まこと幼稚園ブログ

2020.01.28

講演会“子どもの育ちと子どもの絵”後編

〜さくひんてんより紹介〜

塩見先生が年齢的な特徴がよく出ている絵を、さくひんてんの中から選んで、参考に紹介してくださいました。年齢によって、こんなことができるようになるんだね!と見てください。

*2歳児たんぽぽ組

この年齢では、始まって[終わる]、[やめる]ができることが出来るようになってきます。

ガーッとかけるようになっている=集中が継続できるようになってきた、ということです。

絵の具を使うことがむずかしい年齢で細かいとこ、カーブを描くことなど筆のコントロールが育っていくところ。

*3歳年少組

物が書かれてくるようになります。頭足人(頭に直接手足がくっついている人)が登場し、お話が大好きな時分です。

車の中を描いている=レントゲン画法=あたかも透視したように中を描く絵が登場してきます。

お話や場面が描けるようになってきました!

*4歳児年中組

4歳では

・自由に描いていく創造が育ってきました。自分の思うように描く、考えたものを描くことができるようになります。

・マネして描く=見て描く(マネする)→見たものを平面に描き出す(観察画):例パイナップル

3歳では出来なかった“線”を見つけることができるようになり、構造を把握する=これ、どうなってんのかな?と考えるようになってきます。

*5歳年長組

集中力が発達して、細かい絵が大好きになってくる。

ものの位置関係をうまく表現するようになってくる。

今までたくさんの画材を触ってきたのがよくわかります。画材の使い方がとてもいいですね!

こうやって見ていくと、2、3、4、5歳で全然違うことがわかりますね!

先生が指導者に言っていることは

「“のびしろ”を作っておくことが大事」だそうです。

指示してやらさなくてもいい、本人が一生懸命描いていればそれでいい!

そして「好き」をいっぱい言ってあげること!これ一番大事なこと!

とても為になった塩見先生の講演会でした。

ページトップへ