

虫が大好き!クモも大好き!

「好き」の力はすごいですね。

 

粘土のクモさんが出来たら、

塩見先生が何やら色テープの貼ってある画用紙を持って来ました。

「粘土のクモさんが落ちんように、

クモの巣はってあげてや」

みんなはクモさんが落ちないようにと、

念入りに巣を描いてあげます。

虫博士のクモの巣、見事です。

image

「粘土のクモさんだと、絵を飾った時に落ちてしまうから、クレパスでクモさん描いとこう」

粘土のクモはちょっと置いておいて

絵を描くのですが、

絵が苦手な子も、粘土で先にクモを作っているから

クモがどんなものか もう知っているし

迷いなく描きます。

image

投稿:N

2016.08.31

年長 造形教室①

毎年、夏季保育の間に

年長の造形教室があります。

園の造形、絵画の指導をしてくださっている

大阪成蹊大学の塩見先生が来てくれます。

みんな、面白い塩見先生が大好きです(^^)

 

塩見先生は、まず絵本を読んでくれました。

クモさんのお話です。

image

お話を読んでもらって、

クモさんに興味が湧いたところで、

粘土でクモさんを作ってみました。

image

クモってどんなだっけ?絵本の絵も見ながら作ってみました。

「足は難しいから、モールを使ったらいいよ」

塩見先生がホールの真ん中にモールを置いて言います。

クモの顔と胴が出来た子たちが

モールを選んで持って行きます。

image

塩見先生の造形教室では、

はじめから「これを使いましょう」と準備されている物はありません。

興味を持って作業している間に、

次々と、「こんなのあったらいいのになー」と思う物が

ぽん、ぽん、と出てきます(^^)

投稿:N

 

 

2016.08.27

夏季保育 大きい組さん②

スライムです。

「気持ちいーい」とみんな。

image

スライムが完成したら、

西門のスライムジャンピング台で

スライムを滑らせて遊びます。

ツルン!

ビュンッ!

image

とゆから助走を付けて滑ったスライム、

机の端でジャンプ!!

たらいのプールに勢いよく入ります。

「おー!!」っと感動したら

もちろんもう一回!

何度してもツルンッ!

スライムのツルツル、ムニムニ、ひんやり感。

他には無い感触遊びを思い切り楽しみました。

投稿:N

2016.08.27

夏季保育 大きい組さん①

大きい組さんがワイワイと色水を作っています。

image

色水作りは1学期にもしました。

「自分だけの色」をお家に持って帰りました。

お家の皆さん、わが子の作った色はどんな色でしたか?(^^)

この時期は、夏の強い陽射しに色水を照らして見るととっても綺麗です。

夏季保育では、

色水作りからちょっと発展。

image

先生に、魔法の粉をもらって、色水の中で混ぜ混ぜ混ぜ。

よーく混ぜないと色が付かないので

よーく混ぜます。

image

さて、どうなるでしょう。

投稿:N

2016.08.27

夏季保育 真ん中組さん

「カレー作った!」と声をかけてくれた真ん中組さん。


「どれ、どれ?」と行ってみると、

変身コーナーのところのおままごとが出来るスペースに

たくさんのご馳走が並んでいました。

「ご注文は何にしますか?」

「ケーキもあるよ!美味しそうでしょ〜。どのケーキがすき?」

とっても親切に接客してくれます(^^)

image

おままごとチームの他のお友達が

お部屋にいません。

「みんなどこかな?」

「こっち!」

おままごとをしていた男の子に連れて行ってもらうと、

みんなは正門の遊具のところで水遊びをしていました。

image

遊具にとゆを渡して

水が流れるのを楽しみます。

低いところから流したらどうかな?

高いところから流したらどうかな?

image

何回も何回も

ペットボトルに汲んだお水を

とゆから流してはみんなで盛り上がります。

時々とゆから溢れたお水が自分にかかるのも

ひんやり気持ちが良くて、

正門辺りにはキャッキャとみんなの楽しい声。

投稿:N

2016.08.26

まこと幼稚園広報誌「Gabe」発行

園の広報誌Gabeを発行しました。


image

今号は、夏休み中から幼稚園のお隣で建設が始まった

母子センター「マナ・ハウス」の

来春開設に向けての開設予告号です。

もう読んでいただけましたか?

マナ・ハウスは

地域の皆様はもちろんのこと、

まこと幼稚園の保護者の皆さんにも是非活用していただきたい施設となります。

来春開設に先駆けての開設前記念講演会や講座も始まります。

オープンはまだ先になりますが、

皆さんどうぞ楽しみにしていてくださいね。

Gabeについてのご感想などは、

事務所前のからし色のGabeボックスまでお気軽にどうぞ(^^)

先日、まこと幼稚園マナ・ハウス(manna house)のFacebookページも開設しました。最新情報を更新していきます、ご覧ください。

投稿:N

2016.08.25

夏季保育 小さい組さん

「先生!見て!

リュックがみんなばっちり入ってる!」

先生同士で感動の声(^^)

image

長かった夏休みが明けても、

みんな朝にリュックを自分のロッカーに入れることを忘れなかったんですね。

1学期のはじめには

なかなかこうはいかなかった事を思い出し、

1学期と夏休みで

みんながしっかり成長していることを感じます。

image

久しぶりに会う先生に、

色んなことを見てもらいたいみんな。

ブロックで作ったヒーローの道具を持って

キメポーズを披露してくれましたよ(^^)

image

ちゅうりっぷのO先生が

「1学期はぜんぜん遊ばなかった子同士が遊んでいたり、

これまで泣かなかった子が涙を流して甘えてくれたり、

夏休みが終わると

ちょっと様子が変わって面白いです(^^)」

と話してくださいました。

image

どんな2学期になるでしょうね(^^)

これから変わっていくみんなの姿が

また楽しみです。

投稿:N

 

2016.08.25

おおきくなった

夏季保育1日目、

ちゅうりっぷ組のおともだちが

朝一番にO先生のところへ近づいて来て、

「おおきくなった」

そう報告してくれました。

その報告が、とってもとっても嬉しかったO先生、

私におしえてくださいました(^^)

image

夏休みの間にほんとにおおきくなったね!

