まこと幼稚園ブログ

2018年02月

2018.02.28

文庫を終えて

2017年度の文庫のリーダーである澤さんに、「さよなら文庫」という

今年最後の活動を終えての文章を投稿していただきました。

さよなら文庫をキラキラした目で見ていた子どもたちの顔が今年も

そこにありました。お母さん、ありがとうございました。園長



さよなら文庫

「今日で最後になるね」
文庫のお母さんは、それぞれ色んな気持ちを胸に文庫劇場の「くれよんのくろくん」を
もう一度子供達の前で披露しました。

「どんないろがすき♪~」という
お母さんの歌声でクレヨンの帽子を被ったお母さんが登場します。
未就園児連れのお母さんと仕事で忙しいお母さんで構成される前説と手遊びは、
小さい子供を抱っこしているお母さんや、子供と手を繋いで登場するお母さんと様々です。
「子供達との掛け合いって楽しいですね」
文庫のお母さんだからこそ知る子供達と過ごす楽しい時間は格別です。

10色のくれよんに扮したお母さんと、シャープペンシルのお兄さんに扮したお母さんが
繰り広げた「くれよんのくろくん」は、子供達にとても楽しんでもらえました。
「ええ!恥ずかしい!」
お母さん達も最初は、くれよん帽子にビックリでした(笑)
お母さんのアイデアが詰まった帽子は、牛乳パックで形作る段階で試行錯誤でした。
そんな一学期の楽しい思い出が蘇ります。
「帽子被るの、慣れたよね~」
今日で最後になった帽子は、文庫劇場、クリスマス文庫、さよなら文庫と活躍し、
お母さんの楽しい思い出となりました。
「黒子にならない文庫って経験ないけど、子供達の顔を見ながらできるのが良かったね」「子供もお母さんの顔が見られて良かったって言ってましたよ」などなど。
文庫のお母さんが子供達の表情を見て楽しみながら演じられるのが今年の文庫でした。

宮西達也さんの絵本「ちゅーちゅー」をプロジェクターで上映しました。
「文庫のお母さんは、みんなの事がちゅーちゅーだよ!」
お母さんの最後の声が、子供達の心に届けたもの、それはお母さんの愛情です。
ほんわかした気持ちで終わったさよなら文庫を、卒園まじかなお母さんは涙ぐみました。

まこと文庫2017年はこうして幕を閉じました。
これからも子供達の為に、お母さんが自ら楽しんで、時間を作って、文庫活動を存続していってくれることでしょう。
小さい子供がいるお母さんも、仕事をしているお母さんも、役を兼任しているお母さんも
是非、文庫ボランディアにご参加くださいね。

澤 良子

2018.02.26

年中組さんと金柑ホットケーキ♪

2月22日(木)に、幼稚園の年中組さんがマナ・ハウスに遊びに来てくれました。



秋に獲った金柑をハチミツ漬けにし、ホットケーキのタネに混ぜて、ウッドデッキでグループごとに焼きました。



 



 

「いい匂いがする〜!」と、焼き上がるのをジッと待つ子どもたち、「おいしくな〜れ、おいしくな〜れ!」の魔法をかける子どもたちが、とっても、かわいかったです♡

焼き上がったホットケーキを食べたみんなは、

「おいしいなぁ❤︎」

「大人の味がする〜!」

「甘くて〜苦くて〜」など…(^-^)

みんなで、金柑入りのホットケーキを堪能しました♪







食べたあとは、マナ・ハウスのお庭で元気いっぱい遊びました(o^^o)



2018.02.16

ももぐみさんとひなまつり

3月3日は『ひなまつり』ですね。

ももぐみさんも、ひなまつりの製作に取り組みました。
初めての絵の具。



みんな、恐る恐る絵の具に触れます。そして、赤や水色の画用紙に指でトントントンと絵の具をつけていきます。

すぐに絵の具の感触に慣れたみんなは、どんどん大胆に…(^-^)

おひなさまと、おだいりさまの「着物」を作り終わったら桃の花をペタペタ貼り付けました。うす桃色、濃い桃色を交互に貼り付けるお友達、色ごとに分けるお友達、花と花が重ならないように慎重に貼るお友達と、その姿は様々でした。

みんなで、ひなまつりのうたを歌って記念撮影。とってもステキなおひなさまが出来上がり、みんな、嬉しそうでした(o^^o)

ページトップへ