まこと幼稚園ブログ

園の行事

2020.06.12

花の日礼拝

子どもたちが活けたお花です!

みんな素敵な花ごころを持っていてびっくり!

今日は「花の日礼拝」。

いつもなら、みんな一緒に礼拝の時間を持つのですが、今のこの時期、密にならないように、今回は各クラスごとにしました。

ホールに集まりお花を囲んで、K先生や園長先生のお話を聞きました。

お花って初めからお花じゃないんだよ。

元は小さい種や球根で、植木鉢を用意して土を入れて水をやって栄養もやって、虫取りもして、人がいろんなお世話をするのと、お日様や雨など自然の恵みを受けて、こんなにきれいな花になるんだよ。

お花もいろんな色や形があるのと一緒で、みんなも一人一人違う‼︎

それって神様が作られたことなんだね。

みんなもお花と同じ。いろんな人からお世話してもらって守られているね?

誰が守ってくれている?の質問に

「お父さん!お母さん!」「警察の人」「消防署の人」「市役所の人」「阪急電車の人」…

あげていくとキリがないくらい、いっぱいの人から守られていることに気付いた子どもたち。

きれいなお花が育つ過程と自分たちを重ね合わせて「ありがとう」の気持ちが感じられたのじゃないかな?

礼拝が終わった後、お花の近くに寄って見ました

(どの学年も見ました。年少組さんもお花の匂いをかいだり、優しくさわっていました)

どの花が好き?

どれもきれいやな〜

お花にも触れたよ♡

いつもなら、年長組の子どもたちが消防署、警察署、派出所、阪急電車の駅にお花を持っていって自分たちの言葉で「ありがとう」を伝えるところですが、コロナのため行けないので、代わりに「ありがとう」のメッセージカードを作りました。

先生がお花と一緒に持っていってくれます。

鉛筆で字の下書きができたね。飾りはどうする?

折り紙で作りたい!

字を教えてもらいながら書きました!

「よく見ててや、“い”はこう書くねんで」

年長組になって少しずつ生活の中で字に親しむようになっていきます

2020.03.11

みんなで踊ろう!さよならダンス

 今日は園庭で、運動会で踊ったダンスやみんなの大好きなダンスをいっしょに踊ったりする“さよならダンス”の日です。

昨日はずっと1日中雨だったけど、今日はくもり。雨が止んでよかったね!

朝からさっそく始まったダンス。

“勇気100%”

踊っているうちにどんどん元気に!

“ディズニー体操”でバランスバランス〜

ミッキーマウス♪ミッキミッキマウス♪

みんなが元気になる“勇気100%”を踊って、続いて“ディズニー体操”もみんなで楽しく踊りました!

最後にみんなで卒園する年長組のお兄さん、お姉さんに

「小学校に行ってもがんばってね!」

「いっぱい遊んでくれてありがとう!」の気持ちを込めて一人一人とおててでタッチをしました。

年少組〜年中組の長い長い列。

一人一人タッチ☆

小さい幼稚園ならでは、みんなお友だち、みんな顔を知り合ってるから小学校に行ってしまうの、寂しいな。

最後に年長組の先生たちとタッチ。

先生の手にタッチして、涙が出てきてしまった子どもも…先生の目にもちょっぴり光るものが…

年少、年中組さんは1つお兄さん、お姉さんになるね。ずっと見てきたお兄さん、お姉さんのように、かっこいい、やさしい子になろうね!

年長組さんは小学生になって、そしてお勉強が始まるね。

今まで通い慣れたお部屋やこの広い園庭で遊ぶのも、もう少し。

毎日「おはよう!」を言い合ったお友達と先生に会うのも、もう少し。

なんだか寂しいけど、きっと大丈夫。

みんなでこうしたらかっこいい!こんな風にかわいくしたい!と考えて作ったダンス、勝つための作戦を毎日試した真剣勝負のリレー、運動会の大きな声援、砂場の大きな山、いっぱいのトンネル、ぐねぐね水路…

色んな思い出をみんなですごしたね!