「花火した」

夏休みにした嬉しかったことを

先生に話してくれます。

先生方は久しぶりに会ったみんなが

ぐんと成長している姿が本当に嬉しいようです(^^)

自分の成長を喜んでくれる人がいること、

それは本当に幸せなことですね。

投稿:N

2016.08.25

夏季保育はじまり

今日から夏季保育のはじまりです。

始業式の前に5日間の夏季保育があります。

image

お預かりで来ていた子以外は

久しぶりの幼稚園。

ちょっぴりドキドキしながら登園したおともだちもたくさんいましたね。

「楽しみでしょうがなかった!」と

元気いっぱい登園する子もいれば、

「おうちがいい」って

泣いてしまう子も。

そうだよね、おうちはみんな大好きだよね(^^)

それでも、先生と一緒にお母さんにバイバイをして少しすると、

園にはたくさんの笑顔が溢れていました。

楽しそうなみんなを見ていると、

ついつい長居してしまいます(^^)

夏季保育の様子、少しずつお伝えしていきますね。

投稿:N

2016.08.24

マナハウスを建築していたら、歴史と出会った。3

この二人が組んで、長岡京の発掘をされています。

image

image

文化庁の委託です。

今回も重要な発見をされました。

まず、長岡京の築地の構造も調べるのも、史上初めてです。

そのうえ、その時の祭儀の様子が出てきました。

image

これがその発見です。甕(かめ)があったのです。

築地を作る際になされた祭儀です。

築地の土台に埋められていたものです。

image

二人に無理なポーズをとっていただきました。

甕が壊されて、埋められたことは分かりましたが

甕がどのような形でここに持ってこられたか、

専門家お二人の意見は分かれました。

しかし、祭儀をなしてから、築地を作ったようです。

建築する際に、祭儀をした場所が、マナハウスの入口の

足元に埋められているのは、神に祈るものとして

共感できます。すべての営みは、神への祈りなしにはないからです。

この甕をマナハウスで展示しようと思っています。

園長

2016.08.24

マナハウスを建築していたら、歴史と出会った。その2

マナハウスを建てる土地に

朝堂院の西側築地、すなわち城壁があったそうです。

その講堂を知ることが、今回の埋蔵物調査のメインだそうです。

調査現場1
この穴がその現場。

深さ、1M50センチ位でしょうか。

この穴の底にあるのは12万年前の地層です。

この穴の東側面に築地の構造がよく表れているそうです。

昔の国会議事堂である朝堂院を守るために作った城壁です。

水分の含みをこの硬い基盤を土台に、家を建てたのです。

穴の側面にあるのが築地(城壁の構造が見える側面)。

いろいろな土が積み上げられたのがよくわかります。

これは、強度を守るための技法だそうです。

遺跡の調査

この方が調査員です。

ひげとめがねですが、園長先生ではありません。

中塚良さんという長岡京発掘の専門家です。

30年以上関わっておられます。

このように、築地の構造がわかるのは珍しいそうです。

この石が目印

中塚さんがこの石を指して、

この石は工事の目印になったものだとさし占めてくださいました。

この築地(城壁)は厚さは2メートルあり、

それが当時の長安(現在の西安)のものと同じなのだそうです。

8世紀の島国の日本が

中国の技術に負けないものということなのでしょう。

8世紀の貴重な遺跡に支えられて、

マナハウスが立つことになるというのも、

心強い気がします。



園長

2016.08.23

もうすぐ夏季保育

お盆休みが明けて

幼稚園では預かり保育が始まっています。

暑さが急に増したようなお盆明け、

思わず「暑〜」と声がでますね。

園庭はかんかん照りですが、

屋根のある場所でお預かりのみんなはプールを楽しんでいます。

暑い日には水遊びが一番ですね(^^)

