まこと幼稚園ブログ

2017年02月

2017.02.10

2017年度のもも組さん

2016年5月に始まった

1歳児の「もも組さん」、

2017年度は只今建設中の

隣接のマナ・ハウスで、

新しいスタイルの「もも組さん」として

5月開始予定です。

詳しい内容は決まり次第お知らせしていきます。

ご期待ください。



投稿:N

2017.02.10

2017年度のもも組さん

2016年5月に始まった

1歳児の「もも組さん」、

2017年度は只今建設中の

隣接のマナ・ハウスで、

新しいスタイルの「もも組さん」として

5月開始予定です。

詳しい内容は決まり次第お知らせしていきます。

ご期待ください。



投稿:N

2017.02.10

3学期の年長さん

3学期、年長さんは大忙しです。

先生は次々とお題をくれます。



縄跳び



マフラー編み



折り紙。



どんなことにも

「やってみたい!」と自分から取り組んでいます。

中には苦手なこともあります。

それでも頑張っている姿は

もうすぐ一年生になる力、もうすぐ花開く力を

どんどん蓄えているようです。

投稿:N

2017.02.08

冬の室内遊び

3学期になると、各お部屋には

1学期、2学期には無かった遊び道具が登場します。

先生はこうして、時々遊び道具を変えてくれています。



コマ、羽子板、カルタに

カードゲーム、パズル



カードゲームには必ずルールがあります。

ルールを守って勝負がつくから面白い。



でも、

「◯◯ちゃん、ここ!ここ!」

「◯◯くん、取っていいで!」

なんて、教えあって、優しい真ん中組さん(^^)



小さい組さんも立派に絵合わせで遊んでいます。

この1年に培って来たお友達同士の関係や

それぞれの子の成長があるからこそ

楽しめる遊びかもしれませんね。

投稿:N

2017.02.08

大きくなったかな?①

なんだ?これ?



もも組さんがいぶかしげに見つめるのは

身長計と体重計。

この日は身長体重の測定日でした。

先に星の部屋に入って

たんぽぽ組さんが来るのを待っています。

 

たんぽぽ組さんでは、

遊んでいたみんなを先生が呼びました。



「今から、呼ばれたお友だちは

リュックと、水筒、

ふたーつを持って、ここに集まってな」

ゆっくり、優しく先生が話しかけます。

みんな、しっかり先生のお話を聞いていて、

ゆるやかにですが、お片付けをして、

自分の棚に行き、リュックをよいしょと背負います。

少しだけ離れた星のお部屋に移動するだけではあるけれど、

リュックを背負って、水筒を持って、みんなで並ぶ。

そのことが嬉しいようです(^^)



「さあ、お星の部屋に行こうか〜」

たんぽぽ組さん、ものすごく落ち着いていて、

先生のお話もしっかり聞いていて、

4月を思い返すとその成長に驚き感動します。

投稿:N

2017.02.08

大きくなったかな?②

もも組さんとたんぽぽ組さん、

合流して、身長体重を計ります。



たんぽぽ組さんは集合に慣れていて、

敷物があって、先生が「ここで待ってね」と伝えると、

しっかりそこに集まって待ちます。



集まればキャッキャと楽しそう(^^)