2020.03.10

みんなでいっしょに!なかよし弁当

今日は“なかよし弁当”の日です。いつものお部屋、いつものお友達ではなく、好きなお部屋で色々な学年、クラスのお友達とお弁当を食べることができます。

どこで食べるか決めてる?と聞いてみると…

「次はばら組さんになるし、ばら組で食べるの!」

「お姉ちゃんと約束してるねん。」

「年少の時、ぴんくちゅうりっぷやったし、そこで」年長さんの男の子。

それを聞いて周りの子が「なつかし〜!」

そんな言葉が出てくる年長組さん、ほんとにお兄さんになったんだねぇ、と感慨ひとしお。

みんな思い思いの場所でお弁当を食べました。

お弁当の時間が始まる前、年少組のお部屋の様子

先生「どこのお部屋に行くか決めてる?」

「はーい こやぎ組!」

ゆっくりでいいからね!

先生に見送られながら目的のお部屋に行くよー!

年長のお姉さん、年下のみんなに気を配ってお世話してくれました!

「お弁当、おいしい?」

「おいしい〜〜〜♡」

こやぎ組のお部屋、大賑わい!

みんなにっこり、おいしいお顔

ばら組さんも賑やか!!

年上の子どもたちが自分より小さい子のお世話をしてあげる場面も。その姿がとても自然で、みんなにやさしい心が育っているなぁ、とほっこり嬉しい気持ちになりました。

先生、お友だち、自分よりも小さい子やお兄さん、お姉さんと一緒にお話ししながら食べるお弁当、みんなとっても美味しかったね☆

2020.01.28

講演会“子どもの育ちと子どもの絵”後編

〜さくひんてんより紹介〜

塩見先生が年齢的な特徴がよく出ている絵を、さくひんてんの中から選んで、参考に紹介してくださいました。年齢によって、こんなことができるようになるんだね!と見てください。

*2歳児たんぽぽ組

この年齢では、始まって[終わる]、[やめる]ができることが出来るようになってきます。

ガーッとかけるようになっている=集中が継続できるようになってきた、ということです。

絵の具を使うことがむずかしい年齢で細かいとこ、カーブを描くことなど筆のコントロールが育っていくところ。

*3歳年少組

物が書かれてくるようになります。頭足人(頭に直接手足がくっついている人)が登場し、お話が大好きな時分です。

車の中を描いている=レントゲン画法=あたかも透視したように中を描く絵が登場してきます。

お話や場面が描けるようになってきました!

*4歳児年中組

4歳では

・自由に描いていく創造が育ってきました。自分の思うように描く、考えたものを描くことができるようになります。

・マネして描く=見て描く(マネする)→見たものを平面に描き出す(観察画):例パイナップル

3歳では出来なかった“線”を見つけることができるようになり、構造を把握する=これ、どうなってんのかな?と考えるようになってきます。

*5歳年長組

集中力が発達して、細かい絵が大好きになってくる。

ものの位置関係をうまく表現するようになってくる。

今までたくさんの画材を触ってきたのがよくわかります。画材の使い方がとてもいいですね!

こうやって見ていくと、2、3、4、5歳で全然違うことがわかりますね!

先生が指導者に言っていることは

「“のびしろ”を作っておくことが大事」だそうです。

指示してやらさなくてもいい、本人が一生懸命描いていればそれでいい!

そして「好き」をいっぱい言ってあげること!これ一番大事なこと!

とても為になった塩見先生の講演会でした。

2020.01.18

さくひんてん

今日は絵画と工作の【さくひんてん】がありました。午前中から、たくさんのおうちの人が幼稚園に足を運んでくださり、ありがとうございました。

【絵画の展示】

たんぽぽ組、年少組は1人1点の作品が展示されました。

年中組と年長組は1人2点の展示です。展示する絵画は先生と一緒に子どもたちが選んだものもあります。どの作品からも子どもたちみんなが、のびのびと絵を描くことを楽しんでいることが伝わってきました。

2歳児

たんぽぽ組

自分でかいた線、色がおもしろい!

手を動かしてできた楽しい発見が画面いっぱいに広がってるね!

3歳児 

ちゅうりっぷ組

この年代が描く人は頭に直接足や手が生えた“頭足人”になります。3歳児ごろしか見られない絵。貴重だなぁ!

4歳児

年中組

物語の絵や見たものを描く(パイナップル)

形を捉えたり、描くことがおもしろくなってきてるね!

5歳児

年長組

コンテパステル、墨など色んな画材を使ってきた年長さんは絵を描くのがとても好き!

「描くのがおもしろい!」気持ちが伝わってきたよ!