暑いからこその、とびきりの水の心地よさです。

image

奥に見えている園庭、

夏休み中に土をしっかり固めてもらいました。

夏休み明けからはじまる

運動会の練習の為に、

園庭もベストコンディションで

みんなを待っていますよ。

みんなももうすぐ夏季保育、

久しぶりの幼稚園を楽しむ為に

しっかり食べて、しっかり遊んで、しっかり眠って、

元気いっぱい幼稚園に来てね☆

投稿:N

2016.08.23

マナ・ハウスを建築していたら、歴史と出会った。その1

image
この公園は、まこと幼稚園のすぐそばにあります。

長岡京は、8世紀にあった都です。

桓武が天皇の時代です。

image

朝堂院は、その当時の国会議事堂。

大極殿の南にあったそうです。

この小さな茶色の塊たちが、御堂です。

ここで、高級官僚たちがミーティングをしたと
いいます。

その西側の第一御堂と第二御堂跡がまこと幼稚園にあります。

image
勝山中学の東にあるのがまこと幼稚園。

ちょうど、朝堂院の中に位置しますね。

今度の、マナ・ハウスが立つ場所が、

朝堂院の西壁があった場所。

2メートルの厚さがある壁です。

今回建築するために、

埋蔵文化財の調査をしていますが、

面白いものが見つかりました。

その紹介をしつつ、今度のマナ・ハウスができるまでを追ってみます。

次は、調査してくださった方とその結果報告です。

園長

2016.08.16

マナ・ハウス 地鎮祭

マナ・ハウス建築に際して、園長からひとこと。

image

この写真は、キリスト教の地鎮祭です。

建築祝福式でした。

image

工事の無事を神様にお願いし、この建物が、この地域の人々のいのちをはぐくむことができますようにと、みんなで祈りあいました。

80年前に、幼稚園と教会とをこの地域の子どもたちの成長を願って、作った青年たちの夢が、現在のまこと幼稚園・向日町教会の土台です。

時代の変化とともに、子供への成長へのかかわりが変わってきたのです。

0歳から、いや胎児から子供たちの環境を守る必要がある時代になってきたのかもしれません。

若いご夫婦を支える地域のきずながなくなっています。

このマナ・ハウスは、生まれて来たいのちを育む若い世代を支え、地域のいのちとして、その子を大事にしていこうとする場所です。

そして、小さないのちを囲んで、この地域の人々が集う場所にしたい。

庭に生息するのは、西山の自然です。

いのちをはぐくむのはいのちです。

自然を含めた、生き生きとしたいのちが集う場所にこの場所をしたいのです。

神様が愛を持って、創造してくださったいのちが、助け合いながら、愛し合いながら、集う場所にしましょう。

その中心にいるのが 幼きいのちです。

赤ちゃんを、幼児たちを、大事にしながら、大人たち自身も成長して行ける場所にしてゆきたいのです。

集ってください。そして協力してください。

image

園長

2016.08.16

子育て支援センター、マナ・ハウス

image

園の隣に開設予定の子育て支援センター、

マナ・ハウス(manna house)の完成図です。

二階建てのひのきが香る建物になります。

庭は130坪もある場所です。

母と子、もちろん、父と子も、

近所の人も出入りしてください。

すべてのいのちを育む場所として、

まこと幼稚園・向日町教会が80周年記念として

建築します。

image

広々とした室内でしょう。

ここで、母と子が憩うことができる場所にしたいのです。

核家族が多くなり、近所付き合いも少なくなった社会の中で、

一人で子育てをしているという思いをお持ちのお母さんが多くおられるのではないかと思います。

ここに来れば、専門のスタッフがいて、いろいろな話ができる場所になります。

もちろん、子育て相談もでき、子育ての参考になる講演会や講習会もあります。

ふらっと立ち寄って、コーヒーを飲んで一休みも可能です。

近所の方もどうぞ。

投稿:園長

2016.08.15

向日葵

お盆を迎え、皆さん忙しくされている頃でしょうか。

幼稚園のみんな、元気にしているかな?(^^)

夏のはじめ、元気いっぱい泣いていた蝉も

少し静かになって、

まだまだ暑いけれども、だんだんと秋へ向かっているのを感じますね。

 

一学期、園の滑り台横の花壇には

向日葵が元気に咲いていました。

先生が昨年の園児大会でもらった種を植えてみたのだそうです。

そうしたら、

伸びる伸びる、ぐんぐん伸びる。

image

「また大きくなったなぁ!」

「何処まで大きくなるんやろ?」

「向日葵はいっつもお日様のほう向いてるなぁ」

と先生と子どもたち。

image

そんな、ビシッと上を向いてぐんぐん伸びていた向日葵も

種がたくさん付いたら、だんだんと下を向いて来ました。

葉は虫に食われ、茎は硬くなり、

花びらはしおれ、

少し前の向日葵とは

だいぶ様子が違います。

image

それでもこうしてうなだれて、

しっかり種を落とすのです。

葉は、次に育つ種の養分になる事でしょう。

花が咲き、枯れる。

そしてまた種が育ち花を咲かせる。

自然の繰り返しは素晴らしいですね。

枯れる事さえも、次への養分。

 

暑い暑い夏、

皆さんはどんな花を咲かせましたか?

夏休み、ただただ明るいほうを向いて頑張ったのでは無いでしょうか

自分の葉を、子の為に差し出したのでは無いでしょうか。

 

ボロボロになったかのようでいて、

それは次へと繋げる養分です。

お子さんもお母さんも、

この夏にしっかり実り、

また成長していることでしょう。

夏季保育の始まりまで10日を切りました。

夏季保育の日に、少し大きくなったみんなに会えるのを

先生たちは楽しみに待っていますよ(^^)

お母さん、また園でお会いしたら

夏休みの様子を聞かせてくださいね。

投稿:N

2016.08.10

花を育てる

毎年、一学期には

大きい組さんがお花を育てます。

image

雨の日以外は自分で水やりをします。

水やりを忘れちゃった子の鉢は

土がカラカラ、葉っぱも悲しげ。

あわててお水をたっぷりあげていました。

みんなで水やりをしていると、

「いくつ芽が出たかな?」

「私のは二つ!」

「オレ、三つ!」

一人の男の子が

「ぼくのは一つだけ…」

と、ちょっとしょんぼり。

先生が

「◯◯くんの、ほんまや、一つやなぁ。

種はいくつ蒔いたたっけ?

み〜んな違うなぁ。

◯◯くんの、一つ芽が出たんやなぁ。

良かったなぁ(^^)」

にこにこ明るく話します。

そうしたら、一つだけ芽が出た男の子も

にっこり。

一つだけの芽に愛おしそうに水をあげていました。

image

みんな同じように、同じような種を蒔いたのに、

たくさん芽が出る子もいれば、

一つだけの子もいます。

たくさんが立派なわけでなく、一つがダメなわけでなく、

それぞれの花の育っていく様を

みんなで観察して喜び合っている、

みんなの姿が素敵でした。

image

大きい組さんたちはこの一学期に自分で育てた花を、

夏休みに入る前にお家に持ち帰りました。

朝顔、るこう草、

お家でどんな風に育ったかな?

お花はいくつ咲いたかな?

そろそろ種がとれる頃かな?(^^)

夏休みが終わったら、先生におしえてね。

投稿:N

 

2016.08.08

郡山の先生をお招きしました

今年も、福島県郡山市の幼稚園の先生方をお招きしました。


image
原発事故のせいで、外遊びできない状況で、幼児教育している先生方に

リフレッシュしてもらうために始めた企画でした。

image

もう事故から5年経ちますが、放射能への心配は取れません。

しかし、

もはや前に戻ったと思いたいという心情の中で心揺れておられる

先生方の様子はよくわかりました。

福島の現状は、福井の原発銀座を近くに持つ京都も他人事ではありません。

みんなで福島のこどもたちを見つめてゆきましょう。

京都も思いを福島の先生方に伝えることのできた

いい会になりました。

しっかりと連帯してゆきたいと思っています。

園長

2016.07.26

天使の寝顔

先生方に、お泊まり保育のお話しをあれこれ聞いていて、

先生方みんな、

あれもこれも楽しいし、

こどもたちがとにかくみんな可愛い!

だけれども、

何より一番幸せなのが

夜、眠っているみんなの寝顔を見つめられること!

