まこと幼稚園ブログ

2020年09月

2020.09.25

もうすぐ運動会!子どもたち楽しんでいます!

 10月の運動会に向けて、子どもたちみんな、運動会ごっこや身体づくり、そしてダンス作りに取り組んでます!

みんな運動会が来るのが楽しみ!

園のいろんな所で運動会の取り組みが見られます。

みんなとても楽しそう!

ホールでは、年中組さんが“身体づくり”。

平均台や高巧台、ケンケンパ、玉を頭に乗せてバランス良く落とさず歩く、玉入れをしました。

ホールで密を避けて、ソーシャルディスタンスを取ること、定着してます!

平均台では、バランスをとって、歩いてしっかり渡る。

玉を頭に載せるって意外に難しい。

どの辺りに乗せると安定するのかな?

バランスを取るのに腕を広げるんですが、いろんな広げかたがありますね☺️

身体づくりの後、ダンスについても話し合いました。

年中組さんは<かっこいいチーム>と<かわいい・すてき・おしゃれチーム>に分かれてダンスを考えて、もう振り付けも出来ました。

でもみんなで踊るダンスもしたくない?先生からの提案にみんな大賛成!

じゃあ、この曲でダンスを作るのはどう?

先生がみんなの為に探してきた曲を聞いて「この曲知ってる!」「いいやん!」とみんな気に入りました。

明日から、みんなで踊るダンスを作りはじめます♪

年中組さんらしい、元気でおしゃれでかわいい感じになりそうです!

園庭では…

礼拝堂の横の回廊では運動会に飾る旗づくりをしていました。

なに描こうかな〜

年長組さんのリレーごっこ。

本番さながら、バトンを渡して最後の人はアンカーのタスキをつけて走ります!

どうやったら勝てるかな?

これから話し合いが重ねられ、真剣にリレーに取り組んでいくようになります!

年長組さん

組み立ての練習をしています。

みんなお家の人に、かっこいいところを見てもらいたい!

どうやったら、かっこよくなるかな?

そういうことを、みんなで話し合って決めて、取り組んでいる組み立て。

その様子をちょっとお見せしましょう♪

膝やお尻に砂がついて気になってもはらうのは我慢。

ピンと手の先まで伸ばして…いろんなことに気を配っています。

運動会の頃にはもっとカッコよくなりますよ!

2020.09.24

運動会の年長組のダンス♪ 衣装も見て♡

 まこと幼稚園では年長組となると、子どもたちの話し合いで、いろいろなことを決めていく場を多く作るようにしています。

話し合いで意見を出し合い、一緒に考えることを大事にしているからです。

年長組の運動会の種目も話し合いで決められます。

そして、運動会で踊るダンスも子どもたち主導で進められます!

曲選びから振り付け、ダンスのストーリー、役作り、衣装まで、全部子どもたちが考えて決めていきます!

衣装についても子どもたちが「こんなのが着たい!」とデザイン画を描いて作っていきます。

土台は先生が手伝いますが、飾り付けは子どもたち。

先生は子どもたちの希望に応えるべく、いろんなアイデアやアドバイスでお手伝い。

<アオスジアゲハ>グループ

先生が用意した羽を前に考え込んだみんな。

どんな模様にしたらいいかな?

アオスジアゲハらしい模様は?

「図鑑を見てみたら?」

先生のアドバイスで図鑑を見ながら、小さいデザイナーさんの作業が進みはじめました!

どんな仕上がりになるでしょう?

ビーズなどキラキラしたものも用意されているようです!

黄色にしましま。

何でしょう?

ハチさんです。

黄色のモールを直接ボンドにつけて黒い冠にぺたり。

ハチの触角できました!

<トカゲ忍者>のデザイン画

手裏剣も作るようです。

かっこいい♪

<電車の運転手さん>

帽子は作るのが難しいので先生がお手伝い。

頭のサイズに合わせて作ります♪

後に子どもがマークを付けたり仕上げます!

紹介できたのは、たまたま作業をしていた一部の役の子どもたち。

他にどんな役が登場するのかな?

そして、どんなお話のダンスになっているのかな?

それは見てのお楽しみ♡

子どもたちみんなで作るダンスとお話、まこと幼稚園ならではの取り組みです!

2020.09.24

合同礼拝

今日は月に一度の合同礼拝の日。

密を避けるため、各学年の男の子、女の子ごとに分けて牧師である園長先生のお話を聞きます。

静かな礼拝堂で、自分の心と身体を子供なりに感じる時間。

今日はもうすぐ運動会なので、自分の中にある“力”について。

「みんなの体には種みたいなのがあって、それが力をつけていろんな色や形のお花を咲かせる、そのための力を毎日、体を動かしたりいろんなことをして大きく育てていくんだよ。

それが生きる力、命になるんだね!」

そんなお話を先生はみんなにしてくれました。

合同礼拝はどんな子どもや大人の中にある“霊性”に気付く、神様に守られて生きている、そういうことを知る機会だと考えています。

この時間に聞いたお話が魂の奥深くに積み重なり、豊かな人生に繋がることを願って、厳かなこの時間を大切にしています。

ページトップへ