まだ何が何かわからないもも組さんたちも

たんぽぽ組さんを見て、同じ敷物の上に集まって来ます。

たんぽぽ組さんが先生の伝えたとおりに

かっこよく身長体重を測ってもらって

褒めてもらっている様子をじーっと見ていました。

大人になれば、一歳の差なんて

どうってことありませんが、

この時期の1歳と2歳の差は大きいですね。

お家では、なかなか同年齢が集まることも、

異年齢と時間をともにすることもないですよね。

歳上の子を見ること、

歳下の子を見ること、

そのことによって

みんなちょっと「ぼく、わたしはお兄さん、お姉さん♪」と上を目指せますね。



たんぽぽ組さんも、もも組さんも、

一年でぐんと成長しました。

投稿:N

2017.02.08

氷みつけた

キーンと冷えた日、

園庭に小さな氷を見つけました。

みんなの足跡さえもカチコチ。



氷をスコップですくって

カップに入れて、

ザクザクザク。



この日は、ほとんどのお友達がお部屋の中で

マフラー編みやコマ遊びをしていたから、

この氷を見つけたのは

ばら組の2人のお友達だけでした。



お部屋に持って行って、

みんなに見せてあげました。

「わぁ、冷たい」

先生が氷の絵本を読んでくれました。



その日、その日の子どもの発見を、

先生はしっかり見つけて

大きく膨らませてくれます。

「なんで氷ができたんやろ?」

「寒すぎてちゃう?」

「寒すぎて口からけむりが出た!」

「そのけむりな、湯気っていうんやで」

「湯気!」

ただただ単語を覚えるのではなく、

経験を通して、

お友達との会話を通して、

先生が教えてくれた言葉を

子どもたちは自分に刻んでいるようです。

投稿:N

2017.02.07

たんぽぽさん フックを繋ぐ

フックをつなげて遊んでいました。

でも、だんだん長くなってきたら、

ぶらんぶらんと揺れて、なかなかつなげにくくなってきました。



うーん、

ぶらぶら揺れて片手では引っ掛けにくそう。

そこに別のお友達が来て

はじめにつなげていたお友達が押さえているところへすっと簡単にフックをつなぎました。

「あ、おさえたらぶらぶらしないね」

今度は右手でぶらぶらしているのを押さえて左手でつないでみます。



お友達の存在は、

1人では気が付かなかったことに気づかせてくれることがあります。

投稿:N

2017.02.03

2月 ベビーマッサージ講座

マナ・ハウス(manna house)開設前記念講座

ベビーマッサージ講座を開催しました。

お母さんたちの集う場所、マナ・ハウスは

春の開所を目指して只今建設中ですので、

お隣のまこと幼稚園の中のお部屋での開催です。

IMG_6490

時期的に、手足が冷える季節なので、

まずはお母さんの足のマッサージから。

マッサージの内容は赤ちゃんにするのと同じです。

「指をくるくる、ぽーん!」

お母さんたちが歌いながらマッサージを始めると、

それだけでも赤ちゃんは楽しそうです(^^)

赤ちゃんのマッサージを教えてくださるのは、

看護師の冨士原さんと助産師の窪さん。

IMG_6489

日本に昔からあるわらべ歌を歌いながら、

赤ちゃんと目を合わせて

身体をマッサージしていきます。

何気ないマッサージにも

胸を開いて呼吸を助けたり、

筋力や、腸の働き、免疫力を高める働きがあるのだそうです。

そして、何より、

赤ちゃんはお母さんに優しく撫でてもらって嬉しそう。

お母さんも、赤ちゃんと触れ合うことで

幸せを確認しているようです。

母子が触れ合う時、

双方からオキシトシンという幸せを感じるホルモンが出るのだそう。

IMG_6491

今日、教えていただいた歌は印刷したものをお持ち帰りいただきました。

マッサージは歌に合わせた簡単なものですので、

お家で思い出しながら、

各ご家庭でアレンジも加えながら(^^)、

赤ちゃんとの幸せな時間を楽しんでくださいね。

IMG_6492

最後は足でターッチ♪

右のお子さんは、参加していた赤ちゃんの2歳のお姉ちゃん。

お姉ちゃんもお母さんのマッサージがとっても嬉しそうでしたし、

助産師の窪さんの小学生のお子さんも

時々マッサージすると喜ぶそうです。

赤ちゃんだけに限らず、

ちょっと大きくなってきたお子さんにも良さそうですね(^^)

次回のベビーマッサージは、マナ・ハウスが完成してからの発表となります。

次はいよいよマナ・ハウスの中ですよ〜♪

開催日が決まりましたら、このページやFacebookページ、向日市の広報等でお知らせします。

お楽しみに!

「まこと幼稚園Facebookページ」はこちらです

https://m.facebook.com/makoto.mannahouse/

投稿:N

2017.02.02

たんぽぽ ダンボール箱

ごそごそごそ

 IMG_6414

ダンボールの山の下にもぐるお友達(^^)

子どもって、時々、こんな狭いとこが好きですね。

自分も小さな頃に

ダンボールに入って喜んでいたのを思い出しました。

IMG_6413

すっかり中に入って周りを囲んで

得意げです(^^)

こっちでは、少し大きなダンボール箱に

3人のお友達が入ってにこにこ。

IMG_6410

ダンボール箱が大好きなたんぽぽ組さんたちです❤︎

投稿:N


 

ページトップへ