だそうです(^^)

母親の子育てとおんなじですね(^^)

どんなわが子も可愛いけれど、

眠っているわが子の可愛いこと、可愛いこと。

先生たちにたくさんの幸せな気持ちをくれたみんな、ありがとう❤︎


そして、こどもたちにたくさんの幸せな時間を用意してくれた先生方、


本当にありがとうございました❤︎


お母さん方、今宵、また少しお兄さん、お姉さんに成長した

1日ぶりのわが子の天使の寝顔を

心ゆくまでお楽しみください(^^)

投稿:N

2016.07.26

経験が自信に

お泊まり保育が終わり、


年長さんの担任の先生にどうでしたか?と聞いてみました。


「はじめはちょっと不安だなぁって思っていたお友達も何人かいましたが、


一つ一つの日程をみんなでして行くうちに、


あ、楽しい。あ、楽しい。


って、だんだんと楽しくなってきて、


最後には「次はこれをするよ」と言うと


「ヤッター!!」って言う声も聞けるほど


不安がなくなって行きました。


他の先生に


「待ってたんやで!」「今日来れて良かったなぁ!」


と声をかけて歓迎して貰えたのも大きな力になったと思います。


朝起きて、みんなで集まって、


「みんな、


お家の人が居ないのに、


みんなだけでお泊まりできたなぁ。


これって凄いことやねんで」


とお話しすると、


みんなちょっと照れくさそうにしながらも


自信のある顔をしていました。


今まで経験したことのなかったことを


みんなで経験することが出来て、


それがしっかりそれぞれのお友達の自信になったことと思います。」


そう話してくださいました。



すみれ組のお部屋の蝶々の幼虫が


蛹になりました。


image


蛹になるということは、


もうすぐ蝶々になるということですね。


投稿:N

2016.07.26

お泊まり保育-お迎え

楽しかったお泊まり保育が終わり、

もうすぐお迎えの時間です。

今日、さよならをしたらもう夏休み、

しばらく会わないお友達も居るから、

みんなで集まってちゃんとさようならをしました。

image

1学期の間だけ一緒にばら組に通った

オーストラリアのお友達とも

今日でお別れです。

一人一人、握手をしてさようならしました。

image

教室を出てから

「うちの子、どうでしたか?」

なんてお家の方と先生のお話も(^^)

image

わが子の居ない一夜、

兄弟姉妹の居ない一夜、

お家のみなさん、どんな一夜でしたか?

今日はお泊まりしたみんなも

お家に居たみんなも

話が尽きなそうですね。

投稿:N

2016.07.25

お泊まり保育-オリエンテーリング②

オリエンテーリングの最後の砦は

園長先生。

一番乗りで来たのは男の子たちのチーム。

「今から言葉を言ってはいけません。

何も言わないで、

先生の口の形をよ〜く見て

何て言っているか当ててください」

image

「何も言わないで」

と言われていたので、

少しの間

正解が分かってもみんな園長先生と一緒になって

口を開けて声は出さずに答えを言っていました(^^)

約束したものね。

「バナナ」

正解!

全部のお部屋のシールをもらったらホールへ。

制作で作ったキラキラカッコイイコマで遊びます。

image

次々と別のチームのお友達も園長先生のところへ。

image

「全部出来たよ」

と誇らしげにカードを見せてくれました(^^)

K先生に聞いてみたら、

チーム分けは数わけゲームで偶然に出来たチームなのだそうですよ。

「出来るだけ、いつも一緒にならないお友達ともチームになってもらいたいなと思って」と先生。

偶然一緒になったお友達とも

みんなとっても楽しそうに活動しています。

ふと、気が着くと、

朝は「お泊まり行かない」って言っていたお友達も

ニコニコ笑顔で元気に楽しんでいました(^^)

お母さん、ご安心くださいね。

これからみんなでカレーを食べて、

みんなでキャンプファイアーもして、

みーんなでホールに並んだお布団で眠ります。

楽しい楽しい特別な夜です。

投稿:N

2016.07.25

お泊まり保育-オリエンテーリング

3人グループに分かれたお友達同士が

園の二階を右へ左へ。

色んな教室を回って

オリエンテーリングをしました。

image

各お部屋には先生が居て

それぞれにお題があります。

image

お友達と協力しながら

お題をクリアしたらシールがもらえます。

そして最後は〜?

image

投稿:N

2016.07.25

お泊まり保育-制作

今からお泊まり保育。


どんなことをするのかなぁ?


先生とこれからすることの予定表を見ながら


想像してみました。


image


楽しみ〜(^^)とみんな。



この時間のすみれ組さんは


こぐま組の先生による制作の時間を楽しんでいましたよ。


image


先生が「じゃん♪」と出した


キラキラがついたコマに


「わぁー!」


「キラキラやー!」


と歓声が上がります。


先生が作ったカッコイイコマのように


自分もカッコイイコマを作るべく、


みんな真剣に制作中です。


image


色ぬりが済んだら、こんな素敵なキラキラを貼ります。


image


さすが、お泊まり保育


ちょっといつもと違う〜☆


投稿:N

2016.07.25

お泊まり保育-行って来ます

今日は大きい組さんのお泊まり保育。


家族に見送ってもらって、みんな元気に登園しました。


上がっていた熱が下がって来られるようになって嬉しい子がいたり、


逆に昨日まで元気だったけれど、今日は来られなくなってしまった子がいたり。


来られなくなってしまった子は残念でしたね。


みんなが先生と一緒に君を想ってお祈りをしていますよ。


「早く元気になりますように」



中には行くのが嫌になっちゃった子もいました。


image


でも、幼稚園まできょうだいみんなに背中を押してもらってやって来ました。


「◯◯、絶対楽しいって!」


まこと幼稚園を卒園したお姉ちゃんが言います。


「もっかい泊まりたいわ」


と同じく卒園したお兄ちゃん。


一度お泊まり保育を味わえば


きっとぼくもそう言えるようになるね(^^)



調理室では先生方が晩ご飯のカレーの準備をしてくださっています。


image


投稿:N

2016.07.23

夕涼み会 盆踊り

先生たちが用意してくれた色んなコーナーを回ったら

次は広いホールで盆踊り♪

image

薄っすら暗くなってきた中での明るいホール、

特別感がみんなをわくわくさせます。

image

浴衣や甚平さん姿で踊るのは

とっても楽しいね(^^)

image

踊っているうちに、

辺りはだんだんと夜へ。

真ん中組さんはこの後みんなで花火を楽しみましたよ。

夏の日の特別な幼稚園、

またみんなの心に光が灯ったことでしょう。

投稿:N

2016.07.23

夕涼み会

終業式のあった日、

たんぽぽ組さん、小さい組さん、真ん中組さんは

夕方から、楽しい夕涼み会をしました。

大きい組さんは別の日にお泊り保育をします。

ヨーヨー釣り、何色のヨーヨーが取れたかな?