【工作の展示】

さくひんてんの工作で全学年が共通のテーマで取り組んだのが「うつしてみよう」です。

*たんぽぽ組

たんぽぽ組の「うつす」はスタンプあそびでした。

洗濯バサミとダンボールの作品。

作っては、あそんで、と楽しみました。

かんむりにしたり、足にはめたり☆

「できた!できた!」と先生と一緒に喜んだ途端、洗濯バサミを外してバラバラにしちゃったり😂

スタンプあそび大好き!指先の加減をいっぱい練習したね!

スタンプをつまんで、インクを付けて上手にぺったん。力加減が大事!

洗濯バサミがこんなにも遊び道具として使いこなされているとは!

ダンボール箱を使っての遊び、とってもたのしいそう!

作ったら試着!足に履いたり、腕に付けたり☆

いーっぱい洗濯バサミを付けた子もいれば、そうでない子も、色使いにもこだわりが!

みんな個性があっておもしろいね!

*年少組

年少組の「うつす」は版画でした。

形を選んで、バランスを見て、といろいろ工夫をしているよ!

版画作品、いっぱいパーツを重ねている子も、顔のようにした子も…

3IMG_0548

「つみきの作品」どんな風にしようかな、と手を動かしているうちに“うさぎ”や“ケーキ”、“お家”などの形が見えてくるんだろうね!

3IMG_0551

ずらり並んだ作品

みんなそれぞれタイトルがあって自分の世界ができているね!

*年中組

年中組の「うつす」はたたき染で葉っぱやお花の色を布に移しました。

4IMG_0553

マナハウスができてから季節を感じる遊びが多く取り入れられるようになりました(^^)

4IMG_0561

完全に乾燥した葉っぱは色が出ないこと、しかし変色しても色が出るものもあることに気づいて探す子どもの姿もありました。

それを試す面白さを感じている子どももいました。


4IMG_0555

部屋の展示はみんなが大好きな「ホネホネさん」の絵本のようにモノクロで色を抑えた世界観を再現してみました。

4IMG_0563

道で繋がってます。ホネホネさんの地図みたいでしょ?

大きな地図は土の中のアパート。みんなで描いたよ!

壇上の動物は“もぐら”さん

下のは“にょろこ”さん

“ブタヤマさんと仲間たち”

ブタさん、リスさん、ネズミさん、クマさん

どんなお家がいいかな?考えて描いたよ!

どんな形の池にする?

みんなで考えて作ったよ

4IMG_0560

池の中には、チョウチンアンコウさんとサカナさん。

ヒゲが長いのはナマズさん

*年長組

年長組の「うつす」は素敵な切り絵でした。

5IMG_0568

いろんな形と色合い。とってもキレイだね!

さすが年長さん、すごい集中力!

5IMG_0569

墨と淡い色合いで作られた絵灯籠。

自分の作品が中に灯りをつけたらどんな風になるのか当日のお楽しみでした。

5IMG_0570

窓を覆った部屋はほのかな灯りで照らされた絵灯籠が幻想的。

その中の白色灯に自分の作品を被せて“お試し”できるコーナーを設置。みんな試すのをすごく楽しみにして来てました!

「うんどうかいのだんすのなかまたち」

人形作りは昨年11月末ごろから始まり、その間に絵を描いたり、他の工作をしたりしながら、出来上がりました。人形1つ1つ、子どもたち自身がポーズをつけて作りました。決めのポーズや体の動き、うまく表現できてるでしょう?

部屋全体の飾り付け、海があってお城があって街があって、山があって…みんなでアイデアを出して再現していったものです。海の中にちゃんと魚もいるんですよ!素敵なお城の形も子どもが考えたものなんです!

運動会で踊った自分を作りました。

芯になる針金人形にポーズをつけて、そこに紙粘土で肉付けしていきました。

みんなで作ったお城。とても大きくって豪華!町とお城の間には海があります。水の中には魚の姿も!

町には電車が走って、ケーキ屋さんもあります。

空にはまほうつかいが飛んでいますよ!

みんなで力を合わせてアイデアを出し合いました。

まことの子どもたちは絵や製作が大好き。

入園してから、たくさんの素材や技法を遊びながら体験してきたからこそ、表現することの楽しさを知っているのですね!

作る楽しさ、できた喜び、その気持ちがまっすぐと伝わってくる、とても素晴らしい作品展でした!

ページトップへ