まこと幼稚園ブログ

2019.01.31

1月のもも組さん①

 三学期が、はじまって1ヶ月。
もも組の子どもたちは、心も体も大きく成長しています。


【寒いけれど、元気に外遊び】
“子どもは風の子”と昔からいいますね。もも組の子どもたち、寒さに負けず本当に元気いっぱいで外遊びが大好きです。

マナ・ハウスの庭に、新しい遊び場ができました。幼稚園に大きなケヤキの木があったのですが、昨年の台風で倒れてしまいました。そのケヤキの木が、かわいいテーブルと椅子に変身。
その場所が子どもたちは、お気に入りです。



その名も・・“もも組カフェ。”と、いうのは、子どもたち、砂場でご馳走をセッセと作っては、机まで運んできます。
「先生、ココ」と言われ座ると・・。
小さなコックさんが、足早に砂場へ。
そして、「はい!」と手渡され、「何を作ってくれたの?」と尋ねると、「アイスクリーム!」と満面の笑顔!
「おいしいね~♡お料理上手~!」と言っているのを聞いていた、また違うお友達も、砂場へ。
先生の手には持ちきれないくらいのアイスクリームが・・。
大人気の“もも組カフェ”は、毎回満席です。


もう1つ、みんなのお気に入りの場所は、“新幹線”です。
長い木が置いてあるのを、新幹線に見立ててみんなで、またがります。
「さぁ!しゅっぱ~つ!今日はどこに行こうか~?」
「こうえん~!」という返事が・・。
新幹線で、公園に行くとは、何ともリッチです(^.^)
みんな、ノリノリ☆遠くにいるお友達にも、「お~い!やっほ~!」と声を掛けていました。
やっぱり、運転席が大人気です。みんなで譲り合って遊んでいます。

 

【凧作りとコマ作り】

お正月遊びといえば、凧上げ・コマ回し・福笑い・羽根つきなどがありますが、今回は、ビニール袋で作る凧と、紙皿で作るコマを作りました。
まず、たこから・・。
ビニール袋に、シールを貼っていきます。
「ん?何だか今までとは違うぞ!?」


そうなんです。少し前の子どもたちは、シールをペタペタ好きなところに貼るだけだったのですが、今回はシールを一列に並べて貼ってみたり、色々な色のシールをじっくり選びながら貼ってみたりと、工夫が見られました。
出来上がった凧を持って、芝生の上でいっぱい走りました。


コマ作りのビニールシールをシートから剥がす作業は、指先を使う少し難しい作業です。それでも、子どもたちは諦めません。一生懸命剥がして、紙皿にペタペタ貼り付けていきました。かわいいマスキングテープも・・。
出来上がったコマを早速まわしてみました。回すとビニールシールの模様がまた違って見えます。小さな手で、クルクル回す子どもたち。「回す」ということは、遊びながらもしっかりと指先を使うことが出来るので、この紙皿のコマ、オススメです。

ページトップへ