image

チャレンジコーナーには、サッカーゴールが。

先生の動かすゴールキーパーに当たらずにゴールイン出来るかな?

image

みんな大好き、制作コーナーは

ゴムの力でぴょんと飛ぶ紙コップのおもちゃ作りです。

どれにしようかな〜。

image

いつもと違う、お祭りムードな幼稚園、


みんなとっても嬉しそうでした。


投稿:N

2016.07.23

年長木工 乗り越えた壁は

次々と、


自分の木工作品が完成した子が


通る先生みんなに


「見て見て♪」と作品を見せては


目を輝かせていました。


そんな中、木工最後の日までかかって


自分の作品と向きあっている子たちも。


image


I先生が


「木工には、みんなそれぞれに課題があります。


苦手な事を後回ししてしまったり、


なかなか自分だけの形を決められなくてお友達と同じになってしまったり、


先生に言いに行くのが苦手だったり、


みんなその苦手なこととしっかり向き合うんですよ。


最後まで残っている子たちほど


得られるものが大きいでしょうね。


完成した子は本当に嬉しそうです。」


そう話してくださいました。


夏休み前に大きい組さんは木工作品を持ち帰りました。


あ、よく見ていなかったな、というお家があれば


是非じっくり見てみてください。


そして、作品作りでのお子さんの思いを聞いてみてくださいね。


image


毎年、この時期、トントン、カンカン。


大きい組さんたちみんなの中に


大きな育ちがあります。


投稿:N

2016.07.19

年長木工 自由制作

こちらは輪ゴムをかけて遊ぶ用の木工作品。

image

釘にカラー輪ゴムをひっかけて

思い思いの形を創造します。

この遊びが済むと、

次は木工の自由制作です。

木片を積み木のように自分の好きな形に組み立てます。

image

お部屋、車、うさぎ、

用意された材料を指示通りに組み立てるのではなく、

ある材料を使って、想像力を発揮して。

image

「これだ!」というオリジナルな形が出来たら

先生に見せてから

釘で繋げて行きます。

投稿:N

2016.07.14

こども達から生まれる造形遊び

こちらはこぐま組さんのお部屋の壁です。

綺麗な色で塗られたお池にいるのは?

image

みんなが大好きなおたまじゃくしさん。

春にみんなで観察しながらお部屋で育てていたおたまじゃくしさん、

足が生えてしっぽがなくなり、

蛙に育ったことが

とっても嬉しかったこぐま組のみんな。

クラスのみんなで共有した喜びが

壁一面に。

そして、そして、

おたまじゃくしから、蛙に。

image

立派に育った蛙さんも作りました。

一匹、一匹、みーんな違う蛙さん。

どれもとっても可愛いです。

 

こんな風に、まこと幼稚園では

それぞれのクラスのこども達から生まれた喜びを

担任の先生がよく見つめ、

材料を用意し、

更に大きな喜びにしてくれています。

投稿:N

2016.07.14

広がる造形遊び

ぐるぐる、ぐるぐる、


クレパスで力強く描く。


image


真ん中組さんが毎年はじめにするのが、このぐるぐるです。


ぐるぐるぐるぐる、


しっかり指先に力を入れて、思い切り描きます。


描いているうちに、なんだか楽しくなってきます。


そしたら、


「◯◯みたい」


描いたものが身近な何かに見えてきます。


image


こやぎ組では


先生が用意してくれたブルーの大きな大きな紙に


白いクレパスでぐるぐるを描いたら?


わぁ、お空の雲!


黄色い飛行機も飛ばしました。


とっても大胆に、紙一面に世界が広がって


紙の端の、そのまた先にも広がる世界を感じますね。


絵を‘描かされる’のではなく、もうこれはみんなでする‘遊び’なのです。


遊びながらも、


絵を描く楽しさ、


みんなですることの楽しさを


こども達は感じています。


そして、一つの遊びから


また次の遊びへと繋がります。


image


お顔を描いて、口にストローを付けて、


お空に綺麗なシャボン玉が現れました。


綺麗だね。素敵だね(^^)


ここからまた更に


遊びは広がって行きます。


投稿:N

2016.07.07

七夕

6月から少しずつ少しずつ

こども達は七夕飾りを作って来ました。

こちらは真ん中組さんのもの。

image

小さい組、真ん中組、大きい組、

各年齢で違う飾りを作ります。

それぞれの年齢で、今できる力を発揮して

一生懸命作りました。

紙を選んだり、先生の指示通りに切ったり貼ったり、

自分らしさもプラスして♪

きっと、みんな自信をもってお家に持ち帰ったことでしょう。

どんなお願い事が書いてありましたか?(^^)

こどもたちが、先生のお話をよ〜く聞いて

一生懸命作った飾りも

じっくり見てみてくださいね。

お家の人に褒めてもらったら

きっとこどもたちの自信が更に膨らむことでしょう。

image

自分の七夕飾りを作り終えて、

今度は自分の好きなものを作ってみました。

丸や四角を貼り合わせたら面白い形が見つかりました(^^)

image

右の飾りのお友達は

「お顔」

左の飾りのお友達は

「旗」

だそうです。

事務所前の笹に飾ってあります。

他の学年やMAKOTO KIDSさんの飾りも飾ってあります。

是非見てみてくださいね。

投稿:N

2016.07.07

七夕飾りをつくる

真ん中組さんが輪になって、


先生のお話をよ〜く聞いています。

今日は七夕飾りの一つを作るようです。

一度にたくさんの飾りを作るのではなく、

日々、少しずつ進めていきます。

image

「二枚に切った紙を、こうやって上と下で糊で貼って繋ぎます」

image

みんな上手に出来ました♪

image

「この白いの、なんて名前やったかな?

