まこと幼稚園ブログ

2019.08.31

造形保育

 大谷大学の塩見先生による造形保育がありました!

子どもたち、何が始まるの?何するの?遊べんの?と

ソワソワ、ドキドキ。。。!

ホールにて塩見先生が待っていました!

みんななんだか、ドキドキ!

塩見先生のおはよう!の挨拶から少しずつ、塩見先生のお話に耳を傾け造形保育がスタート!

これなんだ!?

なにになるかな?

と塩見先生が子どもたちに問うと

声を揃えて「エレベーターやーーー!」と興味津々に!

エレベーターがあるとこってどんなとこ?と聞く塩見先生。

子どもたちは

イオン! スーパー! 高島屋! 水族館! マンション! 

図書館もかな?とT先生。

じゃ、そのエレベーターであがって、何階になにがあるかなぁ…と、きかれると

イメージしたものを言い始めていました!

塩見先生も描き描き…

じゃ、みんなもエレベーター作ろか!と自分のエレベーター作りが始まりました!

エレベーターが作れたら、次々に子どもたちの思う

「エレベーターのある場所」を描き始めました。

何があったかなぁ。

僕、駅にする!

わたし桂川イオンだよー

服屋さんにはお人形さんおいてあるよね!(マネキン)

ご飯屋さんもあるわぁ!

ここにこれがあって…

ぬいぐるみもうってる。

次何描こうかな。

黙々…描き描き

黙々と描く子どももいれば、お話の絵になり、ここではな、、、と物語を作って描く子ども!

お友達と話して、そうやそうや!と思い出したかのように書き出す子ども!

大きな画用紙にたそれぞれの思いがいっぱい!

どれも楽しいお話があり、それを説明する子どもたちはとても楽しそう!

こんなん描きたい!これ描きたい!

こんなんあったら面白いし描こう!

色んな思いを考えながら描く面白さをいっぱいだして、描いていました!

たくさん描いた後は塩見先生が即興で作るキリンさん!にみんな、すげえ!!!!とさらに心を弾ませ。

塩見先生とはさよならしました!

お部屋に帰るみんな、

楽しかったな!面白かった!

先生!続きやりたい!と続くみんなでした!

どの子どもも、自分の描きたいと思う絵を描くので、一人一人、全然違う絵でした!

こう描きたい!と言う自分の思いを絵にする、それが楽しいと思える子どもたち!

楽しむ中で、しっかり頭の中で考えて造形する楽しさを十分に味わう事ができた造形保育となりました!

ページトップへ