まこと幼稚園ブログ

2020.07.16

年中組の造形 新幹線ガタンゴトン!

本来ならみんな一緒にグループで取り組みたい今回の造形ですが、密を避けるため、1人づつ作ったものを大きな画面に貼って、みんなでつながっていける製作をしました。

「先生、新幹線、できたら遊んでいいの?」作り始めから遊びたくてソワソワ。

作ったら、すぐに貼るのではなく遊んでから!

いっぱい走らせて遊んだので、少しよれっとくたくたしちゃってる新幹線も(笑)

新幹線の外側

車輪があって窓があってドアもあります

運転手さん、お客さんも乗っています

二つ折り構造の新幹線

外側をめくると車内。

たくさんお客さんが乗っていますね!

みんなの新幹線、集合!

線路も1人づつ貼ってつなげて大きく広がってきました!

こっちにも線路をつなげよう!そうやって長〜く繋がった線路。

「離れて見てごらん?」

先生の声かけで子どもたちは初めて全体を見ました。

大きく広がった線路にみんな「うわ〜!すごい!」と思わず歓声が。

でも線路だけだと何か足りない。

そうだ、お家を作ろう!自動販売機、信号、駅も!どんどん作りたいものが閃きました。

お店やさんできた!

図書館つくってるねん

自動販売機をぺたり

思いついたものを描いて貼って…これからどんどん賑やかになっていきますよ♪

お友だちを意識する、お友だちと協力する、お友だちとの“関わり”を感じてほしいこの時期。

絵を描く、作ることは楽しい!おもしろい!をいっぱい体験して欲しい。

そんな造形保育になるように取り組んでいます。

2020.07.14

楽しいな♪ 土ねんど

外は梅雨真っ最中。

ずっと雨が降って外あそびが出来ない子どもたち。

ちゅうりっぷ組のお部屋ではみんなスモックと泥んこパンツに自分で着替えて準備。

先生から「今から土ねんどで遊ぶよ!みんな土ねんど知ってるなぁ?」と聞くと、「ネトネト!ニョロニョロ!コロコロ!ぼくカタツムリ作る!」みんな大喜び。

部屋の前の外廊下に用意されたテーブルに着いて土ねんどの始まり〜!

密に見えますが、屋外なので換気はバッチリ!

塊をもらって両手でギュッ、ギュッと握ったり、小さくちぎって丸めたり、ぺったんこに伸ばしたり、みんな思い思いにねんどと向き合っていました。

手のひらでたたいてぺったんこ♪

ちぎって丸めて…何ができるかな?

指で穴を開けてみたよ!

穴がいっぱい!おもしろいね!

土台に穴を開けて、ニョロニョロを差し込んでますよ!

お友だちが作っているのを見てヒントを得たり、ねんどを家族に見立ててお話を作ったり、みんなとっても生き生き楽しんでいますよ!

「うでわ!」

うでわの土台ができました。ここから内側に小さい丸いだんご(宝石)をビッシリつけてどんどん豪華になっていきました!

「これはじいじ、ばあば、ママ、パパ…」家族みんなを作って先生に教えてくれる子もいました。

いろんな形が作れる土ねんど、人になったり食べ物になったり…想像を形にするの楽しかったね!

年少組では、手や指の感覚を刺激する遊びなどを始め、楽しい遊びをいっぱいしていきますよ♪

2020.07.06

ももぐみさん、楽しんでいます!

ある晴れた日・・・。ももぐみさんは、芝生の上で遊びました!初めて裸足で芝生の上を歩いた時は、チクチクする感触に少し戸惑っていたお友達や、裸足が気持ちよくて走り回っていたお友達とその姿は様々でした。

今年度から登場したお家。窓も開きます♪

「なんだか、楽しそうなことをしているお友達がいるぞ・・・。」お友達の真似をしていました。

ボールコロコロ・・・。楽しいな♪

「新聞紙で遊んだよ!」

マナ・ハウスの2階で、新聞紙を使って遊びました。お家では、なかなか新聞紙をいっぱい広げてたり、破ったり・・できませんよね(>_<)マナ・ハウスの2階なら、大丈夫!!思う存分、破っちゃってください、もも組さん!!

「これ、な~んだ??」先生が新聞紙を見せてくれました。

新聞を読む?お友達・・・。

小さな手でクシャクシャにしたり、丸めたり・・・。

ビリビリ破ったり・・・。上手く破れるかしら・・?

小さくなった新聞紙であそんだ後は、袋に入れていきます。

良い目で小さな新聞紙も見つけて袋にin!!

袋の中がいっぱいになると・・。ボールに変身しました♪

「小麦粉粘土で遊んだよ!」

お部屋で遊んでいると、先生が大きな机を出してきました。そこにお友達が「何をするのかな?」とワクワクしながら、集まってきました。大きなボールと、不思議な白い粉・・・。

大きなボールに先生が白い粉を入れます。

気になったお友達、ちょっと触ってみました。「何だか、サラサラしているね」

そして、水を少しずつ入れていくと・・・。固まってきましたよ。

一人ひとりに、「かたまり」を渡していきます。最初は、小麦粉粘土に「チョン!」と触るだけだったお友達が、「ん?面白いかも・・・」と思うようになり・・・。

次第に遊びは広がっていきました。伸ばしてみたり、ちぎってみたり・・。

並べてみたり。「フワフワしていて、気持ちいい!!」そう思う、もも組のお友達でした。

ページトップへ