実は先生、昨日も言ってたんやけどね、

覚えてるかな?はじめが『こ』で、おしまいは『り』。何だったかな?(^^)」

「こー、こー、

こやり!」

おしい!(笑)

「こより!」

思い出したお友達が教えてくれて、

みんなで一緒に言ってみました。

「こより!」

また一つ、新しい言葉を覚えました(^^)

投稿:N

 

2016.07.06

明日は子育て広場

明日は園長先生と保護者が


子育てのことを話す場、

「子育て広場」の日です。

園長先生のお話が聞いてみたいな、

同じ子育て中のお母さんのお話が聞いてみたいな、

自分の子育てのことを話してみたいな、

そんなお母さん方が気軽に集まっています。

6月の子育て広場も

とてもいい時間でした。

 

image

参加していたお母さん方の感想を聞いてみました。

●自分以外のお母さんの考えを聞けるいい場です。

●子育て広場は普段には無いとても濃い時間です。

●人生を振り返る大切な時間になっています。

●園長先生のお考えを聞こうと参加しましたが、自分の今までの人生の気持ちの整理をする時間になりました。

●毎回参加することで、園や先生方を信頼する気持ちが深まりました。

●異年齢のお子さんを持つお母さん方のお話を聞けました。思春期や反抗期のお話が新鮮でした。

明日は一学期最後の子育て広場、

気になる方はお気軽に会議室へお入りくださいね。

9時半からです。

投稿:N

2016.07.06

ちゅうりっぷ組さん 今

真ん中組さんの階から

小さい組さんの階へ降りる階段です。

ブロックで戦隊物の道具を作って

小さい組さんの男の子グループがやって来ました。

image

壁で四角く切り取られた世界が

テレビの中のようです。

上にいる私を見つけて

「あ!今だ!」と言わんばかりに

「うあー!」「うー!」と負けたマネを何度も披露してくれました(^^)

image

入園当時は緊張していたみんなも、

自分たちの居場所にだいぶ慣れて来た様子が伝わって来ます。

「見て見てー、こんなん作った!」

image

みんなが見せにやって来てくれます。

嬉しいことは、共感してもらうと

もっと嬉しいことになりますね。

投稿:N

2016.07.02

こむぎここねこね

ちゅうりっぷ組の先生が小麦粉をこねています。

image

お料理?

いいえ違います。

image

子どもたちの感触遊びの為です。

まこと幼稚園では、

普通の粘土以外の素材も色々と使って遊びます。

今日は小麦粉粘土。

「お団子❤︎」

「パンだよ」

と、みんな色んなものをつくります。

image

「のびる〜」

いつもの粘土とは違う素材の持ち味を楽しんでいました。

投稿:N

2016.07.01

交通教室がありました

向日町警察署の方に来ていただいて

交通教室がありました。

image

父母の会本部の皆さんが

車の役になってくれて、

道路の安全な歩き方、

横断歩道の渡り方を

お母さんと一緒に実際にしてみました。

image

しっかり警察の方のお話を聞いて、

車の動きを右も左も確認出来ていました。

子どもたちの教室が終わってからは

残ったお母さんたちでお話を聞きました。

image

「外を歩く時は、お子さんの手を必ず繋ぐ。

繋ぐ手は、普通の繋ぎ方ではとっさに動くお子さんがお母さんの手からすり抜けてしまいます、

お子さんの手首を持ちましょう。」

日頃から安全を想うプロのお話は

なるほど!ということがたくさんです。

また、自転車の安全な乗り方、子どものこれから乗る自転車の事、

お母さんにとても身近な自転車の事を中心にお話いただいて

たいへん勉強になりました。

向日町警察署の皆さん、

父母の会本部の皆さん、

ありがとうございました。

投稿:N

2016.06.28

おかえりなさい

先日の未就園児プログラム「MAKOTO KIDS」に

キッズのお子さん連れで

まこと幼稚園の卒園生さんがいらっしゃいました。

image

20年以上の時が過ぎて

園児だった時の記憶は正直なところ曖昧だそう。

それでも、礼拝堂の事はすごく記憶に残っていて、

「そのままです」とおっしゃっていました。

image

せっかくだからと

当時の卒園児名簿を出して来て

「担任の先生は◯◯先生やったよ」

とK先生。

◯◯先生?◯◯年度卒園?

ん?

もしかして、事務所のT先生の息子さんの同級生ちゃう?

という事になり、ご対面です。

image

「わぁー!◯◯くんやん!」

「◯◯くんのお母さんや!」

一気に記憶が蘇ります。

お友達のお母さんのことを覚えていることが

なんだかとってもまこと幼稚園らしいなと思いました。

送迎で毎日顔を合わせ、

園の役をして園児と多く関わって、

自分の子ではない子にも

我が子のように接してくれるまこと幼稚園のお母さんたち。

その存在は、お母さんたちお互いにとってもかけがえがなく、

卒園していく子どもたちにとっても大切な存在として心に刻み込まれるのでしょうね。

卒園生あらため、MAKOTO KIDSのお父さん。

おかえりなさい、そしてようこそまこと幼稚園へ。

 

MAKOTO KIDSの様子は

まこと幼稚園ホームページトップ画面の

「MAKOTO KIDS」からブログが見られます。

この「窓を開ければ」のブログと

1、2歳児クラスのブログと合わせてご覧くださいね。

投稿:N

2016.06.27

木工の壁

image

「年長になったら木工があるで!」

我が子が真ん中組の時に

大きい組のお母さんが

「木工は一大事やで」

と教えてくれたことがありました(笑)

 

釘が抜けないようにしっかりと打つということは

大きい組さんにとっては

まだ意外と難しいことです。

一生懸命に打っても

先生に見てもらったら

グラグラだったり、抜けてしまったり。

image

しっかり打てるまで何度もやり直します。

お家に帰ってから

「もう嫌だ」と言うお子さんもいるかもしれませんが、

まこと幼稚園で毎年毎年、続けているこの木工で、

出来なかった子はいないのです。

みんな、壁があっても見事に乗り越えて

自分だけの作品を仕上げます。

大きい組さんには

今これを出来る力がある、

そう信じて、先生方はいつも応援してくれています。

木工の時期、ちょっと心配になるお母さんもいらっしゃるかもしれませんが、

大丈夫ですよ、

お子さんは必ずやり遂げられます。

やり遂げた時の喜びを

是非一緒に喜んでくださいね(^^)

image

投稿:N

2016.06.27

木工

トントントン

トントントン。

新館前ではまこと幼稚園の この季節の風物詩、

年長さんの 木工の音が聞こえています。

image

まずは自分の木の角全てにヤスリをかけます。

うまく角が滑らかになっているか、

先生が見てくれます。

image

ヤスリがけが済んだら

自分の好きなところに釘を打っていきます。

 

大きい組さんが熱心に木工をしている姿を

真ん中組さんたちが見に来ています。

image

こうやって、

「大きい組になったら

私もあれが出来るんだなぁ。

かっこいいなぁ。

楽しみだなぁ。」

と、次の年齢を想い描いていることでしょうね。

投稿:N

2016.06.27

どうしたの?

ちゅうりっぷ組のお友達

箱に入って

なんだか悲しそうなお顔。

横でその様子を心配そうに見守るお友達がいます。

image

一緒に箱に入っていたお友達も

どうしたのかな?と

お顔をのぞきこんでいます。

image

「◯◯くん、気にかけてくれてるんやなぁ」

と先生。

かなしい気持ちでも

ぼくは一人ではありません。

気にかけてくれるお友達が出来ました。

お友達がいるっていいね(^^)

投稿:N

2016.06.27

つながる

小さい組さんたちは

カラー積み木を組み合わせて遊ぶのが

大好きです。

image

はじめは、

お部屋の奥と手前で

別々のグループでカラー積み木で遊んでいました。

image

しばらくすると、

その二つが繋がって

一つの道が出来ました。

image

みんなで楽しそうに

この道を行ったり来たり(^^)

お友達と遊ぶと

遊びが豊かに広がっていきます。

投稿:N

 

2016.06.27

お父さんに

「お店やさん」で真ん中組のみんながしていたのは、

真ん中がハートや星などの形に抜けている型紙に

スポンジでポンポンとしてインクの色を付ける制作でした。

image

型紙が動かないように、

左手でしっかり固定します。

自分の好きな形の模様が出来たら、

みんなと並べて乾かします。

image

完成した模様は、

先生が用意しておいてくれた

牛乳パックの入れ物に貼りました。

下にもフェルトで飾りを付けて

はい、完成♪

image

大好きなパパに、

父の日のプレゼントです❤︎

パパは喜んでくれるかな〜

何を入れるのかなぁ〜

お父さんのことを思い浮かべながら作りましたよ(^^)

投稿:N

2016.06.26

「お店やさん」で

回廊に「お店やさん」が出ています。

園庭や回廊、教室などに先生が用意する

制作コーナーのことを

「お店やさん」

と呼んでいるんですよ。

image

先生のところに並んで、

まずは自分の名前を書いてもらった色紙をもらいます。

「全部で3回出来るねん。

◯◯ちゃんは何回した?」

先生が尋ねると

「1回」と女の子。

image

「3回のうちー、1回したんやんな。

じゃあ あと何回できるかな?」

3本出した指の1本を隠して先生が聞きます。

「あとー、2回(^^)」

何気ないやり取りでしっかり引き算をしています。

こういう些細な場面での数字のやり取りが

子ども達の中に積もっていって、

小学生になった時に

スムーズに算数が出来るようになるのでしょうね。

「勉強」ではなく

生きる知恵としての計算です。

投稿:N

2016.06.18

白い砂って?

まこと幼稚園には普通の砂場とは別に

「白いお砂場」

と言う砂場があります。

文字通り、真っ白。

image

乾くとサラサラ、

湿らせるとしっとりとして

普通の砂場の砂よりも形が作りやすいです。

image

「肉」(笑)

大きい組さんが得意げに書いてくれました。

上手ですね(^^)

こんな風にヘラの跡がクッキリと残るのです。

写真右側では、男の子が筒に砂と水を入れています。

白い砂は混ぜずに砂と水を入れると

泥にならずにクッキリと分かれます。

ところが、

白い砂と水をグルグル混ぜてから流すと…

image

トロトロトロ〜

不思議、不思議、

クリームみたいになるんですよ!

子どもたちは何度も何度も繰り返しながら

砂の特徴を体で感じています。

投稿:N

2016.06.16

白い砂場の季節です

秋からしばらくの間

閉まっていた白い砂場。

お日さまが元気に輝く季節に

オープンします。

image

白い砂場は普通の砂場とは全く違います。

普通の砂と混ぜたり、砂場横の排水口に砂を流してしまったりしてはいけません。

お約束をしっかり守れる年齢の年長さんだけが使えます。

そして、白い砂場の砂は裸足で入ってみるとよくわかるのですが、

とても冷たいです。

寒い季節には身体が冷えてしまうので入れません。

5月から10月の気候のいい時だけのお楽しみなのです。

「大きい組になったから入れるねん♪」

と大きい組さん。

年長になるまで、ずっと楽しみにしていました。

たくさん待ったからこそ

やってみたい事がたくさんあるようです(^^)

image

2016.06.13

赤い土発見

雨でドロドロになった園庭の真ん中。

そこに足しげく通う子たちを発見しました。

「赤い土取ってる」

image

不思議なことに、そこだけに赤い土が集まっています。

子ども達は園庭の中で

「ここの土はこういう時に使う」

という素敵な土ポイントを本当によく知っています。

 

泥で作ったケーキに赤い土を乗せて

「苺(^^)」

本当、ストロベリーソースみたい。

image

赤い土は粘土質が高い土なんだそうですよ。

うーん、臆せず触ってみれば良かった!

 

雨が上がって数分で、

園庭にはみんなの足跡がいっぱいです(^^)

image

投稿:N

 

2016.06.13

雨あがりの園庭

雨が上がるとすぐ

ルンルンお友達が園庭に出て来ます。

image

雨あがりの園庭はドロドロ!

お母さんならギャーっと叫びたくなるところでしょうか?(^^)

子ども達にとっては、

雨あがりにしか体験出来ないこの世界が

とても嬉しいようです。

image

水気の少ない泥、

トロトロの泥、

水たまり、

色々使い分けて遊んでいます。

image

指先を使って、細かい作業も。

真剣です。

投稿:N

2016.06.08

お外でお弁当

カラッと晴れて、風も心地いい日、

大きい組さんたちが

お外でお弁当を食べていました。

image

奥の方では、小さい組さんたちがお部屋の前で遊んでいるのが見えます。

「◯◯ちゃんやぁ。おーい」

小さい組さんに手を振ります。

「◯◯ちゃん泣いてるで。どうしたんかな?」

大きい組の特に女の子たちは

小さい子たちのことがとっても気になる様子。

園庭では園庭ならではの異年齢の関わりがあります。

「お外で食べるお弁当はどーう?」

と尋ねてみると

「おーいしーいっ♪」

とニッコニコです(^^)

image

「お部屋遊びが大好きで、なかなかお外には出ないお友達に

お外の良さを感じてもらえたらなと思います」

と担任のK先生。

外に出る事を強制するのではなく、

自分で感じて

自分から出てみて欲しい。

先生の願いが込められたお外のお弁当です。

投稿:N

2016.06.03

どこでも線路

ちゅうりっぷ組の扉のレールは


電車のおもちゃが走るのにぴったりなんだって

気がついたお友達。

image

「ぴったりやな〜」

「あ、◯◯くんの電車も来たで。

繋がったら凄く長い電車になるんちゃう?」

一人づつで遊んでいたお友達、

先生の言葉にハッとして

お友達の電車と繋げてみました。

「わー!長い電車が出来たー!」

すごい、すごいとみんなが集まって来ます。

image

一人で遊ぶのも楽しいけれど、

お友達も一緒だと

遊びが更にふくらんでもっと楽しい!!

扉のレールだけではなく、

マットの溝でも電車が走っていました(^^)

そしてこちらも連結♪

image

小さい組さん、お友達と遊ぶ楽しさを覚えてきました(^^)

投稿:N

2016.06.03

ちゅうりっぷさん、少しずつ

朝のちゅうりっぷ組さん。

今は「お部屋の中で」

とお約束中なので、扉は開けません。

image

扉の隙間から覗いては

「きゃっきゃ」

っと楽しそう(^^)

お弁当を食べ終えたら、

好きなおもちゃをよいしょよいしょと持って来て

お部屋の入り口にゴザを敷いて遊ぶのが

最近のスタイル。

image

園に慣れるまでは

安全の為に活動場所を限っています。

今は、小さい組のお部屋の前までだけで遊ぼうねとお約束をしています。

同じクラスのお友達を覚え、

安心出来る担任の先生が居ることを覚えます。

先生は子どもたちが安全に遊べることを

しっかり見極めながら

だんだんと活動場所を広げていっているのです。


image

大好きな先生と一緒に大好きな段ボール箱に入って

「満員や〜(^^)」

とってもとっても楽しそう。

投稿:N

2016.06.03

花束を届けました

花の日礼拝の後は

いつも子どもたちがお世話になっている

たくさんの場所に

花束を届けます。

image

年長さんは分かれて消防署と警察署に

花束を持っておじゃましました。

いつも安全を守ってくださっている皆さんに

感謝の言葉を伝え、花束を渡しました。

警察署では白バイに機動隊まで出て来て見せてもらい、

消防署では消防車に乗せてもらったり、

棒を降りる消防士さんの姿を間近で見させてもらったそうですよ。

警察署、消防署の皆さん、ありがとうございました。

image

お帰りコースの電車コースでは、

いつもお世話になっている

それぞれの駅の駅員さんにも花束を届けました。

駅員の皆さん、ありがとうございます。

 

地域のたくさんの方にお世話になり、

見守っていただきながら、

まことの子たちはすくすくと育っています。

いつも感謝の気持ちを忘れずにいましょうね。

投稿:N

2016.06.03

花の日礼拝

本部さん達が美しく飾ってくださったお花を囲んで

みんなで花の日礼拝をしました。

花の日礼拝は、

お手伝いしてくださったお母さん方も

参加出来ます。

今年は、昨年度新しく開設されたたんぽぽ組から進級したちゅうりっぷ組のお子さんが多く、

ちゅうりっぷさん達は例年よりも落ち着いていました。

image

先生方が色んなお花の紹介をしてくれました。

みんな、今日はお花の名前、いくつ覚えられたかな?(^^)

花には色んな種類があります。

向日葵は向日葵として、

桔梗は桔梗として、

かすみ草はかすみ草として、

他の花になろうとはせず、

ただただ自分らしく

美しく咲いて

「綺麗だなぁ」と人を喜ばせる。

みんなも、お花と同じように

一人一人に違う名前があり、

違う一人一人が大切であり、

一生懸命に生きる姿が美しい。

綺麗な綺麗なお花たちを見て、

子どもたちの心も今、満開なことでしょう。

綺麗なお花を持たせてくださったお家の皆様、

花束を作ってくださった本部の皆さん、

ありがとうございました。

投稿:N

2016.06.03

予習して来たの

子どもたちが持って来てくれたお花は

本部さんが花束にしてくださいます。

image

皆さん、それぞれのお花の性質や色をよく見ながら、

上手にまとめてくださっていました。

image

手際よくお花をまとめながら

「アルミホイルはね、こうするといいよ。

予習して来たの(^^)」

と本部のお母さん。

今までの、歴代の本部のお母さん達の知恵が

しっかり受け継がれています。

image

投稿:N

2016.06.03

お花を持って来たよ

今日は年に一度の「花の日礼拝」。

みんながそれぞれにお花を持って登園しました。

image

「僕のお花、枯れてる?」

とお友達。

「枯れてないよ。

下を向いてるお花もあるんやなぁ。

ホタルブクロって言うお花やで。

膨らんでて可愛いなぁ(^^)」

と、先生が言ってくれたら

お友達は安心してにっこり。

上を向いたお花、下を向いたお花、

大きな花びらのお花、小さな小さな花がいっぱい集まったお花、

色んなお花があるね。

 

通りすがりに女の子が

「お花持って来たよ〜」

と教えてくれたので、

「何のお花かな?」

と聞いてみたら

「べ…べ…」「べ